スポンサーリンク

トップページモバマス > モバP「カジキマグロ」

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/10(金) 00:46:16.65 ID:9NSl4fvp0

※注意事項
・モバマスss
・崩壊してる
・カジキマグ口

以上でよろしければカジキマグ口



2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/10(金) 00:46:45.84 ID:9NSl4fvp0



岡崎泰葉「え?」
okzkysh36

片桐早苗「は?」
ktgrsne39

千川ちひろ「Pヘッドつけて出勤してきたと思ったら…い、いきなりどうしたんですか?」

P「カジキマグ口」

泰葉「カジキマグ口が…どうしたんですか?」


3: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/10(金) 00:47:16.40 ID:9NSl4fvp0


P「カジキマグ口ッ!!」

泰葉「きゃっ!?」

早苗「ちょ、ちょっと…泰葉ちゃんが怖がってるじゃん。いい加減にしなよ、P君」

P「カジキマグ口…」

ちひろ「本当にどうしたんですか?何があったんですか?」

P「カジキマグ口」


4: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/10(金) 00:47:43.02 ID:9NSl4fvp0


早苗「埒があかないね…何かドリンクでも飲ませた?」

ちひろ「いえ…最近は新しいドリンクは作っていませんし…こんな症状起こるわけないんですが…」

早苗「そうよねぇ…カジキマグ口て…」

P「カジキマグ口ッ!!」

早苗「きゃっ!?急に大声出さないでよ!!」

泰葉「もしかして…カジキマグ口を食べたいんですか?」

P「カジキマグ口ッ!!」

ちひろ「まともな会話もできませんね…とりあえずカジキマグ口を食べさせてみましょうか」

P「カジキマグ口ッ!!」

スポンサーリンク



5: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/10(金) 00:48:09.22 ID:9NSl4fvp0


~~~


ちひろ「さぁ、カジキマグ口ですよ」

つ【カジキマグ口のステーキ】

P「カジキマグ口ッ!!」

早苗「これは、喜んでるのか怒ってるのかもわからないね…」

泰葉「Pヘッド被っているからなおさらですね」


P「カジキマグ口……」パクッ


ちひろ「とくに躊躇することなく食べましたね」

早苗「さて…どんな反応するかな…」


6: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/10(金) 00:48:38.64 ID:9NSl4fvp0



P「カジキマグ口。カジキマグ口、カジキマグ口……カジキマグ口!」


泰葉「うぅ…Pさん…」

早苗「うわぁ…カジキマグ口連呼しながら食べちゃったよ…」

P「カジキマグ口ッ!!」

早苗「あぁっもうっ!何よ!まだ食べたいの!?」

ちひろ「いや…ちょっと待ってください」


7: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/10(金) 00:49:06.41 ID:9NSl4fvp0


泰葉「どうしたんですか?」

ちひろ「ちょっと試したいことが……カジキマグ口」

P「カジキマグ口ッ!!」

早苗「どうしたのよ?」

泰葉「あっ…まさか」

早苗「何?もしかしてカジキマグ口って言葉に反応してるってこと?」

ちひろ「えぇ…おそらくそういうことかと」

P「カジキマグ口ッ!!」


8: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/10(金) 00:49:34.13 ID:9NSl4fvp0


早苗「だとしても…なんでこんなことになったのよ…わけがわからないわ」

泰葉「どうすれば元に戻るんでしょうか…?」

ちひろ「うーん…なんでカジキマグ口なんでしょうかね?」

P「カジキマグ口ッ!!」

早苗「もうっ!いちいち反応しないでよ!カジキでもマグ口でも反応するっての!?」

P「カジキ、マグ口」

ちひろ「え?何か変になってませんか?」


10: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/10(金) 00:50:00.62 ID:9NSl4fvp0


早苗「カジキとマグ口で区切れてるわね」

P「カジキ、マグ口」

泰葉「今度はカジキとマグ口って言葉に反応しているんでしょうか?」

P「カジキ、マグ口」

ちひろ「いったいどういうことなんでしょうかね?ますますわけがわからなくなりましたよ」

早苗「でも、なんだか言い方が優しくなってない?」

ちひろ「そうでしょうか?カジキマグ口」

P「カジキマグ口ッ!!」

泰葉「カジキとマグ口」

P「カジキ、マグ口」


11: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/10(金) 00:50:29.45 ID:9NSl4fvp0


早苗「う~ん…カジキマグ口は気に入らなくて、カジキとマグ口はいいってこと?」ヒソヒソ

ちひろ「区切るか区切らないかの違いですよね…」

泰葉「もしかしてカジキマグ口が間違っているってことでしょうか?」ヒソヒソ

ちひろ「どういうことですか?」

泰葉「いえ、間違ってるから怒っているのかなって…」

早苗「何を間違えているのかしら?もしかカジキマグ口なんていないとか?」

