スポンサーリンク

トップページ星井美希 > P「気休めのお守り」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/08(火) 17:22:38.37 ID:k8NLBxnX0

P「ふぃー…。今日は事務所が正月休みなのに来ちゃう俺…」

P「独り身だから沁みるなぁ…」
ーーーーー
事務所

P「折角来たし、書類整理でもしてくかな」

P「~~~♪」

P「って、これは…」

P「美希が来た頃の資料か」

ペラリ

P「(結局、去年はAランクで終わっちゃったな)」

P「(俺は美希のポテンシャルを引き出せたのか…?)」

P「(ホントに俺に…)」

P「って、辛気くさいな俺」

P「(キラキラしたい、か…。担当としてはやはりSランクになって貰いたい)」

グギュルルルル

P「そういやまだ朝飯すら食ってないや…」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/08(火) 17:24:47.77 ID:k8NLBxnX0

ーーーーーー
コンビニ

P「手持ちは587円…。引き出すの忘れてた」

美希「あれ!ハニー!」

P「のわっ!?」

美希「ハニー!あけおめなの!」

P「あけおめ、美希。何か買い物か?」

美希「別にそういうワケじゃないの。何となくふら~っと来ちゃったカンジ?」

美希「そういうハニーはどうしたの?」

P「朝昼ご飯を買いに来た。事務所で書類整理してたんだ」

P「(独り身の淋しさを紛らわすため!なんて言えないよなぁ)」

美希「事務所開いてるの!?」

P「うん。来るか?暖房弱いけどな」

美希「行きたいの!」

P「俺の飯を買ってからな」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/08(火) 17:27:42.36 ID:k8NLBxnX0

ーーーーーー

美希「ハニーはお腹が空いてるんだよね?」

P「え、あ、うん…」

美希「じゃあどうしてハニーはうまい棒しか持ってないの?」

P「(い、痛いところを…!)」

P「(しかしプロデューサーの威厳的に、ポケットの小銭しか無いのはダサすぎる…!)」

ATM「<アンチャン、カネ、ヒキダセルヨ>」

P「(貴様は…ATM!?)」

ATM「<ノグチダロウガ、イチヨウダロウガ、ナンナラ、ユキチデモ、ダスゼ>」

P「(しかし、時間外手数料が…っ!)」

ATM「<オンナノコノマエデ、ハジサラスノカ?>」

P「(ぐっ…!クソ、足元見やがって!)」

ATM「<マイドアリ!525エン、イタダイタゼ!>」

P「…美希。お金下ろして来る」

スポンサーリンク



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/08(火) 17:30:49.36 ID:k8NLBxnX0

美希「えっ!じゃあミキもおにぎり食べたいな!」

P「」

美希「だめ…かな?」

P「(上目遣いの美希…可愛過ぎるッ…!)」

P「(さようなら諭吉…君は美希の笑顔になるんだよ…)」

美希「ハニー…」ウルウル

P「…二個までだぞ」

美希「やったー!ハニー大好きなの!」

P「ハハハ」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/08(火) 17:33:29.32 ID:k8NLBxnX0

ーーーーーー
事務所

P「おー寒い寒い。ちょっとは事務所があったかくて助かった」

美希「二人きりなの」

P「今更遅いぞー…!」ワキワキ

美希「ハニーが野獣になったの!…でも、いいの。ミキ、全部ハニーに…」

P「冗談だ」

美希「聞こえないのー」

P「アイドルに手は出しません」

美希「でもハニーのおにぎりがあるから寂しくないの!」

P「食われんのは俺…?」

美希「のワの」

P「春香みたいなごまかし方だな」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/08(火) 17:37:33.16 ID:k8NLBxnX0

