スポンサーリンク

トップページモバマス > 雪美「P喫茶店……今日も……開店中……」

1: ミガサ 2013/06/23(日) 17:25:07.43 ID:JquziKnG0

前スレ

P「俺、プロデューサー辞めるから」


幸子「プロデューサーさんが喫茶店を始めたんですけど」


の続き。
安価スレなので、前スレ見なくても理解は可能なはず。

あらすじ
Pがプロデューサーを辞めて喫茶店を始めたそうです。






5: ミガサ 2013/06/23(日) 17:30:58.89 ID:JquziKnG0

―――P喫茶店―――

凛「……」
sbyrn35

まゆ「……」
skmmy38

ありす「……」
tcbnars30

幸子「……」
ksmzsck34

雪美「……」
sjykm28


P「なんだコレ……」


6: ミガサ 2013/06/23(日) 17:33:41.79 ID:JquziKnG0

凛「私はPさんと結婚の約束してるし」

まゆ「私は、Pさんのファーストキスもらったのでぇ……」

ありす「私は結婚式しましたし」

幸子「ボ、ボクは一番長くここでPさんと一緒に働いててますし!夫婦と言ってもいいんじゃないでしょうか?」

雪美「私……Pに手料理振舞ってる……つまり……夫婦……」



P「……」

スポンサーリンク



7: ミガサ 2013/06/23(日) 17:38:43.33 ID:JquziKnG0

凛「まずさ。ありすと雪美は年的に論外だと思うんだ」

まゆ「そうですねぇ」

幸子「ふふーん!まぁ、Pさんは口リコンじゃないので当たり前ですね!」

雪美「……年増」

凛&まゆ&幸子『……』

ありす「そもそも皆さん結婚できる年ではないので、結婚式を先に済ませた私こそ妻にふさわしいのではないかと―――」

ありす以外『それはない』

ありす「……」


P「あのー。お客様逃げちゃうからさ、そんな殺伐とした雰囲気出すのやめてくれないかな」


8: ミガサ 2013/06/23(日) 17:40:32.21 ID:JquziKnG0

凛「ふ、ふふふ。そうだ、もうPさんに決めてもらおうよ」

まゆ「それが一番ですねぇ」

幸子「可愛いボクを選んでくれるに決まってますよ!」

雪美「P……赤い糸……繋がってる」

ありす「私以外を選ぶってことは、私との関係は遊びだったって事になりますね」


P「え?あれ?なんでこっち来んの?」


10: ミガサ 2013/06/23(日) 17:42:54.03 ID:JquziKnG0

凛「Pさん」

まゆ「私達の中でぇ」

幸子「恋人、というか結婚するなら!」

雪美「誰が……いい?」

ありす「ちゃんと答えてくださいね。今はプロデューサーじゃないんですから」

P「え、ちょ」


11: ミガサ 2013/06/23(日) 17:44:54.47 ID:JquziKnG0

P「……真面目に答えていいのか?」

幸子「当たり前ですよ!」

P「……雪美」

雪美以外『……え?』

雪美「P……嬉しい……」

P「あ、いや。単純に俺が料理できないからだけどな?」

雪美「……デリカシー、ない……」

凛「これはダメだね……」

まゆ「そうですねぇ……」

P「え?なんで俺の株下がってるの?」


12: ミガサ 2013/06/23(日) 17:46:35.83 ID:JquziKnG0

幸子「はいはい、解散しましょう」

ありす「そうですね」

ゾロゾロゾロゾロ

P「え、なんなの?なんなのなの?」

雪美「……P」

P「ん?」

雪美「私……嬉しかった……」


13: ミガサ 2013/06/23(日) 17:49:07.42 ID:JquziKnG0

雪美「そんな理由でも……選んでくれて……」

P「いや、まぁなぁ」

雪美「誤魔化したの……わかる……」

P「……雪美にはわかっちゃうか」

雪美「私とPは……赤い糸で結ばれてるから……」

P「ははっ。まぁ、今は結婚とかは考えてないよ。でもさ」

雪美「?」

P「もし―――雪美が結婚できる年になって、俺がおっさんになっても雪美が俺を好きでいてくれたなら、結婚しよう」

雪美「……約束」

P「おう」


14: ミガサ 2013/06/23(日) 17:50:30.90 ID:JquziKnG0

雪美「Pの事……ずっと好きでいるから」

雪美「だから……待ってて」

P「おう」

雪美「それじゃあ……今日は、お疲れ様……」

P「また明日な!」

雪美「……うん」ニコッ


18: ミガサ 2013/06/23(日) 18:00:11.65 ID:JquziKnG0

最初に喫茶店を訪れるアイドル >>+3

安価例:三好紗南 前


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/23(日) 18:02:31.71 ID:lPzPieblo

城ヶ崎美嘉 前


23: ミガサ 2013/06/23(日) 18:05:00.63 ID:JquziKnG0

―――女子寮 美嘉の部屋―――

莉嘉「お姉ちゃん……」
jgskrk36

美嘉「……」
jgskmk35

莉嘉「今日のご飯……扉の前に、置いておくね」

美嘉「……」

莉嘉「……しっかり食べてね?」

美嘉「……」

莉嘉「それじゃ……えっと……また来るから」

美嘉「……」


24: ミガサ 2013/06/23(日) 18:07:02.07 ID:JquziKnG0


藍子「あの、美嘉さんどうでした?」
tkmraik39

莉嘉「ダメみたいです……」

藍子「うーん……」

莉嘉「あの、本当に誰も見てないんですか?」

藍子「うん……誰も、美嘉ちゃんがお仕事とか以外で外に出てるのを見てないのよ」

莉嘉「お姉ちゃん、大丈夫だよね?」

藍子「……そうね」


25: ミガサ 2013/06/23(日) 18:09:47.43 ID:JquziKnG0

―――P喫茶店―――

藍子「どうしたらいいと思います?」

幸子「ここに連れてくるんじゃダメなんですか?」

藍子「まず部屋に閉じこもってるから、外に出さないと……」

雪美「仕事中……誘拐する……」

藍子「そんな物騒な方法は……」

幸子「美嘉さん、生きてますよね?」

藍子「少なくとも食べ物は食べてる。けど、ごく少量で……」

P「何の話だ?」

藍子「Pさん……」


26: ミガサ 2013/06/23(日) 18:17:03.64 ID:JquziKnG0

P「……そうか、美嘉がか」

藍子「はい……」

P「よし、なら俺に任せろ」

藍子「大丈夫なんですか?」

P「たぶん……雪美、ちょっと手伝ってくれるか?」

幸子「何をする気ですか?」

P「料理」

幸子「……えっ?できないんじゃ」

P「一個だけ、できるんだよ。だけど随分作ってないからな……雪美、サポート頼むよ」

藍子「わ、私も手伝います!」

P「おう、よろしく!」

幸子「何を作るんですか?」

P「ハンバーグを、な」


27: ミガサ 2013/06/23(日) 18:20:24.11 ID:JquziKnG0

―――美嘉の部屋―――

莉嘉「……お姉ちゃん、今日もご飯持ってきたよ」

美嘉「……」

莉嘉「きょ、今日のご飯はね!特別なんだ!だから、絶対、絶対食べてね?!」

美嘉「……」

莉嘉「じゃ、じゃあね!絶対だよ!!」

美嘉「……」スタスタ ガチャ

美嘉「……ハン、バーグ?」

美嘉「確かに私の好物だけど……だけど……今、見ても辛いだけだよ……」

美嘉「……食べよう」


28: ミガサ 2013/06/23(日) 18:22:28.28 ID:JquziKnG0

美嘉「……Pさんの作ったハンバーグ、美味しかったな」

美嘉「また、食べたいな……」モグ

美嘉「……?!」

美嘉「あ、あれ……なんで……おんなじ、味……」

藍子「美嘉さん!」バン!

美嘉「あ……鍵締め忘れてた……」

藍子「食べて、くれたんですね?」

美嘉「……うん」

藍子「いかがでした?」

美嘉「……美味し、かった」


29: ミガサ 2013/06/23(日) 18:25:47.01 ID:JquziKnG0

美嘉「でもこれ……Pさんが作ったのと……同じ、味」

藍子「ええ、だってPさんが作ったんですから」

美嘉「……え?」

藍子「美嘉さん、明日、オフですよね?」

美嘉「う、うん」

藍子「その時に……一緒に、お散歩しましょう?」

美嘉「……うん」

藍子「その時に……詳しく説明、しますから」

美嘉「うん、わかった」


30: ミガサ 2013/06/23(日) 18:29:10.73 ID:JquziKnG0

―――翌日 P喫茶店―――

カランコローン

P「はい、いらっしゃ―――」

美嘉「Pさんっ♪」ギュゥ

P「!?」

美嘉「Pさん、Pさんっ♪」

P「お、おい美嘉?!」

藍子「あはは……」

P「いや見てないで助けてくれよ藍子……」

藍子「今ぐらい、甘えさせてあげたらどうですか?」

P「まぁ、うん……いいんだけどさ……」

美嘉「Pさーんっ♪」ギュゥゥゥ


31: ミガサ 2013/06/23(日) 18:31:15.77 ID:JquziKnG0

―――数分後―――

美嘉「……」カァァァァ

P「まぁ、なんだ。ミルクティーでも飲むか?」

美嘉「うん……」

藍子「美嘉ちゃんも浮かれてたんですよね。きっと」

美嘉「うん……」

P「まぁ、なんだ……もう引きこもるなよ?」

美嘉「……知ってたんだ」

P「当たり前だろ」


32: ミガサ 2013/06/23(日) 18:33:32.70 ID:JquziKnG0

P「ハンバーグなら、好きなだけ作ってやるからさ」

美嘉「……ホント?」

P「ああ、ここに来ればな。だから、引き込もんなよ?」

美嘉「……わかってるよ。もう。Pさん、お父さんみたい」

P「ある意味、お父さんだからな俺」

美嘉「でも、お父さんは嫌だな」

P「え?なんで?」

美嘉「だって―――」


美嘉「お父さんだったら、恋人になれないじゃん♪ね?」


次に訪れるアイドル >>+4


36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/23(日) 18:35:25.24 ID:nsgYUCBFo

早坂美玲 前


38: ミガサ 2013/06/23(日) 18:38:49.36 ID:JquziKnG0

―――事務所―――

美玲「……つまんねー……」
hyskmri27

仁奈「何がですか?」
ichrnn36

美玲「……なんでもない」

仁奈「嘘でごぜーます。今、『つまんねー』と言ったでごぜーます」

美玲「似てない」

仁奈「むむむ、みれーの気持ちになるですよ……」

美玲「……はぁ、なんなんだよ」


39: ミガサ 2013/06/23(日) 18:42:45.36 ID:JquziKnG0

美玲「(つまらない)」

美玲「(まぁまぁ楽しかったはずの、アイドル活動も)」

美玲「(最近仲良くなってきた、仁奈とか、友紀とかと一緒にいても)」

美玲「……何か、物足りないな……」

美玲「(原因はきっとわかってる)」

美玲「(いつもヘラヘラ笑いながら、ウチに突っかかってきたあの馬鹿がいなくなったからだ)」

美玲「って、なんでウチがアイツの事なんか気にしなくちゃいけねーんだよ……」

仁奈「?」

美玲「気にすんな」


40: ミガサ 2013/06/23(日) 18:45:15.05 ID:JquziKnG0

仁奈「……もしかしてみれーは、Pがいなくて寂しいでごぜーますか?」

美玲「んなっ!?なんでウチがあんな馬鹿の事を」

仁奈「みれー、Pがいなくなってから元気ねーでごぜーます」

美玲「……気のせいだよ」

仁奈「気のせいじゃないでごぜーます。みれーはPが好きだったでごぜーますか?」

美玲「……はぁああ?!す、すすすす、好き?!」

仁奈「仁奈はPが好きでごぜーますよ」

美玲「す、すすすす、好きって!!」

美玲「(落ち着け。仁奈の言う好きは、そういう好きじゃない……うん、そうだ)」


41: ミガサ 2013/06/23(日) 18:51:35.91 ID:JquziKnG0

美玲「お、おうウチもPの事……す、好き……だ、ぜ?」

美玲「(あれ?!普通に嫌いって答えるつもりだったのに?!)」

仁奈「やっぱりでごぜーますか!」

美玲「い、いや!やっぱり今の無し!!」

仁奈「じゃあ、Pに会いに行くでごぜーます!」

美玲「だから無しって……えっ?」

仁奈「え?」

美玲「いや、今Pに会いに行くって……」

仁奈「そうでごぜーますよ?」

美玲「えっ」

仁奈「えっ」


42: ミガサ 2013/06/23(日) 18:56:26.26 ID:JquziKnG0

―――P喫茶店―――

カランカラー バタン!