ちひろ「そんなことありますかね?よくテレビとかでもカジキマグ口のレシピ流れてるじゃないですか。あのステーキだって【カジキマグ口のステーキ】って売ってましたし」


12: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/10(金) 00:51:15.30 ID:9NSl4fvp0



池袋晶葉「カジキマグ口という魚はいないよ」
ikbkrakh30


P「カジキマグ口ッ!!」

晶葉「いや、私は晶葉だ」

ちひろ「あっ、今のプロデューサーさんはカジキマグ口って言葉に反応するんです」

P「カジキマグ口ッ!!」

晶葉「はぁ…ややこしいことになったな……」

泰葉「何か知っているんですか?」

晶葉「いや、昨日のPが私を海に連れ出してな…一緒に釣りをしたんだ」

早苗「自慢?」


14: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/10(金) 00:51:42.82 ID:9NSl4fvp0


晶葉「茶化さないでくれ。それで、沖の方でカジキが跳ねているのが見えたらしいんだ」

泰葉「沖の方って…そんなわかるような距離だったんですか?」

晶葉「…望遠鏡を使ったらな。Pは肉眼だったが」

ちひろ「まぁ、プロデューサーさんなら」

早苗「P君なら仕方ないわね」

泰葉「それで、どうしたんですか?」

晶葉「カジキを見たPがな、『カジキマグ口だ!カジキマグ口だ!!』ってドヤ顔ではしゃぎ始めたんだ。そこで私は、『カジキマグ口なんて魚はいない。あれはカジキだよ』って答えたんだ。そう言ったら『いや、あれはカジキマグ口だ!カジキマグ口なんだ!』って意固地になってな…しばらくすると普段通りになったから一緒に食事をしたんだ、帰り際にカジキの話題を出したらまた不機嫌になってなぁ」


16: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/10(金) 00:52:23.76 ID:9NSl4fvp0


早苗「それから……こうなってたわけ?」

晶葉「正直、私もなんでこんなことになっているかわからないが、カジキマグ口という魚がいないということだけははっきり言える」

ちひろ「なら【カジキマグ口のステーキ】てなんですか?」

晶葉「実際はメカジキ等のカジキの肉を使っている料理だ。カジキとマグ口は肉質や色合いがにているから、マグ口より作り置きできるカジキが代用品とされた所からごっちゃになってカジキマグ口と呼ばれるようになったのだろう。カジキマグ口という魚はいないが、カジキマグ口という言葉はとても浸透してしまっている。これを知らない人の方が多いだろうさ」

早苗「うーん…カジキマグ口がいないことはわかったけど、結局、なんでP君がこんなことになったのかはわからないままよね…」

晶葉「カジキマグ口への反応からして、何か思い入れがあるのかもしれないな…」

泰葉「あれ?そういえばさっきからPさんがカジキマグ口って言葉に反応しませんよ」

ちひろ「プロデューサーさん、どうしたんですか……え」

早苗「どうしたの……え」

晶葉「P、Pヘッドが……」


17: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/10(金) 00:52:52.71 ID:9NSl4fvp0



「Pヘッドがカジキになっている……」


18: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/10(金) 00:53:21.55 ID:9NSl4fvp0


P(カジキヘッド)『カジキ……』

ちひろ「え?なんですか?プロデューサーさんの声が直接脳内に!?」

P『カジキ…』

早苗「何か、伝えようとしているの?」

晶葉「わ、わけがわからないぞ!?」

P『カジキ……』

泰葉「なんだか…ものすごく満足しているような…」

P『……カジキ』

ちひろ「あっ!プロデューサーさんのカジキヘッドが消えていく!?」


21: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/10(金) 00:53:58.58 ID:9NSl4fvp0


P(Pヘッド)「……」

泰葉「Pさん!」

早苗「だ、大丈夫!?P君!!」

P「あぁ…もう大丈夫だ」

晶葉「おぉ、まともにしゃべれるのか!」

P「さっきまでの俺は…カジキマグ口、いや、カジキと一体化していたんだ」

ちひろ「え?」

P「昨日…夢の中でカジキに出会ったんだ。あいつは言っていたよ、『俺はカジキだ。カジキマグ口じゃない』って」

泰葉「普通に喋れるんですね」


23: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/10(金) 00:54:23.46 ID:9NSl4fvp0


P「俺は…俺は…それがどうしても認められなかった…だって…カジキマグ口なんだぜ?」

早苗「まぁ、カジキだったわけだけど」

P「俺がいつまでもあいつの言葉を否定していたら…」

晶葉「まさか…体を乗っ取られたと」

P「あいつは言っていたよ『間違いが正されるまでお前の体を俺が使う』って」

ちひろ「なんか、もう何がなんだか…」

P「それから…こうなったってわけだ…」

泰葉「Pさんが解放されたということは…」

P「あぁ、認めるよ。あいつは、カジキだ」

晶葉「P…」


24: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/10(金) 00:55:11.25 ID:9NSl4fvp0


