スポンサーリンク

トップページ未分類 > 10年を振り返る記事。

最近ベンチプレス100キロ上がるようになりました。
皆さんこんにちは。当サイト「プロエス!(略称)」を運営しております管理人でございます。

タイトルで分かる通り、今回はこういう記事でございます。
ちょっと長めになってしまうので、時間が空いている時に見ていただけたら幸いです。

そして自分語りがあるので苦手な人はすぐさま閉じてください。

さて、確か前回の振り返り記事を投稿したのが2020年の1月でした。

私自身、こういった記事を作るのは好きなので当時は「これからは毎年この時期に作ろう!!!」と思っておりました。
しかし習慣化されていない記事だったという事もあって次第に忘れてしまっておりました。

そもそもこの振り返り記事を作ろうと思ったのは、昔FC2ブログ時代に使っていたランダム記事表示が使えなくなってしまったからというのが理由の一つ。

こちらのブログはFC2ブログ時代から数えると気付けば10年の歳月が経ちました。びっくりです。

10年も経過すると様々なSS作品に出会いましたが、新しい作品が出ると自然と昔の作品は後ろに追いやられるという結果になってしまいます。

最近では過去の作品がGoogleさんから「ちょっと修正しないとインデックスできんわ」と言われたり、FC2から引っ越しをして上手くSS作品をインポートできなかったり、表示できないのもあったのでリライトをしていたり、過去のまとめていないSSを読んだりしていました。

またライブドアブログでランダム記事を表示するという事はブログ上は無理に等しいという事で、最初は自分で手動で好きなSSを入力してPC上では表示できるようにしていました。

現在は一応利用はできますが、2017年くらいまでのしか表示されていません。

しかし改めて思いますが、本当に10年も経過してしまうと軽く疑ってしまうのが実情です。

ただ先日Twitterを覗いたらTwitter社から「プロエスさんがTwitterを始めて10年です」みたいなのが届きまして、それを拝見してようやく「10年とかやば……」と実感しました。


思い起こせば10年前の時も狂ったようにSSを読み始めていました。

アイマスは勿論、コードギアスやら禁書やらボーボボにスクラン色々。

確か2月の最初の週だった頃に私は確か某アイマス声優のイベントに足を運ぶ予定だった。

しかしその前日にインフルエンザに罹り、イベントに行けなくなってしまった。

やり場のない気持ちに自戒をこめて何故かアホみたいに短編小説を書き始め、インフルに罹っている間に何本か書いた後にアイマスSSを読み始めていました。

読み終えたSSを大学ノートにタイトルだけ記入をして、後々読み直す時に便利だと考えていました。

ただ、その作業というのが非常に面倒という事に気づき、その次の日には何となく「自分が読んだリスト」みたいなタイトルのブログをFC2ブログに作り、その数日後には「プロデューサーさんっ!SSですよ、SS!」ってタイトルに変更しました。

そこから色々とまったり毎日更新をして今に至る。

そんな感じで10年を振り返りながら10年分のSSを一部紹介したいと思います。


スポンサーリンク

2012

右も左も分からない状態で何となく始める。


P「雪歩は男の人が苦手なんだよな?」雪歩「はい…」



2012年2月投稿SS。
1番最初は雪歩。
これは当時vipでSSが盛んだった頃に投下された作品。
タグ付けはされていないけど、雪歩誕生日SS。
これは雪歩は勿論、765プロの皆がみんなかわいい。SSだけどレスとかも当時はまとめていた。


内村「765プロアイドルの芸能活動をプロデュース!」



2012年2月投稿SS。
何年経っても好きな作品。
こちらの作品は内村プロデュース(略称:内P )という昔深夜にテレビ朝日で放送されていたバラエティ番組とアイマスのクロスオーバー作品。
クロスオーバーというのはアイマスは勿論、元ネタを知らなければ最大限に楽しめないという部分もあり且つ15年以上前の番組なので知らない人の方が多いのかもしれません。
それでも当時はアイドル達が内Pメンバーと大喜利を対決をしたりしているのを読んで笑っていました。
そういえば最近までスマホのアラーム音がレッド吉田のギャグである「トン・トン・ワシントン!」だったのは間違いなくこのSSの影響もある。


