スポンサーリンク

トップページシャニマス > 【シャニマス×ダンガンロンパ】にちか「それは違くないですかー!?」【安価進行】 CHAPTER 03:後編

761: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/16(水) 21:53:51.56 ID:LKjkRvJQ0

-------------------------------------------------
【ノンストップ議論開始!】

発言力:♡×5
集中力:☆×3

コトダマ
‣【モノクマファイル3】
‣【モノクマの映画】
‣【青い繊維】
‣【割れた花瓶】
‣【ガムテープ】


智代子「わたしが見たUFOは一個じゃなくて、たくさんだった!」

智代子「これで重さの分は問題ないね!」

美琴「ドローンで持ち上げてからの落下」

美琴「成功すれば致命傷を与えられそう」

雛菜「でも、人の身体って特殊な形状なので~」

雛菜「被害者を持ち上げるのはそれでも難しいと思います~」

恋鐘「そいやったら【体を持ち運びやすい形に折り曲げれば】よかよ!」

恋鐘「まん丸にうずくまらせれば持ち上げやすくもなるやろ~!」

果穂「ぎゃくに、【ドローンを結華さんの正面に落とす】のはどうですか?!」

果穂「うまくいけば正面からのだげきになるかもしれません!」

あさひ「ドローンは結華ちゃんの【身体を運んだんじゃない】のかもしれないっす」

夏葉「わざわざ犯人は複数個のドローンを使ったのよね?」

夏葉「それならドローンには【他の目的があった】のかもしれないわ」

夏葉「攪乱や……陽動の意味合いがあったかもしれない」


【正しいコトダマで正しい発言に同意しろ!】


1.発言する(コトダマと撃ち込む先の発言を併せて指定安価)
2.集中力を使う(ロンパ候補の発言の数が減る)
3.アイテムを使用する
【ヒーリングタルト】×1
【プロデュース手帳】×1

↓1


762: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/03/16(水) 22:01:56.57 ID:hR5zOpHGO

身体を持ち運びやすい形に折り曲げれば→青い繊維

関連スレ
【シャニマス】灯織「それは違います!」【ダンガンロンパ】CHAPTER 01
【シャニマス】灯織「それは違います!」【ダンガンロンパ】CHAPTER 02
【シャニマス】灯織「それは違います!」【ダンガンロンパ】 CHAPTER EX
【シャニマス×ダンガンロンパ】灯織「その矛盾、撃ち抜きます!」【安価進行】 CHAPTER 03
【シャニマス×ダンガンロンパ】灯織「その矛盾、撃ち抜きます!」【安価進行】CHAPTER 04
【シャニマス×ダンガンロンパ】灯織「私はこの絆を諦めません」【安価進行】 CHAPTER 05
【シャニマス×ダンガンロンパ】灯織「私はこの絆を諦めません」【安価進行】 CHAPTER 06
【シャニマス×ダンガンロンパ】灯織「これが私たちの答えです」【安価進行】
【シャニマス×ダンガンロンパ】にちか「それは違くないですかー!?」【安価進行】
【シャニマス×ダンガンロンパ】にちか「それは違くないですかー!?」【安価進行】 CHAPTER 01
【シャニマス×ダンガンロンパ】にちか「それは違くないですかー!?」【安価進行】 CHAPTER 02:前編
【シャニマス×ダンガンロンパ】にちか「それは違くないですかー!?」【安価進行】 CHAPTER 02:後編
【シャニマス×ダンガンロンパ】にちか「それは違くないですかー!?」【安価進行】 CHAPTER 03:前編

763: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/16(水) 22:05:49.76 ID:LKjkRvJQ0


発言力:♡×5→♡×4


恋鐘「そん繊維がうちの主張を裏付けてくれる証拠?」

恋鐘「う~ん……なんやろ、自分で言ったことやけど、なんだか自信なか……」

(違うな……体を折っちまうと、落下させた時に正面からの落下とは言い難くなる)

(あいつの身体を……そのままの形で持ち上げるような方法はなかったか? 考えてみるか……)

-------------------------------------------------
【ノンストップ議論開始!】

発言力:♡×4
集中力:☆×3

コトダマ
‣【モノクマファイル3】
‣【モノクマの映画】
‣【青い繊維】
‣【割れた花瓶】
‣【ガムテープ】


智代子「わたしが見たUFOは一個じゃなくて、たくさんだった!」

智代子「これで重さの分は問題ないね!」

美琴「ドローンで持ち上げてからの落下」

美琴「成功すれば致命傷を与えられそう」

雛菜「でも、人の身体って特殊な形状なので~」

雛菜「被害者を持ち上げるのはそれでも難しいと思います~」

恋鐘「そいやったら【体を持ち運びやすい形に折り曲げれば】よかよ!」

恋鐘「まん丸にうずくまらせれば持ち上げやすくもなるやろ~!」

果穂「ぎゃくに、【ドローンを結華さんの正面に落とす】のはどうですか?!」

果穂「うまくいけば正面からのだげきになるかもしれません!」

あさひ「ドローンは結華ちゃんの【身体を運んだんじゃない】のかもしれないっす」

夏葉「わざわざ犯人は複数個のドローンを使ったのよね?」

夏葉「それならドローンには【他の目的があった】のかもしれないわ」

夏葉「攪乱や……陽動の意味合いがあったかもしれない」


【正しいコトダマで正しい発言に同意しろ!】


1.発言する(コトダマと撃ち込む先の発言を併せて指定安価)
2.集中力を使う(ロンパ候補の発言の数が減る)
3.アイテムを使用する
【ヒーリングタルト】×1
【プロデュース手帳】×1

↓1


764: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/03/16(水) 22:11:49.73 ID:hR5zOpHGO

身体を運んだんじゃない→割れた花瓶


765: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/16(水) 22:15:28.33 ID:LKjkRvJQ0


発言力:♡×4→♡×3


あさひ「花瓶? ドローンが花瓶を運んだんっすか?」

あさひ「だったらどうして花瓶は愛依ちゃんの病室で割れてたっすか? 駐車場には破片はなかったっすよ?」

(クソッ……違ったか)

(ドローンが運んだのは三峰結華、それは間違いない。でも……それを直接運ぶのはドローンの特性上難しい)

(もしかして、何かを介して運んだんじゃないか……?)

-------------------------------------------------
【ノンストップ議論開始!】

発言力:♡×3
集中力:☆×3

コトダマ
‣【モノクマファイル3】
‣【モノクマの映画】
‣【青い繊維】
‣【割れた花瓶】
‣【ガムテープ】


智代子「わたしが見たUFOは一個じゃなくて、たくさんだった!」

智代子「これで重さの分は問題ないね!」

美琴「ドローンで持ち上げてからの落下」

美琴「成功すれば致命傷を与えられそう」

雛菜「でも、人の身体って特殊な形状なので~」

雛菜「被害者を持ち上げるのはそれでも難しいと思います~」

恋鐘「そいやったら【体を持ち運びやすい形に折り曲げれば】よかよ!」

恋鐘「まん丸にうずくまらせれば持ち上げやすくもなるやろ~!」

果穂「ぎゃくに、【ドローンを結華さんの正面に落とす】のはどうですか?!」

果穂「うまくいけば正面からのだげきになるかもしれません!」

あさひ「ドローンは結華ちゃんの【身体を運んだんじゃない】のかもしれないっす」

夏葉「わざわざ犯人は複数個のドローンを使ったのよね?」

夏葉「それならドローンには【他の目的があった】のかもしれないわ」

夏葉「攪乱や……陽動の意味合いがあったかもしれない」


【正しいコトダマで正しい発言に同意しろ!】


1.発言する(コトダマと撃ち込む先の発言を併せて指定安価)
2.集中力を使う(ロンパ候補の発言の数が減る)
3.アイテムを使用する
【ヒーリングタルト】×1
【プロデュース手帳】×1

↓1


766: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/03/16(水) 22:25:32.44 ID:jcG4VBBiO

2

スポンサーリンク



768: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/16(水) 22:26:53.94 ID:LKjkRvJQ0


【集中力:☆×3→☆×2】

【同意候補の発言数が減少しました】


-------------------------------------------------
【ノンストップ議論開始!】

発言力:♡×3
集中力:☆×2

コトダマ
‣【モノクマファイル3】
‣【モノクマの映画】
‣【青い繊維】
‣【割れた花瓶】
‣【ガムテープ】


智代子「わたしが見たUFOは一個じゃなくて、たくさんだった!」

智代子「これで重さの分は問題ないね!」

美琴「ドローンで持ち上げてからの落下」

美琴「成功すれば致命傷を与えられそう」

雛菜「でも、人の身体って特殊な形状なので~」

雛菜「被害者を持ち上げるのはそれでも難しいと思います~」

恋鐘「そいやったら体を持ち運びやすい形に折り曲げればよかよ!」

恋鐘「まん丸にうずくまらせれば持ち上げやすくもなるやろ~!」

果穂「ぎゃくに、【ドローンを結華さんの正面に落とす】のはどうですか?!」

果穂「うまくいけば正面からのだげきになるかもしれません!」

あさひ「ドローンは結華ちゃんの【身体を運んだんじゃない】のかもしれないっす」

夏葉「わざわざ犯人は複数個のドローンを使ったのよね?」

夏葉「それならドローンには他の目的があったのかもしれないわ」

夏葉「攪乱や……陽動の意味合いがあったかもしれない」


【正しいコトダマで正しい発言に同意しろ!】


1.発言する(コトダマと撃ち込む先の発言を併せて指定安価)
2.集中力を使う(ロンパ候補の発言の数が減る)
3.アイテムを使用する
【ヒーリングタルト】×1
【プロデュース手帳】×1

↓1


769: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/03/16(水) 22:28:32.54 ID:DF/+6ICz0

身体を運んだんじゃない → 青い繊維


770: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/16(水) 22:30:51.55 ID:LKjkRvJQ0


ルカ「てめェの言うとおりだ」同意!

【BREAK!】

ルカ「……なるほどな、確かに形状からしてドローンで人体を運ぶのは難しいかもしれない」

雛菜「ん~~~~~?」

ルカ「だったら、ドローンに運ばせるのは人体じゃなく……それの入った【容器】ならどうだ」

夏葉「容器ですって? そんなの、一体……」

ルカ「三峰結華の死体を調べた時、その衣服にこんな青い繊維が付着していることに気が付いてな。妙だからとっておいたんだ」

ルカ「この中にこんな真っ青な服を着ている人間はいねえ、まして繊維が付着するほど密着していた人間なんてのはからっきしだ」

ルカ「ならこの繊維ってのはなんなんだろうな?」

美琴「もしかして、それが結華ちゃんの身体の収まっていた【容器】の手掛かりなの?」

ルカ「ああ、容器と言っても何もボトルや缶である必要はない。あいつの身体がそっくりそのまま入っちまえばそれでいいんだからな」

智代子「その形次第によってはドローンでも持ち運びしやすくなるってことなんだね!」

あさひ「……もしかして、【ビニールシート】っすか?」


771: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/16(水) 22:31:44.89 ID:LKjkRvJQ0


冬優子「あさひ? あんた、この繊維に見覚えがあるの?」

あさひ「はいっす。確かライブハウスの倉庫だったっすかね……あそこにはポスターとかいろいろ入ってたけど、このビニールシートもロールで入ってたっすよ。多分看板とかをシンナーで着色するときに床に付着するのを防ぐためだと思うっすけど……」

あさひ「ドローンで運びやすい形に整えるうえでこれ以上のうってつけはないっすよ」

ルカ「中学生の言うとおりだ。ビニールシートならその四隅に穴でもあけてしまえば後は運ぶのは簡単だ。その穴にフックを引っかけてドローンを浮かび上がらせちまえばいい」

冬優子「かかる力も分散するし、がぜん安定するわね」

果穂「じゃあ、ちょこ先輩が見たのはそのドローンたちが浮上して、ビニールシートの中に入った結華さんを持ち上げていた場面なんですね!」

恋鐘「ちょ、ちょっと待たんね! そいやったら、犯人は愛依を殺した後にそんな悠長なことをしとったと!?」

ルカ「見立て殺人はその先入観を利用する目的もあったんだろうな。死因が映画と一緒なら、命を落とした順序も映画と同じだと思い込む」

ルカ「連続殺人が今目の前で起きたように錯覚しちまったってわけだ」

果穂「じゃあ、あたしとふゆさんで通話をした時にはもう、結華さんはしんじゃってたんですか……」

冬優子「今のルカの話通りなら、そうなるわね……」

冬優子「モーテルを訪れてドアノブを捻り、結華を連れ出した犯人はそのまま駐車場で殺害。後は愛依を殺した後にその方向に逃げて行けば、さも今殺したように思いこませられるってわけね」


772: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/16(水) 22:32:35.00 ID:LKjkRvJQ0


恋鐘「そがん大胆な真似して、二人を殺したとね!?」

恋鐘「あさひ、こいで間違いはなか?」

あさひ「……」

あさひ「そうっすね、ルカさんの言うとおりだと思うっす」

智代子「み、認めちゃうの?!」

冬優子「あ、あさひ……? あんた……」

あさひ「真犯人は、今ルカさんが言った通りの方法で犯行を行ったと思うっす。智代子ちゃんの目撃証言もドローンの存在を裏付けてるっすからね」

(なんだ……この感じ……)

(こいつ、自分の罪を認めてるというよりは……私の推理そのものを、純粋に称賛しているような……)

あさひ「確かにこの方法なら、体格で二人に劣っていても可能だと思うっす。結華ちゃんは気絶さえさせてしまえばあとは落とすだけっすからね」

ルカ「どういうつもりだ……お前、怖くないのか……?」

あさひ「こわい? 何がっすか?」

夏葉「あなた、ここが学級裁判の場だと忘れたの? 自らの罪を暴かれることは死刑宣告と同じ、それに自白までしてしまったらおしおきから逃れようがないわ」

あさひ「自白……? 誰がっすか?」

ルカ「は、はぁ?! お、お前……」


773: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/16(水) 22:33:16.31 ID:LKjkRvJQ0






あさひ「いや、だって今の方法はどう考えてもわたしには不可能な方法っすよね?」





774: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/16(水) 22:34:19.36 ID:LKjkRvJQ0


(……え?)

