スポンサーリンク

トップページモバマス > 星輝子「まゆさんの手からトモダチを守る…!」

1: ◆Z9rYxRK0vI 2022/04/17(日) 14:02:44.41 ID:6beIG7hi0

※ご注意です※
キャラ崩壊気味です
まゆがぽんこつです



---ある日、事務所、机の下



輝子「ノォー!! マイフレーンズ!!」ガタタッ!!
hsshok40






乃々「びっくりした…キノコさん、どうしたんですか……」
mrkbnn37

輝子「わ、私のトモダチが…居なくなってやがるぜェー!!」

乃々「えぇ…どの子がいなくなったんですか…?」

乃々「あと、もうちょっと声のトーン落としてほしいんですけど…」キーン

輝子「あ、ごめん。フヒ。なくなったのはコウタケくんだ…。食用の…」

乃々「あぁ…あの、市場にめったに出回らない、まつたけより美味しいとかってうわさの…」

輝子「そろそろ収穫して、事務所のみんなで食べようと思ってたのに……む、むねんだ」




2: ◆Z9rYxRK0vI 2022/04/17(日) 14:05:53.46 ID:6beIG7hi0

乃々「それにしても、キノコさんのプランターのことは皆知ってるのに、だれがきのこどろぼーなんか…」

輝子「フヒ…問題はそこだ…」

輝子「親友もちひろさんも、プランターごとどかすならまだしも、きのこだけもぎって持ってったりはしない…」

乃々「となると、疑いたくないですけど、アイドルの誰かが持っていったとか…?」

輝子「それしか考えられないな…」

乃々「もしくは、きのこに足が生えて勝手に歩いていったとか…」

輝子「ボノノさん、真面目に言ってるか…?」

乃々「言ってないですね…」

輝子「フヒ…安心した…」



ガチャッ

モバP(以下P)「ただいま戻りましたー」

まゆ「お疲れ様です。ただいま戻りました」
skmmy43


スポンサーリンク



3: ◆Z9rYxRK0vI 2022/04/17(日) 14:07:27.64 ID:6beIG7hi0

輝子「フヒ、親友、まゆさん、お疲れ様…」

乃々「お疲れ様ですけど…」

P「二人共、お疲れ様。あれ、ちひろさんは?」

乃々「備品の買い出しとかで、さっきでかけましたけど…」

輝子「フヒ、私達、るすばん…」

P「なるほど。留守番ありがとな。俺もこの後また出るから、すまないけど宜しくな」

輝子「フヒ…承った…」



まゆ「あ、そうだ。プロデューサーさん。お昼、まだですよね?」

P「え? ああ、朝からまゆの撮影につきっきりだったからな」

まゆ「これ、お弁当なんですけど、良かったら…」スッ

P「おお! もしかして、作ってきてくれたのか?」

まゆ「はい♪ プロデューサーさんが食べたい、って言ってたから、今日はきのこ尽くしのお弁当にしてみたんです」

P「おー、そりゃ楽しみだ! ありがとな、まゆ!」

まゆ「うふ♪ 喜んで貰えて何よりです♪」



輝子「お弁当…?」

乃々「きのこ尽くし…?」



輝子・乃々「あっ…」


4: ◆Z9rYxRK0vI 2022/04/17(日) 14:10:13.13 ID:6beIG7hi0

まゆ「味の感想、待ってますね♪ では、まゆはレッスンですので失礼します」

P「ああ、まゆもレッスン頑張ってな」

まゆ「はい♪ では」



ガチャッ バタン



P「いやぁ、手作りのお弁当なんて有り難いなあ。これでお昼まで頑張れそうだ!」

輝子「なあ…親友」

P「ん、どうした?」

輝子「ちょっとそのお弁当、中身を見せてくれないか?」

P「別に良いけど…なんだ? ひょっとして輝子もまゆの弁当食べたいのか?」

輝子「そういうわけじゃない…見せてくれるだけでいいから、はやく見せてくれ」

P「えぇ~? とか言って食べたいんでしょぉ~? どぉ~しよっかなぁ~?」ニヤニヤ

輝子「ヒャッハーーーーッ!! うるせえーーーーーーッ!! 良いから見せろって言ってんだァーーーッ!!」

P「うわっ! わ、分かったよ。はい」パカッ



調理済みトモダチ「」