P「四条貴音、6歳……」



2012年3月投稿SS
タイトル通り貴音が6歳児になってしまうSS作品
ただただ読んでいて癒やされてしまうが、同時に思ったのが貴音が幼女化してしまうという作品はアイマスSSの中で意外に存在していた事に気付いた。
P「四条貴音、6歳……」
P「たかねのねかた」
たかね「あなたしゃま」
娘「あなたしゃま♪」P「……」
パッと思いつくのでも4作品あった。多分他にもあったような気がする。
こういう緩い感じの作品は自然と笑みも零れそうになるので読んでいて楽しい。


春香「イン・マイ・ライフ」



2012年4月投稿SS。
天海春香というアイドルが完全にヒロインと化している作品。
もはや言わずもがなと言った感じですが、この作品は雰囲気も綺麗で、ラストの締め方も素晴らしかったです。
そしてやっぱり読む度に天海春香の事が好きになっていくのが分かる。
イン・マイ・ライフだけではなく、他のアイドルのSSも凄く良い作品ですよ。
美希「イッツ・マイ・ライフ!」
雪歩「ライフ・イズ・ビューティフル」
伊織「メロディーズ・オブ・ライフ」
千早「ソング・フォー・ライフ」
やよい「タッチ・マイ・ライフ!」


金本「阪神が人気なんは俺らのおかげや」



2012年4月投稿SS。
数少ないアイマスSSですらない作品。
とはいえ、こちらのアイマス専門というよりも、読んだリストとその場のノリって感じなので、野球SSや他SSもちょくちょくまとめてはいた。
しかし久々に読み直したらぶっ飛びすぎて笑うしかなかった。
金本がこの時点で現役だという事は勿論理解はしているが、2022年ではとっくに引退もしているし、なんなら監督もやってるし退任して矢野が監督やっていて今年で退任みたいだし時の流れは本当に速い。


雪歩「ユキポックス」



2012年4月投稿SS。
アイマスとマトリックスのクロス作品。
これを読めばマトリックスは大体分かってしまう作品。
先日マトリックスレザレクションズを観に行く際に、前作を観直すのもちょっと面倒だなと思って、ユキポックスをシリーズを読んでから映画を観たら何とかなった。
なんなら映画よりもこっちの方が分かりやすいまである。
映画同様に内容が濃いシリーズなので時間を取って読むSS。
雪歩「ユキポックス -リローデッド- 」
雪歩「ユキポックス -レボリューションズ- 」
雪歩「ユキポックス -レボリューションズ- 」終


真「手紙を書いてみよう」


2012年8月投稿SS。
チアリングレターの歌詞に沿ったSS。
読んでいてこうなるんだろうな、と思っていても実際にそうなると安心してしまう。
一人の時に読むべき作品なのは勿論、チアリングレターという曲が更に好きになる。


凛「Linkラジオ、始まるよ」



2012年10月投稿SS
元祖ラジオシリーズSS。
公共の電波に乗せてとんでもない惚気を垂れ流し、Pの胃はボロボロになります。
シリーズ物なのでリンク貼っておきます。




ヌヌ葉否「否、週勤8日を希望します!」



2012年12月投稿SS。
出落ちタイトルで当時は「なんだこれ……」と思って読んだが、終わってみれば良い話なんですよね。
地味に冨樫のカラー連載の例えレスが強烈だったのも懐かしい。


2013


P「深夜の狂想曲」



2013年1月投稿SS。
昔も今もこういった設定は少なかったので面白かったです。
ただ、実際これを自分の立場で考えるとあまりにも恥ずかしすぎて逃げ出したくなりそう。


美穂「小日向美穂、一期一会」



2013年3月投稿SS。
小日向美穂長編作品。
当時デレマスは短編はそこそこありましたが、ここまでの長編というのは恐らく初だったと思います。
今現在でもここまでの長編というのも少なく、私が当時一気読みした際には約2時間半程かかりました。
しかし、この作品はここまで綺麗で丁寧なSSはあまりありません。
小日向美穂のSSと言えばこの作品を連想する人も多いと思います。それくらい素敵な作品です。