あさひ「ドローンを使って結華ちゃんを持ち上げて落下させるなんて、わたしには無理っすよ」

恋鐘「な、なにを急に言い出しとるばい?! 事件当時に健康体でアリバイがないのはあさひぐらいのもんたい!」

恋鐘「あさひ以外に誰がこげんことができるばい!?」

あさひ「うーん、逆に、わたしは誰ならこれができるのか不思議なんっすよね」

(どういう意味だ……?)

(こいつもその方法は可能だと言っているのに、こいつ自身にはそれは出来ないと言う)

(なにか理由でもあるのか……?)

-------------------------------------------------

・ドローンは特殊な操作が必要である
・ドローンを使うにはモノクマの許可が必要
・ドローンの存在を知らない

【正しい選択肢を選べ!】

↓1


775: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/03/16(水) 22:35:36.78 ID:sLatTqvFO

ドローンの存在を知らない


776: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/16(水) 22:36:55.18 ID:LKjkRvJQ0


ルカ「そうか、わかったぞ!」

【解!】

ルカ「なるほどな……そうか、そういうことだったのか」

美琴「何か気づいたんだね、ルカ」

ルカ「というより……もっと早くにこの話をしておくべきだったかもしれない」

ルカ「なあ、お前ら。さっきの私の推理を聞いてどう思った?」

雛菜「どうって言われても~、合ってるんじゃないですか~?」

ルカ「もっと他に、気になったところとかはないのか?」

智代子「他……他……ドローンで本当に持ち上がるのかな、とか?」

夏葉「耐荷重の問題も、運ぶ形状の問題もクリアしているわ。別段問題はないように思えるけれど」

恋鐘「ん~……あ、そういえばルカの推理で初めて知ったことがあるとよ!」

透「あ、もしかしてあれ? ドローンのこと」

智代子「ど、ドローンのこと……? 何かあったっけ?」




雛菜「うん~、この島にそんなドローンってあるのかな~って」




美琴「……え?」


777: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/16(水) 22:37:55.86 ID:LKjkRvJQ0


ルカ「……そういうことなんだよ、私たちの間には持っている情報に差があった。そういうことだよな、中学生」

あさひ「はいっす。ルカさんの推理は多分あってると思うっすけど、そのドローンの存在をわたしは見たことも聞いたこともないっすよ」

ルカ「それもそのはずだ。だって私たちはその存在を秘匿していたからな」


≪夏葉「これは……ドローンね?」

智代子「これが、ドローン……! 本物は初めて見たよ……!」

ルカ「ライブカメラとかでたまに使ったりはあるが、運転はしたことねーな……」

夏葉「……」

美琴「夏葉ちゃん……?」

夏葉「果穂、智代子。悪いのだけれど、このドローンは私が回収してもいいかしら」

果穂「えっ……!」

夏葉「……ドローンなんて、いくらでも使いようがあるわ。武器を乗せた軍用ドローンも戦場に登用されて久しいし、このコロシアイに悪用されないとも限らないの」

果穂「夏葉さん、わかりました! おねがいします!」

夏葉「悪いわね二人とも……それと、この情報はこの場にいる人間だけのものにしておきましょうね」≫


ルカ「中学生は今、わたしたちを裏切って事件をかき乱そうとしている【狸】だという嫌疑がかかっている。そんなやつにみすみす悪用できそうなドローンなんか教えてねーんだよ」

美琴「それどころか、その情報はその場に居合わせた放クラの三人と私とルカだけしか知らない。実際のドローンは夏葉ちゃんが回収してしまったから後から電気街に来ても入手はできないよ」

恋鐘「な、夏葉が持ち出した……?!」

冬優子「今の話を整理すると……ドローンのことを知っていたのは放クラと緋田美琴、ルカの5人に絞られる。うちルカと果穂ちゃんはふゆと一緒に通話をしていたのでアリバイがある」

冬優子「なら、犯人候補は……園田智代子、有栖川夏葉、緋田美琴の三人」

ルカ「いや、甘党女も省いていい。犯人ならわざわざ自分に不利なあんな証言、する必要がねーからな」

美琴「……私は、会議室で自主トレーニングをしていたから」

夏葉「た、確かに私はドローンを持ち出したけど、結華を殺害してなんかいないわ!」

(美琴……いや、そんなわけはねー……美琴がクロだなんて、そんなことはありえない)

(それなら、この事件のクロは……)


778: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/16(水) 22:39:22.66 ID:LKjkRvJQ0

-------------------------------------------------
【ノンストップ議論開始!】

発言力:♡×3
集中力:☆×2.5

コトダマ
‣【智代子の証言】
‣【モノミの処置】
‣【絶望病】
‣【果穂の証言】
‣【ビニール片】


恋鐘「結華ん命を奪ったドローンを事件の前に知っとったのは放クラと美琴とルカだけばい!」

冬優子「果穂ちゃんとルカにはふゆと通話をしていたというアリバイがある」

冬優子「園田智代子がわざわざ自分に不利な証言をするはずもない」

冬優子「なら、有栖川夏葉か緋田美琴の二択よ」

夏葉「私は確かにドローンの存在を知っていたし回収もした!」

夏葉「でも、【その操作などしていない】わ!」

美琴「……私は、【ずっと会議室で自主トレーニングをしていた】から」

あさひ「犯行自体は【病院の中にいた人でも可能】っす」

あさひ「窓から出て行けば、モーテルもちゃんと訪問できたはずっすよ」

冬優子「観念なさい……」

冬優子「処刑台に送られる準備はできたのかしら!?」


【正しいコトダマで正しい発言に同意しろ!】


1.発言する(コトダマと撃ち込む先の発言を併せて指定安価)
2.集中力を使う(ロンパ候補の発言の数が減る)
3.アイテムを使用する
【ヒーリングタルト】×1
【プロデュース手帳】×1

↓1


779: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/03/16(水) 22:44:37.09 ID:5+uwNaxKO

操作はしていない→モノミの処置


780: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/16(水) 22:46:32.15 ID:LKjkRvJQ0


ルカ「てめェの言うとおりだ」同意!

【BREAK!】

ルカ「……小金持ち。確かにてめェの言う通りだ、ドローンの存在を知っていたとしても、お前は……お前だけはその操作ができるはずがねえ」

雛菜「え~? なんでですか~? もしかして、ものすごく機械音痴とかです~?」

智代子「樹里ちゃんならうまく操作出来なさそうな感じはするかも……」

ルカ「得意不得意だとかの話をしたいんじゃねえ、物理的な可能・不可能の話をしてるんだ」

夏葉「物理的に可能か不可能か……」

恋鐘「本人が心当たりなさそうたい」

ルカ「まあ、てめェは病気でダウン中だったんだ。度々確認してるが入院してた連中の事件前後の記憶は安定していない、覚えてなくても無理はねえだろ」

ルカ「てめェは一度、容体が急変して一度心停止の直前まで行きかけたんだよ」

夏葉「……!? そ、それは本当……!?」

智代子「う、うん……突然熱が急激に上がって、呼吸もしんどそうで……心拍数も異常値になったんだよ」

ルカ「そこで私たちが急いでつけたのが、体外式のペースメーカーだ。まあAEDの常用版とでも思えばいい」

ルカ「それをつけたことでお前の命はなんとか安定したわけだが……それと同時にお前は大きな枷を背負うことになった」

ルカ「それは……電波だ」

夏葉「電波……?」


781: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/03/16(水) 22:47:13.46 ID:5+uwNaxKO

あと今更だけど>>643-644のコトダマ一覧で【ガムテープ】がぬけてますね。


782: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/16(水) 22:47:34.27 ID:LKjkRvJQ0


冬優子「……ああ、そういうこと。あんたたちも見たことぐらいあんでしょ、『優先座席付近では携帯電話の電源はお切りいただくか、マナーモードに設定の上通話はお控えください』っての」

果穂「はい! あります! おじいさんおばあさんに席をゆずると、ちょうど目の前にそれが書いてある紙がまどにはってあります!」

夏葉「立派な心がけね、果穂。同じコミュニティに住まうもの同士、全員が快く過ごせる環境を自分から作っていきましょう」

ルカ「じゃあ道徳の授業ついでに一つ。小学生、どうして携帯の電源を切る必要があるんだと思う?」

果穂「えっと……公共の場で音がでちゃうとうるさいから……ですか?」

ルカ「まあそれもあるだろうが、年寄連中がたまに心臓に着けているペースメーカーってのは携帯などの端末の電波の影響を受けやすいんだよ」

ルカ「心臓の拍動を維持するための機械、それが狂っちまったら大ごとだろ? だから取り扱いには細心の注意が必要なんだ」

果穂「わかりました……ありがとうございます!」

あさひ「夏葉さんもそれと同じことなんっすね。ペースメーカーで命をつなぎとめている状態で、ドローンの操作なんてしちゃったら何が起きるのかもわからない。そんなリスクを踏むとは思えないっす」

冬優子「わざわざそんな命がけのリスクを冒すくらいなら、見立て殺人を取りやめそうなものよね」




恋鐘「あれ……でも、そいやったら残るのは……美琴だけばい?」




美琴「……!」


783: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/16(水) 22:49:35.33 ID:LKjkRvJQ0

>>781
ご指摘ありがとうございます、かなり大きなミスですね…!
以後指定の際には「+【ガムテープ】」の表記をつけさせていただきます

-------------------------------------------------

(……クソッ、やっぱりそうなっちまうか)

(あの時アリバイがなく、しかもドローンの存在を知っていた条件付き)

(美琴以上に犯人の有力候補になる人物はいねえ……)

ルカ「美琴……違うんだよな……?」


美琴「……」


ルカ「おい、美琴……!!」




美琴「……ルカ」



美琴「……信じて、くれる?」




ルカ「……!」

ルカ「ああ、当たり前だ……てめェが人を殺すわきゃねえって……私が一番誰よりも分かってるんだからな……!」

(状況は最悪だと言ってもいい、アリバイ・殺害方法の両方が美琴がクロである証拠となっている)

(これを覆すには……美琴には犯行が不可能だった証拠を用意するしかねえ)

(何か……ないのか? そんな、一発で状況を変えてしまうような証拠は……)


784: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/16(水) 22:51:08.85 ID:LKjkRvJQ0

-------------------------------------------------

【ノンストップ議論開始!】

発言力:♡×3
集中力:☆×3

コトダマ
‣【割れたガラス窓】
‣【入場者特典】
‣【モノミの処置】
‣【モノクマファイル3】
‣【冬優子の証言】


果穂「夏葉さんはペースメーカーをつけていたのでドローンのそうさができません!」

夏葉「ドローンの存在を事前に知っていた人間で犯人足りうる候補はあとは美琴だけ」

夏葉「……どうなのかしら、美琴。あなたの考えを聞かせてちょうだい」

美琴「私はやってないと言っておくね」

美琴「事件の時も【会議室で自主トレーニングをしていた】から」

冬優子「自主トレをやっている風に装い、隙を見て【窓から病院を出る】」

冬優子「そしてモーテルに行き結華を連れ出し、駐車場で【ドローンを使い殺害】」

冬優子「病院に戻ったらタイミングを見計らって愛依を殺害、【窓を割って脱出】」

冬優子「そのまま身をくらませば見立て殺人成立よ」

恋鐘「結華が今さっき死んだように思わせることがこいで可能になるばい!」

智代子「映画の内容に準えた残酷な【連続殺人に見せかけた】んだね!」


【正しいコトダマで矛盾する発言を論破しろ!】


1.発言する(コトダマと撃ち込む先の発言を併せて指定安価)
2.集中力を使う(ロンパ候補の発言の数が減る)
3.アイテムを使用する
【ヒーリングタルト】×1
【プロデュース手帳】×1

↓1


785: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/03/16(水) 22:55:00.48 ID:b7lIcg1v0

連続殺人に見せかけた→入場者特典


786: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/16(水) 22:58:39.61 ID:LKjkRvJQ0


ルカ「それは違うぞ!」論破!