輝子「ノォー!! マイフレーンズ!!」


5: ◆Z9rYxRK0vI 2022/04/17(日) 14:11:12.02 ID:6beIG7hi0

---------

------

---


6: ◆Z9rYxRK0vI 2022/04/17(日) 14:13:30.02 ID:6beIG7hi0

---トモダチ食後



P「な、なんだその、スマン。ごちそうさま。美味かったよ」

輝子「フヒ…もう調理されちゃったものはしょうがない…美味しく食べてもらえて、何よりだ…」

P「まゆには俺からも言っておくよ、人のトモダチを食わすな、って」

乃々「それだけ聞くと、だいぶ猟奇的ですけど…」

P「じゃあ、俺、この後クライアントと打ち合わせだから出ちゃうけど、また留守番、宜しくな。そろそろちひろさん帰ってくる筈だから」

輝子「ああ…トモダチパワーで午後も頑張ってくれ…」

P「うぐ、ね、根に持ってないか?」

輝子「フヒ…半分冗談だ…」

P「半分はマジじゃん。悪かったってば。今度なにか埋め合わせするよ」

輝子「いや…別に親友は悪くないからな…気にしないでくれ…」

P「そ、そうか。じゃ、またな」



ガチャッ バタン


7: ◆Z9rYxRK0vI 2022/04/17(日) 14:17:14.23 ID:6beIG7hi0

乃々「事の顛末は、まゆさんの仕業でしたね…」

輝子「フヒ…まゆさんには困ったものだ…」

乃々「前もありましたね。キノコさんのきのこを勝手にソテーにしちゃう事件」

輝子「まあ…後で食べようと思ってた、食用のコウタケくんだったから良いんだけど…」

乃々「前から気になってたんですけど、食用じゃないのもあるんですか…?」

輝子「ああ…食べると大変なことになるヤツがある…」

乃々「えぇ…まゆさんが間違ってそれを調理しちゃったら大変なことになるんじゃ…」

輝子「大丈夫だ……触っただけでかぶれるから、誤食の心配はない…」

乃々「それもしかしなくてもカエンタケなんですけど!」

輝子「フヒ…これはただのカエンタケではない……」

輝子「私のキノコ愛によって暗黒非合法チューニングされたパワーアップ版…」

乃々「ひぃぃ……知らないうちに、同じ机の下で暗黒非合法キノコが生まれてたんですけど…」



輝子「その名もホシショウコタケ」

乃々(ネーミングセンスがカスタムロボの違法パーツなんですけど…)


8: ◆Z9rYxRK0vI 2022/04/17(日) 14:19:39.07 ID:6beIG7hi0

輝子「フヒ、それはさておき…」

乃々「あんまりさておいてほしくないですけど…」

輝子「まゆさんは、親友の為なら割とパッションな事するよな…」

乃々「まぁ、まさに恋は盲目ってやつですね…」

輝子「普段はスゴク良い人なんだから、どうにかして目を覚ましてくれさえすれば、トモダチを持ってくことはしないと思うんだ」

乃々「はぁ…まゆさんがプロデューサーさんから目を覚ますって、それはもはや永遠の眠り以外に無いのでは…」

輝子「ううむ…何か良い手は無いものか…」

乃々「うーん…」



輝子「ここはやはり、胞子を吸ったら昏倒するきのこを置いておくしか…」

乃々「今すぐ破棄してほしいんですけど…」


9: ◆Z9rYxRK0vI 2022/04/17(日) 14:20:44.15 ID:6beIG7hi0

乃々「そもそも、プロデューサーさんがキノコ食べたい、って言ったのが、事の始まりなんですよね?」

輝子「フヒ、さっきの話だとそうらしいな」

乃々「プロデューサーさんに『きのこは飽きた』って言ってもらえば、きのこを持っていかれることもなくなるんじゃ?」

輝子「そ、それはダメだ!」

乃々「えっ、ど、どうしてですか?」

輝子「きのこが好きなのに、きのこを嫌いと言わされるなんて、そんな悲しいこと親友にさせられない…!」

乃々「そんなオーバーな…」

輝子「……させられない……」スゥーッ

乃々(静かに涙を流してるんですけど……過去になにかあったんでしょうか……)