仁奈「まかり通るでごぜーます!!」

P「おう仁奈、ドアは静かに開けようなー。一応喫茶店だからなー。ここ」

仁奈「す、すみませんでごぜーます……」

美玲「……ほ、本当にいやがった」

P「ん?おお!美玲!元気してたか?アイドル、楽しいか?」ナデナデナデナデ

美玲「ちょ、頭撫でんなっ!」

P「お前はあまり一緒にいられなかったからなぁ、心配してたんだぞ?ん?」ナデナデナデナデ

美玲「だ、だから、頭……撫でるなぁ……」

P「嫌だったら振り払っていいんだぞ?」

美玲「……か、勝手にしろっ!」


43: ミガサ 2013/06/23(日) 18:58:35.84 ID:JquziKnG0

P「で、仁奈。美玲の様子はどうだ?」

仁奈「みれーは最近、元気がねーでごぜーますよ」

美玲「ちょっ、仁奈!」

P「それはどうしてだ?美玲」ナデナデ

美玲「あう、だからその……べ、別に元気ねーなんて……」

P「ん?」ナデナデ

美玲「……お」

P「お?」

美玲「お、お前がいなくなったからだよ!馬鹿っ!!」


44: ミガサ 2013/06/23(日) 19:02:32.03 ID:JquziKnG0

P「……そっか」

美玲「なんだよ!ウチをスカウトしたと思ったら、あっという間にいなくなってさっ!!」

美玲「ウチ、お前と一緒にいるの、その、楽しかったんだよ!だから一緒にいたんだよ!気づけ馬鹿ぁ!」

美玲「もうワケわかんない!!馬鹿!馬鹿!馬鹿!!」ポカポカポカポカ

P「ごめんな、美玲……俺も一緒にいて、楽しかったよ」

美玲「馬鹿、馬鹿ぁ……」ジワッ

P「よしよし」ナデナデ

仁奈「よしよしでごぜーますよ」ナデナデ

美玲「うう、うぁぁ……」


45: ミガサ 2013/06/23(日) 19:04:36.65 ID:JquziKnG0

美玲「……」プイッ

P「美玲ー」

美玲「……」プイッ

P「……拗ねてる美玲も可愛いな」

美玲「! ば、馬鹿」

P「……ふふふっ」

仁奈「可愛いでごぜーますね」

美玲「あああ!!もうなんなんだよお前ら!!」


46: ミガサ 2013/06/23(日) 19:07:20.59 ID:JquziKnG0

美玲「も、もう帰るっ!」

仁奈「じゃあ仁奈も帰るでごぜーます」

P「おう、また来いよ」

美玲「……も、もう来ないっ!」

仁奈「来ないでごぜーますか?」

美玲「う、え、えと……」


美玲「……う、ウチの好きな食べ物用意してくれてたら……ま、また来てやるかもしれない」

美玲「かっ、勘違いするなよ?!う、ウチが……そ、そう、この店自体を気に入っただけなんだからなっ!馬鹿っ!」


次に訪れるアイドル >>+2


48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/23(日) 19:07:34.69 ID:zcn/HL33O

笑美 前


51: ミガサ 2013/06/23(日) 19:13:21.30 ID:JquziKnG0

―――仕事場―――

笑美「なんでアーニャがにゃんにゃんにゃん入ってるんや!猫関係ないやろ!」
nnbem24

アーニャ「……にゃー」
ana26

笑美「可愛いやないかいっ!」スパーン

みく「……」ワクワク
mekwmk33

笑美「あ、鼻眼鏡してツッコミ待ちしてるみくにゃんはいじりません」

みく「え、酷くない?」

のあ「……」スッ
tkmnna27

笑美「ってなんでのあさんが鼻眼鏡かけとんねーん!!」スパーン


52: ミガサ 2013/06/23(日) 19:15:50.11 ID:JquziKnG0

みく「お疲れ様にゃー」

のあ「……お疲れ様」

アーニャ「お疲れ様です」

笑美「おう、お疲れさん!」

のあ「……ちょっといいかしら」

笑美「えっ、のあさん?まぁええけど……」

のあ「こっちに来て頂戴」

笑美「お、おう……」


53: ミガサ 2013/06/23(日) 19:19:54.46 ID:JquziKnG0

のあ「……笑美」

笑美「は、はい」

のあ「貴方のツッコミには―――キレがない」

笑美「な、なんやて?!」

のあ「前のようなキレが、今のあなたにはないわ……理由は言わずもがな、ね」

笑美「……せやな」

のあ「お互い、表には出さないように頑張りましょう。まだ、気づいている人はきっと少ない」

笑美「いや、正直気づいてんのはのあさんぐらいのもんやと思うけど……」

のあ「そのうち、誰の目にも明らかになるわ……」

笑美「……」


54: ミガサ 2013/06/23(日) 19:23:35.77 ID:JquziKnG0

―――事務所―――

笑美「わかってる、わかってるんやけどなぁ……」

笑美「自分でも反応が悪ぅなってるのは……」

笑美「どうすりゃええんかなぁ……」

ナターリア「あ、エミ!」
ntra22

笑美「お?ナタやないかい。どうした?」

ナターリア「バナナ寿司作ったんダ!エミも食べル?」

笑美「なんで酢飯にバナナ載せとんねん!まずいに決まってるやろうが!」

ナターリア「え?美味しいのにナー」モグモグ

笑美「コイツ……正気か……?」


55: ミガサ 2013/06/23(日) 19:28:56.91 ID:JquziKnG0

ナターリア「うーん、でも、Pの作った寿司のが美味しいナ!」

笑美「まぁ、バナナ寿司に比べたらなぁ……」

ナターリア「よし、じゃあ今から食べに行こウ!」

笑美「いや、気が早すぎ……えっ?た、食べに行く?」

ナターリア「そうと決まれば出発だヨ!エミ、早ク早ク!」グイグイ

笑美「え、あ、ちょっ」

ナターリア「いーざすーすーめーやーきっちーん♪」

笑美「なんでお料理行進曲やねん!」スパーン


56: ミガサ 2013/06/23(日) 19:31:41.69 ID:JquziKnG0

―――P喫茶店―――

ナターリア「P、来たヨー!」

P「へいらっしゃい!」

笑美「なんで喫茶店なのにその掛け声なんやねん!」

P「お客さん、今日はいいのが揃ってますよ」

ナターリア「へぇ、どんな?」

P「ミルクティーとか」

笑美「結局、紅茶やないかい!」

ナターリア「じゃあマグ口!」

笑美「ガン無視かい!」

P「おーい、雪美。マグ口だってよー」

笑美「Pが握るんじゃないんかいっ!」


57: ミガサ 2013/06/23(日) 19:34:41.75 ID:JquziKnG0

P「っと、やっとキレが戻ってきたか?」

笑美「えっ?」

ナターリア「元気な方が、エミらしイ!」

笑美「え、えっと?」

P「ナターリアが、最近笑美が元気ないって言っててな」

P「だから、ナターリアと協力して元気にしようって思ってさ」

P「全力でふざけてみた。どうだった?俺たちのボケ……」

笑美「……点や」

P「え?」


58: ミガサ 2013/06/23(日) 19:37:35.24 ID:JquziKnG0

笑美「100点満点やっ!なんやコレ、面白すぎるやろっ!!」

笑美「あははははっ、なんや、簡単なことだったんやなぁ!」

P「え、笑美?」

笑美「人を楽しませる、その心をうちは忘れてたんやな……ふふっ」

P「おーい、大丈夫か?」

笑美「大丈夫や!相変わらず、Pさんはカッコええなぁ?」

P「そりゃどうも」

笑美「つれないのぉ……じゃあせっかくやし、うちも何か頼もうかの」

P「おう、何がいい?」


59: ミガサ 2013/06/23(日) 19:41:02.33 ID:JquziKnG0

笑美「せやなぁ……コーラ一つ」

P「喫茶店に来てまでコーラかよ!」

笑美「……」

P「……」

笑美&P『ぷっ、あははははは!』

笑美「いやー、楽しい、楽しいわPさん」

P「そりゃよかったよ」

笑美「なぁ、Pさん?」

P「なんだ?」


笑美「Pさんは、ずーっとずーっと、うちの相方やからな!」

笑美「だから、覚悟しとけや!うちの相方は一筋縄じゃいかんでぇ♪」


ナターリア「もぐもぐ、ウマー♪」

笑美「決め台詞の途中で食うなや!!」スパーン


次に訪れるアイドル >>+5


64: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/23(日) 19:43:07.34 ID:thbueeWSo

奏 前


67: 奏さん人気すぎワロタ 2013/06/23(日) 19:47:37.55 ID:JquziKnG0

―――事務所―――

奏「……」
hymknd28

ちひろ「奏ちゃん?」

奏「えっ?何?」

ちひろ「いや、鏡ばっかり見てどうしたのかなって」

奏「……なんでもないよ」

ちひろ「そうですか」

奏「(結局、キス、できなかったな……)」

奏「(本気でキスしたいって思った、最初の人……)」


68: ミガサ 2013/06/23(日) 19:49:54.54 ID:JquziKnG0

奏「……」モグモグ

ちひろ「珍しいですね、奏さんが果物を食べてるなんて」

奏「そうかしら?私、果物結構好きよ?」

ちひろ「それは……ザクロですか」

奏「ええ、そう……ちひろさんも食べる?」

ちひろ「いえ、私は結構です」

奏「そう……」

奏「(あの時、鏡越しじゃなくて)」

奏「(勇気を出して、ちゃんと、キスすればよかった)」


70: ミガサ 2013/06/23(日) 19:55:11.37 ID:JquziKnG0

奏「……ねぇ」

愛梨「ひゃっ?なんですか?」
ttkn32

奏「その……お菓子作り、教えてくれない?」

愛梨「え?まぁ……いいですけど……」

奏「今度は、チョコ以外がいいな」

愛梨「わかりました!」

奏「(チョコみたいに甘いキス)」

奏「(あの時、間接キスじゃなくて、ちゃんとしたキスをすればよかったな)」


75: ミガサ 2013/06/23(日) 20:37:45.11 ID:JquziKnG0

奏「……何やってんのかな、私」

奏「Pさんと、一緒にやったことを思い出して」

奏「その度に、後悔して」

奏「……後悔する内容が、全部キスって……」

奏「それだけ、好き、だったんだろうな……」

奏「……はぁ……」

???「にひひ……物憂げにふける奏さんもいいなぁ……」

奏「……何やってるの?愛海ちゃん」

愛海「ん?いやー。今なら揉めるかなって」
mnktatm33

奏「あのね……」


76: ミガサ 2013/06/23(日) 20:46:17.71 ID:JquziKnG0

愛海「そんなセクシーな表情で物憂げに窓から外を眺めてる方が悪い!」

奏「……もし、そんな女の子がいたら、貴方は胸を揉むの?」

愛海「え?揉まない方がおかしくない?」

奏「……」

愛海「……」

奏「もしもし、早苗さん?」

愛海「あ、すいませんっしたぁ!!」

奏「全く……」

愛海「でもなんでそんな元気ないんですか?」


77: ミガサ 2013/06/23(日) 20:52:52.75 ID:JquziKnG0

奏「……決まってるじゃない」

愛海「まぁ、奏さんP大好きでしたもんね」

奏「っ、そうストレートに言わないでよ」

愛海「Pも罪なヤツですね。こんな美少女の胸も揉まずに喫茶店始めるなんて」

奏「あのね……喫茶店?」

愛海「え?知らないんですか?P、喫茶店やってるんですよ」

奏「……初耳なんだけど」

愛海「あれ、これって言っちゃダメなんだったっけ。まぁいいや」

奏「ど、どこでやってるの?」

愛海「まぁ、落ち着いてくだせぇ。今度、一緒に行きましょう!」


78: ミガサ 2013/06/23(日) 20:56:21.75 ID:JquziKnG0

―――翌日 P喫茶店―――

愛海「たのもー!」バン

P「お客様。大変申し訳ありませんが、お客様は出禁を食らっておりますので」

愛海「ミルクティーください」

P「無視かよ」

愛海「え?」

P「まぁいいけど……」

奏「あの……」

P「うおっ!?奏?!」

奏「そんなに驚かないでも……」

P「いや、奏が愛海と一緒に来るなんて……大丈夫か?!汚されてないか?!」

奏「え、あ、うん……」


79: ミガサ 2013/06/23(日) 20:59:38.40 ID:JquziKnG0

愛海「酷いなぁ、奏さん連れてきたの私なんだよ?」

P「奏、何か飲みたいものあるか?」

奏「え、えっと……」

愛海「えっ、無視?」

P「ミルクティーが個人的にお勧めだ」

奏「じゃあ、ミルクティーお願い」

P「あいよ」

愛海「いいもん、私は牛乳飲んでるもん……」


80: ミガサ 2013/06/23(日) 21:03:22.57 ID:JquziKnG0

P「それで今日は―――」

奏「……」ジーッ

P「そもそも、なんで愛海と―――」

奏「……」ジーッ

P「―――奏?」

奏「えっ?」

P「いや、なんで俺の口元ばっか見てるのかなーって」

奏「そう、かな」

P「おう」

愛海「(あれ、私帰ったほうがいいのかな)」


81: ミガサ 2013/06/23(日) 21:05:42.10 ID:JquziKnG0

奏「……」ジーッ

P「ほらやっぱり見てる」

奏「……そう、だね。欲しいし」

P「は?」

奏「だから、欲しいって言ったの」

P「いや、欲しいって何が―――んむっ?!」

奏「んっ……ふっ」


愛海「」


83: ミガサ 2013/06/23(日) 21:08:02.74 ID:JquziKnG0

P「か、でっ」

奏「んむ……ぷはっ」

P「お、お前、何を」

奏「ずっと我慢してたんだもん、しょうがないじゃない」

P「我慢って」

奏「お互い初めて同士だね、えへへ」

P「……奏。一つ言っておくことがある」

奏「え?」

P「……ファーストキスは、まゆに奪われた」

奏「……」


愛海「」


84: ミガサ 2013/06/23(日) 21:11:00.56 ID:JquziKnG0

奏「……」ムスッ

P「なんで拗ねられなくちゃいけないのかね……」

奏「馬鹿。Pさんの馬鹿」

P「はいはい、すみませんでしたね」

奏「私、口同士は初めてだったのに」

P「だがこれは俺のせいじゃないような」

奏「……そうだけど」

P「……ああもう、わかったよ。お詫びになんでも一つ出来ることならやってやるよ」

奏「本当?」

P「本当」


愛海「―――はっ、私は一体何を」

幸子「愛海さん、出禁食らってませんでしたっけ?」

愛海「あ」


87: ミガサ 2013/06/23(日) 21:14:20.68 ID:JquziKnG0

奏「じゃあ―――私がここに来るたびに、キス、して」

P「……は?」

奏「もちろん、口に」

P「いやいやいやいや!お前、それは」

奏「……なんでもって言った」

P「……」

奏「ちなみに、毎日来るから」

P「……はぁ……わかったよ……キスでもなんでもしてやるよ……」

奏「ふふっ、やった」

P「(まぁ奏も女の子だし、こんな約束すぐに恥ずかしくなって取り消すだろう)」

奏「(約束しちゃった……これでPさんと好きな時にキスできる……)」


88: ミガサ 2013/06/23(日) 21:18:02.78 ID:JquziKnG0

奏「それが聞けたら今日は十分。また明日来るね」

P「……またのご来店をお待ちしています」

奏「そんな嫌そうな顔しないでよ。年頃の女の子と好きなだけキスできるんだよ?」

P「それが悩みの種になりsんむっ」

奏「んむ、ぷはっ。今日の分、ね?」

P「……あのなぁ」

奏「ふふ、顔真っ赤」

P「お前こそ」

奏「Pさん」

P「なんだ?」


奏「私、これから先キスするのは、Pさんだけにするから!」

奏「だからPさんも……私にだけ、キス、して?」


この約束が原因で色々な子と揉めるのだが、それは別の話。


104: ミガサ 2013/06/24(月) 20:24:04.63 ID:bWsZIREW0

さて安価を忘れていましたので、適当に安価投げときます。

次に喫茶店を訪れるアイドル >>+2


106: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/24(月) 20:27:08.45 ID:lUkLRIUn0