春香「1:50am」



2013年5月投稿SS。
はるちはわっほい。

P「拗ね拗ね春香さん」



2013年7月投稿SS。
タイトル通り拗ねちゃう春香さん。でも、そんな姿がまたカワイイのよ。
春香さんって今じゃミリオンの子達もいるから先輩として、みんなを引っ張るリーダー的存在なのは周知の事実。
でも実は昔の春香さんって新人アイドルの頃にプロデューサーに拗ねた所を見せて、ちょっとだけPを困らせたりする事もあった。
そんな姿が愛おしくてファンからの間から「拗ね春香」とまで言われていた。この作品の元ネタでもあったりする。
今じゃ拗ねる事は少なくなった春香さん。また拗ねて困らせてもいいよね。


早苗「掃除屋でーす」



2013年7月投稿SS。
掃除屋シリーズ。
早苗さんが珍しくまともだし、なんならかっこいいです。
凛「掃除屋だよ」
早苗「掃除屋に入りたい?」
洋子「掃除屋ですよ!」
早苗「P君が倒れた?」
モバP「とある女性達の昔話」


神谷奈緒「アイドルメーカー」



2013年10月投稿SS。
時間がある時に読んでほしいSS第2弾
所謂、なおかれSS。この面白さは最初から最後まで下がる事なく安定しています。
今読むと公式との設定との違いもあったりしますが、それも当時の良さであるし、それを抜きにしても今でも面白いのは良いですね。


春香「プロデューサーさんがかわいいと言ってくる」



2013年10月投稿SS。
かわいい。


2014


モバP「みくぅ!そこになおれぃ!」



2014年1月投稿SS。
以前Twitterかどこかで話をしましたが、この作品は勝手に純愛系寝取られ作品だと思っています。
とはいえ、成長や巣立ちという部分を見ても読後感も気持ちが良いですし、何より私にとってはハッピーエンドだと思っています。
当時はハッピーエンドかバッドエンドかで何気に論争なっていたのを覚えています。


狩野英孝「僕イケメン!」輿水幸子「ボクカワイイ!」



2014年2月投稿SS。
スレタイでもう笑っちゃう作品。
この二人は親和性が高すぎる。


大沼くるみ「ふぇぇん……わかんないよぉ……」



2014年3月投稿SS。
紛れもなく世界レベル
良い話なのにこいつ何を言ってるのか分からねえ……って思いながら読むのが多分正解。


鈴木彩音「サイネリア」



2014年4月投稿SS。
当サイトに存在する唯一のサイネリアSS。
しかもサイネリアと凛という組み合わせは今でも珍しすぎる。


響「千早の腹筋?」



2014年4月投稿SS。
ひびちは!!!!!!!!!!!!!!!!SS!!!!!!!!!!!!!!!!!。


モバP「時子、しばらくのお別れだ」



2014年5月投稿SS。
この時子様、非常にかわいい。初っ端から想いがダダ漏れなのも良い。
そして何より話の完成度がとても高いです。


黒井「961プロの天海春香だ」



2014年5月投稿SS。
黒ちゃん可愛すぎる長編SS。
この春香さんが最高に可愛いのは当然だし、黒ちゃんの心情も丁寧に作られています。
実際この春香さんを否定したいという気持ちも理解はできます。
作中はあまりにも強すぎる万能少女は春香さんっぽくない。春香さんはあくまで普通の女の子だった。
でもこのSSを読んでいると自然と春香さんに惹かれてしまうんだよ。


高木「人生に乾杯を!」



2014年7月投稿SS。
黒ちゃんと高木社長、そしてピヨちゃんのお母さんの過去話になります。
朝焼けは黄金色を読む度になぜだか思い出しちゃう。読後はきっと優しい気持ちになります。そんな作品。


みちる「もぐもぐの向こうの恋心」



2014年12月投稿SS。
この頃のみちるってまだパン好きのアイドルという情報が強すぎて、まだ色物アイドルとして見ていた部分がありました。
この作品ではそういった部分を壊さずに見事にみちるの魅力を昇華していて驚きました。
あと恋に疎く、恋、変という部分の心情に悩むという女の子はいつだって可愛いんです。
みちるがキュート属性だという事がよく分かります。