10: ◆Z9rYxRK0vI 2022/04/17(日) 14:24:03.81 ID:6beIG7hi0

乃々「つまり、まゆさんがプロデューサーさんを想うあまり」

乃々「我を忘れて暴走してしまっているとき」

乃々「ばーん! …って何か驚くできことがあって」

乃々「まゆさんが『はっ、私ったら何を』ってなればいいんですよね?」

輝子「まぁ、それができれば苦労しないけどな…」

乃々「なるほど…ふむ」

輝子「おっ、ボノノ軍師、策ありか……?」

乃々「いえ、ノープランですが…それができそうな人になら、心当たりがあります…」

輝子「フヒ…協力者を募るわけか」

輝子「でも、まゆさんを止められる人って誰だ…凛さんとか?」

乃々「いえ、凛さんは最悪、まゆさんに言いくるめられて裏切りかねません」

乃々「事務所のお困り解決といえば、あの方です」

輝子「フヒ…?」


11: ◆Z9rYxRK0vI 2022/04/17(日) 14:25:03.54 ID:6beIG7hi0

---------

------

---


12: ◆Z9rYxRK0vI 2022/04/17(日) 14:26:52.51 ID:6beIG7hi0

---夜、女子寮、森久保の部屋



乃々「という訳で、まゆさんのスティール・キノコ・ランを阻止すべく、もりくぼ達は罠を張り」

輝子「トモダチ前に暗視カメラを設置して、ボノノさんの部屋でチェック中だ…」



乃々「前もなんかありましたね、まゆさんを別室カメラで見る企画」

輝子「ああ、あのヘレンさんが5人に増えて踊り明かしたやつな…」

乃々「あれはひどかったですね…」

輝子「あの時は大成功だったけど、今回はどうだろうな…」



乃々「現在、もりくぼ達の協力者には、既に現場にスタンバイしてもらっています…」

輝子「親友に頼んで、まゆさんに、『今日のキノコ最高に美味かった。明日も食べたい』って言って貰ったし、多分今日も現れるはずだ…」

乃々「そこに、もりくぼ達の仕掛け人のとらっぷが牙を剥き…」

輝子「正気に戻ったまゆさんは、キノコから手を離す…」



乃々「……ほんとにそんなに上手くいきますかね……」

輝子「ボノノさん……発案者がそれを言うのは反則…」

乃々「すみません…」


13: ◆Z9rYxRK0vI 2022/04/17(日) 14:30:39.47 ID:6beIG7hi0

輝子「フヒ…ところで、プランターの様子はどうだ」

乃々「こちらが映像です」ポチッ



キノコのきぐるみ「」



輝子「…プランターの中に、やたらデカイキノコが一つだけ増えてるな…」

乃々「バッチリスタンバっています」

輝子「どうやってまゆさんを止めるのか、詳しくは聞いてなかったけど……」

乃々「なんとなく察しは付きましたね…」



ガチャガチャ カチッ ギィ

まゆ「…………うふ」



輝子「おっ、まゆさん、来たな…」

乃々「ほんと、当たり前のように深夜の事務所に現れましたね…」


14: ◆Z9rYxRK0vI 2022/04/17(日) 14:34:58.13 ID:6beIG7hi0

まゆ(今日のお弁当、とっても喜んでもらえちゃった)

まゆ(今日のお弁当に入れたきのこ、喜んで貰えたからまたお弁当に使いたいけど)

まゆ(珍しいきのこなのか、ネットで探しても売ってないんですよねぇ)

まゆ(輝子ちゃんのプランターにまだ生えてれば…でも何度も勝手に持っていくのは流石に…)ゴソゴソ



輝子「迷うことなく机の下に向かってるな…」

乃々「いざ、対面の時です…」



まゆ(こんな時間だし、輝子ちゃん寝てるだろうし…珍しいきのこならなおさら…あら?)



