スポンサーリンク

トップページPa > モバP「巴・トダベル」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 11:13:00.33 ID:lMrKc2dkO
・事務所 巴「おお、ここにおったか」 mrkmtme12.jpg P「ん?巴か、どうした?」 巴「暇じゃけえ、話でもしょーかと思っての」 P「いいねいいね。俺も今仕上げ終わっちゃってさ、丁度ヒマだったんだよ」 巴「なんの仕上げじゃ?」 P「次のライブの資料。お前も出るやつな」 巴「おお、あれか!ご苦労じゃったの」 P「ありがと」

スポンサーリンク

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 11:14:36.04 ID:lMrKc2dkO
巴「……そうか、ほいでか…」 P「なにが?」 巴「アンタの目がえらい窪んどるけぇ、不思議におもーとったんじゃ」 P「げっ…マジか」 巴「おう、マジじゃ」 P「…こういうのショックだわ」 巴「何でじゃ?」 P「疲れが体にでると、ちょっとヘコまない?」 巴「…うーん…微妙な所じゃな…」 P「例えばほら……朝起きて鏡みたら、ちょっと顔がむくんでたり」 巴「そいは嫌じゃの」 P「なんか……テンション下がるよな」 巴「確かに、ええ気持ちはせんな」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 11:15:36.03 ID:lMrKc2dkO
巴「うちの顔はどうかの?」 P「いや別に……いつも通りかわいいけど」 巴「そういう事やないわバカタレ」 P「ああ、むくみ的な意味?」 巴「当たり前じゃろ」 P「むくんでないよ、全然健康にみえる」 巴「そうか、良かった」 P「心配か?」 巴「ちぃとな」 P「…巴の年齢なら大丈夫だと思うけどな」 巴「こら、P。何事も気を抜いたらいかん」 P「仰る通りです」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 11:16:34.61 ID:lMrKc2dkO
巴「そりゃあうちはまだ13じゃが、『若さ』ゆうんに甘えとうないけん」 P「立派な心意気だ、素晴らしい」 巴「うちも成長したんじゃ」 P「成長、かぁ…」 巴「うん?」 P「戻りてーなー……」 巴「どこへ?」 P「いや、俺も13ぐらいに戻りたいなーって」 巴「それ、口癖じゃな」 P「けっこう言ってる?」 巴「駄弁りだしたら、絶対ゆうとる」 P「戻りたくて仕方ないんだな俺」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 11:17:32.48 ID:lMrKc2dkO
巴「大人は楽しくないんか?」 P「いや、楽しいこともあるよ」 巴「ならええと思うんじゃが」 P「ただやっぱり…楽しくないことあるんだ」 巴「例えば?」 P「朝早いし、気を使う場面も増えるし…」 巴「大人なら、そいが出来て当然じゃろ」 P「そこなんだよ」 巴「ん?」 P「大人になると『出来て当然』が増えるから嫌なんだよなー」 巴「………」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 11:18:32.01 ID:lMrKc2dkO
巴「……Pよ」 P「どうしt」 巴「歯ァ食いしばれやぁ!!」ザシュッ P「ヌッ」 巴「おいP!アンタ男じゃろ!男ならしゃきっとせえ!ちったぁ正念入れんか!」 P「はい(大出血)」 巴「全く…いつになってもPは肝の据わらんヤツじゃの…」 P「ちょっとすんません」 巴「なんじゃ」 P「応急処置だけいいですか」 巴「おう、行ってき」 P「あざっす」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 11:19:51.59 ID:lMrKc2dkO
P「おまたせ」 巴「早かったの」 P「もう慣れたよ」 巴「というか、そのPヘッドゆうのは凄いんじゃな」 P「まあな、俺の鎖襦袢さ」 巴「うちも欲しいのう…」 P「ダメ」 巴「なんでじゃ」 P「もったいないだろ」 巴「?」 P「こんなに可愛らしい顔を隠すなんて」 巴「……本気でゆうけえ、余計タチ悪いんじゃアンタは…」 P「迷惑だった?」 巴「………分からん」 P「えー……」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 11:21:03.55 ID:lMrKc2dkO