2015


千反田える「わたし、Pになります!」



2015年2月投稿SS。
氷菓とアイマスクロスSS。
氷菓という作品が本当に大好きで、節々における場面の展開がまた気持ちよく違和感もないし読み応えがあります。
氷菓を先に読んだり、アニメを見たりしてから読むと更に楽しめます。


多田李衣菜「イチローはオリックス出身なの!?」



2015年4月投稿SS。
野球あるあるです。


岡田彰布「アイドルマスターシンデレラガールズ?」



2015年5月投稿SS。
どんでんとアイマスSS。
そら(野球SSがあったら)そう(紹介したくもなるだろう)よ
どん語で会話をするアイドルの破壊力よ。
(続きのリンクも)貼っとくわ。
岡田彰布「(アイドルマスターシンデレラガールズ)その2やで」
岡田彰布「アレ(アイドルマスターシンデレラガールズ その3)や」
岡田彰布「アレ(アイドルマスターシンデレラガールズ その4)よ」
岡田彰布「アレ(アイドルマスターシンデレラガールズ その5)らしいで」


ジュリア「光について」



2015年5月投稿SS。
ジュリアという女性をエミリーや麗花さん、まつり姫達と触れる事によってジュリアという人物がどういう女性なのかが見えてきます。
長編SSですが落ち着いた雰囲気のある作品です。
あとこれはレイジュリなのかもしれない。


ちひろ「肝っ玉プロデューサー?」



2015年10月投稿SS。
様々なPのキャラクターがいますが、こういったキャラクターは今までになかったので新たな可能性を感じました。
以下リンク
卯月「肝っ玉プロデューサーさん……ですか?」
凛「肝っ玉プロデューサー……かな?」



高峯のあ「牛丼並……あっ大盛りで」



2015年11月投稿SS。
牛丼大好きたかみねさんシリーズ。
のあさんは普段はクールなイメージが強いですが、こちらの作品ののあさんはすき家の牛丼が大好きだし、部屋も汚いという残念な部分がフォーカスされてしまっているぽんこつのあさんです。
この作品を読んだ後にのあさんのキャラエピソードを読むとどれも笑ってしまう。
以下リンク
高峯のあ「和風牛丼並……あっあとから揚げ」
高峯のあ「(プレミアム牛めし……あっあと焼のり)」
高峯のあ「牛丼大盛り……つぇ、つゆだケで……っ!」
高峯のあ「牛丼並……4つでいいかしら?」
高峯のあ「牛丼とか……言ってる場合じゃない」【番外編②】


モバP「まゆはへちょいな」 まゆ「へ、へちょくないです…」



2015年12月投稿SS。
のあさんに続いてこちらもまゆもぽんこつでございます。
へちょいまゆも好きな人はどうぞ


2016


この年あたりからFC2ブログの規制ワードが強くなる。
セ口リやらブ口リーという単語でもアウトになるという話を聞いて怯える。


塩見周子「おにいたーん」



2016年2月投稿SS。
淡々とした会話劇からのこの破壊力。
こういったやり取りはしゅーこが一番似合っている。


志希「フレちゃんがうつになりまして。」



2016年2月投稿SS。
最早説明不要といっても良いくらいの最高のしきふれSS。
鬱になってしまったフレちゃんを志希ちゃんが看病をする話。
やはり何度読んでも展開の運び方は惚れ惚れしますね。それとキャラクターの描写も上手く掴んでいるので違和感はありません。
重く、胸も苦しくなりますが読み終わった最後は良かったと思える作品。


モバP「老いてからこそ人生だ」



2016年7月投稿SS。
還暦を迎えたおじいちゃんPの話。
文香「奥様はどんな方だったんですか?」
老P「……どんな?」
老P「…………どんな……」
文香「あ、あの……?」
老P「…………若い頃はよく転んでたな」
文香「そ、そうですか……」
ちひろ「Pさんの奥様は元アイドルですよ」
ここの会話でもしかして奥様はあま……だと考えてしまった。
こういった世界観も良いよね。


