スポンサーリンク

トップページ水瀬伊織 > 伊織「プロデューサーの一日執事」

1: ◆OED22aNsPw 2014/05/05(月) 23:57:54.95 ID:ZiGoVXeW0

~車内~
P「今日はせっかくの誕生日なのに、仕事で遠くで収録なんてスケジュールをいれてすまない……」

伊織「はぁ~さっきからもういいわって言ってるでしょ?」

P「そうは言うが……一年に一度の産まれた記念日だ、それに伊織にも色々都合があるだろう……」

伊織「どうせ家でやるのは形式的な催しよ、お偉いさんが集まって伊織お嬢様誕生日おめでとうございます。

   ってのを何十回も聞かされるだけよ」



2: ◆OED22aNsPw 2014/05/05(月) 23:59:52.21 ID:ZiGoVXeW0

P「おいおい、そう言う言い方は……」

伊織「とにかく! そんな一日を過ごすくらいなら外でこうして仕事している方が性に合うのよ!」

P「……んじゃあ、せめても今日は伊織の願い事を聞けるだけきくことにするよ」

伊織「っ! そ、そう?いい心がけね」


4: ◆OED22aNsPw 2014/05/06(火) 00:00:51.98 ID:+i1Yrwwy0


P「それで、早速何か頼みたいことはあるか?」

伊織「そうねぇ……丁度いいわ、今日一日と少しプロデューサーは私の執事になりなさい」

P「はははっ、それじゃあいつもと変わらないじゃないか?」

伊織「いつもより多く、家庭的な方面もお世話しろってことよ!」


5: ◆OED22aNsPw 2014/05/06(火) 00:02:43.08 ID:+i1Yrwwy0

P「……えっ、お、俺は別にか、構わないけど……伊織は大丈夫なのか?」

伊織「べ、別に私だって構わないわよ!」

P「そ、そうか……」

伊織「……」

P「……」

スポンサーリンク



6: ◆OED22aNsPw 2014/05/06(火) 00:04:08.45 ID:+i1Yrwwy0

伊織「なんで黙るのよ!」

P「い、いや……すまん」

伊織「もう……バカ!」

P「ほ、ほら、そろそろ仕事場に着くぞ?」


7: ◆OED22aNsPw 2014/05/06(火) 00:05:59.94 ID:+i1Yrwwy0

伊織「もう準備は終わってるわ、さっさと行くわよプロデュ……P!」

P「い、伊織……お嬢様?」

伊織「……ふんっ!」

P「お、おい、先に行くな、待ってくれぇ!」

ーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーー
ーーーーーーーー


9: ◆OED22aNsPw 2014/05/06(火) 00:07:11.91 ID:+i1Yrwwy0

オツカレサマデシタ!