洋子 前


108: ミガサ 2013/06/24(月) 20:35:11.11 ID:bWsZIREW0

―――女子寮 洋子の部屋―――

美優「すみません、洋子さん?」コンコン
mfnmy31

洋子「……なんですか?」
situyk17

美優「その、お邪魔してもよろしいでしょうか?」

洋子「はい、大丈夫です……」

美優「それじゃ、お邪魔しま―――」ガチャ

美優「っ」

洋子「どうかしましたか?」

美優「洋子さん、その、部屋どうしたんですか?」

洋子「へ?いつも通りじゃありません?」


109: ミガサ 2013/06/24(月) 20:38:17.14 ID:bWsZIREW0

美優「いつも通りなワケないじゃないですか……このゴミの山は一体なんですか?」

洋子「……あー。捨てるのが面倒くさくて」

美優「それに、カップラーメンばっかり食べてるじゃないですか……」

洋子「……ご飯作る暇なくて」

美優「そんなんじゃ……ほら、肌とかカサカサですよ?」

洋子「見てもらえる人がいなければ……美肌なんて、意味ないので……」

美優「……見てもらえる人がいればいいんですね?」

洋子「えっ?」

美優「ついてきてください」グイッ

洋子「えっ、あの、私まだ寝巻き……」

美優「じゃあ早く着替えて。ほら」


110: ミガサ 2013/06/24(月) 20:41:03.80 ID:bWsZIREW0

―――P喫茶店―――

洋子「え、あの、私」

美優「いいからついてきてください」

カランカラーン

P「はい、いらっしゃいませ」

美優「こんにちは、Pさん」

洋子「……えっ」

P「お、美優さんと……えっ、もしかして、洋子か?!」

洋子「う、うわあああああ!!Pさん!み、見ないで!!」

P「いやお前、肌とか」

洋子「うわあああああああん!!」タッタッタッタ

P「ちょ、洋子!?」


111: ミガサ 2013/06/24(月) 20:48:32.70 ID:bWsZIREW0

―――数十分後―――

洋子「ただいまっ!」キラキラ

P「おか、え……」

美優「これは……」

洋子「やっぱり健康が一番だよね!久しぶりに半身浴したよ」

P「……半身浴一回で、肌、変わりすぎじゃね?」

洋子「そうかな?」

美優「……半身浴、やってみようかしら」

洋子「美優さんは十分肌綺麗ですよ!」

美優「ありがと……」


112: ミガサ 2013/06/24(月) 20:53:09.66 ID:bWsZIREW0

洋子「それより……あの……さっきのは忘れてくれると」

P「え、ああ。わかったよ」

洋子「ありがとっ♪」

P「まぁ、だらしない洋子とは珍しいもの見たけどな」

洋子「や、やめてよ!」

P「ま、洋子は健康的なのが一番だよ」

洋子「そっか。ね、Pさん」


洋子「私、誰かが見てくれれば見てくれるほど、綺麗になれると思うんだ!」

洋子「だから、私のことずっと見ててね?Pさん♪」


次に訪れるアイドル >>+3


115: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/24(月) 20:53:51.95 ID:fGQ135aIo

大原みちる 後


117: ミガサ 2013/06/24(月) 21:00:07.59 ID:bWsZIREW0

―――P喫茶店―――

カランカラーン

P「はい、いらっしゃいませ―――」

みちる「なんだかいい匂いが……」
ohrmcr20

P「お?」

みちる「すみませーん!席空いてますか?」

P「ええ、空いていますが……えっと、すみません。こちら、隣のプロダクションの―――」

みちる「あの、このサンドイッチの昼メニューってやつありますか?お腹すいちゃって」

P「……かしこまりました」

P「(まぁ、いいか……文香さんもアイドルじゃないけどよく来てるし)」


119: ミガサ 2013/06/24(月) 21:02:20.33 ID:bWsZIREW0

P「こちらがサンドイッチの昼メニューになります」

みちる「わぁ、美味しそうですね!」

P「ごゆっくりどうぞ」

みちる「はい~♪」


雪美「P……」

P「まぁいいじゃないか」

雪美「違う……あの人……食べるスピードが……」

P「え?」


120: ミガサ 2013/06/24(月) 21:04:23.28 ID:bWsZIREW0

みちる「うん、美味しかった!ごちそう様でした!」

P「ファッ?!」

みちる「あのー。えっと、他にもパンの昼メニューありませんか?」

P「え、ええと。パンケーキとかなら……」

みちる「それもお願いしますー!」

P「かしこまりました……」


雪美「P……私……本気出す……かな子以来……」

P「おう……とんでもないのを俺たちは引き寄せてしまったみたいだ」


121: ミガサ 2013/06/24(月) 21:06:58.41 ID:bWsZIREW0

みちる「もぐもぐ、ごちそうさまでした!」

みちる「えっと、じゃあ次はこのハンバーガーセットを……」

みちる「さっきのサンドイッチ、単品でもらえますか?」

みちる「フゴフゴ、フゴフゴ」

みちる「ごちそうさまでした!はぁ、美味しかったなぁ♪」

P「お粗末さまでした……」


雪美「……疲れた……」

P「お疲れ雪美」ナデナデ

雪美「んっ……」


122: ミガサ 2013/06/24(月) 21:10:02.11 ID:bWsZIREW0

みちる「あの、またここ来てもいいですか?」

P「あ、はい。よろしければ」

みちる「ここのパン、なんだか美味しいんですよね!」

P「気に入っていただけて光栄です」

みちる「あ、そうだ!」


みちる「えっと、マスター!私の我が儘に付き合っていただいて、ありがとうございました!」カランカラーン


P「気づいてたみたいだな。メニューにない物出してたの」

雪美「凄い……観察力……」


その後、かな子とみちるが壮絶な争いを繰り広げ、かな子が師匠と呼ばれるようになるのはまた別の話。


次に訪れるアイドル >>+4


126: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/24(月) 21:11:17.26 ID:tECBDA9AO

あいさん 後


134: ミガサ 2013/06/24(月) 21:19:45.50 ID:bWsZIREW0

―――P喫茶店―――

カランカラーン

P「はい、いらっしゃいませー」

あい「お邪魔するよ」
tgai23

P「あいさんいらっしゃい。今日もいつものでいいですか?」

あい「うん、よろしく」

P「あいさん、うちのオジリナルブレンド好きですよね」

あい「君が丹精込めて作ったという事が伝わってくるからね」

P「お褒めに預かり光栄です」

あい「ふふ、君にはその言葉は似合わないね」


135: ミガサ 2013/06/24(月) 21:23:33.52 ID:bWsZIREW0

P「どうぞ」コトッ

あい「ありがとう……君の店に初めて来てから、一ヶ月くらいかな?」

P「そうですね。あの時のあいさん、可愛かったですよ」

あい「やめてくれ。君に可愛いと言われるのはむずがゆい」

P「まさか泣き出すとは思ってなくて。その後微妙に幼児退行してましたし」

あい「それだけ私が君のことを想っていたということだ」

P「……そ、そうですか」

あい「ふふ、照れているな」

P「お返しですか」

あい「そうだね……うん、美味しい」ズズズッ


136: ミガサ 2013/06/24(月) 21:27:42.68 ID:bWsZIREW0

P「あいさん、結構ストレートに言うようになりましたよね」

あい「それだけじゃない。髪もちょっとずつ伸ばしているんだが、どうかな?」

P「きっと似合うと思いますよ」

あい「ふふ、君がそう言ってくれるなら続けようかな」

P「……最近、調子はどうですか?」

あい「ぼちぼち、かな。君がいないのは少し寂しい」

P「……」

あい「ふふふ、可愛いね。君は」

P「からかわないでください……」


138: ミガサ 2013/06/24(月) 21:32:16.29 ID:bWsZIREW0

あい「さて、そろそろ私は行くよ」

P「そうですか。またのご来店をお待ちしております」

あい「素っ気なくないかな。こう、行ってらっしゃいませご主人様とか、ないのかな?」

P「……行ってらっしゃいませ。お嬢様」

あい「似合わないね。かなり」

P「言わせておいてそれっすか」

あい「ああ、君は」


あい「いつも通り働いているのが、一番カッコイイと思うよ」

あい「それこそ、私が惚れそうなくらいにね。それじゃあね、P君」


次に喫茶店を訪れるアイドル >>+4


142: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/24(月) 21:33:21.89 ID:Xjxeui+4o

智絵里


148: ミガサ 2013/06/24(月) 21:38:18.20 ID:bWsZIREW0

―――女子寮 智絵里の隠し部屋―――

智絵里「……」
ogtcer34

智絵里「ふふふふふ……」

智絵里「今日はですね?四葉のクローバーを5本も見つけたんです」

智絵里「これで、5倍も幸せになれますね……ふふふ」

智絵里「ほら、もっと見てください……」

智絵里「もっと、もっと、私を見て……見捨てないでください。Pさん……」


152: ミガサ 2013/06/24(月) 21:41:19.68 ID:bWsZIREW0

―――事務所―――

ちひろ「智絵里ちゃんの行方が分からない?」

桃華「そうですの」
skrimmk22

ちひろ「どういうことですか?今日は仕事終わったあと、直帰したはずですが」

桃華「それを聞いて、先ほど智絵里さんの家に行ってみたんですの」

桃華「でも……誰もいなかったんですの」

ちひろ「え?もう帰ってるはずですよね?」

桃華「ええ。智絵里さんが家に入るのを見たという人もいましたの」

ちひろ「……」

桃華「……」

ちひろ「……とりあえず、こちらで探ってみます」

桃華「よろしくお願いするですの……」


154: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/24(月) 21:41:43.78 ID:Xjxeui+4o

重い(恍惚)


155: ミガサ 2013/06/24(月) 21:44:31.14 ID:bWsZIREW0

―――女子寮 智絵里の部屋―――

ちひろ「……智絵里ちゃん?」コンコン

ちひろ「……?」

ちひろ「智絵里ちゃん?入っていいかしら?」

ちひろ「……」

ちひろ「……入るわよー?」ガチャ

ちひろ「智絵里ちゃーん?いるなら返事してー?」

ちひろ「……寮長に報告した方が」

智絵里「あの……どうかしましたか?」

ちひろ「ひっ。智絵里ちゃん。いたなら返事してくれると嬉しいわ」

智絵里「ごめんなさい……夢中になってて」


156: ミガサ 2013/06/24(月) 21:46:59.04 ID:bWsZIREW0

ちひろ「そう。でも声も聞こえないし、電気も付けないのはどうかと思うわ」

智絵里「すみません……」

ちひろ「いるならいいのよ。桃華ちゃんが心配してたわ」

智絵里「ごめんなさい。この時間は……反応がだいぶ遅くなると、伝えてください」

ちひろ「わかったわ」

智絵里「心配かけてすみませんでした……」

ちひろ「いえいえ、それじゃあ―――」

まゆ「ふふ、ダメですよぉ。ちひろさん」

ちひろ「……まゆ、ちゃん?」


157: ミガサ 2013/06/24(月) 21:51:27.34 ID:bWsZIREW0

まゆ「智絵里ちゃん、手に持ってる物……離そうねぇ?」

ちひろ「―――え?」

智絵里「……何も、持ってませんよ」

まゆ「だったらぁ……ゆっくりと、手を前に出してみたらどうかしら」

智絵里「……できません」

まゆ「なんでかしら」

智絵里「……特に理由はないです」

ちひろ「(後ろ手……?)」チラッ

ちひろ「っ」ザッ

智絵里「……どうして、後ろに下がるんですか?」

ちひろ「……(包丁……?!)」


158: ミガサ 2013/06/24(月) 21:54:54.47 ID:bWsZIREW0

まゆ「ねぇ、智絵里ちゃん……お部屋の中、見せてもらっていい?」

智絵里「……どうしてですか?」

まゆ「だってぇ……智絵里ちゃん、寮を改造して隠し部屋作ってるじゃない」

ちひろ「え?!そ、そんな!」

まゆ「正確には……寮長にまだ報告していない間取りがあるのよねぇ」

智絵里「……どうしてそれを、知っているんですか?」

まゆ「なんでかしら」

智絵里「……」

まゆ「……」

ちひろ「(私の場違い感)」


159: ミガサ 2013/06/24(月) 21:57:00.99 ID:bWsZIREW0

まゆ「……幻想のPさんに甘えて、楽しいかしらぁ?」

智絵里「っ!!」

まゆ「楽しいでしょうねぇ。貴方の中のPさんは、貴方がして欲しいことをしてくれる……」

まゆ「私も随分、やったものだわぁ……」

智絵里「Pさんは幻想なんかじゃない」

まゆ「え?」


智絵里「Pさんは幻想なんかじゃないPさんは幻想なんかじゃないPさんは幻想なんかじゃないPさんは幻想なんかじゃないPさんは幻想なんかじゃないPさんは幻想なんかじゃないPさんは幻想なんかじゃないPさんは幻想なんかじゃないPさんは幻想なんかじゃないPさんは幻想なんかじゃないPさんは幻想なんかじゃないPさんは幻想なんかじゃないPさんは幻想なんかじゃないPさんは幻想なんかじゃないPさんは幻想なんかじゃないPさんは幻想なんかじゃないPさんは幻想なんかじゃないPさんは幻想なんかじゃないPさんは幻想なんかじゃないっ!!」



160: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/24(月) 21:57:38.64 ID:d+lUlrRw0

(アカン)


161: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/24(月) 21:57:39.76 ID:0Z1pffGro

アカン


162: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/24(月) 21:57:44.47 ID:tECBDA9AO

