スポンサーリンク

トップページCo > モバP「そういえば最近、楓さんに軟禁されてて」 千川ちひろ「……?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/01/14(金) 20:09:06.14 ID:+4ey8Di20


  P「最初は大変でしたがだんだん慣れてきちゃいましたよ」

ちひろ「…………?」

  P「あ。いけね、もう請求書届いてた……ちひろさん処理お願いできます?」

ちひろ「え? えぇ、大丈夫ですよ。次は届き次第すぐに回してくださいね」

  P「すみません、助かります」

ちひろ「……」

  P「……」

ちひろ「……え?」



  P「ん?」

ちひろ「それだけですか……?」

  P「それだけ……?」

ちひろ「いえ軟禁ですよ軟禁。他に一体どんなそれがあるんですか」

  P「え? そこ掘り下げます?」

ちひろ「そこ以外どこを掘り下げるっていうんですか」




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/01/14(金) 20:11:56.11 ID:+4ey8Di20


ちひろ「それで、軟禁というのは……軟らかく禁ずるとか書く、あの軟禁ですか」

  P「あ、はい。といっても普通に楓さんから軟禁されてるってだけの話なんですが」

ちひろ「そんな普通を差し出されたら卯月ちゃんもびっくりしますよ」

  P「そうですかね……?」

ちひろ「というか軟禁も何も、こうやって普通に出社してるじゃないですか」

  P「え? そりゃ軟禁ですし……」



ちひろ「……どういうことですか?」

  P「……あ。ちひろさん、部屋の扉に鎖でも巻いて俺を閉じ込めるようなの想像されてます?」

ちひろ「えぇ……まぁ」

  P「監禁ならその通りかもしれませんが、あくまで軟禁なので」

ちひろ「……?」

  P「いくつかの外出なら認められているんですよ。出勤はその一つです」

ちひろ「…………?」

  P「他には楓さんを伴っての外食とか、楓さんを伴ってのお散歩とかもですね」

スポンサーリンク



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/01/14(金) 20:16:58.45 ID:+4ey8Di20


ちひろ「すみません。よく分かりません」

  P「Siriの物真似ですか? 結構お上手ですね」

ちひろ「お尻を蹴り上げますよ」

  P「えっ」

ちひろ「じゃあ何ですか。プロデューサーさんはいま彼女のお部屋に住んでるとでも?」

  P「え? ええ……あれ、俺この前住所異動届のコピー提出しましたよね?」



ちひろ「……していましたね。楓さんと同じ住所の書かれたやつ」

  P「あ、ですよね」

ちひろ「何かの冗談だと思ってすぐシュレッダーに掛けましたけど……」

  P「ちょ、ちょっと何やってるんですか」

ちひろ「いやこっちの台詞ですよ。何やってるんですか本当に」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/01/14(金) 20:26:29.30 ID:+4ey8Di20


  P「なにぶん急な軟禁だったものですから荷物とかほとんど持っていけなくて」

ちひろ「いえ急な転勤みたいに言われても……その妙に仕立ての良いスーツとかどうされたんです?」

  P「あぁ、楓さんがテーラーに連れて行ってくれて。そこで一式仕立てました」



ちひろ「……」

  P「この腕時計もついでに買ってもらっちゃって……断りはしたんですが」

ちひろ「……」

  P「『軟禁されてもらうんですから』とか何とか言われて押し切られちゃって」

ちひろ「……オメガのシーマスターじゃないですか」

  P「店員さんから『お目が高い』とか言われて嬉しそうに即決してたのはそれかぁ……」

ちひろ「ついでとか即決とかするクラスじゃないですからね? 本来」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/01/14(金) 20:39:37.49 ID:+4ey8Di20


ちひろ「……そういえば最近のお昼、プロデューサーさんにしては珍しくお弁当が続いていますが」

  P「あぁ、楓さんに持たされてまして。一応固辞はしてみたんですが……」

ちひろ「言っておきますがそのお弁当、少なく見積もっても10万人以上の方が食べたがりますよ」

  P「朝昼晩と、楓さんが作ったものか楓さん同伴の外食以外は駄目ですって言われちゃって」

ちひろ「……」



  P「ちひろさん?」

ちひろ「……一応訊いておきますが、ここまで話していて何か違和感とか覚えませんか?」

  P「違和感……? 確かに軟禁にしては少し緩い気もしますが……」

ちひろ「いやそこじゃなくて……いやそこもそうなんですけど……」

  P「……?」

ちひろ「……あぁもう。そもそもの話、軟禁されかけても簡単に逃げられるでしょう?」

  P「果たしてそうでしょうか」

ちひろ「……? いくら楓さんが女性にしては長身とは言え、力まで彼女の方が強くはないんですから」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/01/14(金) 20:46:23.45 ID:+4ey8Di20