伊織「お疲れ様でした~!」

P「お疲れ様でした!またよろしくお願いします!」

伊織「どう、私のパフォーマンスは?」

P「驚いたな……まさか一発OKを貰えるなんて」


10: ◆OED22aNsPw 2014/05/06(火) 00:08:38.78 ID:+i1Yrwwy0

伊織「私にかかればこんなものよ」

P「それもそうだな、そうだ! 時間が一発OKのおかげで大分余ったし、何かしようか?」

伊織「そうねぇ……とりあえず、いつものは?」

P「?あぁ、渡すの忘れていたな、ほらコレ」


11: ◆OED22aNsPw 2014/05/06(火) 00:09:18.87 ID:+i1Yrwwy0

伊織「んっ、分かってるじゃないの、ちゃんとオレンジジュースを用意しているなんて」

P「今日は伊織お嬢様の執事だからな、これくらいはやってのけなきゃな!」

伊織「上出来ね、それじゃあこの後は?」

P「食事にでも行くか、さっきの仕事でお腹が減っているだろう?」


12: ◆OED22aNsPw 2014/05/06(火) 00:10:33.44 ID:+i1Yrwwy0

伊織「えぇ、ホント、プロデューサーが私の執事になったみたいね」

P「いつも通りな気がするけど、いつもより伊織お嬢様のことを気にかけているからかな?」

伊織「いつもはそこまで気にかけていないの?」

P「い、いや!?そ、そんなことはないぞ!ただ、いつもは周りの美希や春香のことを気にかっ……いてっ!」


13: ◆OED22aNsPw 2014/05/06(火) 00:11:11.67 ID:+i1Yrwwy0

伊織「今は私の執事よ?他の娘の話をしないで」

P「い、いや、伊織が……」

伊織「い・い・わ・ね!?」

P「は、はぃ!」


14: ◆OED22aNsPw 2014/05/06(火) 00:11:49.08 ID:+i1Yrwwy0

伊織「まったくもぅ……今日は私の誕生日だからもっと甘やかさせてもらおうと思ってたのに……」ブツブツ

P「な、何か言ったのか?」

伊織「なんでもないわよ! ほら、どこの食事処に行くの?」

P「そ、そうか、一応近場で美味しい処があるってスタッフの人に聞いたからそこに行きますか」

伊織「はぁ……なんでこう、素直になれないのかしら……」ブツブツ


15: ◆OED22aNsPw 2014/05/06(火) 00:12:39.14 ID:+i1Yrwwy0

~食事終了~

伊織「んっ、中々良いお店だったわね」

P「そうだな、スタッフに勧められるだけはあったよ」

伊織「それにしても、大分真っ暗ね……」

P「そうだな……このまま帰るにも、ん?そう言えば!」


16: ◆OED22aNsPw 2014/05/06(火) 00:13:33.53 ID:+i1Yrwwy0

伊織「なによ?いきなりうるさいわね」

P「伊織! ……お嬢様! 今から連れて行きたい場所があるんだが!」

伊織「いきなり思いついて、連れて行きたい場所?」

P「結構長く走るから車に乗って!」


17: ◆OED22aNsPw 2014/05/06(火) 00:14:42.72 ID:+i1Yrwwy0

伊織「なにを急いで……ちょっ、まっ」

P「間に合うだろうか……」

伊織「だから!だからどこへ行くのよP!?」

P「それは、行ってからのお楽しみ!」

ブロロロロ……


18: ◆OED22aNsPw 2014/05/06(火) 00:15:21.99 ID:+i1Yrwwy0

ーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーー
ーーーーーーーー

伊織「大分走ったわよ……P、帰り道大丈夫なの?」

P「んっ、心配は無いよちゃんと帰り道も考えてあるから」

キィ……


19: ◆OED22aNsPw 2014/05/06(火) 00:16:04.14 ID:+i1Yrwwy0

P「っと、着いたついた……この辺でいいかな?」

伊織「で、どこよここ?」

P「まあ、とりあえずそこから街を一望できるから待ってて」

伊織「……全く執事がお嬢様をまたせるなんて執事の癖に生意気よ……」


20: ◆OED22aNsPw 2014/05/06(火) 00:16:45.56 ID:+i1Yrwwy0

P「伊織お嬢様、こちらへどうぞ」

伊織「わっ!?び、ビックリさせるんじゃないわよ!」

P「ごめんごめん、レジャーシートを敷いたからそこで寝そべって」


21: ◆OED22aNsPw 2014/05/06(火) 00:17:27.83 ID:+i1Yrwwy0

伊織「膝」

P「ん?」

伊織「膝貸しなさいよ、準備悪いわね!」

P「あ、あぁ、ごめん……ほらどうぞ、伊織お嬢様」ポンポン


22: ◆OED22aNsPw 2014/05/06(火) 00:18:16.90 ID:+i1Yrwwy0

伊織「んっ、中々いい感じね」

P「如何でしょうか、ここの星々は?」

伊織「如何でしょうか? って……」

P「お嬢様?」


23: ◆OED22aNsPw 2014/05/06(火) 00:18:45.38 ID:+i1Yrwwy0

伊織「……」

P「おーい」

伊織「はっ!?な、なにかしら?」

P「いや、その様子だと、気に入ってもらえたかな?」


24: ◆OED22aNsPw 2014/05/06(火) 00:19:24.99 ID:+i1Yrwwy0

伊織「えぇ、綺麗な星々ね……」

P「そうだろう?」

伊織「ねぇ、P……いや、プロデューサー?」

P「ん?なんだ伊織」


25: ◆OED22aNsPw 2014/05/06(火) 00:19:53.92 ID:+i1Yrwwy0

伊織「私もあの星々のように綺麗な存在になれるかしら?」

P「なれるさ、俺も手伝う」

伊織「ふふっ、ありがと」

P「どういたしまして、でいいのかな?」


26: ◆OED22aNsPw 2014/05/06(火) 00:20:54.35 ID:+i1Yrwwy0

伊織「えぇ、それでいいわ」

P「それで、そろそろ俺の執事の時間も終わっちゃいそうだけど、最後にして欲しいことはあるかな?」

伊織「……そうね、最後に魔法をかけて欲しいわ」

P「魔法?」

伊織「そう、魔法」


27: ◆OED22aNsPw 2014/05/06(火) 00:21:29.97 ID:+i1Yrwwy0

P「それって、どんな?」

伊織「私があの星々のように綺麗な存在になれるようにするおまじない」

P「俺にできるのか?」

伊織「えぇ、貴方にして欲しいわ」


28: ◆OED22aNsPw 2014/05/06(火) 00:22:01.60 ID:+i1Yrwwy0

P「そうか?それじゃあ内容を教えてくれないか?」

伊織「えぇ、最後にあなたに命じるわ……」


29: ◆OED22aNsPw 2014/05/06(火) 00:22:47.15 ID:+i1Yrwwy0



「私にキスをして」

おわり





転載元:伊織「プロデューサーの一日執事」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1399301874/



スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメント一覧

    • 1 名無し春香さん
    • 2022年02月22日 00:47
    • やい天
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。