巴「うちの顔はどうでもええ、今は雑談じゃ」 P「『巴の顔』について雑談でもいいけど」 巴「うちが嫌なんじゃ」 P「恥ずかしがんなよーぅ」 巴「うるさい、黙っとれ」 P「語らせてくれたっていいじゃん」 巴「なんも語ることn」 P「あるんだなそれが」 巴「そうか、分かった分かった」 P「流すなよーぅ」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 11:21:58.32 ID:lMrKc2dkO
P「頼む、語らせてくれ」 巴「こがーしょうもない事で土下座せんでくれ」 P「お願いです」 巴「分かったけぇ、頭あげや」 P「はい…」 巴「…はぁ…めんどくさいのう…」 P「熱意が段違いなんです」 巴「……おう」 P「…で、良いんですよね?」 巴「……まあ……」 巴「…ちぃっとだけなら、ええ」 P「ありがとうございます」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 11:23:00.51 ID:lMrKc2dkO
P「まずその吊り目」 巴「女らしぃて、カッコええじゃろ」 P「かわいい」 巴「ん?」 P「溢れ出る強気の中に」 P「見え隠れする優しさが」 P「ベストマッチしてかわいい」 巴「…よく分からんのう…」 P「無自覚な所がより一層かわいい」 巴「……おう…」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 11:23:47.47 ID:lMrKc2dkO
P「次に鼻」 巴「鼻、かの?」 P「かわいい」 巴「うーん…」 P「特別、高くもなく低くもなく」 P「純日本人らしい鼻ではあるが」 P「確かに残るあどけなさが」 P「年相応でかわいい」 巴「誰でもそうじゃろう」 P「否認を貫く姿勢かわいい」 巴「…事実じゃ」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 11:24:43.44 ID:lMrKc2dkO
P「さらにその口」 巴「……口…」 P「かわいい」 巴「………」 P「適度な厚さでありながら」 P「その艶かしさたるやもう…」 P「…それはもう…」 巴「………」 P「顔真っ赤かわいい」 巴「うっ……」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 11:25:41.06 ID:lMrKc2dkO
巴「……終わりかの…?」 P「ちょっとだけなら良いんだろ?」 巴「…まあ…そうじゃが…」 P「今回はこの辺にしておくよ」 巴「……次もやるんか」 P「分からん、気分次第だな」 巴「……」 P「…急に口数減ったな」 巴「アンタのせいじゃろうが」 P「巴はかわいいなぁ…」 巴「ぐぬぬ……」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 11:26:39.96 ID:lMrKc2dkO
P「話は変わるけどさ」 巴「……なんじゃ」 P「この前の土曜、あそこの服屋行ってなかった?」 巴「…こがな場合は警察か……いやうちの若い衆がええかの……」 P「やめてストーカーじゃないからやめて」 巴「言い訳は聞きとうない」 P「前を車で通ったらたまたま見かけたんだって」 巴「なんじゃ、そういうことか」 P「早とちりすぎるでしょ」 巴「すまんすまん」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 11:27:34.96 ID:lMrKc2dkO
巴「それにしても、Pに見られとったか…」 P「赤髪だからすぐ分かったよ」 巴「不覚じゃ…」 P「…隠密行動してたの?」 巴「そういう訳やないが…」 P「?」 巴「……まあ気にすんなや、P」 P「怪しい……」 巴「…なんじゃその目は」 P「担当アイドルを勘ぐる目」 巴「うちはなんも隠しとらんよ」 P「………」 巴「………」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 11:28:51.61 ID:lMrKc2dkO
P「……何を買ったんだ?」 巴「服じゃ」 P「服にも色々あるだろ」 巴「パンツじゃ」 P「!!??」ガタッ 巴「な、なんじゃ?」 P「…いや、何でもない…何でもないんだ…」 巴「…?」 P「ち、ちなみに…色は…?」 巴「黒じゃ」 P「…意外だな…」 巴「黒は合わんかの?」 P「そんな事ないぞ!イメージは白だけど!」 巴「白か、確かにええかもしれん」 P「…いやでも…黒も全然ありだな…」 巴「??」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 11:30:01.78 ID:lMrKc2dkO