  楓「――ただいま戻りました。あら、ちひろさんもお疲れ様です」

ちひろ「あ……えぇ、お疲れ様……です?」

  楓「プロデューサーもお疲れ様です。今日はそろそろ上がれそうですか?」

  P「お疲れ様です。後はこれだけ保存すれば……よし、っと」

  楓「じゃあ一緒に帰りましょうか」

  P「そうですね。それじゃあちひろさん」

ちひろ「ちょっと、ちょっと待ってください」



  P「……?」

  楓「……?」

ちひろ「何で不思議そうな顔をされているのかこっちが不思議なんですが……その手」

  P「手……?」

ちひろ「ごく自然に楓さんに握られていましたけど、彼女アイドルですからね?」

  P「え? でも、軟禁されている以上しょうがなくないですか……?」

  楓「……あっ! そういえば生姜を切らしていましたね。帰りにスーパーへ寄らないと」

  P「ティッシュも無くなりそうじゃありませんでした?」



ちひろ「手。手の話に戻しますよ」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/01/14(金) 20:56:46.65 ID:+4ey8Di20


ちひろ「さっきの続きになりますが、楓さんの手くらい男の力なら簡単に振りほどけるでしょう」

  P「俺もそう思います」

ちひろ「ほら」

  楓「プロデューサー。口で説明するより実際にやって見せた方が早いかもしれません」

  P「それもそうですね。では……はい、楓さんの手を振りほどきました」

  楓「振りほどかれました」

ちひろ「振りほどくにしてはかなり丁寧ですが、確かに」

  P「するとですね」

  楓「……………………くすん……」



ちひろ「……」

  楓「…………ひっく……ぐすっ…………」

  P「……おっと。しまった……また楓さんに捕まってしまった」

  楓「あっ…………ふふ、捕まえちゃいました」



  P「これですよ」

ちひろ「お先に失礼しますね。お疲れ様でした~~」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/01/14(金) 21:08:00.38 ID:+4ey8Di20


  ◇ ◇ ◆


P「ただいまー」

楓「おかえりなさい。ただいま戻りました」

P「おかえりなさい」

楓「それとも私?」



P「その中だったらご飯ですかね」

楓「ふふ。着替えたらすぐに準備しますから」

P「その間にお風呂とか食器の準備しておきますよ」

楓「助かります」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/01/14(金) 21:17:55.51 ID:+4ey8Di20


P「――おぉ、今日は鯖の味噌煮とけんちん汁ですか。立派な和食ですね」

楓「けんちん汁、前にお好きだと言ってくれましたから」

P「ありがとうございます。では……いただきます」

楓「はい、召し上がれ」



P「うん、美味しいですね。楓さんはアイドル卒業後も立派なお嫁さんになれますよ」

楓「あら。プロデューサーのお墨付きを貰えるなんて光栄ですね」

P「俺なんかのでよければいくらでも差し上げますよ」

楓「ふふ……プロデューサーからの言質  お墨付きだから嬉しいんです」



P「楓さん、いま何か途中で言い直しませんでした?」

楓「いえ、特には」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/01/14(金) 21:29:11.96 ID:+4ey8Di20


楓「あっそうだ。デザートという訳でもないですけど、後で一緒にコンビニへ行きませんか?」

P「コンビニですか? いいですよ」

楓「新発売のアイスが美味しそうで」

P「冬に暖かい部屋で食べるアイスも美味しいんですよね」

楓「今夜は特に冷えますし、お風呂を沸かしてから出ましょうか」

P「そうしましょう」

楓「そういえば前に渡したお小遣い、まだ残ってますか?」



P「むしろ面白いくらい使い切れなくてどんどん貯まっていく一方なんですが」

楓「倹約家ですね。貯まってると言うとお給料三ヶ月分くらいですか?」

P「その三倍くらいです」

楓「良いのを選んでくださいね」

P「え?」

楓「お皿、水桶に浸けておきますよ」

P「あ、はい。ありがとうございます」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/01/14(金) 21:41:54.76 ID:+4ey8Di20


P「ふぅ……温まるなぁ……」

楓「冬はコタツとお風呂を楽しめるのが良いですよね」

P「全くです。夏場はシャワーだけで済ませがちになっちゃいますから」

楓「夏こそお風呂に入った方がいいらしいですけど……お湯を張るのが面倒で」

P「そこなんですよ……ところで楓さん、薄々思ってたんですが」

楓「なんでしょう」

P「軟禁中とはいえお風呂まで一緒に入る必要は無いんじゃないですか?」



楓「まさか。軟禁で一番大切なのは軟禁対象がきちんと健康でいるかどうかですから」

P「はい」

楓「軟禁する者としてきちんとお風呂に入っているかを監督する必要があります」

P「なるほど」

楓「そういう訳です」

P「なるほど」

楓「分かったらもうちょっと温まりましょう」

P「そうですね」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/01/14(金) 21:53:30.64 ID:+4ey8Di20