ヒェッ


164: ミガサ 2013/06/24(月) 22:00:53.60 ID:bWsZIREW0

智絵里「貴方に、貴方に何がわかるんですか」

まゆ「わかるわよぉ……あなたは私と似てるからぁ……」

智絵里「……知ったような口を聞かないでくださ」

まゆ「あなたこそ―――Pさんや私を知ったような口を聞かないでくれるかしら」

智絵里「っ」

まゆ「Pさんで妄想するのは勝手だけど……Pさんを汚すのだけは、許せないわぁ……」

智絵里「違う、違う……Pさんは私をずっと見ててくれる、Pさんは、Pさんは」


まゆ「……甘ったれないで!!」

智絵里「ひっ?!」

ちひろ「ひぃっ!?」


165: ミガサ 2013/06/24(月) 22:06:50.76 ID:bWsZIREW0

まゆ「……いつまで、妄想の中のPさんにすがるのかしら」

まゆ「自分の足で、立ち上がろうとは思えないの?」

まゆ「そんなに貴方は弱い子だったの?」

まゆ「いい加減、目を覚ましたらどうかしらぁ?……緒方智絵里」

智絵里「……私、は……見捨てられるの……嫌、で」ポロポロ

まゆ「……うーん……やっぱり、この子はPさんがいないとダメみたいですよぉ……ねぇ?」

P「あの……二人共普通に怖かったんだけど……」

智絵里「……P、さん?」

P「智絵里の様子がおかしいって、桃華から電話があってな」

ちひろ「(桃華ちゃん、Pさんにまで電話してたんですか)」

P「来てみたら……ホラー映画でも見てる気分だったよ」

まゆ「恋する女の子は盲目なんですよぉ?」

P「盲目過ぎても困りものだな……なぁ、智絵里」


166: ミガサ 2013/06/24(月) 22:10:41.05 ID:bWsZIREW0

智絵里「なん、ですか?」

P「智絵里は、俺がいないとダメか?」

智絵里「……」

P「俺がいないと、アイドルはやっていけないか?」

智絵里「……」

P「お前は―――俺のために、アイドルをやっていたのか?」

智絵里「ち、ちが……」

P「そうだろ?だったら、俺にばっかり頼ってちゃダメだ」

智絵里「でも、私、一人じゃ」

P「一人で本当にダメな時は、頼ってもいい。でも、ダメと決め付けて俺に頼りっきりになるのは、それこそダメだ」

智絵里「……難しい、です」

P「難しいんだよ。アイドルっていうのはさ」

P「でも―――アイドル、続けたいんだろ?」

智絵里「……はい」


167: ミガサ 2013/06/24(月) 22:14:09.57 ID:bWsZIREW0

P「だったら自立、しなきゃな」

智絵里「……はい」

P「俺だけじゃない―――他の誰かにも、幸せを届けてやってくれ」

智絵里「……はい」

P「智絵里が自立できたと思った時―――また、来るよ」

智絵里「……はい」グスッ

P「泣くな泣くな……今だけは、頼っていいから」ナデナデ

智絵里「Pさ、Pさん……うぐ、ぐす、えぐっ、うううう……」


169: ミガサ 2013/06/24(月) 22:21:48.58 ID:bWsZIREW0

―――数週間後 P喫茶店―――

P「いやぁ……たまげたなぁ……」

智絵里「えと……何がですか?」

P「いや、お前のCD……オリコンチャート2位だろ?」

智絵里「でも……1位じゃ、ないですけど」

P「1位じゃなくても、よくやったよ」ナデナデ

智絵里「えへへ……」

P「……智絵里、質問だ」

智絵里「なん、ですか?」

P「お前は今―――誰のために、アイドルをやってる?」

智絵里「私、は」


智絵里「Pさんだけじゃない……全ての、ファンの人のために……アイドルを、やってます」

智絵里「でもその中心には……やっぱり、Pさんが、います。だけど……ただPさんだけに、依存するんじゃなくて」

智絵里「私は―――ファンや歌を聞いてくれるみんなと、一緒に歩いて行けたらいいなって……思います」


178: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/24(月) 22:25:43.43 ID:0Z1pffGro

楓 前


192: ミガサ 2013/06/26(水) 20:40:00.26 ID:MOmAO1G+0

―――事務所―――

楓「……」
tkgkked29

ちひろ「楓さん?」

楓「……」

ちひろ「楓さーん?」

楓「……」

ちひろ「楓さんっ!!」

楓「……あ、はい?」

ちひろ「もう、どうしたんですか?先ほどからずーっとぼーっとして」

楓「え?ああ……夕飯の献立を考えてまして」

ちひろ「(相変わらず、何を考えているかわからないですね……)」


194: ミガサ 2013/06/26(水) 20:45:55.72 ID:MOmAO1G+0

楓「……」

楓「(何も……思いつかない……)」

楓「(何も……考えられない……)」

ちひろ「楓さーん?」

楓「あ、はい……」

ちひろ「夕飯の事を考えるのもいいですけど……仕事はちゃんとやってくださいよ?」

楓「はい……」


195: ミガサ 2013/06/26(水) 20:49:55.86 ID:MOmAO1G+0

―――数時間後―――

オツカレサマデシター

楓「……」

楓「(仕事にも身が入らないなんて……)」

楓「(これじゃあ、私もあの子達の事言えないわね……)」

菜々「おっ疲れ様でーす☆」キャピルーン
abnn40

楓「……」スタスタ

菜々「えっ?!まさかの無視?!」

楓「……あ……菜々さん」

菜々「えっとぉ、まさか気づかなかったとか?」

楓「……気づきませんでした」

菜々「……」


196: ミガサ 2013/06/26(水) 20:55:14.18 ID:MOmAO1G+0

楓「それで、あの……何か?」

菜々「……うーん……」

楓「あの……?」

菜々「楓さん。今日、飲みに行きませんか?」

楓「……菜々さんは17歳……」

菜々「細かいことはいいんです!楓さん!宴会してもえ~んかい?なーんちゃって……」

楓「……あ、はい……」

菜々「」

楓「それじゃ、あの……他の人に見られないように、事務所で……」

菜々「ハ、ハイ」

楓「それじゃあ……」スタスタ

菜々「……え?あれ、本当に楓さん?」


197: ミガサ 2013/06/26(水) 20:59:09.15 ID:MOmAO1G+0

―――P喫茶店(飲み会場)―――

友紀「酒だー!」
hmkwyk33

茄子「お酒をもって来てくださ~い♪」ギュゥゥゥゥ
tkfjkk24

P「友紀いいいいいい!!これ以上茄子を煽らないでくれええええええ!!」

友紀「いいじゃんいいじゃ~ん!Pさんも幸せっしょ?」

P「幸せだけど!これ以上ないくらい幸せだけど!俺の理性がさ!!」

茄子「Pさ~ん♪」ギュムゥゥゥ

P「か、茄子、一旦離れて」

カランカラーン!

P「い、今だ!は、はいいらっしゃいませ!!」スルン

菜々「こんにっちはー!なっなでーす♪」

P「また酒癖悪い人が来たあああああ!!」


198: ミガサ 2013/06/26(水) 21:01:35.11 ID:MOmAO1G+0

友紀「いぇーい!菜々さんこんばんはー!」

茄子「こんばんはぁ~♪」

菜々「うわ、茄子さんもう出来上がっちゃってるじゃないですか」

P「そうなんだよな……」

菜々「あ、あと一人後で来ますから。予約お願いします~」

P「え」

カランカラーン

楓「あの……菜々さん、ここ、喫茶店じゃ……」

友紀「楓ちゃんばんはー!」

茄子「ばんはー♪」

菜々「こっちですよ楓さーん!」

P「……楓、さん?」

楓「あ……」


199: ミガサ 2013/06/26(水) 21:05:18.97 ID:MOmAO1G+0

楓「……どうして、ここにいるんですか?」

P「まぁ、その……成り行きで。喫茶店兼飲み会場を……経営しています」

友紀「楓さーん!一緒に飲もうよー!あははは!」

菜々「友紀さん!ビールのいっき飲みはやめたほうが」

茄子「いっき!いっき!」

P「そこ!煽らない!!」

楓「……どうして、教えてくれなかったんですか?」

P「……別の人生を、送りたかったので」

楓「……その、別の人生に、どうして私を……」

P「え?」

楓「……いえ、なんでもないです。では失礼しますね」スタスタ

菜々「楓さーん!友紀さんを止めてくださいー!!」


200: ミガサ 2013/06/26(水) 21:08:22.21 ID:MOmAO1G+0

―――一時間後―――

楓「どうして、私に、教えてくれなかったんですかぁ?」

P「……やっぱこうなるのね」

楓「私、心配で心配で、仕事にも身が入らなかったんですよ?」

P「……そう、ですか」

楓「今日だって、菜々さんが誘ってくれなかったら私、部屋で一人でお酒飲んでました」

P「そんな頻繁に飲むようになったんですか?」

楓「……Pさんがいなくなってから、眠れなくなったんれす」

P「……」


204: ミガサ 2013/06/26(水) 21:14:31.24 ID:MOmAO1G+0

楓「不安で、不安で、眠れないんです」

楓「酔って眠っても、Pさんがいなくなるあの日の風景ばっかり見ちゃうんです」

楓「……Pさん、私、ダメな女になっちゃったみたいです……」

P「……楓さんは、ダメな女じゃないですよ」

楓「……あなたがいないと、何もできない女なのに?」

P「ええ……その気持ちを押しとどめて、他のアイドル達の世話をしてくれてたんですよね?」

楓「……ちひろさんから聞いたんですか?」

P「はい。楓さんや、志乃さんが色んな子の話し相手になってあげてたって」

P「それで元気になった子も、何人もいるって」

楓「……」


206: >>203 中途半端に酔ってると思ってください 2013/06/26(水) 21:18:19.84 ID:MOmAO1G+0

P「だから」ギュッ

楓「あ……」

P「今度は、俺がいくらでも話し相手になりますから」

P「どんなにくだらない話でも、悲しい話でも、付き合いますから」

P「だから……今日くらいは、子供みたいに、俺に甘えてください」

楓「……うん……P、さん……」

P「楓さん……」


友紀「ひゅーひゅー!あっついねー!」

菜々「羨ましいなー……」

茄子「……zzz」


楓「……」

P「……」


207: ミガサ 2013/06/26(水) 21:20:58.65 ID:MOmAO1G+0

―――女子寮の近く―――

P「ほら、お前ら起きろ。俺はここまでしか送れないんだから」

友紀「うー、もう朝ー?」

菜々「菜々はぁ、じゅうななさいなんですよぉ……」

茄子「……はっ、おはようございます」

P「……楓さん、送って行ってもらえますか?」

楓「……」

P「楓さん?」

楓「……嫌、です」

P「えっ」


208: ミガサ 2013/06/26(水) 21:23:15.11 ID:MOmAO1G+0

茄子「あ、じゃあ私が送っていきますね~♪」

P「大丈夫か?茄子」

茄子「はい、酔いが冷めるのは早いんです」

P「じゃあ頼むよ」

茄子「はい~♪……あとは、ごゆっくり♪」

P「え?」

茄子「はいはい、二人共行きますよ~」

楓「……」

P「えーっと、楓さん。どうして嫌なんて言ったんですか?」

楓「……もっと」

P「え?」

楓「もっと……Pさんと、一緒にいたかったから」


210: ミガサ 2013/06/26(水) 21:25:35.04 ID:MOmAO1G+0

P「―――っ」

楓「甘えていいって、言いました」ギュゥ

P「言い、ましたけど」

楓「だから今日は―――思いっきり、甘えさせてください」ボソッ

P「!?」ゾクゾクッ

楓「……なーんて」パッ

P「あ……」

楓「ふふっ、驚きました?」

P「……からかわないでくださいよ。本気になったらどうするんですか」

楓「本気になってもいいですよ?Pさんなら」

P「えっ」


211: ミガサ 2013/06/26(水) 21:29:37.49 ID:MOmAO1G+0

P「じょ、冗談ですよね?」

楓「冗談じゃ……ないですよ?」

P「……」

楓「ふふふっ、Pさんがその気になってくれるまで―――これで、我慢しておきます」チュッ

P「」

楓「顔、真っ赤ですよ?酔っ払ったみたい♪」


楓「Pさん……私、ダメな女でもいいかなって思います」

楓「だって……今日みたいに、Pさんに甘えられますから」

楓「だけど今度は……本気に、させちゃいますから♪」


次に喫茶店を訪れるアイドル >>+4


215: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/26(水) 21:30:40.19 ID:XqX3O3NRo

若葉 前


221: ミガサ 2013/06/26(水) 21:38:26.63 ID:MOmAO1G+0

―――女子寮 若葉の部屋―――

若葉「……」カチ カチ
kskbwkb16

若葉「……やっぱり、足りませんね……」

若葉「どこに行っちゃったのかな……ここの1ピース……」

若葉「お気に入りのパズルだったのにな……」

若葉「……」ポロポロ

若葉「あう、泣いちゃダメです。私はおねーさんなんですから」

若葉「ジグソーパズルが完成しないくらいで……泣いちゃ、ダメです」


222: ミガサ 2013/06/26(水) 21:40:29.08 ID:MOmAO1G+0

―――事務所―――

若葉「あの~、ちひろさん」

ちひろ「なんですか?」

若葉「その……事務所に、ジグソーパズルのピースみたいなの……落ちてませんでしたか~?」

ちひろ「さぁ……あっても、業者さんが捨ててしまうんじゃないでしょうか」

若葉「そう、ですか……」

ちひろ「一応こっちでも探してみますね」

若葉「お願いします~」

若葉「……はぁ……」


223: ミガサ 2013/06/26(水) 21:46:49.42 ID:MOmAO1G+0

若葉「……新しいジグソーパズルを買いましょうかね~」

卯月「どうしたんですか?若葉さん」
smmruzk35

若葉「あ、卯月ちゃん~……ジグソーパズルのピースをなくしちゃったんです~」

卯月「そうなんですか?!一緒に探しましょう!」

若葉「……もう、見つからないと思います」

卯月「そ、そんなの探してみないとわからないですよ!」

若葉「新しいの、買うから、いいん、です」ポロポロ

卯月「……若葉、さん?」

若葉「あれ、あれれ、おかしいですね~……わ、私はお姉さんだから、泣かない……て決め、たのに」

卯月「……若葉さん!待っててください!必ず、探し出しますから!!」タッタッタ

若葉「卯月ちゃん!?」


224: ミガサ 2013/06/26(水) 21:49:43.72 ID:MOmAO1G+0

凛『……うん、わかった。女子寮総出で探してみる』

未央『こっちは任せてー!』
hndmo42

卯月「うん、お願い二人共!」

若葉「あの~……一体何を?」

卯月「みんなに協力してもらって、探してもらうことにしたんです」

若葉「そんな、悪いですよ~」

卯月「諦めちゃダメです!」

若葉「……どうしてそこまでしてくれるんですか~?」

卯月「だって私達、仲間じゃないですか!」


229: ミガサ 2013/06/26(水) 21:53:06.85 ID:MOmAO1G+0

―――数時間後―――

凛『ごめん、それらしきものは見つからなかった……』

未央『こっちも……』

卯月「……そっか」

若葉「……だから見つからないって、言ったじゃないですか」

卯月「っ、だ、ダメです!ここで、Pさんなら、絶対、絶対諦めません!!」

若葉「Pさん……なら……」

卯月「で、でも、どうすれば……ああもう、大丈夫かな、出てくれるかな?」プルルルル

若葉「どこに、電話……」

卯月「Pさんのところです!!」

若葉「……へ?」


230: ミガサ 2013/06/26(水) 21:55:25.29 ID:MOmAO1G+0

―――P喫茶店―――

P「……で、結局来たのか」

卯月「あはは……」

凛「Pさん、ミルクティー」

未央「あたしもー!」

卯月「なんでナチュラルに二人がいるの?!」

P「おんなじ考えだったみたいだぞ。お前ら全員」

若葉「……P、さん」

P「若葉、久しぶりだな。背、伸びたか?」ナデナデ

若葉「数週間程度で……伸びるわけ、ないもん……」

P「そっか」


231: ミガサ 2013/06/26(水) 21:58:45.69 ID:MOmAO1G+0

P「……ジグソーパズル?」

卯月「そうなんですよ!何か知りませんか?」

P「……待てよ」タッタッタ

若葉「……Pさん?」

P「これ、か?」スッ

若葉「……これ!これなの!」

卯月&凛&未央『ああ、やっぱり』

P「……お前らに俺がどう思われてるのか知りたいな」

卯月「えっと……何でも出来る人」

未央「なんだかんだでフラグを回収してくれる人」

凛「結婚相手」

若葉「えっ!?」

P「若葉、凛は気にしないでいいから」


232: ミガサ 2013/06/26(水) 22:02:42.35 ID:MOmAO1G+0

卯月「で、どうして持ってたんですか?」

P「いや、プロデューサーを辞める直前に事務所内で見つけてな。見覚えのある模様だったから」

若葉「……P、さん……ありがとう、ございます」

P「忘れてた俺も悪い……それ、俺からのプレゼントだよな?」

若葉「……覚えて、たんですか?」

P「当たり前だろ。若葉と一緒に選んだジグソーパズだ」

若葉「そう、です」

P「また、新しいの買いに行こうな」

若葉「うんっ……!」



凛「デート……」

未央「そうだよね、アレ」

卯月「いいなー……」


233: ミガサ 2013/06/26(水) 22:05:30.16 ID:MOmAO1G+0

若葉「あの……頭、撫でてください……」

P「え?」

若葉「……二度も言わせないの」

P「子供扱いは嫌なんじゃなかったか?」

若葉「……Pさんになら、いいかもしれない、です」

P「そっか」ナデナデ

若葉「んっ……あのね、お礼……したいの」

P「いいってお礼なんて―――」

若葉「んーっ」チュッ

凛&卯月&未央「」ガタッ!