P「話それたな」 巴「戻さんでええ」 P「……なぜそこまで嫌がるんだ」 巴「嫌がっとらん。他の話がしたいんじゃ」 P「……別にいいけどさ」 巴「不満そうじゃの」 P「だって巴さ、あんまりこういう話しないじゃん」 巴「プライベート、ゆう事か?」 P「そう」 巴「話す義理はないじゃろ」 P「駄弁んのに義理とかないだろ」 巴「ああ言えばこう言うのう」 P「大人ですから」 巴「それも『出来て当然』の中入っとるんか」 P「当たり前田のクラッカー」 巴「そのギャグも入っとるんか」 P「オプションね」 巴「しょうもないもん付け足したんじゃの」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 11:31:41.41 ID:lMrKc2dkO
P「オプション繋がりでちょっと良い?」 巴「おう」 P「村上家のあの車って、やっぱ高いの?」 巴「いや…そういえば知らんのう…」 P「教えてくれないの?」 巴「教えてはくれるんじゃろうが…」 P「聞いたことないのか」 巴「そうじゃな」 P「でもめっちゃ乗り心地よさそうだよな」 巴「Pのんに比べりゃ天国じゃの」 P「いきなりマイカー批判された」 巴「事実をゆうとるまでじゃ」 P「尖った事実は投げなくていいよ」
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 11:32:40.54 ID:lMrKc2dkO
巴「実際、乗りにくいじゃろ」 P「……」 巴「小さいし」 P「……」 巴「ヤニ臭いし」 P「……」 巴「まあうちは」 P「……?」 巴「Pの車も好きじゃがn」 P「巴ぇ!」ギューッ 巴「やめえ!離せや!」ジタバタ P「離さない!!」ギューッ 巴「うぅーっ!」ジタバタ P「大好き!」ギューッ 巴「P!覚えとれよ!」ジタバタ
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 11:33:43.86 ID:lMrKc2dkO
P「巴分補充完了」 巴「……鬱陶しい…」 P「……」 巴「……なに見とるんじゃ」 P「……今日は機嫌いいのか?」 巴「…は?」 P「いつもならめっちゃキレるじゃん」 巴「……今回は、許したるけん」 P「……あっ」 巴「?」 P「2人っきりだから?」 巴「……」 P「皆の前だと恥ずk」 巴「P?」 P「……あっ」 巴「それ以上は…な?」 P「はい」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 11:34:47.78 ID:lMrKc2dkO
P「睨み殺されるかと思った」 巴「アンタが悪いんじゃろ」 P「その節は誠に」 巴「もうええ」 P「……ほんと凄いよな」 巴「なんじゃいきなり」 P「お前の貫禄」 巴「…そうかの?」 P「普通あり得ないもん」 巴「……親父には勝てんよ」 P「いや、そうかもしれないけどさ」 P「13歳女子のそれじゃないよ」 巴「……まぁ…」 P「……」 巴「……それはちぃと嬉しいの」 P「…ツボが分からん…いや分かるけど…」
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 11:35:47.77 ID:lMrKc2dkO
P「そんだけ貫禄あって、赤髪で目立ってたらさ」 P「学校では一目置かれるでしょ?」 巴「男は…そうかもしれん」 P「『お嬢!』みたいな?」 巴「大体そがな感じじゃ」 P「…すげえな」 巴「うちが可愛がっとるけぇの」 P「…それでいいのか男子……」 巴「ええんじゃ、家族みたいなもんじゃけ」 P「ああ、弟みたいな?」 巴「それに近いかのう」 P「いやそれでも……まあいいか」
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 11:36:47.05 ID:lMrKc2dkO
P「じゃあ女子からは?」 巴「………」 巴「……よ、呼び捨て?」 P「そこまで朧げなの?」 巴「…まあ…ほれ、女子は…その…」 P「うん」 巴「…友達、じゃけん…色々…」 P「………あっ、なるほどね」 P「あだ名で呼ばれてるってことか」 巴「……そうじゃ…」 P「……あだ名は嫌?」 巴「……嫌ゆうか…」 P「?」 巴「…あいつらの付けるあだ名が気に食わんのじゃ……」 P「ちょっとその辺詳しく」 巴「………」