楓「お風呂上がりと言えばアイスですよね」

P「えぇ。ところで楓さん、薄々思ってたんですが」

楓「なんでしょう」

P「家の中でずーーっと手を繋いでる必要は無いんじゃないですか? アイス食べにくいし」



楓「まさか。私はプロデューサーを軟禁している訳ですよね」

P「はい」

楓「プロデューサーが自由に行動できたら、それはもう軟禁とは言えませんよね?」

P「確かに」

楓「だからこうしてプロデューサーの行動を制限しているんですよ」

P「なるほど」

楓「分かったら空いてる方の手でアイスのカップを押さえておいてください」



P「冷たい……」

楓「はい、あーん」

P「甘い……」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/01/14(金) 22:06:45.38 ID:+4ey8Di20


P「あれ……いつものシーツじゃない……?」

楓「ふふ。シーツの上にもう一枚、ふかふかのやつを敷いてみました」

P「見るからにあったかそうですね」

楓「寝ている間はエアコンも切りますからね。少しでもあったかくしておいて損はしません」

P「どれどれ……あ、これは良いですね」

楓「よいしょ……うん、良いふかふか具合です」

P「よく眠れそうですね。ところで楓さん、薄々思ってたんですが」

楓「なんでしょう」

P「流石に一緒のベッドで寝る必要は無いんじゃないですか?」



楓「プロデューサーは私と一緒のお布団で寝るの、お嫌ですか?」

P「まさか」

楓「そういう訳です」



P「なるほど」

楓「そろそろ寝ましょうか……おやすみなさい、プロデューサー」

P「おやすみなさい、楓さん」

楓「ふわぁ……」

P「……」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/01/14(金) 22:22:30.82 ID:+4ey8Di20




P「…………?」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/01/14(金) 22:32:00.69 ID:+4ey8Di20


  ◇ ◇ ◆


 「――じゃあ、行ってきます」

 「はい、行ってらっしゃい」

 「だめ」



 「……えっ」

 「……あら」

 「パパはきのうまでなんにちもしゃっちょーでした」

 「……うん、出張ね」

 「きょうはどようびで、おやすみです」

 「まぁ、世間的にはね。ウチの事務所はまぁ……アレだけど……」

 「ようちえんもおやすみです」

 「うん」

 「パパはわたしとあそんだらいいとおもいます」



 「よく話せました。はい、この子に拍手。ぱちぱちぱち~」

 「ぱちぱちぱちぱち~~!」

 「……ぱちぱち~…………」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/01/14(金) 22:40:11.69 ID:+4ey8Di20


 「だから、きょうはパパもおやすみ。きまり」

 「いや、えっと、う~ん……楓からも言ってやってほしいんだけど」

 「いいですよ……もしもし。ちひろさんですか?」



 「……えっ」

 「かわいくてきれいでやさしいちひろさん?」

 「朝からすみません。娘が夫をどうしても軟禁したがっていて……」

 「言ってないよ。そこまで言ってない」

 「パパ。なんきんってなに?」

 「絶対に幼稚園で言っちゃいけない言葉、かな……」

 「えぇ、ええ……はい。裾を。それはもうがっちり……すみません、ありがとうございます」

 「……」

 「わくわく」

 「はい、それでは。今度お酒を奢りますね。とびきり高い奴。では」

 「……」

 「わくわく」

 「ふぅ……」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/01/14(金) 22:41:47.08 ID:+4ey8Di20




 「それじゃ、一緒にパパを軟禁しよっか?」

 「やったーーーっ!」

 「……………………ぱちぱち~」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/01/14(金) 22:43:32.23 ID:+4ey8Di20


おしまい。


Ff8s3pF

E4N8w3f


こうも冷え込むと容姿も財力も社会的地位も上のアイドルに軟禁されたくなる

前作とか
高垣楓「うぅん……」 モバP「楓さん、どうかされましたか?」 ( http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1632386489 )
モバP「Uber Kaede……?」 ( http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590312353 )
高垣楓から脱出せよ ( http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1483426621)


C100がこの夏開催決定しましたね めでたい
受かったら蘭子ちゃんがかわいいだけの本出したい





転載元:モバP「そういえば最近、楓さんに軟禁されてて」 千川ちひろ「……?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1642158546/

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメント一覧

    • 1 名無し春香さん
    • 2022年01月15日 02:26
    • >>こうも冷え込むと容姿も財力も社会的地位も上のアイドルに軟禁されたくなる
      ちょっと何言ってるかわからないでもないですね
    • 2 名無し春香さん
    • 2022年01月17日 22:29
    • この人の作品好き。楓さんとお風呂に入って耐えるPすげぇな……
    • 3 名無し春香さん
    • 2022年01月18日 14:45
    • どの作品でも好き勝手やってるから好き
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。