P「いいんだ…そもそも…晶葉にドヤ顔でカジキマグ口連呼したのにそれを正されて意固地になったのが悪かったんだ…」

早苗「P君…」

P「晶葉にカジキマグ口プレイうんぬん言っていたのに……俺…バカみたいじゃないか…」

泰葉「カジキマグ口プレイ?」

晶葉「な、なんでもない!P、私は何も気にしてないぞ!!」

P「もう…いいんだな…カジキを…受け入れて良かったんだよな……」

晶葉「あぁ…それでいいんだ…」


25: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/10(金) 00:55:39.64 ID:9NSl4fvp0



ちひろ「はぁ…なんだか、とても疲れました」

早苗「ほんと…わけがわからないことばかりね…」

泰葉「あの…晶葉さんと何したんですか?」

晶葉「な、何もしてない!ただ釣りと食事をだな!」

P「あのホテルのカジキのステーキうまかったなぁ…」

泰葉「ホテル?」

早苗「ん~?どういうことかなぁ~?」


晶葉「あ、あぁ…もう知らん!!」ダッ


26: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/10(金) 00:56:07.56 ID:9NSl4fvp0


早苗「晶葉ちゃんが逃げてもまだP君がいるのよねぇ…」

P「え?」

ちひろ「さぁ、詳しい話でも…」


<ドンガラガッシャーン


泰葉「どうしたんですか?」

早苗「もしかして晶葉ちゃん!?」

P「晶葉!?」


27: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/10(金) 00:56:36.20 ID:9NSl4fvp0



晶葉「……」


P「大丈夫か、晶葉!?」

ちひろ「見たところ怪我はないようですが…」


29: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/10(金) 00:57:03.36 ID:9NSl4fvp0



晶葉「……マグ口」ボソッ


30: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/10(金) 00:57:32.51 ID:9NSl4fvp0



早苗「ん?」

泰葉「なんて言ったんですか?」


晶葉「カジキマグ口」


ちひろ「え?」

P「まさか…」


32: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/10(金) 00:57:59.83 ID:9NSl4fvp0



晶葉「カジキマグ口ッ!!」


P「うわああああ晶葉のメガネがカジキっぽくなってるうううううううう」

ちひろ「もういやぁ…」



その後、Pにカジキマグ口プレイについて白状させたところ、元に戻ったとさ


33: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/10(金) 00:58:28.44 ID:9NSl4fvp0


~カジキマグ口~


34: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/10(金) 00:58:52.52 ID:XuAZwCPv0

つまり・・・どういうことだってばよ?


35: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/10(金) 00:59:46.22 ID:P1mwTGDa0

カジキマグ口は水中最速生物。
そして自分より大きいサメなんかでも撃退することができる。
つまり……、どういうことだよ!!!


36: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/10(金) 00:59:50.68 ID:9NSl4fvp0

うん、カジキマグ口
スレタイ書き込んだところで正気に戻ったはずなのに、気がついたら書き溜めていた
本当にカジキマグ口だった、カジキマグ口


38: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/10(金) 01:02:34.63 ID:9NSl4fvp0

気がついたら頭の中はカジキマグ口だった。とりあえずググったらカジキマグ口なんていないという現実に直面して俺はカジキマグ口するしかなかった

もう二度とカジキマグ口なんてしないよ


39: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/10(金) 01:02:42.38 ID:P1mwTGDa0

後、wikiで調べてみたら

カジキ亜目はメカジキ科 Xiphiidae、マカジキ科 Istiophoridae の2科からなる。
分類によってはサバ亜目に含めたり、カジキ上科 Xiphioidea としたりもする。

なんだな。カジキはカジキだった。サバじゃなかったよ。カジキマグ口。





転載元:モバP「カジキマグロ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1389282376/



スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメント一覧

    • 1 名無し春香さん
    • 2022年04月01日 12:53
    • カジキ……カジキとは一体……
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。