【モバマス】ボノノ13「愛妻弁当の牙城」



2016年8月投稿SS。
乃々がゴルゴ13みたいになる話。
劇画調になってしまう乃々。想像しただけでも笑ってしまいました。
以下リンク
【モバマス】ボノノ13「普通を討ち破る」
【モバマス】ボノノ13「沈黙のMC戦争」


雪歩「激辛うどんを食べることになりましたぁ」



2016年10月投稿SS。
唾液を採取する際にレモンや梅干しの写真を掲示して想像させる事によって唾液を採取するらしいです。
これは思い浮かべる事で脳が準備を始める為に唾液を分泌するらしいです。酸っぱいという情報を分かっているので唾液で薄めるんだとか。
これは「酸っぱい」ではなく「激辛」なので、もしかしたら該当しないのかもしれません。
ただ私は読んだ時に唾液が出てきた。これは激辛の描写が原因か、それとも雪歩の静かなる辛さに対しての狂気っぷりをそうさせるのか。


■■「私が、佐久間まゆ、ですか?」



2016年11月投稿SS。
未来的世界。こういうのはまゆじゃないと成立しない話だと思う。
まゆSSでありながら、まゆもいなければPもいない。でもこれはまゆのSSなんだ。
こういった世界観を書き出す事ができるのは尊敬しかない。


2017


FA宣言。ライブドアブログに移籍。
移籍最大の理由はスマホからユーザータグを使いたかったから。
3ヶ月くらいかけて全ての記事を手動で修正する。


GIRLS BE NEXT STEP『ラクダのアイドル』



2017年1月投稿SS。
GBNSが好きなら既に読んでいる人も多いかもしれない。
GBNSが好きな方は勿論、これからの人は絶対に読んでほしい。
超が付くほど王道ストーリーは、これしかないと思わせる程の傑作でカタルシスを感じた。



【ミリマスSS】北上麗花の見る世界



2017年4月投稿SS。
俺、シリアス大好きマン。
こういった内容を思いつくの凄いなあ。読み終わった後も感傷にひたる事しかないというのが多分正しい。良作。



杏「杏は天才だぜい」



2017年7月投稿SS。
もう何回も読んだか分からない。
窮地に立たされた事務所を救うべき杏が立ち上がる作品。
普段はぐーたらの杏だが天才という裏を秘めており、それは杏の魅力とカッコよさが見事に顕在化されている。
天才が隠していた子が事務所の為に立ち上がるかっこよさも胸を熱くさせる。
あまりにも好きすぎて作者様が杏「杏は天才だぜい」の同人小説を出した時には買いに行ったなあ。


周防桃子「みんな、桃子のことバカにしてるんでしょ!」



2017年10月投稿SS。
勢いが面白すぎる。
軽快なテンポと勢いとギャグ全振りなので定期的に読み直してる作品の一つ。


【モバマス】P「■■、***、○○○○」



2017年12月投稿SS。
これは以前にもTwitterかオススメで触れた事がありましたが、この作品の熱量が凄まじく、執念も感じる。
これはもう読んでくださいとしか言いようがない。タイトルに表示されている記号、そして作中におけるヒント。
それを理解した人はどれほどいるのだろう。良作です。


2018


コロンビアでブログを更新する日々。


龍崎薫(19)「お疲れ様です。先生」



2018年3月投稿SS。
タイトル通りに薫ちゃんが大学生になった話。
実際にこのくらいの歳になった薫ちゃんはどういう女性になってるんだろうな。


ライラ「夕焼けはソーダの味がする」



2018年5月投稿SS。
ライラさんとメイドのその他のお話。
優しい世界でしかない温もりに溢れている。この作品で私はライラさんの事が大好きになった。


白菊ほたる『災いの子』



2018年7月投稿SS。
ほたるメインの物語。10万字オーバーですが最後までキャラ回しや展開がブレる事ない力作。
やっぱこの作者の作品はどれも力強く、設定も凝っていて面白い。
この作品はたまたまメロンブックスに行った時に見つけて「うひょおおおおおおおおおお」ってなりました。
僅かですが同人小説版がまだ在庫あるみたいなので、リンクも張っておきます。