【BREAK!】

ルカ「いや……待ってくれ。美琴は犯人じゃない……犯人にはなりえないんだよ」

智代子「ルカちゃん、気持ちはわかるけど……感情論だけじゃ裁判は勝てないんだよ」

ルカ「違うんだって、ちゃんとした根拠ならあるんだ。今回の事件においても私は美琴と一緒に捜査をしたんだけどよ。その際に見立てに使われたモノクマの映画も確かめたんだ」

ルカ「さっきモノクマはチケットの販売は自動販売に任せているし、モノクマも誰が見たか見ていないかは知らないって言ってただろ?」

夏葉「ええ、それだから映画を見たか否かでは犯人の絞り込みは不可能だという話になったのよね?」

ルカ「ああ、確かに……見ていないことをこの場で証明するのは不可能だ。だけどよ、『見た』ことを証明するのは簡単だ」

恋鐘「見たことを証明する……? それってつまり、自分が犯人だと証明するってことと同じたい?」

ルカ「あの自動販売機でチケットを買うには電子生徒手帳をかざす必要があるんだけどな、どうやら機械はそのログは残しているらしい。その人間が機械に電子生徒手帳をかざした回数に応じて、違った来場者特典がもらえるんだと」

冬優子「なるほど、その来場者特典があれば映画を見たことを証明するのは簡単ね」

ルカ「私と美琴は捜査時間に一緒に映画を見て、その足でここまで来たから……まだその来場者特典のシールを持ってる。見てみろよ」


『おめでとう! キミは伝説への第【1】歩を踏み出した!
 モノタロウステッカー獲得まであと4回』


智代子「ホントだ……これ以上なくわざとらしく【1】が強調されてるよ!」

冬優子「犬の格好したモノクマ……鳴き声のワンとかけてるわけね、しょうもない」


787: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/16(水) 22:59:40.69 ID:LKjkRvJQ0


ルカ「これと同じもの……浅倉透、お前も持ってんじゃねーのか?」

透「あー、うん。今は持ってないけどさ、あるよ。最初に映画見た時にもらったやつ」

あさひ「最初に映画を見ると、このステッカーがもらえる……」

あさひ「そっか、それなら美琴さんのもここで見せてもらえばいいんだ!」

夏葉「もしそれがルカのステッカーと一緒なら……美琴は捜査時間に初めて映画を見たことが証明される。そうなれば……見立て殺人を行ったクロにはなりえないわ!」

冬優子「ど、どうなのよ! はやく見せなさいよ!」

美琴「……すごいね、ルカ。こんなステッカー一枚で証明できちゃうんだ」


『おめでとう! キミは伝説への第【1】歩を踏み出した!
 モノタロウステッカー獲得まであと4回』


雛菜「これ……一回目の来場者特典ですね~?」

智代子「ってことは……美琴さんもクロじゃないんだね……!?」

美琴「これで分かってもらえたかな」

(よし……証明できた……! ハッ、美琴がクロなわきゃねえんだ……当たり前だ!)


788: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/16(水) 23:01:37.53 ID:LKjkRvJQ0


冬優子「でも……そうなると、逆に困るわね」

冬優子「犯人候補になりうるのは、ドローンの存在を事前に知っていた放クラとルカ、緋田美琴の五人のみ。でも、そのいずれにも犯行は不可能と来たわ」

あさひ「絶対的なアリバイがあるルカさんと果穂ちゃん、犯人に不利な証言をした智代子ちゃん、物理的にドローンが操縦できない夏葉さん、映画を操作時間に初めて見た美琴さん」

あさひ「う~ん、智代子ちゃんならまだ犯人になりえそうな気もするっすけど……」

智代子「わ、わたしにここにきてまた疑いがかかるの!?」

(いや……甘党女は違うだろう。あそこで複数体のドローンを見たって言う嘘に乗じる理由が犯人ならまず無い)

(誰かほかにドローンの存在を知っている人間がいたのか? でも、探索始まってすぐにドローンは小金持ちに回収されたわけだし……)

(……ダメだ! この状況、どうやっても覆らねーぞ……!)

透「……なんか、この前の事件を思い出すよね」

雛菜「透先輩~?」

透「この前はさ、トラップで死んじゃったじゃん。千雪さん」

恋鐘「摩美々が橋にボウガンばしかけてたばってん、でも今回はトラップじゃ犯行は行えなかろうもん。前とは別物ばい」


789: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/16(水) 23:03:08.54 ID:LKjkRvJQ0


(……トラップ、か)

(確かに前回の事件では田中摩美々はアリバイを確保したまま犯行に及んだ)

(自分がその場にいずとも命を奪える方法で、私たちの目を欺いたんだ)

(……今回の事件では三峰結華の死亡したタイミングを見立て殺人に隠して誤認させるというトリックが使われている)


(……)


(………………)


(もしかして、これって……そういう狙いなのか?)


(だとすれば、それをやる意味がある人間って……)


ルカ「……そ、そんなこと……あり得るのか……?」

美琴「ルカ、どうしたの? もしかして……何か気づいた?」

ルカ「……三峰結華はドローンを使って、事件が起こる前に転落死。頭の正面から落下させることで撲殺に見せかけた」

ルカ「それは見立て殺人を成り立たせるための方法だったわけだが……犯人はどうしてそこまでして見立てを成立させたかったんだろうな」


790: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/16(水) 23:04:15.08 ID:LKjkRvJQ0


智代子「見立てを成立させたかった理由……」

夏葉「それは先ほど一度話し合わなかったかしら? 結華の死因を誤認させることこそが目的で……」

ルカ「じゃあ、その誤認は何のためだ?」

夏葉「え……」

ルカ「リアルタイムにその場で殺されたと思わせるため、つまりは犯行のタイミングの誤認でもあったわけだろ。そうなると、確実に利益を得る人間がいるんだ」

ルカ「あの事件が起きたその瞬間に、確実なアリバイを持っている人間はその段階で容疑者から外される……そういうロジックだ」

透「確かに、そもそも疑わないか。事件があったタイミング、誰かと一緒にいたら」

ルカ「そして、今回の犯人はドローンの存在を知っていた人間に限られる。そうなると……一人、怪しい人間が浮上するんだよ」

あさひ「……」

ルカ「……いや、流石に私も違うとは思うんだが……このアリバイの確保の論理なら、行動にも説明がつくんだ」

ルカ「なあ……お前なのか……? 今回のクロってのは……」

-------------------------------------------------

【クロを指摘しろ!】

↓1


791: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/03/16(水) 23:05:46.92 ID:DF/+6ICz0

【小宮果穂】


792: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/16(水) 23:07:35.08 ID:LKjkRvJQ0


ルカ「……!」

【解!】

ルカ「……私自身がアリバイの証人なんだよ。実際、自分の目で姿を確認したし、自分の耳でその声も確認した。会話も成立していたし、録画なんかでもない」

ルカ「でもよ、アリバイ以外の条件ならお前は満たすことができるんだよ……【小学生】」

果穂「え……?! あ、あたし……ですか……!?」

夏葉「と、突然なんてことを言い出すのルカ!? あなた、自分で言っている意味が分かっているの?!」

ルカ「もちろんだ……自分がどれだけバカなことを言っているのかは理解してる。でもよ、あのタイミングで確固たるアリバイを持っていて、ドローンの存在を事前に知っていたのは私かこいつだけ」

ルカ「そして、私が事件前にあの映画を見ていないことはこのステッカーが証明済み。そうなると、三峰結華の死亡のタイミングをずらすことで得するのはこいつだけになるんだよ」

智代子「ま、待って! 確かに結華ちゃんの死亡のタイミングをずらすと果穂はアリバイのおかげで、その一件は容疑を逃れられるかもしれないけど……」

智代子「愛依ちゃんはどうなの? 愛依ちゃんは通話している最中に首を裂かれて死んじゃったんだよ!?」

(ここまで来たらもう止まれない……)

(頭に思い浮かんだ、悍ましい一連の犯行を口にしてみるしかない……)

(たとえその先に待っているのが希望か絶望か、見えていなくとも……!)

ルカ「和泉愛依の殺害についてだが……」

-------------------------------------------------

・トラップを使って殺害された
・和泉愛依も事前に命を落としていた
・自殺だった
・他の人間の協力があった

【正しい選択肢を選べ!】

↓1


794: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/03/16(水) 23:09:59.85 ID:obOQsrIkO

トラップを使って殺害


795: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/16(水) 23:13:11.89 ID:LKjkRvJQ0


発言力:♡×3→♡×2

(違う……あいつの死体は私も確認したが、首の裂き方からしてあれは人の手がかかったものだ)

(トラップで殺害をするってのは少し考えづらいな)

(もし、小学生が本当に犯人なら……アリバイを確保する意味ってのは……)

-------------------------------------------------

・和泉愛依も事前に命を落としていた
・自殺だった
・他の人間の協力があった

【正しい選択肢を選べ!】

↓1


796: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/03/16(水) 23:14:40.35 ID:b7lIcg1v0

和泉愛依も事前に命を落としていた


797: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/16(水) 23:15:53.89 ID:LKjkRvJQ0


ルカ「これだ!」

【解!】

ルカ「……三峰結華の死亡のタイミングをずらしてアリバイを確保するって言うのなら、連続殺人全体でアリバイを確保しておく必要がある」

ルカ「そうなると……和泉愛依が死んだのも、あのガラスが割れたタイミングじゃないのかもしれない」

冬優子「そ、それ本気!? ふゆだってガラスの窓が割られる音は聞いてんのよ!?」

ルカ「ああ、【窓が割れる音】は、な。和泉愛依が殺される音じゃあない」

美琴「もしもその段階ですでに彼女が命を落としていれば……テレビ通話を繋いでいたとしても果穂ちゃんのアリバイは意味を持たなくなる……?」

夏葉「ちょっと待ちなさい……! そんないい加減な主張、通すわけにはいかないわよ!」

夏葉「ガラスの窓が割れる音、ということは犯人が逃走を行った音と同義でしょう? だとすれば、その瞬間にアリバイがある果穂は犯人にはなりえないわよ!」

智代子「そうだよ! その音はルカちゃんもしっかり聞いたんだよね!?」

ルカ「……そ、それはそうだけどよ」

果穂「あの……あたし、ちがいます! 犯人なんかじゃないです……! 愛依さんと結華さんをころしてなんかいません!」

夏葉「大丈夫よ果穂、安心して。私たちがすべてをかけてあなたを守り抜くわ」

智代子「うん、果穂が犯人なんて冗談でも許せない……ルカちゃん、覚悟はいい!?」

(……チッ、そりゃそうだよな。どう考えても連中はあの小学生側に傾く)

(私も今自分の歩いているこの道が正しいのかは自信が持てない……半信半疑だ)

(でも、だとしても……生き残るために必要なことに妥協をしちゃならねえ!)

(真実を追い求めるための歩みは何があっても止めるな……!)


798: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/16(水) 23:17:35.72 ID:LKjkRvJQ0

-------------------------------------------------
【ノンストップ議論開始!】

発言力:♡×2
集中力:☆×3.5

コトダマ
‣【窓ガラスの破片】
‣【智代子の証言】
‣【結華のメガネ】
‣【割れたガラス窓】
‣【冬優子の証言】


果穂「あたしは犯人なんかじゃないです……!」

果穂「二人をころすなんて……そんなのできっこないです……!」

冬優子「この子はふゆと一緒に事件発生時に【ルカと通話をしていた】」

冬優子「窓ガラスが割れた時にも、そばにいたわよ」

夏葉「窓ガラスを割るには【現場にいる必要がある】わ」

夏葉「ひとりでに窓ガラスが割れたとでも主張するつもりなのかしら」

智代子「その音は【ルカちゃん自身も聞いた】んだよね?」

冬優子「ルカどころかふゆも通話越しに聞いたのよ……間違いなくあの瞬間に割れたものよ」

智代子「果穂が人殺しなんて、どう考えてもあり得ないよ!」


【正しいコトダマで矛盾する発言を論破しろ!】


1.発言する(コトダマと撃ち込む先の発言を併せて指定安価)
2.集中力を使う(ロンパ候補の発言の数が減る)
3.アイテムを使用する
【ヒーリングタルト】×1
【プロデュース手帳】×1

↓1


799: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/03/16(水) 23:22:01.04 ID:b7lIcg1v0

現場にいる必要がある→割れたガラス窓


800: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/16(水) 23:26:06.01 ID:LKjkRvJQ0


発言力:♡×2→♡×1

夏葉「ええ、そのガラス窓を見てもらえばわかる通りよ。そこに一切の細工などされていないでしょう?」

夏葉「あの音をあなた自身も聞いている以上は、現場で窓ガラスを割らなくてはいけないの!」

(チッ……間違ったか)

(現場にいずともガラスの窓を割る方法……今までの議論にそのヒントはなかったか……?)

-------------------------------------------------
【ノンストップ議論開始!】

発言力:♡×1
集中力:☆×3.5

コトダマ
‣【窓ガラスの破片】
‣【智代子の証言】
‣【結華のメガネ】
‣【割れたガラス窓】
‣【冬優子の証言】


果穂「あたしは犯人なんかじゃないです……!」

果穂「二人をころすなんて……そんなのできっこないです……!」

冬優子「この子はふゆと一緒に事件発生時に【ルカと通話をしていた】」

冬優子「窓ガラスが割れた時にも、そばにいたわよ」

夏葉「窓ガラスを割るには【現場にいる必要がある】わ」

夏葉「ひとりでに窓ガラスが割れたとでも主張するつもりなのかしら」

智代子「その音は【ルカちゃん自身も聞いた】んだよね?」

冬優子「ルカどころかふゆも通話越しに聞いたのよ……間違いなくあの瞬間に割れたものよ」

智代子「果穂が人殺しなんて、どう考えてもあり得ないよ!」


【正しいコトダマで矛盾する発言を論破しろ!】


1.発言する(コトダマと撃ち込む先の発言を併せて指定安価)
2.集中力を使う(ロンパ候補の発言の数が減る)
3.アイテムを使用する
【ヒーリングタルト】×1
【プロデュース手帳】×1

↓1


801: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/03/16(水) 23:26:56.93 ID:DF/+6ICz0

3 ヒーリングタルト


803: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/16(水) 23:29:29.53 ID:LKjkRvJQ0


【ヒーリングタルトを頬張った!】

【少々甘ったるいが、案外悪くない……!】

【発言力が2回復した!】

発言力:♡×1→♡×3

-------------------------------------------------
【ノンストップ議論開始!】

発言力:♡×3
集中力:☆×3.5

コトダマ
‣【窓ガラスの破片】
‣【智代子の証言】
‣【結華のメガネ】
‣【割れたガラス窓】
‣【冬優子の証言】


果穂「あたしは犯人なんかじゃないです……!」

果穂「二人をころすなんて……そんなのできっこないです……!」

冬優子「この子はふゆと一緒に事件発生時に【ルカと通話をしていた】」

冬優子「窓ガラスが割れた時にも、そばにいたわよ」

夏葉「窓ガラスを割るには【現場にいる必要がある】わ」

夏葉「ひとりでに窓ガラスが割れたとでも主張するつもりなのかしら」

智代子「その音は【ルカちゃん自身も聞いた】んだよね?」

冬優子「ルカどころかふゆも通話越しに聞いたのよ……間違いなくあの瞬間に割れたものよ」

智代子「果穂が人殺しなんて、どう考えてもあり得ないよ!」


【正しいコトダマで矛盾する発言を論破しろ!】


1.発言する(コトダマと撃ち込む先の発言を併せて指定安価)
2.集中力を使う(ロンパ候補の発言の数が減る)
3.アイテムを使用する
【ヒーリングタルト】×1
【プロデュース手帳】×1

↓1


804: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/03/16(水) 23:30:06.34 ID:b7lIcg1v0

現場にいる必要がある→智代子の証言


805: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/16(水) 23:32:25.90 ID:LKjkRvJQ0


ルカ「それは違うぞ!」論破!