P「……」

若葉「えへへ、私の初めて……あげるの」


234: ミガサ 2013/06/26(水) 22:09:56.80 ID:MOmAO1G+0

P「俺、そろそろマスクでもした方がいいのかな」

若葉「それじゃあかっこいい顔が見えないの……」

P「そ、そうか」

若葉「照れてます?」

P「まぁ、若葉は……お姉さん、だからな」

若葉「そうなんですよ。私はお姉さんなんです。だから、Pさん……」


若葉「今度、私と一緒にジグソーパズルを完成させてください……」

若葉「私の……心の中の恋心と、一緒に……♪」


次に訪れるアイドル >>+5


239: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/26(水) 22:11:06.97 ID:kncjyQAAO

櫂 前


245: ミガサ 2013/06/26(水) 22:16:52.23 ID:MOmAO1G+0

―――海―――

櫂「プハッ!」ザブン!
nsjmki24

櫂「はあっ、はあっ……」

櫂「……うーん……」

櫂「泳いでも泳いでも……胸のつかえが取れないなー……」

櫂「こんなの初めてだよ……いつもは泳いだら、些細な事なんて忘れられるのに……」

櫂「……Pさん、今頃何してるのかな……」


247: >>242 相葉ちゃんじゃないでしょうか? 2013/06/26(水) 22:22:35.00 ID:MOmAO1G+0


乃々「あの……」
mrkbnn34

櫂「あれ、乃々ちゃん。こんなところでどうしたの?」

乃々「散歩ですけど……」

櫂「そうなんだ?」

乃々「そういう櫂さんは……」

櫂「泳いでる」

乃々「いや、わかりますけど……」

櫂「そうだ、乃々ちゃんも泳ぐ?」

乃々「え、遠慮しておきます……」


248: ミガサ 2013/06/26(水) 22:25:24.98 ID:MOmAO1G+0

櫂「散歩コースなの?ここ」

乃々「いえ……気まぐれですけど……」

櫂「そっかぁ……もしかして、仕事から逃げてきたとか」

乃々「逃げる理由……ありませんし」

櫂「え?お仕事嫌だから逃げてたんじゃないの?」

乃々「それもありますけど……別の理由というか……」

櫂「何それ?教えて教えて!」

乃々「む、むーりぃ……」

櫂「いいじゃんいいじゃん。減るもんじゃあるまいし」

乃々「うう……い、言いたくないです」


249: ミガサ 2013/06/26(水) 22:30:36.24 ID:MOmAO1G+0

櫂「いいじゃんいいじゃ……っ?!」

乃々「ど、どうしたんですか?」

櫂「っ、っ?!」バシャバシャ

乃々「か、櫂さーん?だ、大丈夫ですか……?」

櫂「(や、やば……クラゲかなんかに足刺されたっ……?!)」

乃々「な、なんかヤバそうなんですけど……た、助け……あう……」

櫂「(やば、溺れるっ……!)」バシャバシャ

乃々「わ、私泳げませんし……そ、そうだ、P……さん!」プルルルル

P『おう、乃々か?どうし』

乃々『か、櫂さんが、海で溺れ』

P『二十秒で行く。待ってろ!』

乃々「え……」


250: ミガサ 2013/06/26(水) 22:33:29.92 ID:MOmAO1G+0

―――P喫茶店―――

櫂「……あれっ、ここ……」

乃々「Pさん!櫂さんが、目を覚ましましたけど」

P「そうか、よかった」

櫂「P、さん……?」

P「大丈夫か?気分はどうだ?」

櫂「大丈夫……あ、包帯も巻いてくれたんだね」

P「櫂が助かったのは乃々のおかげだ。感謝しろよ?」

櫂「うん、ありがと乃々ちゃん」

乃々「べ、別に……お礼とか……///」

P「……あー、えっとそれでだな……一つ、謝らなくったいけないことが」

櫂「何?……この喫茶店のこと?」

P「それもそうなんだが、えーっと、あれだ」


251: ミガサ 2013/06/26(水) 22:37:08.40 ID:MOmAO1G+0

P「……人工、呼吸さ」

櫂「……えっ、もしかして……Pさん」

P「……すまんっ!乃々に頼みたかったんだが」

乃々「は、肺活量足りませんし……」

櫂「……そっかぁ……初めてはPさんにもらわれちゃったかぁ」

P「は、初めてだったのか?!す、すまない!」

櫂「ううん、別にいいよ。仕方ないよ」

P「そ、そうか」

櫂「でもー。責任、取って欲しいなー」

P「せ、責任か」


252: ミガサ 2013/06/26(水) 22:40:40.04 ID:MOmAO1G+0

櫂「うん、だから……今度一緒に泳ごうよ!」

P「……えっ、それでいいのか?」

櫂「あ、それならPさんに水着選んで欲しいな!」

P「お、俺に?俺のセンスなんてたかがしてれるぞ?」

櫂「Pさんのセンスを信じてるから大丈夫……ついでに乃々ちゃんも!」

乃々「えっ、いや、その」

櫂「いーからいーから!で、Pさん?」

P「出費が……ん、なんだ?」


櫂「また私が溺れたときは……助けてね?」

櫂「その時は、さ。また……人工呼吸、してもいいから♪」


259: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/26(水) 22:44:27.69 ID:di5n5w2Eo

おつ

アーニャ 前


270: ミガサ 2013/06/27(木) 20:35:52.62 ID:GTHBIGIM0

アーニャ「星」

アーニャ「貴方は、星を見せてくれると言ってくれました」

アーニャ「そして、貴方は私に星を見せてくれました」

アーニャ「でもその時には既に……貴方は私の隣にはいませんでした」

アーニャ「……ヤー ハチュウ ティビャ ウヴィディチ」

アーニャ「また、会いたい―――」


271: ミガサ 2013/06/27(木) 20:38:21.80 ID:GTHBIGIM0

監督「はいカットォ!いやー、お疲れ様、アナスタシアちゃん!」

アーニャ「ダー。お疲れ様でした」

監督「気持ち、凄く入ってたね。誰か思い浮かべてたりした?」

アーニャ「……いえ」

監督「そっか。でも良かった!ありがとね!」

アーニャ「ありがとうございます。……では、失礼します」

監督「ああ、それじゃあね」


272: ミガサ 2013/06/27(木) 20:42:38.62 ID:GTHBIGIM0

―――事務所―――

ちひろ「お疲れ様。アーニャちゃん」

アーニャ「ダー。お疲れ様でした」

ちひろ「総選挙で2位になってから、仕事一気に増えたけど大丈夫?」

アーニャ「ナルマーリナ。問題ありません」

ちひろ「そう、それじゃ次の仕事なんだけど―――」

アーニャ「……」


273: ミガサ 2013/06/27(木) 20:47:01.45 ID:GTHBIGIM0

アーニャ「……あの」

ちひろ「何かしら?」

アーニャ「プロデューサー……いえ、Pさんがどこにいるか、ちひろさんでもわかりませんか?」

ちひろ「……それは」

アーニャ「……イズヴィニーチェ。申し訳ありません」

ちひろ「あ、ううん。大丈夫よ」

ちひろ「(どうしようかしら……でも、アーニャちゃんだけ特別扱いも……)」

アーニャ「……すみません。少し、外出てきてもいいですか?」

ちひろ「え?あ、うん」


274: ミガサ 2013/06/27(木) 20:51:50.65 ID:GTHBIGIM0

―――事務所 屋上 夜―――

アーニャ「……あの日も」

アーニャ「こんなふうに、星が綺麗に見える夜でしたね」

アーニャ「一人、星を見ていた私に、話しかけてきた人」

アーニャ「……最初は、変質者かと思いましたよ」

アーニャ「ヤー ハチュウ ティビャ ウヴィディチ」

アーニャ「……また、会いたい……」


275: ミガサ 2013/06/27(木) 20:56:08.26 ID:GTHBIGIM0

ちひろ「アーニャちゃん」

アーニャ「……」

ちひろ「ここにいると、寒いわ」

アーニャ「……そう、ですね」

ちひろ「だから、ここに行って暖まってきなさい」

アーニャ「シトー エータ?なんですか、これは?」

ちひろ「ただのメモ帳よ。ただの、ね♪」

アーニャ「は、はい……」

ちひろ「それじゃ、明日の仕事には遅れないでね?(ま、いいか。苦労するのはPさんですし)」

アーニャ「わかっています。では、お疲れ様でした」


276: ミガサ 2013/06/27(木) 21:00:19.56 ID:GTHBIGIM0

―――P喫茶店―――

カランカラーン

P「えっ、今日はもう閉店……」

アーニャ「あ……」

P「アー、ニャ?」

アーニャ「……はい」

P「どうして、ここに?」

アーニャ「……ちひろさんからもらった、ただのメモ帳に、地図が書いてありました」

P「……ちひろさんめ……」

アーニャ「その……あまり、ちひろさんを責めないでください」

P「わかってるよ。それより……今日はもう、出せるものも、何もないんだが」

アーニャ「そう、ですか……それなら―――」


277: ミガサ 2013/06/27(木) 21:05:00.25 ID:GTHBIGIM0

―――P喫茶店 屋根裏部屋―――

アーニャ「……驚きました」

P「そりゃな。俺もここに移ってから、ここに来たことはあまりないよ」

アーニャ「……掃除は」

P「掃除くらいはした……と思う」

アーニャ「……まぁ、いいです。それよりも……よく、見えますね」

P「俺もここからこんなに綺麗に星が見えるとは思わなかった」

アーニャ「そうですね……覚えていますか?」

P「何をだ?」

アーニャ「私を、スカウトしてくれた日の事」

P「当たり前だろ」


278: ミガサ 2013/06/27(木) 21:18:19.40 ID:GTHBIGIM0

アーニャ「いきなり私に話しかけてきて、警察に通報しようかと思いました」

P「無言で携帯を取り出されたときはビビったな」

アーニャ「その後、無理やりに私と一緒に天体観測を始めて」

P「自慢げに紹介した星座や星、アーニャは全部知ってたんだっけ」

アーニャ「プラーヴィリナ。むしろ私の方が知っていましたね」

P「それで、勉強してまた来るから、次の日も同じ場所で待っててくれって頼んだんだっけ」

アーニャ「そう、です。そして貴方は来てくれました」

P「その時、アイドルについて話したんだよな」

アーニャ「ええ。私を、なんて物好きな人だな、と思いました」

P「ティン!と来たからな」

アーニャ「なんですか、それ」


279: ミガサ 2013/06/27(木) 21:26:34.81 ID:GTHBIGIM0

アーニャ「……シータ・アンドロメダェ」

P「なんだそれ?ロシア語か?」

アーニャ「違います。……星の名前、ですよ」

P「へぇ、そうなのか」

アーニャ「星言葉は、【異性を引き付ける魅力】」

P「買いかぶりすぎだよ」

アーニャ「いえ、私は……そんな貴方の魅力を短い間でも、見てきました」

アーニャ「貴方の魅力に引き付けられたからこそ……私も、アイドルとして、ここまで来れたのだと思います」


280: ミガサ 2013/06/27(木) 21:36:03.12 ID:GTHBIGIM0

アーニャ「だからこそ―――私は貴方にお礼を言いたい」

P「お礼って……」

アーニャ「貴方と星を見て」

アーニャ「貴方と星をめざして」

アーニャ「……貴方と、星を掴んで」

アーニャ「貴方のおかげで、私は……皆さんの星に、なれたのだと思います」

アーニャ「スパシーバ バリショーエ、ヤーリュブリュー ティビャー。……本当にありがとう、ございました」

P「ちょ、何て言った?」

アーニャ「ふふっ、なんでもないですよ。ただ、ありがとう、と」

P「いやいやいや!絶対それだけじゃない!何か変な意味の言葉入れたか?!」

アーニャ「……さぁ、どうでしょうね?」


281: ロシア語難しすぎ泣いた 2013/06/27(木) 21:47:56.41 ID:GTHBIGIM0

P「なんだよー。教えろよー」

アーニャ「嫌、です。それより、一緒に星を見ましょう?」

P「わかったよ。でもいつか教えてくれよ?」

アーニャ「時が来たら……ですね」

P「まぁ、気長に待ってるよ」

アーニャ「はい……」


アーニャ「……パダりー ムニェ スヴァユー リュボーフィ……なんて」

アーニャ「これからも、よろしくお願いします……Pさん」


次に喫茶店を訪れるアイドル >>+4


285: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/27(木) 21:48:46.00 ID:P18dyDk2o

のあさん 前

既出なら蘭子 前


292: ミガサ 2013/06/27(木) 21:54:38.83 ID:GTHBIGIM0

―――女子寮 のあの部屋―――

のあ「……」

のあ「……」

のあ「……この服を見てくれる人も……もう、いないのね」

のあ「……(ネコミミを付ける)」カポッ

のあ「……にゃあ」

のあ「……(ネコミミを床に叩きつける)」バンッ

のあ「……何をやっているのかしら、私は」


293: ミガサ 2013/06/27(木) 21:58:23.01 ID:GTHBIGIM0

―――事務所―――

のあ「お茶、どうぞ」

ちひろ「ありがとうございま……のあさん?!」

のあ「何かしら」

ちひろ「いや、その、メイド服……」

のあ「……恐らく、この服を着るのはこれが最後になるわ」

ちひろ「なんでそんな事を?」

のあ「……彼との思い出を、断ち切るためかしら」

ちひろ「は、はぁ」

のあ「最後に……思い出に浸ろうと思って」

ちひろ「そう、ですか」


295: ミガサ 2013/06/27(木) 22:01:45.28 ID:GTHBIGIM0

のあ「ここから彼がいなくなって、数週間が経ったわね」

ちひろ「そうですね……」

のあ「今では、何人もの子が彼なしでも頑張っているわ」

ちひろ「ええ、私も助かります」

のあ「時にちひろさん」

ちひろ「はい?」

のあ「……時々、アイドル達から【Pさん】やら【P喫茶店】やら聞こえてくるのだけど、それは気のせいかしら」

ちひろ「……」

のあ「ちひろさん?」

ちひろ「えっと、その」

のあ「ち・ひ・ろさん?」ズズイッ

ちひろ「あの、その」


296: ミガサ 2013/06/27(木) 22:03:31.94 ID:GTHBIGIM0

―――P喫茶店―――

カランカラーン

P「はい、いらっしゃ」

のあ「……」

P「い……?」

のあ「……」スタスタスタ

P「の、のあさん?」

のあ「ふっ」バチーン!