モバP「動画配信サービス?」



2018年11月投稿SS。
アイドルに動画配信枠を与えたらどうなるか、といった話。
これだけアイドルがいるんだから無限の可能性はありそうですよね。
ヘレンさんの世界レベル配信とかどう考えたって面白いコンテンツになるしか想像できない。


2019


この年は特にない。


春香「千早ちゃんがアメリカで普通にモテまくってた」



2019年1月投稿SS。
千早が留学先のアメリカでモテちゃう話。
こちらのSSは衝撃的だった事を今でも覚えている。
オリキャラというか某ハリウッドスター達のメンツが濃すぎるという点が個人的に魅力的なのもポイントだと思っている。
割と最近に読んだよなあ、と思ったら2019年1月投稿で時間の速さにたまげましたね。


【シャニマスSS】霧子「チョコレート、ツツジの花、フォークダンス」



2019年2月投稿SS。
霧子とバレンタインの話。
Pに対してのほんの僅かな想い、そこから動き始める所の霧子が本当に可愛すぎる作品。
物語の締め方も霧子っぽい終わり方なのも好きだった。


【シャニマス】チョコしてもいいですか



2019年5月投稿SS。
ちょこ先輩すき。
やっぱ自覚したあとの女の子の反応が一番好き。
ちょこ先輩視点で動いているSSなのでちょこ先輩は本当に放クラの皆が好きだし、放クラの皆もちょこ先輩の事が好きだというのもよく分かる。


>今日のチョコはとてつもなく甘かった。
この一文がとても好き。


【アイマスss】水曜日のアイドルマスター



2019年10月投稿SS。
アイマスと水曜日のダウンタウンのクロスSS
バラエティ番組とアイマスって何でこんなに合うんだろうな。
続編にあたる【アイマスss】『電話越しであれば双海姉妹がモノマネしていてもバレない説』も中々再現度が高くて面白かったです。


2020


魔の2020
リモートワークをいい事にSSを読みまくる日々を過ごしていたがしわ寄せが来る。


樋口円香「天国とは程遠く、地獄と呼ぶには温かで」



2020年4月投稿SS。
樋口円香に有名番組のオーディションがきた話。
やはり樋口円香とPとの距離感は文章化されたり、樋口円香の心情描写が描き始めるとエモさを感じてしまう。
一番最後の一文でもう最高という言葉しかなかった。


高森藍子「目指せ!水先案内人!」



2020年6月投稿SS。
ARIAとデレマスのクロス作品。
好きな漫画を10冊挙げろと言われたら間違いなくARIAを入れる私。
デレマスとARIAのクロスなんてどう転がっても面白いでしょと思いながら読み始めると、見事に的中。
藍子がARIAカンパニーで水先案内人になるって容易に想像できるのも良かった。


ただ、この話だけだとプロローグ扱いになってしまうので以下のシリーズも貼っておきます。【ARIA×モバマス】高森藍子「そのあたたかな手に」
【ARIA×モバマス】浜口あやめ「ARIAカンパニーの新人を」桃井あずき「監視大作戦!」
高森藍子「水没の空・雨雲の街」


【シャニマス】P「よし、楽しく……」-noctchill編- 【安価】



2020年12月投稿SS。
ノクチルの長編安価のSS
長編であり引き込まれるほどの面白さ、軽い気持ちで読んでしまうと苦労してしまうので時間がある時に是非。
以下リンク
【シャニマス】P「よし、楽しく……」- Straylight編- 【安価】:前編
【シャニマス】P「よし、楽しく……」- Straylight編- 【安価】:中編
【シャニマス】P「よし、楽しく……」- Straylight編- 【安価】:後編


2021


魔の2021。この時期も多忙が続き、オススメSS記事が上げる事が出来ない時期が続く。


風野灯織「ゲーム実況、ですか?」



2021年1月投稿SS。
コロナ渦で仕事が減った風野灯織はゲーム実況配信をする事になっちゃうSS。
これはオススメ記事にも載せていますが、フロムゲーをプレイする人にはあるあるネタなので、遊んでいる人は灯織に同情している人いると思う。
現在発売中のエルデンリングでも半泣きになりながらプレイしてほしい。