【BREAK!】

ルカ「なるほどな……確かに私自身が聞いたあの音は否定のしようもない出来事だ。実際、現場の窓ガラスは割られていたわけだしな」

恋鐘「夜風がどんどん入って来とったから、現場も妙に冷たかったけんよう覚えとるばい……」

透「めっちゃ寒い日の朝、池に氷が張ってさ。そこに石投げこんだらバリバリに割れるんだよね」

透「あんな感じの割れ方だった」

雛菜「あ、懐かしい~! 大体透先輩びしゃびしゃになって、円香先輩が不機嫌になるんだよね~~~~!」

夏葉「実際通話越しに冬優子が聞いたほどなんだもの、相当な音の大きさだったんでしょうね」

冬優子「ええ……音質はそこまでいい通話ではなかったけど、何かが割れたって言うのは感覚ですぐにわかったわよ」

ルカ「ああ、その音自体を否定するつもりは私もない。でもよ……現場にいずに窓ガラスを割る方法なら、あるかもしれねえ」

夏葉「……そ、そんなの認められないわ。ただのハッタリでしょう!?」

ルカ「ついさっきの話を思い出してみろよ。犯人は……ドローンを使って三峰結華を殺害したんだぜ」

智代子「そ、それが何?! ドローンが一体何に……」


智代子「……えっ!?」


ルカ「気づいたか……ドローンは言うまでもなく遠隔操作が可能なんだよ。それこそ現場にいずして、ドローンを浮上させ、窓ガラスに突っ込ませるなんて訳もないと思うぜ!」


806: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/16(水) 23:33:13.65 ID:LKjkRvJQ0






あさひ「それは違うっすよ」





ルカ「なっ……中学生、また邪魔するつもりか……!?」

あさひ「ルカさん、流石にそれは無理があるっす。ドローンは確かに遠隔操作ができるかもしれないっすけど、現場を一切見ないで操作して窓ガラスを割るなんて普通出来ないっす」

夏葉「そ、それはそうね……」

あさひ「それに、そんな窓ガラスを割るような突っ込み方をすればドローンも壊れちゃうっす。現場に壊れたドローンは落ちてなかったっすよね?」

ルカ「ぐっ……そ、それは……」

冬優子「……ちなみに、ふゆは果穂ちゃんの隣にいたわけだけど……特に不審な動きは何もしてなかったわ」

冬優子「それこそリモコン操作なんかまったくね」

果穂「ふゆさん……ありがとうございます!」

冬優子「……果穂ちゃん、別にふゆは味方じゃない。ただ真実にたどり着くためにルカの推理の粗を指摘しただけよ」

(だが確かにこいつらの言う通りだ……)

(ドローンを使って割る方法は障害がいくつもある……でも、これ以外に自然とガラス窓が割れるような方法なんて……)


807: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/16(水) 23:34:08.86 ID:LKjkRvJQ0


美琴「その場にいずにガラスの窓を割るなんて、やっぱり出来ないのかな……」

ルカ「あ、諦めんな……何か、何か方法があるはずだ……!」

恋鐘「ねえ、ルカ。流石にうちも果穂が犯人になることはあり得んと思うばい……だって、果穂はうちらん中でも一番幼かやけん、二人も殺せるわけなかよ」

雛菜「身長は他の人ともそんなに変わんないですけど~、中身はまだまだ小学生ですしね~」

(そんなことは私だってわかってる……わかってる、けど……)

(なんなんだ、この胸のざわつきは……小学生、あいつを見ているとなんだか胸の辺りが妙な感覚になんだよ……!)

美琴「……ルカ、落ち着いて」

ルカ「美琴……?」

美琴「私は、ルカの味方だから。ルカの推理を信じてる」

美琴「だって、ルカはさっきも私のことを守ってくれたでしょ?」

(……!)

(……そうだ、私は一人じゃない。傍には、私のことを信じてついてきてくれる存在がいる)

(怖がることはねえ、不安に感じることはねえ……考えろ、考えるんだ!)

夏葉「ガラスの窓をその場にいずに割ることなんて不可能!」

智代子「ガラスの窓が割れる音はルカちゃんも聞いた!」

果穂「あたし……なにもわからないです、なにも……!」


808: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/16(水) 23:35:35.48 ID:LKjkRvJQ0

-------------------------------------------------

【ノンストップ議論開始!】

発言力:♡×3
集中力:☆×4

コトダマ
‣【窓ガラスの破片】
‣【絶望病】
‣【割れたガラス窓】
‣【モノクマの映画】
‣【割れた花瓶】


あさひ「ガラスの窓をその場にいないで割るのはかなり難しいと思うっす」

あさひ「現場には大した証拠も残ってなかったっすからね」

冬優子「果穂ちゃんはドローンを操作するような【素振りはしてなかった】わよ」

冬優子「さすがにそんなことがあればふゆが気づいた」

夏葉「通話中に窓ガラスを割ることなんて不可能」

夏葉「【窓ガラスが割れる音を三人が聞いている】以上はアリバイのある果穂は無実よ」

智代子「あの音はすごく大きかったから【病院中のみんなが聞いてた】よ!」

智代子「なんならわたしが証人になるからね!」

美琴「……ルカ、私は味方だから」

美琴「進む先が見えなくたって……止まらなくていいの」


【正しいコトダマで矛盾する発言を論破しろ!】


1.発言する(コトダマと撃ち込む先の発言を併せて指定安価)
2.集中力を使う(ロンパ候補の発言の数が減る)
3.アイテムを使用する
【ヒーリングタルト】×1
【プロデュース手帳】×1

↓1


809: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/03/16(水) 23:37:00.09 ID:DF/+6ICz0

【窓ガラスが割れる音を三人が聞いている】→【割れた花瓶】


814: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 22:00:37.12 ID:ztf/P3ZF0


ルカ「それは違うぞ!」論破!

【BREAK!】

ルカ「お前らの言う通りだ……証拠も残さずにガラスの窓をその場にいないで割ることなんか不可能だ」

夏葉「漸くわかってもらえたようね、ガラスの窓が割れる音、重要なその証言がある限り果穂は犯人になりえないのよ」

ルカ「……でも、ガラスの窓じゃないものを割るんならどうだ?」

夏葉「な、何を言っているの……? あなたが現場を最初に確認したんでしょ?! だったらちゃんと見ているはずよ、現場の窓ガラスは確かに割られていた!」

ルカ「ああ、割られてたな。いつそれが割られたのかはわからねーけど」

智代子「そ、そんなまさか……ルカちゃんは二人の殺人だけじゃなく、窓ガラスが割られていたのも、時間がずれていたっていうつもりなの?!」

智代子「そんなのおかしいよ! だって、三人は通話中に何かが割れる音を聞いたんでしょ? それだったら、窓が割れたタイミングはそこでしかありえない……」

ルカ「私たちが聞いたのは何かが割れる音であって、ガラス窓が割れる音じゃねーんだ。現場で真っ先に目につく、割れていた物が窓だったから勝手にそう誤解しただけのこと」

ルカ「あの場所で何かが割れる音を鳴らすことさえできれば勝手に私たちは窓ガラスが割れた音だと誤認するんだよ」

ルカ「そこで犯人が利用したのが窓脇にあった花瓶だ。どこから持ち込んだのかは分かんねーが、これは被害者の和泉愛依の私物でよ。死ぬ前の日に、ゲッカビジンっつー綺麗な花を見せてくれた」


815: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 22:01:37.83 ID:ztf/P3ZF0




≪ルカ「だからお前はどこからこんなの持ってきてんだよ!」

透「おー、なんか咲いてんじゃん。めっちゃ」

愛依「こちらのお花はゲッカビジンと言いますの、ほんの一夜のみにその花を咲かせる姿から、その花言葉は『儚い美しさ』……今こうしてお二方と見れたこと、恐悦至極に存じますわ」≫


ルカ「でも、その花瓶が事件現場では割られていた。最初はてっきり犯人と争った時にぶつかって落ちたのかとでも思ってたけど……よくよく考えればあいつは抵抗なんかしちゃいねー、する暇もなかった」

ルカ「なら、一体いつ割られたんだろうな」

夏葉「それがテレビ通話の時だったと言いたいわけね。でもさっきも言った通りよ、現場にいずして割ることなんて不可能。いくら割られたものが別だったと主張しても、結局アリバイがある果穂の無実は揺るがないわ!」

あさひ「それは違うっすよ、夏葉さん」

夏葉「あさひ……?!」

あさひ「あれは、ガラスの窓を割るには現場にいる必要があるって話だったっす。花瓶になると話は別っす。だって大きさも形も全然違うじゃないっすか」

ルカ「ああ、こいつの言う通りだ。窓ガラスじゃなくて花瓶なら……きっとその場にいずとも割る方法がある。そのための手掛かりだってあるんだからな」

智代子「て、手掛かり……?」

(まだそのやり方の全貌は見えちゃいないが……花瓶の近くにあったあれはその方法の一端を示しているはずだ!)

-------------------------------------------------

【正しいコトダマを選べ!】

>>643 >>644 +【ガムテープ】

↓1


816: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/03/17(木) 22:03:07.18 ID:IZqyH9nl0

ビニール片


817: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 22:06:07.45 ID:ztf/P3ZF0


ルカ「これだ!」

【解!】

ルカ「花瓶の近くに落ちていたビニール。これが何かしらの関係をしているとみていいんじゃないか?」

雛菜「なんですかそれ~?」

美琴「何かが破けた切れ端……そんな風に見えるね」

恋鐘「ポリ袋かなんかやろうか~? なんか見覚えがあるような気もするたい……」

夏葉「そ、そんなビニール……ただのゴミか何かでしょう?」

ルカ「花瓶の中に入ってた水で濡れてんだぞ? 少なくとも割れた時に近くにあったもの……何かしらの関係性はありそうに思えるがな」

透「これ使って、勝手に花瓶が割れるトリック作ったの?」

智代子「勝手に花瓶が割れるなんて……そんなこと、あり得ないよ」

あさひ「もしも犯人が花瓶で割れる音を偽装するトリックを行ったのなら、その為の道具は病室にあるものを利用した可能性が高いと思うっす」

あさひ「事件の後に、異物が見つかったらそこで足がつく可能性があるっすからね」

(病室にあってもおかしくなく、ひとりでに花瓶を割ることができるものか……)

(……あと少し、あと少しで思いつきそうだ……!)

(考えろ……ここが大事なポイントだ、これを指摘出来れば活路が開けるはずだ……!)