キノコのきぐるみ「」


15: ◆Z9rYxRK0vI 2022/04/17(日) 14:37:46.99 ID:6beIG7hi0

まゆ(大きい…これ一つで十分に…あら?)スッ

キノコのきぐるみ「……」もぞもぞ

まゆ(このきのこ、動いてる……?)



キノコのきぐるみ「」クルッ



キノコのきぐるみ「そこまでよ、まゆ」






ヘレン IN キノコのきぐるみ「ヘーイ!!!」






輝子「やっぱりヘレンじゃねーか!!」

乃々「いや、もりくぼ達がヘレンさんに頼んだんでしょう」

輝子「フヒ…言いたかっただけ…」


16: ◆Z9rYxRK0vI 2022/04/17(日) 14:38:37.35 ID:6beIG7hi0

ヘレン「まゆ。貴女は友人の愛玩菌類(トモダチ)を、無許可で奪い去るような子じゃない。そうでしょう?」

ヘレン「目を覚ますのよ。この世界レベルの輝きで!」

ヘレン「そして踊り明かしましょう! 眠りさえ忘れて!」カッ



乃々「相談したら『分かったわ。委ねなさい。世界に』とだけ言われてたんですけど…」

輝子「まさか、自らがキノコになって止めるとは思わなかったな…」

乃々「ボーリングのピンのきぐるみみたいになってますけど、どこに手足が収納されてるんでしょう…」



まゆ「…………」

ヘレン「まゆ? 聞いているのかしら?」

ヘレン「それとも世界レベルを前に、意識が宇宙レベルへ?」

まゆ「…………」もぎもぎもぎ

ヘレン「!? イタタッ! やめなさい! まゆ!」

まゆ(取れないなあ、この大きなきのこ…)



輝子「まゆさん、全く意に介さず引っこ抜こうとしてるな…」

乃々「恋は盲目で済ますには限度があると思うんですけど…」


17: ◆Z9rYxRK0vI 2022/04/17(日) 14:42:02.95 ID:6beIG7hi0

ヘレン「フッ、やるわねまゆ。流石は世界レベルの愛情」

まゆ(抜けない……)

ヘレン「ただし! 世界レベルたるもの、このままでは終われないわ!」

まゆ(仕方ない、別のきのこに…)

ヘレン「まゆ…必ず貴女の凶行を止めてみせる!」






ヘレン「先代のヘレン達よ…」



ヘレン「ご照覧あれい!」ズボッ!!!






乃々「プランターから手足が生えてきたんですけど!!」

輝子「どこに収納されてたんだ…」


18: ◆Z9rYxRK0vI 2022/04/17(日) 14:44:04.81 ID:6beIG7hi0

ヘレン「キノコまで…ダンザブル!!……あら?」

まゆ(やっぱり、隣の小さめのはすぐ取れた。これでよし)

ヘレン「まゆ? まゆ? 聞こえてるかしら?」

まゆ(戻ってこのキノコを早く調理しなきゃ)スッ

ヘレン「まゆ? どこに行くのかしら?」



輝子「まゆさん、それでもヘレンさんの事一切気付かなかったな…」

乃々「あんな異形が目の前にあってなお気付かないんじゃ、もはやどうすることもできないんですけど…」

輝子「私ら、カメラ越しに見てるだけで、夢に出そうだもんな…」



まゆ(用事は済んだし、部屋に戻りましょう)バサッ

輝子「フヒ、机の下から出る時に、なにか倒したな…」

乃々「あ、あれは……」



まゆ(これは…本?)

乃々「私のポエム帳ぉ…!!」


19: ◆Z9rYxRK0vI 2022/04/17(日) 14:44:35.90 ID:6beIG7hi0

まゆ(乃々ちゃんのポエム帳……戻しておかないと…)スッ

乃々「ひぃぃ…! それは、だめなやつぅ…!」



まゆ(…あら? 何か挟まってる)

乃々「そ、その挟んでる写真はだめなんですけど……!」

まゆ(これは…)



まゆ(プロデューサーさんの写真……?)