P「へぶっ?!」


298: ミガサ 2013/06/27(木) 22:06:48.47 ID:GTHBIGIM0

P「えっ?えっ?」

のあ「……」ベチン バチン

P「痛いっ!?え、何?!なんなのこれ?!」

のあ「思い知ったかしら」

P「な、何を……?」

のあ「一人置いていかれた、私の思いを」

P「え?」

のあ「……」ギュウ

P「ちょ、えっ?!」

のあ「……寂しかった、わ」

P「のあ、さん……」


299: ミガサ 2013/06/27(木) 22:09:56.70 ID:GTHBIGIM0

のあ「……他の子達には、話していたそうね」

P「いや、それは俺じゃなく……どちらかといえば、ちひろさんや他のアイドル達が……」

のあ「言い訳はいらないわ。なんで私に教えてくれなかったのかしら」

P「その、特別扱いはよくないかなーって」

のあ「幸子には言ったそうね」

のあ「その上、幸子と雪美をウェイトレスとして雇っているそうじゃない」

P「いや、その、あの」

のあ「……」ジトー

P「……すみませんでした」


300: ミガサ 2013/06/27(木) 22:14:10.38 ID:GTHBIGIM0

のあ「許して欲しいなら、条件があるわ」

P「なんでしょう」

のあ「私をウェイトレスとして雇いなさい」

P「はい……はい?」

のあ「私を、ウェイトレスとして雇いなさい」

P「いや、あの、のあさん?」

のあ「……」スッ

P「ちょ、無言で手を振り上げるのはやめてください?!」

のあ「……私も、寂しかったのよ」

P「それはさっき文字通り痛いほどわかりました」

のあ「だから、ここで働くことにするわ」

P「なんでそうなるんでしょう」

のあ「……それを言わせるの?」

P「え?」


301: ミガサ 2013/06/27(木) 22:17:08.31 ID:GTHBIGIM0

のあ「……」

P「……すみません、わかりません」

のあ「……貴方と少しでも一緒にいたいから、よ」

P「……ええええ!?」

のあ「そんなに驚くことかしら」

P「いや、のあさんってそういう事言う人だったかなと」

のあ「今回のことで身にしみたのよ」

のあ「別れは、必ずやってくるわ」

のあ「だから、伝えたい時に、伝えたいことを、真っ直ぐ伝えたほうがいいって」

P「……そう、ですか」


302: ミガサ 2013/06/27(木) 22:20:09.92 ID:GTHBIGIM0

のあ「それで、雇ってくれるのかしら?」

P「……わかりましたよ。こちらもそう言われてはお手上げです」

のあ「そう……ありがとう」

P「いえ……元はといえば、俺のせいですし」

のあ「そうだ。伝えたいことが、あと一つ」

P「なんでしょうか」


のあ「……私は、ずっと一緒にいたいと思うくらい……あなたが、好きよ」

のあ「それだけは覚えておいて?……マイ、マスター」



308: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/27(木) 22:22:39.19 ID:pElBdrsjo

志保 前


318: ミガサ 2013/06/28(金) 20:45:21.66 ID:QH8h1M/20

―――P喫茶店―――

P「新しいウェイトレスののあさんだ」

のあ「よろしく……幸子、雪美」

幸子「……」

雪美「次は……Paが来るかなと思った……」

P「そうしたかったらしいが、ウェイトレスが出来そうなPaが出てこないとの事でな」

のあ「神の意思ね……」

幸子「そ、それよりも!また増やすんですか?!」

P「まぁ、人手は多い方がいいだろ?」


319: ミガサ 2013/06/28(金) 20:47:39.49 ID:QH8h1M/20

幸子「そうですけど……ちゃんと接客できるんですか?のあさんに」

P「……そういやお前らの接客態度を見たことがなかったな。俺はいつも仕入れとかで忙しいし」

幸子「ふふーん!可愛いボクには何をやらせても完璧なんですよ!」

雪美「……楽勝……」

のあ「問題ないわね」

P「ふむ、この際だ。お前ら全員の接客を俺に見せてみてくれないか?」

幸子「え?ま、まぁ、Pさんが望むならいいですけど……」

雪美「……わかった……」

のあ「了解したわ」


320: ミガサ 2013/06/28(金) 20:49:54.21 ID:QH8h1M/20

―――幸子編―――

P「すみません」

幸子「はいなんでしょうか」

P「サンドイッチセットをお願いします(思ったより普通だな)」

幸子「かしこまりました。少々お待ちください」スタスタ

P「(この分なら幸子は問題なさそうだな)」

幸子「こちら、サンドイッチセットになります」

P「ありがとう」

幸子「ごゆっくりどうぞ」

P「ああ、そうさせてもら―――」

幸子「まぁ、カワイイボクのウェイトレス姿が見れただけでも、この店に来た価値はあると思いますよ」ドヤァ

P「」


321: ミガサ 2013/06/28(金) 20:51:40.98 ID:QH8h1M/20

P「はい、アウトー」

幸子「えっ、何がですか?」

P「一言余計だよお前……」

幸子「だってボクのウェイトレス姿ですよ?サンドイッチセットよりも、きっと価値が―――」

P「わかった。わかったから、次は雪美の接客を見てみよう。きっと参考になるはずだ」

幸子「……わかりました」


323: ミガサ 2013/06/28(金) 20:53:35.07 ID:QH8h1M/20

―――雪美編―――

雪美「いらっしゃい……ませ」

P「おお、随分と可愛らしいウェイトレスさんだね。マスターの子供か何かかい?」

雪美「違い……ます」

P「そうなのか。じゃあ、もしかして孫とか―――」

雪美「私は……ここのマスターの……愛人、です」

P「」


326: ミガサ 2013/06/28(金) 20:55:03.43 ID:QH8h1M/20

P「雪美」

雪美「何……?」

P「お前はどこでそういう言葉を覚えてくるんだ?」

雪美「昼ドラ……」

P「そうか……今後、見ないようにしようか」

雪美「面白い……のに」

P「のあさーん!のあさんだけが頼りですよー!!」


328: ミガサ 2013/06/28(金) 21:00:16.10 ID:QH8h1M/20

―――のあ編―――

P「すみませーん」

のあ「いらっしゃいませ♪のあにゃんだにゃん☆(真顔)」

―――終了―――

P「全滅じゃねぇか!!」

幸子「何がですか。この僕の完璧な接客のどこがダメなんですか!」

雪美「結婚相手……のが……よかった?」

のあ「……(本当は普通にできるけど)」

P「こうなったら助っ人を呼ぶしかないか……」


330: ミガサ 2013/06/28(金) 21:03:54.19 ID:QH8h1M/20

―――数分後―――

志保「こんにちはー!お久しぶりです、Pさん♪」
mkhrsh18

P「おう、元気にしてたか志保」

志保「はい!あ、でも食べてくれる人がいなくなったので、ちょっと料理の腕は落ちちゃいましたけど……」

P「そっか……まぁ、よかったら今度、お菓子作ってきてくれよ」

志保「はい♪えっと、それで今日は……」

P「このダメウェイトレス三人娘を教育して欲しい」

幸子「酷くないですか?!」

雪美「……よろしくお願いします」ペコリ

のあ「……(やっぱりボケた方がいいのかしら)」

志保「わっかりました!私にお任せ下さい!」


331: ミガサ 2013/06/28(金) 21:06:32.22 ID:QH8h1M/20

―――少女修行中―――

志保「幸子ちゃん!ウェイトレスたるもの、謙虚であれ!例え外見を褒められても、調子に乗らない!」

幸子「は、はいっ」

志保「雪美ちゃん!ウェイトレスたるもの、自分の情報を無闇に晒さない!いつ、どこで、誰が、何を狙っているかはわからないんだから!」

雪美「いえっさー……」

志保「のあさん!……は、ええと……真面目にやってください」

のあ「わかったわ」


332: ミガサ 2013/06/28(金) 21:11:33.73 ID:QH8h1M/20

P「それにしても志保。流石、元ウェイトレスだな」

志保「そうですか?ありがとうございます♪」

P「正直助かるよ。客足、あまり上がらなくてさ」

志保「Pさんみたいな素敵なマスターがいるんなら、この喫茶店なんてあっという間に繁盛しますよ♪」

P「そ、そうか。ありがとう」

志保「あ、でも来たお客さんをアイドルに勧誘とかしてませんよね?」ジトーッ

P「いや、それはしてないぞ」

志保「……どーだか」

P「そんなに信用ないか俺」

志保「ウェイトレスとして働いてた私をスカウトしたくらいですからね」

P「……まぁ、ティン!と来たんだよ」


333: ミガサ 2013/06/28(金) 21:13:39.87 ID:QH8h1M/20

志保「出ました、お得意のティン!発言」

P「しょうがないだろ。言い表せない感覚なんだから」

志保「まぁ、そのおかげで今の私がいるんですけど……」

P「そうだ。この前イベントやったんだって?」

志保「あ、知ってるんですか?!バリ島に行ってきたんですよ~♪」

P「ついにそこまで行ったか……そうそう、衣装、よく似合ってた」

志保「ありがとうございます♪」


334: ミガサ 2013/06/28(金) 21:17:39.28 ID:QH8h1M/20

志保「ね、Pさん」

P「なんだ?」

志保「私を雇ってみる気は、ないですか?」

P「ないな」

志保「どうしてですか?」

P「ウェイトレスとしてじゃなく、今、アイドルとしての志保が一番輝いてるから」

志保「……全くもう、調子いいんですから」

幸子「すみませーん!志保さーん!」

志保「はいはい今行きます……でもですね。Pさん」

P「ん?」


志保「Pさん専用のウェイトレスのお誘いなら、私はいつでもウェルカムですよ♪」

志保「その時は人生のパートナーとしても、精一杯ご奉仕させていただきますからね、Pさん♪」


次に訪れるアイドル >>+5


339: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/28(金) 21:23:27.67 ID:mShttHfEo

由愛 前


343: ミガサ 2013/06/28(金) 21:30:16.81 ID:QH8h1M/20

―――事務所―――

由愛「……」カキカキ
nrmyym28

ちひろ「ん?」

由愛「……」カキカキ

ちひろ「(由愛ちゃんが絵を描いてるの久しぶりに見たわね……何を描いてるのかしら)」

ちひろ「……」ソッ

由愛「……」カキカキ

ちひろ「ひっ?!」

由愛「……」カキカキ

ちひろ「(ま、真っ黒な紙を更に黒で塗りつぶしてる……!)」


344: ミガサ 2013/06/28(金) 21:32:29.73 ID:QH8h1M/20

由愛「……」ピタッ

ちひろ「(と、止まった……)」

由愛「……」クシャクシャ ポイッ

ちひろ「(丸めて投げ捨てた……?)」

由愛「……」カキカキ

ちひろ「(また新しいページを黒く……って、あの真っ黒な紙は元々真っ白だったの!?)」

由愛「……」カキカキ

ちひろ「(ど、どうしよう、由愛ちゃんが……)」


346: ミガサ 2013/06/28(金) 21:36:11.15 ID:QH8h1M/20


きらり「おっはようだにぃ☆」ガチャッ
mrbskrr34

ちひろ「お、おはようきらりちゃん」

きらり「おっすおっす!」

ちひろ「その……由愛ちゃんは絵を描いてるみたいなの。そっとしておいてね?」

きらり「そうなの?どんな絵を書いてるのか、きらり気になゆー!」バッ

ちひろ「あ!」

由愛「あっ……」

きらり「……真っ黒だにぃ」

由愛「……」

きらり「由愛ちゃん……」



347: ミガサ 2013/06/28(金) 21:40:55.47 ID:QH8h1M/20

きらり「……由愛ちゃん!外でお絵かきしよう?」ガシッ

由愛「えっ、あっ」

きらり「ちひろさん、由愛ちゃん借りてくにぃ☆」

ちひろ「あ、う、うん」

きらり「うきゃー!お絵かきなんて久しぶり☆うまく描けるかなー?」

由愛「あ、あの、きらりさん?」

きらり「出発だにぃ☆」ドドドドドド

由愛「っ、きゃ、きゃあああああ?!」


348: ミガサ 2013/06/28(金) 21:43:53.46 ID:QH8h1M/20

―――P喫茶店―――

ガランガラーン!