819: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 22:08:08.19 ID:ztf/P3ZF0

-------------------------------------------------

【ひらめきアナグラム開始!】

発言力:♡×3
集中力:☆×4.5


『のょいひれうことうのう』


【正しい順番に並べ替えろ!】


1.解答する
2.集中力を使う(一部文字が正しい位置に移動する)

↓1


820: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/03/17(木) 22:18:52.49 ID:IZqyH9nl0

2


821: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 22:22:58.63 ID:ztf/P3ZF0


【集中力:☆×4.5→3.5】

【集中力を使用しました】

【一部文字が正答位置に移動し、アナグラムがしやすくなります!】

-------------------------------------------------

【ひらめきアナグラム開始!】

発言力:♡×3
集中力:☆×3.5


【れい】のょうこ【ひ】と【うのう】


【正しい順番に並べ替えろ!】


1.解答する
2.集中力を使う(一部文字が正しい位置に移動する)

↓1


822: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/03/17(木) 22:27:03.76 ID:IZqyH9nl0

れいとうこのひょうのう


824: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 22:28:45.44 ID:ztf/P3ZF0


ルカ「そうか、わかったぞ!」

【COMPLETE!】

ルカ「ひとりでに花瓶が割れる……つまり、犯人がそのトリックを仕掛けてから時間差で花瓶が割れる仕組み、ということだ」

ルカ「時間が経つと性質が変わるもの……ぱっと思いつくものはなんだ、美琴」

美琴「えっと……氷、かな? レッスン場に持ち込んでも、ちょっと忘れてるうちに溶けちゃってることがよくあるから」

冬優子「そうね……水は固体、液体、気体とその性質を変化させる……だけど、それがどうしたの?」

ルカ「今回の事件があった現場は病院だ。病院で氷と言えば、真っ先に思い付くものが無いか?」

透「あー、あれだ。おでこに載せる奴」

ルカ「ご名答。犯人は病室の中にある冷凍庫、そこで冷やしてた【氷嚢】を使ったんだ」

ルカ「花瓶を机の縁、そこに半分ぐらいのっけた状態で安定させる。そこから側面に添わせるようにして氷嚢を積んでいくんだ」

ルカ「放っておいても安定する形を見つけられれば準備完了。後はそのまま部屋を出れば勝手に進行する。中に入っていた氷嚢はゆっくり、ゆっくりと溶けていき、その中の氷も徐々に水へと変わる」

ルカ「そうなると氷嚢の形自体が変わってしまう。立体パズルのように組み合わさっていた氷も液体となることで花瓶の底面にまんべんなく広がっていく、そうなるとさっきまで安定していたバランスも一気に崩れることになる」

ルカ「そこで机から落下、その衝撃で花瓶は砕け散り、その破片で氷嚢も破けちまうって寸法だ。これなら現場にいずとも花瓶を割ることもできるし、更に不自然な証拠を残すこともない」

夏葉「なっ……そ、そんな……そんなの……」


825: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 22:29:35.70 ID:ztf/P3ZF0


ルカ「実際に検証をしたわけじゃないからどれぐらいの精度で出来るのかはわからないが、そう難しい話じゃないと思うぜ。それこそ、小学校の理科の授業で習う範囲のお話だしな」

果穂「……ル、ルカさん……!」

智代子「ち、ちが……ちがう……そんなの、果穂はやってない……!」

ルカ「そこまで仕込んでしまえば後は簡単な話だ。モーテルに戻って早々に冬優子と合流すればいい。要は花瓶が割れた瞬間のアリバイさえあればいいんだからな。別にテレビ通話を繋ぐことまでは必要ない」

冬優子「で、でも果穂ちゃんの部屋を訪問したのはふゆの方よ……?」

美琴「……それこそ、冬優子ちゃんが来なかったら自分から『不安だから』って部屋を尋ねればいいんじゃないかな」

ルカ「アリバイの確保自体はそう難しい話じゃねえ。最年少のこいつは常に目にかけてもらえる立場にあったわけだしな」

ルカ「花瓶が割れてその音に誰かが気づいて現場に駆け付ければそれでOK。後は今この瞬間に起きた連続殺人だって誤解した私たちがアリバイのあるこいつを勝手に犯人候補から弾く」

ルカ「そこまで見越した時間差トリックだったんだよ!」




【果穂「ピンチの時ほど、ヒーローは強くなるんです!」】反論!





826: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 22:31:26.00 ID:ztf/P3ZF0


ルカ「……あ?」

果穂「……ルカさん、分かってもらえないなら。あたしもたたかいます、あたしはやってないって……ルカさんにあたしの言葉で分かってもらいます」

果穂「ヒーローは何度でも立ち上がるんです! あきらめない限り、ヒーローはぜったい、ぜったいに……負けません!」

-------------------------------------------------

【反論ショーダウン開始!】

発言力:♡×3
集中力:☆×3.5

コトノハ
‣【割れた花瓶】
‣【ガムテープ】
‣【智代子の証言】
‣【モノクマの映画】
‣【割れたガラス窓】


果穂「花びんの中に氷を入れておけば」

果穂「時間がたって勝手に割れちゃう」

果穂「それなら確かに、病室にいなくても音を鳴らすことはできるかもしれません!」

果穂「でも、ルカさんのすい理にはち命的なムジュンがあります!」

果穂「このムジュンがある限り、ルカさんのすい理は成立しません!」

◆◇◆◇◆◇◆◇

【発展!】

ルカ「ガキがいっちょ前に生意気な口叩きやがって……!」

ルカ「私の推理に矛盾がある? それなら指摘してみやがれ!」

◆◇◆◇◆◇◆◇

果穂「ルカさんのすい理だと、事件の前にすでに窓は割れてたんですよね!」

果穂「でも、窓を割った時の音はどうするんですか?!」

果穂「窓を割ると【すっごくすっごく大きな音が鳴ります】!」

果穂「でも、そんなに大きな音を事件の前に誰か聞きましたか!?」

果穂「事件の前に割ってたなら、ぜったいに聞いていた人がいるはずです!」

果穂「花びんはきっと、【事件が起きた時に窓が割れるのと同時に割れた】んじゃないでしょうか!?」


【矛盾する発言を正しいコトノハでコンマ50以上で論破しろ!】


1.発言する(コトダマと撃ち込む先の発言を併せて指定安価)
2.集中力を使う(コトダマの数が減る)
3.アイテムを使用する
【プロデュース手帳】×1

↓1


827: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/03/17(木) 22:35:01.64 ID:IZqyH9nl0

【すっごくすっごく大きな音が鳴ります】→【ガムテープ】


828: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 22:36:22.42 ID:ztf/P3ZF0


ルカ「その矛盾、斬らせてもらうぞ!」BREAK!

【BREAK!】

ルカ「ガラスの窓は割れると必ずでけぇ音が鳴る、ガキにしては鋭い着眼点じゃねえか」

果穂「はい……だから、事件の前に割れていたならその音を聞いた人が一人はいるはずで……」

ルカ「だけどよ、ガラスが割れた時にどうして音が鳴るのか知ってるか?」

あさひ「確か、ガラスが【割れる】音自体は大したことないんっすよね。割れた後に破片同士がぶつかるから大きな音になるって前図書館で読んだっす」

冬優子「あんた余計な知識ばっか身に着けるわね……」

透「ドラマでもあるよね。バーナーで窓溶かして割るみたいな。あれもめっちゃ静か」

雛菜「そっか~、一部を溶かしてるんだから破片がぶつかることもないもんね~」

ルカ「その通りだ。ガラスを割ったとしても、その破片同士がぶつかり合うことさえ防げば大した音にはならねえ」

ルカ「しかもそれって、簡単に防げちまうんだ。要は割れた後に破片が宙を舞うより先にキャッチするものがあればいいんだからな」

あさひ「あ、もしかして茂みに丸めてあったガムテープっすか?」

ルカ「ああ、ガラスを割る前に一面にガムテープを張っておいて、その状態で割ればいい。多少の音はなるかもしれねえが、ガムテープの粘着性に囚われた破片はぶつかって音を立てるようなこともねえ。リスクは回避できるはずだぜ」


829: セリフ直後のBREAK!は論破!の間違いです ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 22:37:29.66 ID:ztf/P3ZF0


果穂「そ、そんな……! で、でもあたし……そんなの知りませんでした!」

夏葉「そ、そうよ! そんな込み入った話、果穂はまだ知らないわ!」

ルカ「この中学生でも図書館の本で簡単に知れることだ、そんな弱い理由で否定はさせられないぜ」

智代子「ううっ……! そ、そんな……!」

果穂「夏葉さん……ちょこ先輩……あたし、あたし……本当に、やってないのに……」

(クソ……小学生を問い詰めるのは流石にこっちもしんどいもんがあるが……)

(証拠と証拠が線で繋がり始めた……方向性は間違ってないはずだ、この推理も正しい……!)

夏葉「ルカ、あなたの推理は確かに成立しうるだけの妥当性のあるものかもしれない……だけれど、証拠が全くと言っていいほどないわ」

ルカ「あ……?」

智代子「な、夏葉ちゃん……」


830: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 22:38:32.85 ID:ztf/P3ZF0


夏葉「私たちはここを退くわけにはいかないの。果穂は私たちにとっての希望、心の支え、そして生きる理由と言っても過言ではない」

夏葉「推測の域を出ない話で糾弾されるほど不愉快なことはないわ」

ルカ「てめェ……やっぱり一歩も譲る気はねえんだな」

夏葉「当たり前よ、今も私のはらわたは煮えくり返っているもの」

夏葉「果穂がそんなトリックを仕掛けた根拠なんてどこにも残っていない……そんなの、ただのいいがかりなのよ!」

(結局こうなるか……こいつらを黙らせるには、証拠を提示するほかない)

(でも、そんな証拠があったならもっと早くに提示している……)


(……いや、待て……今証拠がないなら……今から見つけ出せばいい)


(今私たちが議論してきた中に、犯人に繋がる証拠が隠れている可能性はないか……?)


(考えろ、考えるんだ……あと一歩のところまで、見えているんだ……!)


831: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 22:39:40.01 ID:ztf/P3ZF0

-------------------------------------------------

【ロジカルダイブ開始!】

Q1.事件当時ルカたちが聞いた音は何が割れる音?
A.ガラスの窓 B.花瓶


Q2.ガラスの窓はいつ割られた?
A.事件が起きる前 B.ルカたちが音を聞いたとき


Q3.死体発見時、窓の破片はどうなっていた?
A.ガムテープにくっついていた B.そのまま散らばっていた C.片付けられていた


【正しい道筋を選んで推理を組み立てろ!】

↓1


832: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/03/17(木) 22:45:13.19 ID:62+2afsJ0

bab


833: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 22:47:41.49 ID:ztf/P3ZF0


【BAB】

ルカ「推理はつながった!」

【COMPLETE!】

(そうだ……音を消して窓を割るためにガムテープを使ったはずだが……そのガムテープは茂みに丸めて捨てられていた)

(そうなると……犯人は窓を割った後に破片をガムテープから剥がす作業を行ったはずだ)

(そんなの……素手でやったんなら、まともにできるはずがない……)

(見えて来たぞ……犯人に繋がる証拠ってやつが……!)


夏葉「ルカ、覚悟はいいかしら」


夏葉「あなたの告発、私としては到底許すことができないの。この命に代えても……私は果穂を守って見せる」


夏葉「証拠もない言いがかりをつけたこと、一生後悔してもらうわよ!」



834: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 22:48:32.93 ID:ztf/P3ZF0

-------------------------------------------------

【パニックトークアクション開始!】


夏葉「詭弁が過ぎるわよ」【防御力40】
夏葉「鍛え方が足りないんじゃないかしら」【防御力45】
夏葉「果穂は私が守る」 【防御力50】
夏葉「私が守護らなければ……」 【防御力55】
夏葉「控えなさい!」【防御力60】


【盾の防御力をコンマで削り切れ!】


↓1~5


835: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/03/17(木) 22:49:09.64 ID:cV9ugKFp0



836: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/03/17(木) 22:49:32.09 ID:NgVTPzJe0



837: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/03/17(木) 22:49:56.62 ID:62+2afsJ0

うおー


838: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/03/17(木) 22:50:06.00 ID:cV9ugKFp0



839: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/03/17(木) 22:50:07.02 ID:xqR92Qau0



841: 00は100換算です ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 22:53:57.19 ID:ztf/P3ZF0

発言力:♡×3→♡×2

(チッ……想いの力は強い、ってか……!?)

(あと少し、崩しきるぞ……!)

-------------------------------------------------

【パニックトークアクション開始!】


夏葉「詭弁が過ぎるわよ」【BREAK!】
夏葉「鍛え方が足りないんじゃないかしら」【残り防御力36】
夏葉「果穂は私が守る」 【BREAK!】
夏葉「私が守護らなければ……」 【BREAK!】
夏葉「控えなさい!」【残り防御力58】


【盾の防御力をコンマで削り切れ!】


↓1~2


842: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/03/17(木) 22:55:25.70 ID:IZqyH9nl0

ててやーん


843: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/03/17(木) 22:56:03.32 ID:cV9ugKFp0

おら


844: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 22:58:09.53 ID:ztf/P3ZF0


発言力:♡×2→♡×1

(こいつ……まだ粘るか……!)

(いいぜ、どこまでも付き合ってやるよ……それが真実への最短経路だ……!)