ーーーーーー

P「さってと。そろそろ帰りますかなー…」

美希「あふぅ…。ハニー、かえるの…?」

P「うん。あんまり長居すると光熱費が、な…」

美希「や!もう少しハニーと一緒がいいの!」

P「うーむ…。しかしなぁ。…そうだ!」

P「初詣に行こうか」

美希「でも今日は3日なの」

P「俺はまだ行ってないからいーの」

P「じゃあ俺はこれで!」

美希「み、ミキも行くのっ!」

P「じゃあ軽く掃除してくか。…嫌そうな顔しない」

美希「しかたないの…」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/08(火) 17:43:08.78 ID:k8NLBxnX0

ーーーーーー

P「着いたぞ。小さな神社だが、まぁいいだろ」

美希「ここにはなんの神様が奉られてるの?」

P「スサノオノミコトという戦の神だ」

美希「…」

P「…今年こそは、って思ってさ」

P「まあ…そんなに都合よく神様は助けてくれないけど」

P「俺は美希を必ずSランクにしてやるから」

P「取りあえず、願くらいは掛けとこうかと…」

美希「…ぷふっ」

美希「あははっ…」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/08(火) 17:48:15.62 ID:k8NLBxnX0

P「何だよ!こっちはまじめに…」

美希「プロデューサー。今年もよろしくお願いします、なの」

P「!」

美希「ミキ、ハ…プロデューサーの期待に応えられるよう、頑張ります、なの」

美希「…びっくりした?」

P「…結構、な」

美希「じゃあ早速、お参りに行くの!ハニー、早く!」

P「あ、待て美希!走ると転けるぞ!」

美希「転けるのは春香だけなのー!」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/08(火) 17:53:32.19 ID:k8NLBxnX0

ーーーーーー
社務所

P「げっ、凶か…よりによって」

美希「ハニー見て!大吉なの!」

P「相殺して小吉、ってとこかな」

P「(…努力次第では大きな躍進、か)」

美希「ハニーに運は分けられないの」

P「え!?じゃあ俺は凶な一年かよ!」

美希「ハニーから運気をさらにいただいて、ミキは超大吉になるの!」

P「俺は大凶か…」

美希「超大凶なの」

P「Oh…」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/08(火) 17:57:04.23 ID:k8NLBxnX0

ーーーーーー

P「ついでにお守りも買ってくか」

美希「ハニー!これ欲しいの!」

P「どれどれ…って、学業成就…」

美希「ミキ間違えてる?」

P「芸能とは学問なのか。それが問題だな」

美希「じゃあこれがいいな!」

P「必勝祈願か。まぁIUは戦だから、アリだな」

P「じゃあこれを…二つ」

巫女「500円です」

P「あっ、あと健康祈願を…1、2、3…15個下さい」

巫女「ええっ…っと、4250円になります」

P「」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/08(火) 18:01:00.48 ID:k8NLBxnX0

ーーーーーー
翌日

春香「あ、プロデューサー!おはようございます!」

P「おはよう。あ、これ。もっとけ」

春香「お守り、ですか?」

P「ちょいと色々あってな。お土産だ」

春香「あ、ありがとうございますっ!」

P「どういたしまして」

P「(さて、他のみんなにも渡そうかな)」

P「(効果あれば良いなぁ)」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/08(火) 18:05:57.91 ID:k8NLBxnX0

ーーーーーー
361日後 紅白

P「よっしゃ美希!バッチリ決めてこい!」

美希「はいなの!」

律子「プロデューサー殿、凄いですね、美希は」

P「そらな。ちゃんと自分で掴んだんだ。美希は本当に凄い」

律子「…ええ」

律子「(でも、本当は貴方の力も半分なのにね)」

律子「(ま、そんな話は野暮ってことかしら)」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/08(火) 18:09:40.51 ID:k8NLBxnX0

美希『今日は来てくれて、ありがとう、なのー!』

P「(美希は自らSランクの称号を掴み取った)」

P「(本当に勝ち取れるとはな)」

P「(もうすぐ年開けか)」

P「(今年もまた、美希と二人であの神社に行こう)」

美希『~~~♪』

P「(今度はお礼に、だけどな)」

おわり


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。