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 11:38:02.21 ID:lMrKc2dkO
女子A『今日も遅いねー』 女子B『また男子に付き添われてるんじゃない?』 <ガラッ 巴『はあ、やっと教室じゃ…』 女子A『あっ、ともえっちだ』 女子B『ともえっちおはよー』 巴『……おはよう』 女子B『どしたの、ともえっち』 女子A『テンション低いよ?』 巴『…ええ加減その…と、ともえっち?ゆうのやめてくれんかの』 女子A『…えー……』 女子B『…ショック……』 巴『……うっ…』
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 11:39:09.71 ID:lMrKc2dkO
巴『いや、まあ…あれじゃ…やめえゆうか…』 女子B『ともえっち』 女子A『ともえっち』 巴『……』 女子A (顔赤いね) 女子B (真っ赤だね) 巴『…と、巴、じゃから…』 女子A (かわいい) 女子B (ほんと狂おしいほどかわいい) 女子C『ちょっとー!やめなよ女子ー!』
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 11:40:02.59 ID:lMrKc2dkO
女子B『出たな女子C!』 女子A『貴様いいところで!』 女子C『AもBも!巴をいじめちゃダメだって言ってるでしょ!』 巴『…!お、おお!もっと言うたれ!こいつら全然分かっとらんようじゃけぇの!』 女子C『この前みんなで巴のあだ名は…』 女子C『ともえるん』 女子C『にするって決めたでしょー!』 巴『……へっ……?』
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 11:40:54.58 ID:lMrKc2dkO
女子A『そうであった……』 女子B『忘れておった……』 女子C『もうっ!ちゃんとしてよね!』 巴『………』 巴『…は…ははっ…』ヘナヘナ… 女子B『ともえるん?!』 女子C『だ、大丈夫?!保健室いこっか!?ねえ!?保健室いこっか?!』 女子A『欲望の漏れ方が大胆』 巴『…うちは…巴じゃ…』 巴『村上、巴なんじゃ……』
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 11:42:31.88 ID:lMrKc2dkO
巴「…という訳じゃ」 P「うわぁ…………」 巴「ひどいと思わんか?」 P「…ひどいというか…」 P「色々あぶないんじゃないかな…」 巴「何がじゃ?」 P「…Cがもう…すごかったよ…?」 巴「いつもあんなんじゃが」 P (慣れてしまったのか……!!) 巴「巴でええて言うとるのに…」 P「………」
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 11:43:36.36 ID:lMrKc2dkO
P「…話に出てきた子についてなんだけど」 巴「おう」 P「……体触ってきたりしない?」 巴「おお、よう分かったの」 P「……どんな感じ?」 巴「急に後ろから抱きつきよったり」 巴「胸をm……それぐらいじゃな」 P「…………………」 巴「……えらい不安そうじゃの」 P「…一つだけ、お願いがある」 巴「なんじゃ」 P「………」 P「……絶対に…油断するな」 巴「お、おう?」
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 11:44:36.31 ID:lMrKc2dkO
P「…他に何かある?」 巴「いや、こんぐらいじゃの」 P「そうか……」 巴「アンタは無いんか」 P「え?」 巴「悩みとか無いんか?」 P「んー……悩みか…」 巴「あるんなら、うちに相談しぃや」 P「特にないかなぁ…」 P「……じゃあ…悩みじゃないけどさ」 巴「おう」 P「この部屋にコーヒー作れるアレ欲しくない?」 巴「いらん」 P「はやっ」
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 11:45:34.91 ID:lMrKc2dkO
P「なんでさ!」 巴「邪魔んなるじゃろ」 P「そんなにデカくないって!最近のは電子レンジぐらいだって!」 巴「それでもいらん」 P「コーヒーが嫌いなの?それとも俺が嫌いなの?どっちなの?」 巴「……コーヒーはあんまし飲まん」 P「苦いからだろー」 巴「いや、苦さはいけるんじゃ」 P「じゃあ何で?」 巴「分からんが、好かん」 P「やっぱお茶派か」 巴「そうじゃな」 P「麦茶美味いけどさー」 巴「そう、うちはよう冷えた麦茶がありゃええんじゃ」 P「でも俺はコーヒーも飲みたいんだよー」 巴「…うるさいのう…」