-------------------------------------------------

【パニックトークアクション開始!】


夏葉「詭弁が過ぎるわよ」【BREAK!】
夏葉「鍛え方が足りないんじゃないかしら」【BREAK!】
夏葉「果穂は私が守る」 【BREAK!】
夏葉「私が守護らなければ……」 【BREAK!】
夏葉「控えなさい!」【残り防御力26】


【盾の防御力をコンマで削り切れ!】


↓1


845: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/03/17(木) 22:59:11.80 ID:cV9ugKFp0



846: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 23:00:07.19 ID:ztf/P3ZF0

-------------------------------------------------

【ALL BREAK!】

ルカ「証拠が欲しいならくれてやる!」


【夏葉「証拠もナシに告発するなんて許せないわ!」】


ひらの/傷/手の/切り


【正しい順番に並び替えて、コンマ値60以上でとどめをさせ!】

↓1


847: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/03/17(木) 23:01:05.27 ID:62+2afsJ0

手のひらの切り傷


849: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 23:03:53.80 ID:ztf/P3ZF0


【コンマ判定27】

【発言力がゼロになりました】

【クリア後報酬が半減しました】

【コンテニューを行うため発言力が最大まで回復します】


夏葉「そんな太刀筋で私を切れると思っているなら筋違いね」

夏葉「もっと全力でぶつかって来なさい、ルカ!」


【夏葉「証拠もナシに告発するなんて許せないわ!」】


ひらの/傷/手の/切り


【正しい順番に並び替えて、コンマ値60以上でとどめをさせ!】

↓1


850: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/03/17(木) 23:04:28.81 ID:cV9ugKFp0

手のひらの切り傷


851: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 23:05:49.09 ID:ztf/P3ZF0


ルカ「これで終わりだ!」

【BREAK!】

ルカ「これまでの推理をたどると……犯人は事前に病室の窓を割っていたことになる。音をたてないように、事前にガムテープを窓一面に張り付けてからな」

ルカ「だけどよ、そんな状態で窓を割ると当然そのガムテープに破片が付着しちまうわな」

美琴「うん……でも、それは犯人の狙い通り……ガムテープにくっつかないと音が鳴っちゃうから」

ルカ「でも、そんな状態の破片が現場に残っていたらどうだ?」

恋鐘「ん~? ルカは今この瞬間に事件が起きたと思って現場に駆け付けたとやろ~? そいで窓の方に寄って、犯人の逃げた先ば見よって……」

恋鐘「そこにガムテープについたガラスの破片が落ちとる……」

冬優子「……相当に怪しむわね。窓を割って逃走するような犯人が、わざわざガムテープを張り付けた意味をその場で考えるはずよ」

ルカ「そうなんだ、連続殺人がその場で起こったと思わせるにはガムテープについた破片なんてのはノイズ以外の何物でもない」

ルカ「それこそ音が鳴らないようにガムテープを貼るという手段を知っていた場合には最悪だ。今の何かが割れた音は、もしかして窓じゃないんじゃないかというところまで行きつかれる可能性がある」

透「その瞬間に計画がおじゃんになるかもだ」

雛菜「でも、現場のガラスの破片って……ガムテープにくっついてなかったよね~?」

夏葉「……まさか」

ルカ「ああ、犯人が剥がしたんだろうな。一つ一つ、丁寧に」

果穂「……は、はがした」


852: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 23:06:49.28 ID:ztf/P3ZF0


ルカ「まあ全部が全部剥がさずとも、回収して処分するって言う方法もある。ただ、『病室の中から外へ逃げた犯人』を演出するには病室の外に散らばった破片は不可欠、それなりの数はばらまく必要があった」

ルカ「だけど、ガムテープにくっついたガラスの破片を剥がすなんてそう簡単なことじゃない。力の入れ方もそうだが……何より、ガラスの破片は鋭利なものだからな」

あさひ「下手に剥がそうとしたら、手が切れちゃうっす」

ルカ「ああ、軍手なんかをつけたのかもしれねえが、それでも傷を防ぐことは難しいと思うぜ。なんせあの数だからな」

ルカ「なあ、小学生……お前、その手のひらを見せちゃくれねえか」

果穂「……あ、あたしの……手のひら……」

夏葉「ダメよ果穂、そんなものに応じる必要はないわ!」

ルカ「何を焦ってんだよ、簡単な話じゃねえか。今ここで手のひらを開いて、小学生の若さゆえのぴちぴちの皺ひとつない手のひらを見せれば全部解決する話だ」

果穂「あ、あた……あたし……は……」

智代子「果穂……ダメ……ダメだよ……そんな……そんな……!」

ルカ「開けてみろよ! 今ここで!」

ルカ「それでてめェが無実かどうか、はっきりするってんだ!」


853: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 23:07:43.37 ID:ztf/P3ZF0



果穂「……」

果穂「…………」

果穂「……………………」

果穂「………………………………フフッ」



(……あ?)







果穂?「フフッ、フハッ、ハーーーーーーーーーーッハッハッハッ! さすが、さすがだな、ジャスティス戦士たち!」


果穂?「よもやここまで私を追いつめるとは思わなかったぞ! 流石はジャスティスの名をかんする者だな!」


ルカ「……は?」


854: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 23:09:45.09 ID:ztf/P3ZF0


果穂?「クククッ、ジャスティスの名を冠する者はこうでなくてはな! それでこそ私もたたかいがいがあるというものだ!」

夏葉「か、果穂……? どうしたの、落ち着きなさい……?」

果穂?「ジャスティスグリーン、キミはよくやってくれた……我が裏・ジャスティス計画に大いにこうけんしてくれたよ」

ルカ「と、突然何を言い出したんだ……? こ、こいつ頭おかしくなっちまったのか……?」



果穂?「それはごあいさつだな、私は魔界暗黒大王様が配下の一柱……【ジャスティスブラック】だぞ」



モノクマ「出たァ~~~~~~~~~! ジャスティスブラックがついに登場だ~~~~~~~~!!」


モノミ「な、何が起きてるんでちゅか……?! 小宮さんに、あんた、何をしたんでちゅか!?」

果穂?「かつて私はキミたちととともにジャスティスの名のもとに正義を追い求めた……だが、いく多のたたかいの中でせつなのきょう気に身をひたすよろこびを知った」

果穂?「キミたちジャスティスファイブのライバルが、私……ジャスティスブラックではないか!」


突然饒舌にまくしたて始めた小宮果穂のその様子は、私がこの島で見てきた姿とは180度逆と言ってもいいものだった。
活発な笑顔、溌溂とした様子はそのまま裏返り、どす黒い何かが滲み出るような光を失った瞳、
そして彼女のエネルギッシュなパワーはそのままその暗黒面に堕ちたようで、口から発する言葉一つ一つに妙な重みを帯びていた。
聞いているだけで、私たちの心に闇を落としていくような、そんな不気味な迫力だ。
動揺するばかりの私たちを気に留めることもなく、小宮果穂は続けた。


855: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 23:10:40.81 ID:ztf/P3ZF0


果穂?「ククッ、今回は私の勝ちのようだな。ジャスティスピンクにジャスティススカイブルーは私の手でほうむってやった!」

果穂?「残るジャスティス戦士は9人か……クククッ、魔王様がこの世をすべるまで、あと少しといったところか!」

ルカ「ま、待てよ……今のって、【自白】か……?」

夏葉「そ、そんな……嘘よ、嘘よね、果穂!?」

智代子「二人を葬っただなんて……違う、違うんだよね?!」

果穂?「私もかつてはジャスティスの名をかんしたもの……だが、今この身に流れるのは魔王様へのちゅう義心のみ。魔王軍とジャスティス戦士が相対した時、何が起きるかはわかりきっているだろう」


つらつらと荒唐無稽な自白を彼女はつづけた。
そこに並べたてられている動機のようなものは、まるで小児向けアニメのシナリオのようでまるで現実味がない。
そんなフィクションに塗れた動機を堂々と語るその姿が、異様なものに映った。
それもそのはず。こいつは、本気でそれを主張している。
自分の口から出てくるその言葉に何の疑問も持っていない。
この現実と地続きのものとして、実効力のあるものとして信じ切っているのである。


856: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 23:11:38.02 ID:ztf/P3ZF0


果穂?「二人はなかなか手ごわかった……だが、この魔王軍のさんぼうとしての頭のうをフルか働させればすきを突くことなどぞう作もない!」

果穂?「ジャスティスピンクには味方だとしんじこませて窓から部屋にあがりこみ、後ろを向いているうちにジャスティン・ダーク・ソードでげきは!」

果穂?「ジャスティススカイブルーは部屋をたずね、出てきたところを連れ出して……薬をのませてやった」

果穂?「そしてねむっているうちにジャスティン・ダーク・フォールでノックアウト」

果穂?「全部キミのすい理通りだよ、ジャスティスディープブラック」

ルカ「それ、私の事か……?」

モノミ「あ、あわわ……小宮さんにいったい何が……あれじゃ、ヒーローごっこの悪役みたいでちゅ……」

(……あ?)

(ヒーローごっこの……悪役……?)

果穂?「ハーーッハッハッハッ! ゆかいゆかい、たたかいは楽しいなあ、ジャスティス戦士よ!」

智代子「か、果穂はどうしちゃったの……果穂が何言ってるのか、全然わかんないよ……」

雛菜「まるで別人ですね~……?」

(……間違いない、小宮果穂……こいつは……)


857: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 23:12:26.64 ID:ztf/P3ZF0






ルカ「絶望病に、感染してやがる……」





858: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 23:14:23.99 ID:ztf/P3ZF0

◆◇◆◇◆◇◆◇


____それは突然の事だった。


夜の定期通信も終えて、あさひの相手もし終えて、やっと迎えた落ち着ける時間。
シャワーを浴びて美容ケアをして、やっとの思いでベッドに辿り着く。
コテージのベッドより少しだけ固めのマットレスは、よく体が弾んだ。
一体どうしたことだろうか。
知らず知らずのうちに変な島に送り込まれただけでなく、そこから仲間内でのコロシアイを要求され、果てには未知の病の感染拡大と来た。
流石のふゆでもメンタルに来るものがある。

「……はぁぁぁぁぁ」

色んなものをため込んで重たくなった肺の空気をゆっくりと吐き出して、それからようやく寝床に着く。
明日になったらまた定期通信を行って、あさひの面倒を見て、食事を用意して……その繰り返し。
繰り返しで終わればいいが、それこそふゆたちだって病魔に侵されないとは限らない。
先が見えないどころか、先に待つ闇がこちらへこちらへと手を伸ばしてきているような、そんな薄気味悪い感覚を覚えながら、必死に瞼を下ろした。
この島に来てからというものの、まともに朝まで寝れた覚えがない。
寝ていてもその途中でふと目を覚まし、閉塞感のようなものを感じて身を捩る。
モーテルに来てからも、それは同じだった。



でも、今晩ふゆの目を覚まさせたのはもっと別の物だった。



859: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 23:15:33.21 ID:ztf/P3ZF0




ガチャ! ガチャガチャガチャ! ガチャ……ガチャガチャガチャ!



「……は? 何?」

深夜に部屋に響く荒々しい音。その音の鳴る方を見ると、部屋の入口。
そのドアノブが何者かによって何度も何度も動かされているのが目に入った。
来客だろうか、いやそんなはずはない。
普通の客ならインターホンを鳴らすはずだし、そもそも今はこんな深夜の時間帯。
まともな神経をしていれば訪問なんてしてこない。

「……ひっ」

思わずその場にへたり込んだ。
この部屋のドアにはのぞき窓もない。
何者かの突然の訪問に慄いてその顛末を見届ける以外のことは出来るはずもなかった。


860: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 23:16:57.26 ID:ztf/P3ZF0


数十秒ほどドアの向こうの主はドアが開けないか試したかと思うと、ドアノブを捻る手はぱたりと止まった。
もうあきらめていったのだろうか、そう思っても心臓がずっとバクバクとうるさい。
この島に来て、ふゆたちに課せられた命題がずっと頭に浮かんでいた。

『誰かを殺してこの島を出ろ』

もしかして、ふゆを標的にした誰かが……?
そんな不吉な考えがずっと拭えず、数十分間体勢を崩すことも忘れて浅い呼吸をしていた。

しばらくして、ある程度冷静になった時に気づいた。
もしかして、犯人はふゆを狙い撃ちにしたのではなく、モーテルに住んでいる人間を無差別に狙っているのではないか。
ふゆの部屋はしっかりと戸締りをしていたからすぐに諦めたけど、他の部屋はどうかわからない。
特にあさひなんかは、そこらへんもルーズそうだ。

ふゆは慌てて立ち上がり、ドアノブを握った。



……でも、すぐには動けなかった。
もし、犯人がドアの前でふゆのことを待っていたら?
そんな不意打ちに会えばひとたまりもない。
でも、こうしている間にも他の部屋で誰かが襲われていたら?
モーテルにはまだ高校生にもならない幼い子が二人もいる、彼女たちはふゆなんかよりよっぽど危険な立場だ。

でも……でも……

そんな逡巡をどれだけしたのかはわからないが、『すぐに』扉を開けることはできず、いくらかの時間を要した。


861: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 23:18:20.75 ID:ztf/P3ZF0


扉を開けてみても、人気はない。薄明りに照らされる闇をじっくり目を凝らしてみても、何も動く者はない。
ひとまず、この場は大丈夫のようだ。

まずインターホンを鳴らしたのはあさひの部屋。
こいつのことだから、そう簡単にくたばりはしないだろうけど、一応不安は不安だ。

しかし、しばらく待ってみても応答がない。
寝ているのだろうか? いや、それにしてもまるで気配を感じない。
主を失った部屋の特有の冷たさがドアの下からふゆの足首を掴んだ。

「……結華、果穂ちゃん!」

慌てて後の二つの部屋のインターホンも鳴らした。
違う、そんなの、絶対に違う。
ふゆの脳裏をよぎった考えを否定してくれる人を求めて、とにかく必死だった。
深夜の突然の訪問に腹を立てるぐらいでいい、ふゆに安心できる日常をよこしてほしい。
ボタンを押す指は震えてすらいた。

ガチャ…

顔を上げると、モーテルの扉の一つが開いていた。
ふゆがインターホンを鳴らした部屋の一つ……それは果穂ちゃんの部屋だった。


862: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 23:19:54.00 ID:ztf/P3ZF0


「ふ、ふゆさん……ですか……?」
「か、果穂ちゃん!」

飛びつくようにしてふゆは果穂ちゃんの部屋に押し入った。

「だ、大丈夫!? なにもされてない!?」

肩を掴んでガクガクと揺さぶる。
ふゆと同じ背丈のその体は、小刻みに震えていた。
ふゆの視界の中で、そのくりんとした瞳が潤んでいく。
彼女もまた、恐怖に打ち震えていたのだ。

「ふゆさん……ふゆさん……さっき、あたしの部屋を……誰かが!」

果穂ちゃんの話はふゆの体験とそっくりそのまま同じだった。
ベッドで眠っていたところ、突然部屋にドアノブを捻る音が響き、それが数十秒続いた。
何もかが自分の命を狙っていると思い、そこから動けなかったという。

「こわかったよね……果穂ちゃん」
「ふゆさん……あれは、なんだったんですか……?」
「ふゆにもわからない……でも、果穂ちゃんが無事でよかった」

しかし、やはりふゆの不吉な考えは当たっていたようだ。
犯人はふゆだけでなく、モーテルの人間を一通り訪問している。
そうなると、あさひと結華の下でも同じことがきっと起きているはずだ。