きらり「とうちゃーく☆」

由愛「あうあう……」

P「おいきらり、もう少し静かに……ゆ、由愛、大丈夫か?!」

由愛「うーん、うーん……」

P「きらり、これは」

きらり「……由愛ちゃんの、傍にいてあげてください」ニコッ

P「お前……」

きらり「それじゃあ、きらりは帰るにぃ☆Pちゃん、バイバーイ!」ドドドド


349: ミガサ 2013/06/28(金) 21:47:46.48 ID:QH8h1M/20

由愛「……はっ」

P「起きたか由愛」

由愛「P、さん」

P「ほら、ホットミルクだ。飲むと落ち着くぞ」

由愛「ありがとう、ございます……」

由愛「……あったかい……」

由愛「あった……かいです……」ポロポロ

P「由愛……」


350: ミガサ 2013/06/28(金) 21:52:59.95 ID:QH8h1M/20

由愛「Pさんがいなくなって……私……頭の中、真っ黒で」

由愛「何を書いても、真っ黒になって」

由愛「……怖かった……怖かった、です、P、さん」

P「そっか……怖かったのか、由愛」ギュゥ

由愛「ふぁ……」

P「大丈夫だ。俺はここにいるから……傍に、いるから……」

由愛「はい……はい……っ」


351: ミガサ 2013/06/28(金) 21:55:57.50 ID:QH8h1M/20

由愛「……P、さん」

P「なんだ?」

由愛「えへへ……呼んでみただけです」

P「そっか……由愛」

由愛「なんですか?」

P「呼んでみただけ」

由愛「えへへ……」

P「はははっ」


352: ミガサ 2013/06/28(金) 21:59:05.88 ID:QH8h1M/20

由愛「Pさんの絵……描いても、いいですか?」

P「ん?おう、いいぞ」

由愛「じゃあ……いつも通りに……仕事してください」

P「動いてていいのか?」

由愛「はい……そのままのPさんが、描きたいです」

P「わかった。じゃあ軽めの食べ物見繕ってくるからな」

由愛「ありがとうございます……」


353: ミガサ 2013/06/28(金) 22:06:09.88 ID:QH8h1M/20

―――数十分後―――

由愛「できました……どうぞ」

P「もらっていいのか?」

由愛「Pさんのために……書きましたから」

P「そうか。じゃあありがたく……ん?」

由愛「どうか……しました?」

P「いや、ここにいるの、由愛か?……一緒に働いてるように見えるんだが」

由愛「えっと……それは……」


由愛「私の今の……一生懸命の……気持ち、です」

由愛「Pさんとずっとずっと一緒にいたいって……そんな、気持ちを……込めました」

由愛「だから……これからも……一緒です……♪」


次に喫茶店を訪れるアイドル >>+2


355: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/28(金) 22:06:34.02 ID:C06H+PjAO

かな子 前


357: ミガサ 2013/06/28(金) 22:18:43.19 ID:QH8h1M/20

―――事務所―――

かな子「おはよう……ございます」
mmrknk31

ちひろ「おはようかな子ちゃ……また痩せた?」

かな子「えへへ、最近食欲でなくて」

ちひろ「そう……ちゃんと食べないとダメよ?」

かな子「はい……あ、昨日は2kgも痩せたんですよ!」

ちひろ「そ、そうなの……」


360: ミガサ 2013/06/28(金) 22:21:14.39 ID:QH8h1M/20

かな子「あ、えっと……今日のお弁当なんですけど」

ちひろ「どうしたの?」

かな子「その……食べなくても、いいですか?」

ちひろ「えっ……」

かな子「あ、えと、ウィ○ーインゼリーをコンビニで買ってきたので……」

ちひろ「わかったわ。じゃあみくちゃんに渡しておく」

かな子「ありがとうございます……」


361: ミガサ 2013/06/28(金) 22:25:50.47 ID:QH8h1M/20

かな子「……」チューチュー

ちひろ「……」

かな子「ぷはっ、どうしました?」

ちひろ「あ、いえ、なんでも……」

あずき「こんにっちはー!」
mmiazk23

ちひろ「あ、あずきちゃんいらっしゃい」

あずき「かな子さんもおっはよー!」

かな子「おはよう、あずきさん……」

あずき「……むむっ?」


362: ミガサ 2013/06/28(金) 22:33:20.65 ID:QH8h1M/20


あずき「かな子さん、痩せました?」

かな子「あ、わかる……?」

あずき「いや、まぁ……それだけ痩せれば」

かな子「あはは、そっか。そんなに痩せちゃったんだ……私」

あずき「……ちひろさんちひろさん」

ちひろ「何かしら?」

あずき「これは、かなーり……やばいんじゃないですかね?」

ちひろ「そうね……」

あずき「……はっ!閃いた!」

ちひろ「えっ?」


あずき「今回のプロジェクト名は―――ズバリ!ハッピー・バイキング!さ、準備を始めるよー!」


363: ミガサ 2013/06/28(金) 22:36:18.74 ID:QH8h1M/20

―――女子寮 かな子の部屋―――

かな子「……あれ、手紙?」

かな子「……バイキング・パーティーのお知らせ……?」

かな子「場所は……P、喫茶店?」

かな子「……ち、違う、よね……名前が一緒なだけ、で……」

かな子「……」

かな子「……行ってみよう……かな」


364: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/28(金) 22:38:29.36 ID:nAUZy9woo

幸せ太りまったなし


365: ミガサ 2013/06/28(金) 22:41:40.96 ID:QH8h1M/20

―――P喫茶店―――

カランカラーン

かな子「こ、ここ……だよね?」

パァンパァン!

かな子「!?」

あずき「ようこそ、ハッピー・バイキングへ!」

幸子「い、いらっしゃいませかな子さん」

雪美「……いらっしゃいませ」

のあ「ようこそ、こちらへどうぞ」

かな子「え?え?あう?」ストンッ


366: ミガサ 2013/06/28(金) 22:45:57.77 ID:QH8h1M/20

P「いらっしゃい、かな子」

かな子「Pさん!?」

あずき「今回のハッピー・バイキングには、普通のバイキングとは違う点がございます!」

かな子「えっ、あっ、うっ?」

あずき「なんと……出てきた料理を全て!Pさんにあーんで食べさせてもらえます!」

かな子「……へ?えええええええ?!」

幸子「……ずるい」

雪美「羨ましい……」

のあ「……(無言で料理作り中)」トントントン

P「……そうやったほうが、かな子も食べるからって」

かな子「そ、そう……なん、ですか?」

P「いやなんで疑問形なんだよ」


368: ミガサ 2013/06/28(金) 22:49:17.68 ID:QH8h1M/20

のあ「……」ドンッ!

P「うおっ……す、凄い量だな」

かな子「こ、こんなに食べられま」グゥ~

かな子「……」

P「……」

P「とりあえず……食うか?」

かな子「はい……」

P「ほら、あーん」

かな子「うぇっ!?い、いいですよぉ!」

P「いや、こうしないとダメってあずきが……」

あずき「にやにや」


369: ミガサ 2013/06/28(金) 22:53:00.30 ID:QH8h1M/20

かな子「あう……えっと……あーん///」

かな子「……美味しい、です……///」

P「ほら、次は何が食べたい?」

かな子「じゃ、じゃあこの……ハンバーグを……」

P「ほら、あーん」

かな子「あーん……///」

あずき「えへへ……これで、みんな幸せだねっ♪」


のあ「……(まな板に包丁を叩きつける)」ドンドンドンドンドン!

幸子「ひっ、の、のあさん。食材、食材乗ってません!」

雪美「……」ドンドンドンドン!

幸子「こっちも!?」


370: ミガサ 2013/06/28(金) 22:55:56.31 ID:QH8h1M/20

かな子「その……Pさんも、食べたいものないですか?」

P「えっ、俺は……じゃあ、これとか」

かな子「あ、あーん」

P「えっ」

かな子「あーん、です!口を開けてください///」

P「あ、あーん」

かな子「ど、どうぞ」

P「……うん、美味しい」

かな子「えへへ……よかったです///」


のあ「……」

雪美「……」

幸子「む、無言でオーブンを見つめるのやめてください……」


372: ミガサ 2013/06/28(金) 23:00:07.68 ID:QH8h1M/20

かな子「P、さん」

P「なんだ?」

かな子「私……これなら……いくらでも、食べられると思います」

P「そっか。よかった」

かな子「Pさん、私」


かな子「これからも、貴方の隣で甘い夢を見ても、いいですか?」

かな子「その代わり……私からも、たっくさん、Pさんに甘い夢を見せてあげますから!」


次の日、かな子の体重が元の体重+【ピー】キロ増えたのは言うまでもない


379: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/28(金) 23:03:52.89 ID:UYZ4fSA2o

小春ちゃん 前


388: ミガサ 2013/06/29(土) 16:57:37.38 ID:AG2hbkHf0

―――夜 女子寮 小春の部屋―――

小春「ヒョウ君」
kgkhr26

ヒョウ「?」

小春「小春、もうお姫様には慣れないみたいなんです」

ヒョウ「……」

小春「王子様がいなくなったら、お姫様はお姫様でいられなくなっちゃうんです」

ヒョウ「」ブンブン

小春「ふふっ、ヒョウ君は優しいですね……でも、小春はもう……ダメみたいなんです」

ヒョウ「……」

小春「……ヒョウ君、小春は……」zzz

ヒョウ「……」


389: ミガサ 2013/06/29(土) 17:00:20.28 ID:AG2hbkHf0

―――事務所―――

ヒョウ「……」キョロキョロ

ちひろ「あらヒョウ君。小春ちゃんは?」

ヒョウ「……」プイッ

ちひろ「扉の方……ああ、レッスンですか」

ヒョウ「……」コクッ

ちひろ「おれで、ヒョウ君はここでお留守番ですか」

ヒョウ「……」ブンブンッ

ちひろ「え?違う?」

ヒョウ「……」ピョイーン!

ちひろ「きゃっ!?わ、私の机何かに飛び乗ってどうしたんですか?!」


390: ミガサ 2013/06/29(土) 17:05:37.60 ID:AG2hbkHf0

ヒョウ「……」キョロキョロ

ちひろ「ヒョウ君?」

ヒョウ「……!」バッ

ちひろ「ちょ、あ、あああ!書類が!」

ヒョウ「……」ガサガサ ガサガサ

ちひろ「だ、ダメですよヒョウ君!書類が」

ヒョウ「……」ピタッ

ちひろ「止まった……?」

ヒョウ「……」モグモグ

ちひろ「?!な、何を食べたんですかヒョウ君?!」

ヒョウ「……」ピョイーン スススススッ

ちひろ「ちょ、ヒョウ君ー?!」


391: ミガサ 2013/06/29(土) 17:08:16.72 ID:AG2hbkHf0

―――レッスン場―――

ヒョウ「……」

小春「あ、ヒョウ君……どうしたんですか?」

ヒョウ「……」ウェッ

小春「ひょ、ヒョウ君?!紙なんて吐き出してどうし……」

ヒョウ「……」チョイチョイ

小春「え?この紙を見ろ……?」

ヒョウ「……」コクッ

小春「……ちょっと読みづらいですけど……地図?」

ヒョウ「……」チョイチョイ

小春「ここに……行ってみるの?」

ヒョウ「……」コクッ


392: ミガサ 2013/06/29(土) 17:11:11.78 ID:AG2hbkHf0

―――P喫茶店―――

カランカラーン

P「いらっしゃ―――」

ヒョウ「……」ピョーン ガジガジ

P「ぎゃああああああ!!!」

小春「ひょ、ヒョウ君?!だ、ダメです!!」

ヒョウ「……」ガジガジガジガジ

P「いててててて!ちょ、お、俺、なにか悪いことしたか?!」

ヒョウ「……」パッ コクッ

P「……え?」

小春「あ……P、さん……」

P「小春……」


393: ミガサ 2013/06/29(土) 17:14:40.39 ID:AG2hbkHf0

小春「ヒョウ君……もしかして……教えて、くれたの?」

ヒョウ「……」コクッ

P「……そっか……俺、小春を……」

ヒョウ「……」プイッ

小春「反省したか?ですって……」

P「……ああ、ごめんな小春……あと、ありがとう、ヒョウ君」

ヒョウ「……」フンス

小春「……ふふっ」

P「……はははっ」

ヒョウ「……」ニコッ


396: ミガサ 2013/06/29(土) 17:17:44.02 ID:AG2hbkHf0

P「そっか……小春に負担かけちゃってたか」

小春「いえいえ……でもこうやって、ヒョウ君がまた会わせてくれましたから~」

ヒョウ「……」zzz

P「改めてありがとな、ヒョウ君」ナデナデ

ヒョウ「……」ニコッ

P「あと……ごめんな、小春」

小春「私はもういいんです~……その……王子様と……」

P「ん?」

小春「ななな、なんでもないです~」


401: ミガサ 2013/06/29(土) 17:20:56.46 ID:AG2hbkHf0

P「そっか……じゃあ俺は紅茶持ってくるから」スタスタ

小春「……ヒョウ君は王子様とお姫様を繋いでくれる……運命の糸だったんですね~」

P「小春ー。ミルクティー飲めるか?」

小春「はいー!」

小春「あ……Pさん!」


小春「私、もう一度、お姫様めざして歩いていけそうです~」

小春「それで……もしも、本当のお姫様になれた時は……王子様として、私をもらってくれますか~?」

ヒョウ「……(俺も一緒にな!)」ニコッ


次に喫茶店を訪れるアイドル >>+4


405: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/29(土) 17:24:24.32 ID:aSv7lbTJo

奈緒 前


410: ミガサ 2013/06/29(土) 17:38:28.03 ID:AG2hbkHf0

すみません、飯食ってました

―――レッスン場―――

トレーナー「はいっ!ワン、ツー!」

凛「はっ、はっ」

加蓮「はっ、ふっ」
hjkrn37

奈緒「……っ」
kmyno31

トレーナー「じゃあ今日はここまで!明日は休みだし、しっかり休むこと!」

凛「ふぅ……やっと終わった」

加蓮「お疲れ様、二人共」

奈緒「おう……お疲れさん」


412: ミガサ 2013/06/29(土) 17:40:25.20 ID:AG2hbkHf0

加蓮「明日はみんなオフだっけ?みんなで出かけない?」

凛「うん、いいよ」

奈緒「あっ……ごめん、あたしは……」

加蓮「そっか……じゃあお出かけやめよっか」

凛「そうだね」

奈緒「悪い……」

加蓮「いいよいいよ」

奈緒「それじゃ、あたし帰るから……」

凛「うん、じゃあね、奈緒」

加蓮「ばいばい、奈緒」

奈緒「おう」


413: ミガサ 2013/06/29(土) 17:42:03.76 ID:AG2hbkHf0

凛「……ね、加蓮」

加蓮「うん、私達だけ……ずるいよね」

凛「明日はなんとしてでも、奈緒を連れ出さないとね」

加蓮「そうだね……っていうか、アレを本当にやるの?」

凛「うん」

加蓮「本当に……?」

凛「うん」

加蓮「……うう、わかったわよ……」

凛「それじゃ、明日の予定なんだけど―――」


414: ミガサ 2013/06/29(土) 17:44:31.20 ID:AG2hbkHf0

―――女子寮 奈緒の部屋―――

奈緒「……Pさん……」

奈緒「あたしをトップアイドルにしてくれるって……言ったのに……」

奈緒「……嘘つき」グスッ

奈緒「……大、嫌い」ポロポロ

キャアアアアア!