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 11:46:36.08 ID:lMrKc2dkO
巴「ちひろさんにゆうて、買ってもろたらええんじゃ」 P「そうしよっかなあ…」 巴「そうかPのポケットマネーじゃな」 P「そんな金無いもん」 巴「なら選択肢は一つじゃの」 P「出してくれるかな?」 巴「うちに聞かれてもしらん」 P「あの人そういうとこ厳しいんだよ」 巴「ええ事じゃ」 P「まあな」 巴「ところで」 P「ん?」 巴「その機械はいくらするんじゃ?」 P「しらん」 巴「いやここで『しらん』はいかんじゃろ」
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 11:48:01.54 ID:lMrKc2dkO
P「何かのCMでみて、あー欲しいなーって思っただけだから」 巴「軽いのう」 P「買い物なんてそんなもんじゃない?」 巴「値段くらいは普通見るじゃろ」 P「あんま気にしないな」 巴「…そこはうちより豪快じゃの」 P「巴はどうなん?」 巴「そりゃあ…自分で金貯めて…」 巴「ちゃんと決めてから買うんじゃ」 P「意外だ」 巴「よう言われる」 P「親父さんの教えか」 巴「…まあ、そうじゃな」 P「…良いお父さんだよ、本当に」 巴「……ふん」
34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 11:48:55.25 ID:lMrKc2dkO
P「親父さん、大切にな」 巴「……?」 P「いなくなってからじゃあ、遅いんだ」 巴「……」 P「どんだけ葬式を派手にしたって」 P「そんなので死んだ人は喜ばない」 P「生きてる内に孝行しなかったくせに」 P「何を今更、て事さ」 巴「……」 巴「…そう、じゃな」
35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 11:51:03.68 ID:lMrKc2dkO
巴「……そういえば、今日じゃったな」 P「……」 巴「……」 巴「……今年は、泣かんのか」 P「…おう」 巴「………」 巴「……強なったのう、P」 P「まあな」 巴「……でもな」 巴「我慢できんなら」 巴「泣いてええんじゃけぇの」 P「……そんな事言うのも、意外だな」 巴「そうか?」 P「男なら泣くな、って言いそうじゃん」 巴「……確かに、男なら泣くのはいかん」 巴「…ただ、無理してまで我慢するなゆう話じゃ」 巴「泣くのはいかんが、無茶はもっといかん」 巴「そうじゃろ?」 P「………」 P「……言えてるな」
36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 11:52:19.06 ID:lMrKc2dkO
P「……あっ」 巴「なんじゃ」 P「もうこんな時間になってた」 巴「おお、ずいぶん喋ったんじゃの」 P「喋りすぎたな…」 巴「…いぬんか?」 P「ああ、その前に送ってくよ」 巴「すまんの」 P「…今度は車で2人っきりだな」 巴「また駄弁るんか」 P「それしか無いだろ」 巴「もっとあるじゃろ…」 P「いいじゃんかよーぅ」 巴「……」 巴「……仕方ないのう」
37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 11:53:13.29 ID:lMrKc2dkO
おしまい 広島弁が自分の関西弁とごっちゃになってすっごいややこしい 一瞬でも見てくれたらありがとう
転載元:モバP「巴・トダベル」 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1430705580/ SS速報VIPのSS紹介です。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメント一覧

    • 1 名無し春香さん
    • 2015年05月07日 01:52
    • 大人な会話が節々に見受けられるなあ…。やはりことわざSSの中にある通り、巴と結構するのが一番幸せなんじゃないかと思わされた。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。