863: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 23:20:46.43 ID:ztf/P3ZF0


「あさひさんと結華さんは……だいじょうぶなんですか?」
「……わからない。さっきもインターホンを鳴らしたけどまるで応答がないの」
「そ、そんな……!」

こんな深夜に行方をくらますなんてただ事ではない。
もしかして、犯人に部屋から連れ出されているのかもしれない。
だとすれば、事が起きる前にどうにか二人を見つけ出さないと……そう考えに至るまで時間はかからず、ふゆはすぐに立ち上がった。
果穂ちゃんという存在を前にして、年上ゆえの自負が蘇ったのかもしれない。
さっきまで不安と恐怖で震えていた手は、怒りと焦燥の震えに変わっていた。

「あ、まってください! ふゆさん!」
「果穂ちゃん……?」
「やみくもにさがしてもダメだと思います……病院の人に、協力してもらいませんか!?」

確かにそれはそうだ。
そもそも、この島にいるのはモーテルと病院に泊まっている人間ですべて。
なら、あの犯人もその中にいる。
ともすれば、病院側の協力を得られれば二人を見つけ出し、救い出すこともできるかもしれない。
ふゆは焦るばかりでそんな単純なこともすっかり忘れてしまっていた。

「わかった、果穂ちゃんも一緒に来てくれる? ここに一人でいたら危ないから」
「は、はいっ! おねがいします!」

ここに一人で置いておくわけにはいかない。
ふゆは果穂ちゃんの震えるその手をとって、ライブハウスに向けて走り出した。


864: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 23:22:34.31 ID:ztf/P3ZF0




……でも、この時に気づいておけばよかったのかもしれない。






深夜の来訪者に対して、怯えていたその手は……なんだか妙に【熱かった】。






865: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 23:23:38.53 ID:ztf/P3ZF0

◆◇◆◇◆◇◆◇


モノクマ「月岡さんの【標準語病】、有栖川さんの【ぐうたら病】、和泉さんの【お嬢様病】、市川さんの【ネガティブ病】」

モノクマ「そして」

モノクマ「小宮さんの【悪の怪人病】……これが絶望病パンデミックの全貌だったんだよ!」

ルカ「悪の怪人だぁ……?」

智代子「元々はジャスティスファイブの仲間だった、12人目のジャスティス戦士『ジャスティスブラック』。戦いの途中で悪の組織の思想に感化され、敵となって再登場する」

智代子「果穂はその怪人にきっとなりきってるんだと思う……」

冬優子「ちょ、ちょっと待ちなさいよ……それじゃ、あいつは……自分を悪の怪人だと思い込んで、二人を殺したっていうわけ……?」

冬優子「そんなの、そんなの……どうしろって言うのよ……あいつらの仇は、あんな異常者だって言うの……?!」


『異常者』、そんな言葉をあの小学生を形容するために使う日が来るなんて思いもしなかった。
だが、今のあいつはどこから見ようが理解できない存在だ。
物語の中の存在だと自分自身のことを錯覚し、そのキャラクターの行動原理に従って他人をその手にかける。
あいつはもう、私たちの知る『小宮果穂』なんかじゃない。


866: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 23:24:44.97 ID:ztf/P3ZF0


夏葉「果穂……あなた、誰よりも輝く、誰よりも強くて優しい……そんなヒーローになるんじゃなかったの……?!」

果穂?「フフッ……私はもうジャスティスの道には戻らない……この命、この身はすべて悪にささげるのだ!」

ルカ「……もういい」

ルカ「てめェが犯人だってのはもうイヤになるほど、全員が理解した。お前に投票して、全部おしまいだ」

果穂?「……おしまい?」

果穂?「何を言っているんだ、ジャスティスディープブラック」

果穂?「さてはキミはヒーローアニメを見てこなかったんだな? どんなヒーローアニメでも守られるおやくそくをしらないのかな?」

ルカ「お約束、だと……?」

果穂?「てきが第二形たいになってから、たたかいは本番なのだーーーーーっ!!」




【果穂?「負けないぞ、ジャスティスファイブ!」】反論!





867: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 23:26:31.89 ID:ztf/P3ZF0


ルカ「なっ……てめェ、なんのつもりだよ!?」

果穂?「ハーーーーーーーーーーッハッハッハッ! 言った通りだよ、たたかいはここからが本番だ。キミにも付き合ってもらうぞ!」

ルカ「バカ言ってんじゃねー……てめェは自白もしてる、証拠もある。これ以上何の議論が必要だってんだ!」

果穂?「まさかキミはあのすい理で本当にあっていると思っているのか?」

ルカ「はぁ……? お前も認めたじゃねーか」

果穂?「笑止、笑止、笑止! キミのすい理ははじめっから大間ちがいなのだ!」

ルカ「んだと……!?」

果穂?「さあ、正義と悪……どちらか強いのか勝負だ!」

(こいつの言ってることは支離滅裂でもう滅茶苦茶だ……)

(こうなったら、なんとかしてねじ伏せて黙らせる……!)

-------------------------------------------------
【反論ショーダウン開始!】

発言力:♡×5
集中力:☆×4

コトノハ
‣【果穂の証言】
‣【智代子の証言】
‣【絶望病】
‣【結華のメガネ】
‣【モノクマの映画】


果穂?「なかなかやるじゃないか、ジャスティスファイブ!」

果穂?「まさか私に変身をさせるまで追いつめるとはな……」

果穂?「だが甘い! 悪はこんなことではほろばない!」

果穂?「ピンチの時ほどヒーローはつよくなる……」

果穂?「かつて私に流れていたジャスティスの波動が私をこの局面でさらにつよくする!」

果穂?「さあ、キミたちに倒せるかな?!」

◆◇◆◇◆◇◆◇

【発展!】

ルカ「さっきから何を言ってやがる……」

ルカ「お前が二人を殺した犯人なんだろ……!?」

◆◇◆◇◆◇◆◇

果穂?「ざんねんだが、私に二人はころせない」

果穂?「ドローンのそんざいを確かに私は知っていた」

果穂?「だけど、そのドローンをどうやって使うというんだ?」

果穂?「ドローンはジャスティスグリーンが回しゅうしていたはずだ」

果穂?「彼女の部屋にドローンがあるかぎり、【私につかうことはできない】!」

果穂?「ハーーーーーーーーーーッハッハッハッ!」


【矛盾する発言を正しいコトノハでコンマ50以上で論破しろ!】


1.発言する(コトノハと斬りつける先の発言を併せて指定安価)
2.集中力を使う(コトノハの数が減る)
3.アイテムを使う
【プロデュース手帳】×1

↓1


868: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/03/17(木) 23:29:01.52 ID:IZqyH9nl0

【私につかうことはできない】→【絶望病】


869: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 23:31:00.73 ID:ztf/P3ZF0


ルカ「その矛盾、斬らせてもらう!」論破!

【BREAK!】

ルカ「ドローンを回収したのは小金持ち。確かにドローンはアイツの部屋に収納されているはずだ」

ルカ「だけど、てめェがそれを使うのには、なんの支障もなかったと思うぞ」

果穂?「クックックッ、なかなか言うじゃないか」

果穂?「じゃあ聞こうか、いったいわたしがどうやって彼女の部屋のドローンを使うというんだい?」

ルカ「どうするもこうするもねえ、ただ部屋から盗み出せばいいだけの話だ」

雛菜「え~~~~!? 盗み出すって、そんなにコテージのセキュリティってザルなの~~~~~!?」

モノクマ「もう、失礼しちゃうな! コテージの扉の鍵はそれぞれに配った鍵とボク以外では開け閉めできない仕様だよ! ピッキング防止加工までしてるんだから、盗みに入るなんて不可能だよ!」

あさひ「じゃあ鍵さえあれば、部屋に入れるんっすね!」

夏葉「……鍵、ですって」


夏葉「……」



夏葉「……な、ないわ……私の部屋の鍵が、どこにもないわ!」


870: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 23:32:11.44 ID:ztf/P3ZF0


ルカ「こいつをはじめとした入院患者は入院中ずっと病人用の服を着ていた。今この場で来ている服とは別だな」

ルカ「つまりその段階で持っていた所持品は、本人とは離れた場所での管理になる。確か病室の入り口あたりの籠に入れてたんだっけか?」

冬優子「確かに……監視の目も緩んだ位置にあったかもしれない」

ルカ「別にそこから抜き出さなくとも……もっと早い段階なら怪しまれる心配もなく抜き取ることができただろうけどな、多分こっちのタイミングで抜き取ったんだろ」

智代子「もしかしてそれって、夏葉ちゃんたちが病院に搬送されるタイミング……?!」

ルカ「こいつがその時にもう絶望病にかかっていたんだとしたら、あのすべての始まりの朝……レストランで盗みを働いていた可能性は高いな」

夏葉「果穂……あなた……」

果穂?「クククッ……やるじゃないかジャスティスディープブラック」



果穂?「ジャスティスグリーンの部屋の鍵はこれだよ」



夏葉「……そ、そん……な……」

果穂?「あのときはジャスティスファイブもみんなあせっていたようだからね、すきをつくことはかん単だったよ」


871: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 23:33:17.73 ID:ztf/P3ZF0


智代子「か、果穂……あの時、すごく真剣に夏葉ちゃんを介抱してたよね……? その時から……ずっと、こんなことを考えてたの……?」

果穂?「……」

果穂?「ククククッ、どうだ、私のさくりゃくも見事なものだろう!」

美琴「……この子、悪びれる様子もないね」

冬優子「マジでどうなってんのよ……!」

ルカ「まあいい、これでますますお前への疑いは揺るがぬものとなった……もうこれ以上文句はないな?」

果穂?「文句……だと?」

果穂?「ハーーーーーーーーーーッハッハッハッ! 文句はないが……勝利せん言ならさせてもらおうか!」

ルカ「こ、この期に及んで諦めねえのか……?」

智代子「もう……やめてよ……誰の目に見ても、果穂が犯人なのは明らかなんだよ……?」

智代子「これ以上、もう……滅茶苦茶なことしないでよ……!」

果穂?「そんなことで私に勝てると思うなよ、ジャスティスファイブ!」

果穂?「光ある所にかならず影がある! キミたちがいるかぎり、悪は栄えつづけるのだーーーーーーーっ!!!」




【果穂?「受けてみろ! ジャスティン・ダーク・ソード!」】反論!





872: これが最後の安価です ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 23:35:12.00 ID:ztf/P3ZF0


果穂?「たのしい……たのしいな、ジャスティスファイブ!」

果穂?「ひさしぶりだ……こんなに全力でたたかったのは!」

ルカ「お前……マジでいい加減にしろよ、どこまで往生際が悪いんだよ」

果穂?「ハハハハッ! おうじょうぎわが悪いのもこれまた悪の美学!」

果穂?「最後の最後まで、私は戦い抜く! 覚ごしろ!」

(……付き合いきれねえな)

(……終わらせてやる、ここで……この裁判のすべてを!)

-------------------------------------------------

【反論ショーダウン開始!】

発言力:♡×5
集中力:☆×4.5

コトノハ
‣【モノクマファイル3】
‣【冬優子の証言】
‣【ガムテープ】
‣【窓ガラスの破片】
‣【青い繊維】


果穂?「私はまだあきらめないさ……この命、この身のすべては悪のはんえいのため!」

果穂?「ジャスティスファイブは宿てき、ここで私がたおさなくてはならない」

果穂?「クククッ、戦いのよろこびできずがうずくな……」

果穂?「目を見開いてみるがいい……これこそが私の手にきざまれた、たたかいの古きずだ!」

果穂?「このきずのうずきを、戦いのゆえつで満たしてくれよ……ジャスティスファイブ!」

◆◇◆◇◆◇◆◇

【発展!】

ルカ「お前……その手のひらの切り傷……!?」

ルカ「どう考えても……窓ガラスの破片をガムテープから引っぺがすときのやつだろ……!?」

ルカ「お前……何がしたいんだよ……!」

◆◇◆◇◆◇◆◇

果穂?「クククッ、何をかんちがいしているのか知らないが……」

果穂?「このきずは事件とは無関係だ」

果穂?「事件が起きる【ずっとずっと前からあったきず】でね」

果穂?「たまたま手のひらにできていただけの切りきずなんだよ」

果穂?「これだけでクロだなんて、みとめられない!」

果穂?「私の勝ちだ、ジャスティスファイブ!」


【矛盾する発言を正しいコトノハでコンマ60以上で論破しろ!】


1.発言する(コトノハと斬りつける先の発言を併せて指定安価)
2.集中力を使う(コトノハの数が減る)
3.アイテムを使う
【プロデュース手帳】×1

↓1


873: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/03/17(木) 23:36:23.29 ID:cV9ugKFp0

ずっとずっと前からあったきず→冬優子の証言


874: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 23:38:43.37 ID:ztf/P3ZF0


【コンマ判定 29】

発言力:♡×5→♡×4

果穂?「ハハハハッ! そうだ、その調子だ!」

果穂?「もっと私を楽しませてくれよ! 地ごくの底まで、たたかいつづけようじゃないか!」

(クソッ……切れ味が足りねえか……!)

(一息に終わらせてやる……!)