P「伊織がツッコミをやめた日」



2021年4月投稿SS。
いおりんがツッコミを辞める事により、765プロのアイドル達が代わりにツッコミをする事になる。
終盤の展開は予想できなくて笑うしかなかった。


【ミリマスSS】美也「10年後の私ですよ~」P「なにぃ!?」



2021年8月投稿SS。
早坂さんが時空を歪めて27歳の美也がやってきた。
27歳の宮尾美也にたじたじになってしまうのも無理ない。
私も27歳になった宮尾美也に会いたい……


幸子「初恋継続中」



2021年10月投稿SS。
幸子がまだアイドルになる前の話。そしてPとの話。
幸子とPが昔馴染みという関係はあまりにも好きすぎる。
甘酸っぱいと思わせる作品であり、もっと続きが読みたかった作品。


好きなクロスオーバー


こちらは私が気に入っているクロス作品のリストになります。気になるタイトルを見つけたらリンクを辿って読んでみてください。


ジャイアントキリング




アイマス×相棒クロス




デレマス×古畑クロス


半沢直樹クロス


CITY HUNTERクロス


喧嘩稼業クロス


モバ肉m@n











デレマス×こち亀クロス











邦キチクロス


マツコの知らない世界


シャニマス×ダンガンロンパ













2022/03/08追記:クロス物のカテゴリを追加してほしいという意見を頂いたので載せておきます。

好きなシリーズ


こちらは先程のクロスオーバーと同様に私が気に入っているシリーズリストとなります。


千早がみんなに付けたいシリーズ







P.Kジュピター


古典シリーズ


ウサミンロボ


白坂小梅のラジオ百物語


杏・輝子・小梅のシンデレラジオ


フツウの日常


だりやすかれん


苦労人事務所


ふぐぅ


腹が減るSS





飼い方シリーズ


ヴァリアスハート


第七部署シリーズ















2019年を最後に更新をストップしておりますが、シリーズ及び関連している作品は当サイトに設置してある関連SSページをご利用ください。
こっそりと更新する予定です。


総括


ここまで10年分をまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。
引き続き、当サイトでは、まったり気ままにSSを読んでブログを更新していくつもりです。
とはいえ、今年になってから仕事の方が激務になっているので、今年は更新数は減らしていくかもしれません。
しかし10年分のSSを一部紹介したけど、10年を振り返っていませんでした。これじゃあいつものオススメ記事と然程変わらないような気もしてきた……まあいいか。
そして、この記事にリッチリンクで結構な量で紹介している事もあって、記事の表示速度が遅くなりそうなのが不安でしかない……まあいいか。
そんなこんなで今年もプロエス!をよろしくお願いいたします。


あと緊急時に備えて掲示板を作りました。
こちらは更新情報であったり、今晩のおかずレシピやSSやSS案などに活用してくだされば嬉しいです。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメント一覧

    • 1 名無し春香さん
    • 2022年03月05日 00:30
    • 長きにわたるサイト運営、本当にお疲れ様です
      いつも楽しませていただき、感謝です
      こうして見ると、アイマスSSにも歴史あり、ですね
    • 2 名無し春香さん
    • 2022年03月05日 01:40
    • 愛を感じた
    • 3 名無し春香さん
    • 2022年03月08日 05:15
    • 5
      いつも本当にありがとうございます。ssだいすき。
    • 4 名無し春香さん
    • 2022年03月10日 07:27
    • 3年前くらいからここを知って来てるけど、オススメが何よりの売りだと思うから、今回の記事も嬉しいし、2021年のオススメを読みたい気持ちが更に強くなった。
      リアル優先で、無理はして欲しくないけど、マジで楽しみに待ってます。
    • 5 名無し春香さん
    • 2022年11月18日 04:42
    • 5
      アイマスSSからモバマスに入った口です。
      数年前に見た古典シリーズ探してやっとたどり着つけた。
      ありがとうございます。
      アホほど読む時期あるのめちゃくちゃわかる
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。