奈緒「っ?!ひ、悲鳴?!」

奈緒「そ、外から……なんだ……?」バッ


415: ミガサ 2013/06/29(土) 17:46:58.68 ID:AG2hbkHf0

―――女子寮前―――

愛海「ふはははははは!!」ウィーンウィーン

菜々「きゃー!きゃー!」

奈緒「……何してんの」

愛海「この晶葉さんに作ってもらったパワードスーツOPの前に、胸のガード等無意味なりぃぃぃぃ!!」

菜々「誰か助けてくださーい!」

奈緒「いや、だから……」

???「そこまでよ!!」

奈緒「!?」


417: ミガサ 2013/06/29(土) 17:54:14.64 ID:AG2hbkHf0

加蓮「や、闇を切り裂く正義の光!」

凛「弱気を助け、悪を挫く!」

加蓮「ま、魔法少女☆メイデン!」

凛「同じく魔法少女☆ヴァルキリー!」

加蓮&凛『乙女の助け聞きて、ただいま推参!』

奈緒「」アゼン

加蓮「ほ、星に代わって」

凛「殲滅よ♪」

奈緒「……いやいやいやいや!!何してんの二人共?!」


420: ミガサ 2013/06/29(土) 17:56:25.68 ID:AG2hbkHf0

加蓮「な……そ、そこの少女!今すぐ逃げなさい!」

奈緒「いやいや!あれ愛海だから!あと何その衣装の懲りよう!!」

凛「奈緒、さっさと逃げて」

奈緒「正体隠す気ないよね?!今あたしの事名前で呼んだよね?!」

愛海「ふふふふふ、空から二つのOPが……」

奈緒「愛海!目がマジだから!!」

菜々「あ、お疲れ様でしたー」

奈緒「帰っちゃうの?!いいの?!ねぇ!!」


422: ミガサ 2013/06/29(土) 17:59:41.54 ID:AG2hbkHf0

加蓮「く、くらえ!スター・シャワー!」キラキラキラ

愛海「あ^~心が浄化される^~」

奈緒「なんか加蓮の後ろにクラリスさんが見えるんだけど?!」

凛「……ダークネス・デスサイズ(物理)」

愛海「え、ちょ、いったああああああ!?」

奈緒「本気で痛がってんじゃん!!しかも正義の味方の技じゃないよねそれ?!」

愛海「くそぅ……こうなったら……」ウィーン

奈緒「へ?」

愛海「こいつのOPがどうなってもいいのかー!!」ウィンウィンウィン

奈緒「きゃあああああ?!」


424: ミガサ 2013/06/29(土) 18:03:06.66 ID:AG2hbkHf0

凛「くっ、卑怯な」

加蓮「……凛、あのさ」

凛「何も言わないで。何か言ったら恥ずかしさで死ぬ」

加蓮「……卑怯者め!堂々と戦え!!」

愛海「ふふふふふ、さーて、もみもみしましょうねー?」グニャングニャン

奈緒「手の動きが卑猥?!ちょ、マジでやる気か?!え、う、うわああああああ?!」

???「イーナーズーマー」

愛海「えっ?」

P「キィィィィィィク!!!」ドゴシャァ

愛海「えっ!?そ、そんな演出聞いてnぶべらああああああ!!」ズザアアアアア

奈緒「……へっ?」

P「……お怪我はありませんか、お嬢様?」

奈緒「……P、さん……?」


425: ミガサ 2013/06/29(土) 18:04:44.15 ID:AG2hbkHf0

奈緒「本当に、Pさんなのか……?」

P「貴方のP、お迎えにあがりました」

奈緒「……」

P「……(あれっ、これは)」

奈緒「……」ギュゥゥ

P「えっ!?」


愛海「」

菜々「うわー。これ結構本気でやりましたねー……」


427: ミガサ 2013/06/29(土) 18:07:50.04 ID:AG2hbkHf0

奈緒「……馬鹿」

P「お、おう」

奈緒「……心配、したんだからな」

P「……おう」

奈緒「……もう……どっかに……行かないで?」ウルウル

P「」

奈緒「……えへへっ、P、さん♪」

P「」


凛「ね、加蓮。あのPさん殴っていいかな」

加蓮「落ち着いて。そのダークネス・デスサイズ(物理)をしまって」


428: ミガサ 2013/06/29(土) 18:10:33.26 ID:AG2hbkHf0

―――数分後 P喫茶店―――

奈緒「うあああああああ!!!あたし、何やってんだああああああああ!!!」

P「にやにや」

凛「にやにや」

加蓮「にやにや」

奈緒「馬鹿!Pさんの馬鹿!凛と加蓮の馬鹿!!」ナミダメ

P「素直な奈緒、凄い可愛かったぞ」

奈緒「~っ!もうPさんなんて知らない!!」

凛「とか言っておいて」

加蓮「数日後にはまたここに来る奈緒でした」

奈緒「もー!!!」


429: ミガサ 2013/06/29(土) 18:14:46.23 ID:AG2hbkHf0

奈緒「……来てやるけどよ」ボソッ

P「本当か?」

奈緒「ああ……って!!Pさんはそこで寝てろっ!!」ゴスッ

P「ごぶっ」

奈緒「ああ、もう……い、一度しか言わねぇからな」


奈緒「た、助けてくれてありがとう……え、えっと」

奈緒「だいす……だいす……っ……大嫌いだっ、馬鹿っ!」




尚、台本担当:神崎蘭子

次に喫茶店を訪れるアイドル >>+5


434: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/29(土) 18:21:12.78 ID:UcMbyIaYo

珠ちゃん 前

蘭子ちゃん・・・ww


439: ミガサ 2013/06/29(土) 18:30:45.67 ID:AG2hbkHf0

―――女子寮前 早朝―――

珠美「49……50っ!」ブンッ
wkymtmm33

珠美「ふっ、ふっ……」

珠美「……この後は……うん、瞑想の時間」

珠美「……瞑想は、やめておこう……邪念を持ってたら、意味ないから……」

珠美「……P殿」ポロッ

珠美「っ、つ、強い女剣士は……泣かないのです……!」ゴシゴシ

珠美「か、顔を洗ってこなくては!」タッタッタ


440: ミガサ 2013/06/29(土) 18:38:52.33 ID:AG2hbkHf0

―――レッスン場―――

珠美「……よ、よろしくお願いします」

のあ「こちらこそ、今日はよろしくお願いするわ」

珠美「(うう、なんかのあさんって怖いんですよね……)」

のあ「(今日はイヌミミかしら……)」

マストレ「今日は合同レッスンだ、気合入れていけよ」

珠美「お、押忍!」

のあ「了承したわ」


441: ミガサ 2013/06/29(土) 18:42:09.12 ID:AG2hbkHf0

―――数時間後―――

珠美「はっ、はっ」

のあ「……お疲れ様」スッ

珠美「あ、ありがとうございます……」

のあ「……珠美」

珠美「は、はい?」ゴクゴク

のあ「貴方の中の、強さとは何?」

珠美「えっ……」

のあ「私が思う強さは……決して、泣かない事ではないと思うわ」

珠美「……もしかして、朝の、見てたんですか?」

のあ「……ええ」


442: ミガサ 2013/06/29(土) 18:45:01.80 ID:AG2hbkHf0

珠美「情けない、ですよね……私……」

のあ「……いいえ。情けなくないわ」

のあ「私が思う、強さは」

のあ「泣きたい時には、好きなだけ泣いて」

のあ「笑いたい時には、思いっきり笑える」

のあ「そんな当たり前の事を、受け入れることができる……そんな事だと思うわ」

珠美「のあ殿……」

のあ「だから……」スッ

珠美「こ、これは?」

のあ「……このレッスンが終わったら、来て」スタスタ

珠美「の、のあ殿?!」


443: ミガサ 2013/06/29(土) 18:49:06.85 ID:AG2hbkHf0

―――P喫茶店―――

珠美「結局……のあ殿はあの後何も言ってくださらなかった……」

珠美「ここ、ですよね」

カランカラーン

珠美「す、すみませーん」

P「いらっしゃい」

珠美「……は?」

P「今日は珠美か。相変わらずちっちゃいな」ワシワシ

珠美「……へ?へ?」

P「おい、どうしたんだよ」

珠美「P殿が、なぜここに?」


444: ミガサ 2013/06/29(土) 18:51:29.06 ID:AG2hbkHf0

P「そりゃ、俺の店だからな」

珠美「……み、店?」

P「おう、俺の店」

珠美「……え、えええええ?!」

P「なんだ知らなかったのか」

珠美「し、知りませんよそんな事!ど、どうして」

珠美「どうして……珠美に、教えてくれなかったのですか……?」ポロポロ

P「珠美、お前」

珠美「はっ!」ゴシゴシ

珠美「泣いて、ません、珠美は、泣いてなど」

P「……いいんだ、珠美」ギュッ

珠美「P、殿?」


445: ミガサ 2013/06/29(土) 18:55:50.24 ID:AG2hbkHf0

P「泣いてもいいんだ」

珠美「しかし、珠美はっ!強く、凛々しい、女、戦士に」

P「そんな女戦士だって、必ず泣いた事はある。一度も泣かなかった奴なんていないさ」

P「泣いて、泣いて、泣き崩れて……そこから、また、強くなっていくんだよ」

P「だから……今は、泣いていいんだ。珠美」

珠美「P、殿」

珠美「うぐ、ぐす、うわああああああん!!P殿、P殿おおおお!!」

P「よしよし……」ナデナデ


446: ミガサ 2013/06/29(土) 18:58:12.08 ID:AG2hbkHf0

珠美「元はと言えば、P殿が悪いんですからね」

P「はいはい」

珠美「珠美は心配で心配で」

P「……なぁ、あのさ」

珠美「なんですか」

P「いつまで俺の膝に座ってるの?」

珠美「きょ、今日くらいは……いいでしょう……別に」プイッ

P「……ま、そうだな」ナデナデ

珠美「にゃっ、きゅ、急に撫でるのはやめてください……」


447: ミガサ 2013/06/29(土) 19:01:17.83 ID:AG2hbkHf0

珠美「P殿」

P「なんだ?」

珠美「珠美は、強くなれるでしょうか」

P「……ああ、きっとな」

珠美「もしも、もしもまた、こうやって珠美が何かに負けそうになった時は……」


珠美「今日のように、隣にいて、珠美を励ましてくれますか……?」

珠美「P殿が隣にいてくれれば……珠美は、どこまでも、強くなれますから!」


次に喫茶店を訪れるアイドル >>+4

このスレ最後の安価


451: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/29(土) 19:02:21.26 ID:uLq/KGRko

珠ちゃんかわいいな

早苗さん 前


452: ミガサ 2013/06/29(土) 19:10:36.24 ID:AG2hbkHf0

―――女子寮 早苗の部屋―――

早苗「何よぉ、P君の馬鹿……」ゴクッゴクッ
ktgrsne38

早苗「勝手にスカウトしてきて、勝手にいなくなって」ゴキュッ

早苗「馬鹿馬鹿馬鹿……」

楓「……あの」

早苗「ごめん!もーちょいだけ、もーちょいだけ愚痴聞いて!」

楓「はい……」

早苗「あー。お酒、勝手に飲んでいいから」

楓「ありがとうございます……」


453: ミガサ 2013/06/29(土) 19:13:29.12 ID:AG2hbkHf0

早苗「そう、それでP君は―――」

楓「はい」

早苗「それでもうさ―――」

楓「はい」

早苗「P君の、馬鹿、馬鹿、馬鹿ぁ!こんないい女、もう出会えないわよぉ!!」

楓「そうですね……」

早苗「聞いてるー?」

楓「聞いてますよ(明日の夕飯……)」

早苗「それでそれで―――」

楓「……」


454: ミガサ 2013/06/29(土) 19:16:44.04 ID:AG2hbkHf0

早苗「うー、なんだか眠くなってきた……」

楓「寝てもいいですよ」

早苗「でも、まだ昼間だし……」

楓「大丈夫です。少し経ったら起こしますから」

早苗「そう……?じゃあお願い」

楓「はい」


早苗「……」zzz

楓「……ふふっ、いい事思いついちゃいました」

楓「もしもし……Pさんですか?」


455: ミガサ 2013/06/29(土) 19:19:30.39 ID:AG2hbkHf0

―――P喫茶店―――

早苗「……んん……」

P「おはようございます、早苗さん」

早苗「うん、P君、おはよー」

P「これ味噌汁です」

早苗「ありがとー……」ズズズッ

早苗「……」

早苗「P君?!」

P「え?はい」


456: ミガサ 2013/06/29(土) 19:22:40.68 ID:AG2hbkHf0

早苗「えっ、これ、夢?夢なの?」

P「夢じゃないですよ」

早苗「だ、だって、P君が、そこにいて、そこにいるのが、P君で」

P「はい」

早苗「P、君が……えぐっ」

P「えっ」

早苗「Pくうううううん!!」ギュムッ

P「うわぁ?!早苗さんそれやばいです!いろんな意味で!!」

早苗「夢でもいいや、もう……」ギュゥゥゥゥ

P「さ、早苗、さん」


457: ミガサ 2013/06/29(土) 19:25:06.44 ID:AG2hbkHf0

早苗「……P君」

P「な、なんですか?」

早苗「私、P君の事、大好きだったのよ」

P「……はい?」

早苗「P君がいなくなって、すぐわかった」

早苗「私、P君が好きだからこの事務所にいたんだって」

P「早苗、さん」

早苗「……今、二人きりじゃない?」

P「そう、ですんむっ?!」

早苗「んっ……」


459: ミガサ 2013/06/29(土) 19:27:38.79 ID:AG2hbkHf0

P「早苗、さ」

早苗「いいから、ほら」ドサッ

P「ちょ?!な、何を」

早苗「……いいから、私に任せて」

P「いや、あの」

早苗「覚悟決めたから……私の始めて……あげるよ」

P「」

『ダメええええええええええ!!!!』

早苗「?!」


460: ミガサ 2013/06/29(土) 19:30:20.73 ID:AG2hbkHf0

幸子「な、なななななな!何してるんですか早苗さん!!」

雪美「抜けがけ……許さない」

のあ「……(真顔でスタンガン準備)」

P「お、お前らいたのか」

楓「私もいますよ♪」

P「楓さん!?帰ったんじゃ」

早苗「……むぅ、もう少しだったのになぁ」

幸子「も、ももも、もう少しって何がですか!!」

早苗「そりゃあ……ねぇ?」

雪美「……」

のあ「雪美、違うわ。ここを押すの」バチバチ


462: ミガサ 2013/06/29(土) 19:34:43.64 ID:AG2hbkHf0

楓「早苗さん、ずるいですよ」

早苗「じゃあ楓さんも交じる?」

楓「あ、それなら♪」

P「それなら♪じゃないですよ!楓さんも悪ノリしない!」

楓「悪ノリじゃないですよ?」

P「えっ」

幸子「……強力なライバルが、更に二人も」

雪美「……」バチバチ

のあ「そうよ」バチバチ


464: ミガサ 2013/06/29(土) 19:37:30.80 ID:AG2hbkHf0

早苗「あははっ、ね、P君」

P「な、なんですか」

早苗「あたし、本気だから」

P「えっ」


早苗「私の心を逮捕した罰、ね?大切なものを盗んで行きました、なんていいセリフ残してくれたわよね」

早苗「私の大切な物はP君に盗まれちゃったみたいだから……だからもう、私の大切な物全部、P君にあげる!」

早苗「覚悟しててね……P君♪」


おわり


転載元:雪美「P喫茶店……今日も……開店中……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1371975907/



スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。