乃々「あぅぅぅ……むーりぃ……」///

輝子「ボノノさん……乙女な事してるな…」


20: ◆Z9rYxRK0vI 2022/04/17(日) 14:45:21.30 ID:6beIG7hi0

まゆ(まぁ…乃々ちゃん、気になる人のプロマイドをポエム帳になんて、可愛い♪)

まゆ(それにこのプロデューサーさん、よく撮れてますねぇ。いい笑顔です)

まゆ(まゆも、こんな風に笑いかけて貰った写真が欲しいですねぇ…)



まゆ「……あら?」

まゆ「なんでまゆはこんな時間に事務所に?」

まゆ「というかこのキノコは、輝子ちゃんの…?」



輝子「……親友の写真一枚で正気を取り戻したな…」

乃々「愛の力は偉大って事ですね…」


21: ◆Z9rYxRK0vI 2022/04/17(日) 14:46:09.43 ID:6beIG7hi0

まゆ(大変。まゆ、また無意識のうちに輝子ちゃんのキノコに手を出してました)

まゆ(明日、謝らないと…それに、もしかして全部取っちゃってたら…大変!)

輝子「まゆさんが机の下に戻っていく…」

乃々「あっ、でも今は…まずい気が…」



まゆ(あった、輝子ちゃんのキノコプランター。良かった、大きい子は無事みたい……)

まゆ(あら…でも、あのキノコ、大きすぎるような……)






ヘレン IN キノコのきぐるみ「戻ったわねまゆ! 世界に誘われるように!」



まゆ「」


22: ◆Z9rYxRK0vI 2022/04/17(日) 14:46:45.01 ID:6beIG7hi0

キノコのきぐるみ「良いわ…まゆ。ならば私は応えるまで!」

まゆ「」

キノコ「キノコまで…ダンザブル!!……あら?」

まゆ「」

ヘレン「まゆ? 聞いているのかしら?」

まゆ「」

ヘレン「それとも世界レベルを前に、意識が宇宙レベルへ?」



まゆ「」



乃々「…まゆさん」

輝子「失神してるな……」


23: ◆Z9rYxRK0vI 2022/04/17(日) 14:47:28.83 ID:6beIG7hi0

---------

------

---


24: ◆Z9rYxRK0vI 2022/04/17(日) 14:47:58.97 ID:6beIG7hi0

---後日、事務所



P「おっ、輝子、おはよう」

輝子「や、やあ、親友。おはよう…フヒ」

P「この前は、トモダチ食べちゃってゴメンな。あの後、どうだった?」

輝子「ああ……まゆさんを止める方法なら見つかった…」

P「ほお、そりゃすごい。どうしたんだ?」

輝子「これだ…」

P「どれどれ…って、なんじゃこりゃあ!!」

輝子「トモダチのプランターに、親友の顔写真を貼り付けまくっといた……」

乃々「産地直送野菜の『私が育てました』みたいになってるんですけど…」

P「ええ……足元に自分の顔が大量にあるの気色悪…」

輝子「まあ、プランターから手足が生えたダンシングキノコよりは良いと思うぞ…」

P「実在しない妖怪と比較するなよ…」

輝子「フヒ…妖怪か…」

乃々「言い得て妙かもしれないですけど…」



P「ところで気になってたんだが、あの4箇所穴が空いたプランターはどうしたんだ?」

輝子「フヒ…妖怪の仕業だ」

P「なにそれ怖い」


25: ◆Z9rYxRK0vI 2022/04/17(日) 14:48:53.42 ID:6beIG7hi0

輝子「ともあれ、これでトモダチくんの育成に専念できる…」

乃々「良かったですね、キノコさん」



輝子「さっそく、ホシショウコタケMk.Ⅱの育成に取り掛かろう…」

乃々「今すぐ破棄してほしいんですけど!」






おわり


26: ◆Z9rYxRK0vI 2022/04/17(日) 14:52:53.05 ID:6beIG7hi0

以上になります。


ここまで読んで頂いてありがとうございます。
劇場470話のまゆはここまでパッションじゃなかったのですが
ホシショウコタケの胞子を吸ったせいで頭がパッションになってしまっていたということで許してください
ちなみに私はミナモガンが一番好きです



お目汚し失礼致しました。
後ほどHTML依頼を出してきます。





転載元:星輝子「まゆさんの手からトモダチを守る…!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1650171764/




スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。