-------------------------------------------------

【反論ショーダウン開始!】

発言力:♡×4
集中力:☆×4.5

コトノハ
‣【モノクマファイル3】
‣【冬優子の証言】
‣【ガムテープ】
‣【窓ガラスの破片】
‣【青い繊維】


果穂?「私はまだあきらめないさ……この命、この身のすべては悪のはんえいのため!」

果穂?「ジャスティスファイブは宿てき、ここで私がたおさなくてはならない」

果穂?「クククッ、戦いのよろこびできずがうずくな……」

果穂?「目を見開いてみるがいい……これこそが私の手にきざまれた、たたかいの古きずだ!」

果穂?「このきずのうずきを、戦いのゆえつで満たしてくれよ……ジャスティスファイブ!」

◆◇◆◇◆◇◆◇

【発展!】

ルカ「お前……その手のひらの切り傷……!?」

ルカ「どう考えても……窓ガラスの破片をガムテープから引っぺがすときのやつだろ……!?」

ルカ「お前……何がしたいんだよ……!」

◆◇◆◇◆◇◆◇

果穂?「クククッ、何をかんちがいしているのか知らないが……」

果穂?「このきずは事件とは無関係だ」

果穂?「事件が起きる【ずっとずっと前からあったきず】でね」

果穂?「たまたま手のひらにできていただけの切りきずなんだよ」

果穂?「これだけでクロだなんて、みとめられない!」

果穂?「私の勝ちだ、ジャスティスファイブ!」


【矛盾する発言を正しいコトノハでコンマ60以上で論破しろ!】


1.発言する(コトノハと斬りつける先の発言を併せて指定安価)
2.集中力を使う(コトノハの数が減る)
3.アイテムを使う
【プロデュース手帳】×1

↓1


875: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2022/03/17(木) 23:39:54.07 ID:IZqyH9nl0

3


877: お疲れさまでした! ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 23:42:43.46 ID:ztf/P3ZF0


【プロデュース手帳を使用しました】

【彼がアイドルたちと紡いできた日々が蘇る……】

【過去の記憶は裏切らない、確かな思い出の数々が行くべき道を指し示してくれた……!】

-------------------------------------------------

ルカ「いい加減終わりにするぞ!」論破!

【BREAK!】

ルカ「もう……諦めてくれ、もう戦いにもなっちゃいねえんだ……」

ルカ「お前のその手のひらの傷が事件よりももっと前からついていた、そんな主張は通らねえんだよ……」

果穂?「……なんだって?」

ルカ「お前は昨夜の定期通信の方にはいなかったから、私たちがこのことを知ってるとは思わなかったか? モーテル組は昨日、昼間は海に行って水遊びをしたらしいじゃねーか」

冬優子「……! そうね、あさひにせがまれて……結華と果穂ちゃんも一緒に行ったわ」

ルカ「そんな大層な切り傷を拵えて海になんか行ったらどうなるか、ガキの頭でも理解できんだろ」

恋鐘「傷口に文字通り塩を塗り込むようなもんばい……想像を絶する痛みを味わうことになるとよ!」

美琴「我慢したところで周りの人が気付きそうだもんね、そんな傷」

ルカ「お前がその水遊びを平気な顔してやりきったという事実。そして今お前の手のひらにそんな切り傷があるという証拠。組み合わせて考えれば結論はただ一つ」

ルカ「お前が事件の偽装工作で作った切り傷しかあり得ねえんだよ!」


878: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 23:43:32.46 ID:ztf/P3ZF0


もはや矛盾ともいえないレベルの話だ。
この場にいる誰もが分かり切っているようなことを、わざわざ嘘をついてまで誤魔化そうとする。
もはや戦局は誰の目に見ても明らかなはずだ。

……それでも、こいつは譲ろうとはしない。


果穂?「今のは、今のは効いたぞ……ジャスティスディープブラック!」

ルカ「いい加減諦めろ……もはやお前の主張は成立しちゃいない……結果はもう見えてるだろ……!」

果穂?「言ったはずだよ……光りある所に必ず影あり、キミたちがジャスティスをさけび続ける限り、私もその前に立ちふさがりつづけるのだ!」

美琴「……ルカ」

ルカ「……ああ、分かってる。こいつはもう、ここまで来たら戻れなくなっちまってる。もう自分でもどうしようもないんだろ」


ルカ「だったら、無理やりにでも終わらせてやるさ。事件の全部を今ここでこいつにぶつけて……黙らせてやる」


ルカ「覚悟しな、悪の怪人……カミサマがお前に裁きをくらわしてやるよ」



879: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 23:45:20.46 ID:ztf/P3ZF0

-------------------------------------------------
【クライマックス推理開始!】

【act.1】

ルカ「この事件はモノクマの仕掛けた動機、絶望病が全ての元凶だ。この病気は極度の高熱を起こし、それと同時に感染者の性格を魔反対に裏返したような言動を引き起こさせるという特徴がある。感染したのは長崎女、小金持ち、被害者の和泉愛依、能天気女……そして今回の犯人だ。口を開けば方言だった長崎女は標準語しか話さなくなり、ストイックだった小金持ちは怠惰な振る舞いになった。ギャルの裏返しがそうなのかは知らねえが……被害者の和泉愛依はお嬢様みたいになっちまった。能天気女はなんかネガティブ通り越して陰鬱だったな。だが、性格の転換で一番デカかったのが、今回の犯人だ。常日頃ヒーローに憧れていたあいつがなっちまったのはその真逆、悪の怪人だったんだよ」


ルカ「しかもその発症タイミングは全員同時。ただ、私たちは今回の犯人の症状には気づかなかった。というのもあいつ自身が潜伏する方法をとったからだ。さっきから口にしてるキャラクター像からしても、そういう役回りの怪人なんだろうな。私はまるで知らねえが……随分と厄介なことをしてくれたものだ。他の連中と一緒に介抱しているような素振りを見せつつ、あいつは小金持ちからコテージの鍵を抜き取っていた」


ルカ「というのもこれはコテージに回収していたドローンを利用するため。ドローンの存在は中学生に悪用されるのを避けるために情報を伏せた上、小金持ちが回収していたんだ。その秘匿性も相まって私たちの誤解を導いたんだな」


ルカ「モノクマから絶望病が感染症であることを聞いた私たちは隔離を行うことを決意。第3の島は病院とモーテルがあってどっちも宿泊可能らしいからな。泊まり込みで看病することになったんだ。でもこのチーム分けがまずかった。私たちの中で最も年齢の低い犯人に自由に行動させるチャンスを与えちまったんだ」


880: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 23:46:19.67 ID:ztf/P3ZF0


【act.2】

ルカ「事件が起きたのは騒動が始まって3日目の深夜のこと。入院した連中が眠るのを見届けて、私たちもほとんどが眠っていた時のことだった。おそらく、犯人は日中にある程度仕込みは済ませておいたんだろうな。中学生がよくわからない看板とやらに騙されて深夜に部屋を留守にしていたり、三峰結華が来訪をそのまま受け入れ駐車場まで素直にでていったり、そういう工作ができたのも今回の犯人だからこそだろうな」


ルカ「まず三峰結華を適当な理由で連れ出し、病院前の駐車場まで行って意識を奪う。ドラッグストアの昏睡薬でも使えばそう難しい話じゃないはずだ。意識を失った体をライブハウスから持ってきたブルーシートに横たえた犯人は、その四隅のわっかをドローンのフックにかける。ドローン一台だととても人の身体なんて持ち上げられやしないが、四台も使えば話は別。重さは分散してゆっくりとでも浮上する」


ルカ「だが、犯人の誤算はこの時のドローンを甘党女に目撃されてしまったこと。まさかこんな深夜に起きている奴なんていないと思ってたんだろうな。起きていたとしてもそいつは看病中、病室の方にいたんじゃその明かりにも気づかないっていうのもある」


ルカ「そして、ある程度の高さまで行ったらビニールシートから滑り落とすようにして、頭から落下させる。この落ち方にしたのにも理由がある。それは、この連続殺人をモノクマの映画を利用した見立て殺人に演出するためだ。見立て殺人にすることによって、殺害の順序・起きたタイミングを勝手に目撃者が誤解することを図るトリックだったんだよ」


ルカ「頭から落下した三峰結華は顔の正面から強く打ち付けてそのまま死亡。全身のあちこちもその衝撃で打撲痕のような跡が残った。ちなみに、犯人はこの落下の時にはメガネは外していたみたいだな。落下の途中で外れたり、部屋にレンズの破片が飛び散ることを嫌ったんだろうな」


881: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 23:47:17.07 ID:ztf/P3ZF0


【act.3】

ルカ「次のターゲットを狙うために、玄関からは入らず、病室に回り込んで被害者の和泉愛依の部屋を訪れた。絶望病の患者は冷静な判断能力を失っていた、訪問があればすんなり受け入れたと思うぜ。そうじゃなくとも犯人は可愛い可愛い最年少なんだからな」


ルカ「部屋に上がり込んだ犯人は隙を見て和泉愛依の首元を裂いて殺害。恐ろしい連続殺人がここに始まった。犯人は殺害を時間をかけて別々に行ったわけだが、それをリアルタイムで起きたように他の人間に思わせるという方法をとった。その瞬間のアリバイがあれば容疑者から簡単に外れることができるからな」


ルカ「そのための偽装工作、最初の一手はガラス窓だ。ガムテープを一面に貼り付けた上で窓を割った。ガムテープにくっついていた窓からは破片が散らばることもなく音も立たない。現に病院にいたはずの私たちは誰も気付かなかったわけだしな」


ルカ「だが、破片が飛び散らないのはメリットでもありデメリットだ。ガムテープにくっついた破片なんてのは不自然極まりない、他のやつがその意図に気づいたらトリックの全てもおじゃんだ。だから犯人は一つ一つ、丁寧にテープから外していった。『今この瞬間に部屋の内側から外側へ窓を割って逃げだした』犯人像を崩すわけにはいかないからな。でも、ガラスの破片を全部外すなんて真似、いくら慎重にやったって必ずどこかで手を切っちまう。実際、今回の犯人の手のひらにもその傷跡はしっかり残っていた。まさに捨て身の作戦だったみたいだな」


ルカ「続いて、音のトリックの仕掛けを作る。花瓶が時間差で落下してアリバイを確保するためだな。犯人が使ったのは病室にあった冷凍庫、その氷嚢だ。花瓶の壁に沿わせるように氷嚢を内部に敷き詰めて、あとは机の端でバランスを安定させる。時間が経てば中の氷が溶けて液体になり、バランスを崩して落下する寸法だ。まあ小学校の理科の知識でできちまうトリックだ、あいつが犯人でも問題なかったろうぜ」


ルカ「そこまで仕込みが終われば準備はOK。割っておいた窓から逃げ出して、何食わぬ顔してモーテルへと戻っていった」


882: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 23:47:58.11 ID:ztf/P3ZF0


【act.4】

ルカ「犯人が最後に行うのはアリバイの確保。要は自分のアリバイを証明する証人を立てる作業だな。ここでも犯人は偽りの犯人像を作り出した。それは、『モーテルを片っ端から訪問して襲撃をかけている』犯人だ」


ルカ「モーテルには冬優子しかいないことが犯人にはわかっていた。だから、冬優子の部屋のドアノブだけを執拗に捻った。当然、こんな深夜にそんな真似をされれば警戒しないはずもない。冬優子に揺さぶりをかけたら準備OK、後は自分の部屋に戻って、さも自分も同じように狙われたかのような発言をすればいい」


ルカ「最年少である犯人はその瞬間守らねばならない弱者という立ち位置に着くことが可能で、実際冬優子も彼女と行動を共にすることになった。まさか自分がアリバイ確保のための小道具扱いされているとも知らずにな」


ルカ「偽りの犯人像に踊らされた冬優子は犯人を引き連れてライブハウスへ。消えてしまった中学生と三峰結華の居場所を探すため協力してほしい、という旨の緊急通信を病院へと送った。たまたまロビーで眠っていた私がそれに気づき、応答。ちょうどそのタイミングだった」


ルカ「犯人が仕掛けていた花瓶のトリックが作動。病院中に花瓶が割れる音が鳴り響き、急いで現場に急行。そこで最初に目につくのが、割れた窓ガラス。そこからは完全に犯人の思い通りさ、私は今この瞬間に和泉愛依を殺して窓を割って脱出した犯人をイメージして……無意味にアリバイを確保している犯人を疑いもしなくなっちまった」


ルカ「……なあ、こんな姑息な真似をお前がしたって言うのかよ……?」


ルカ「小宮果穂……もう、終わりにしようぜ」


【COMPLETE!】



883: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 23:49:27.32 ID:ztf/P3ZF0



果穂?「……そ、そんな……わ、私……私は……」


必死に擁護していたはずの小金持ちと甘党女も、小学生の変貌ぶりにもはや言葉を失って黙りこくっている。
そして、小学生本人は目の前に突き付けられた『敗北』の二文字を未だ受け入れられず、
口をパクパクと動かしたかと思うと、頭を手で押さえて、苦悶の表情を浮かべた。


果穂?「私は負けない……ジャスティスファイブに負けない……ジャスティスファイブなんかに……ジャスティスファイブなんかに……」


フィクションの世界に自我を落としてしまった彼女は現実というものがもはや分かっていない。
瞳孔を広げ、呼吸を浅くするその様子は尋常ではない。


果穂?「あ、あれ……? なんで、あたし……ジャスティスファイブのことを、わるく言うの……? で、でも……あたしはジャスティスブラックだから……」


そして、それはどんどんエスカレートしていき、いよいよ彼女は言葉を失った。


884: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 23:50:29.36 ID:ztf/P3ZF0



果穂?「え、あ、あ……」


ルカ「お、おい……だ、大丈夫かよ」


果穂?「……あ、ああ、あああ」


夏葉「か、果穂……あなた、ダメ、ダメよ……いかないで……いかないでちょうだい……」


智代子「果穂……? なんで、果穂、答えて……わたしたちの声にこたえてよ、果穂!」


小学生というその器は、あまりにも容量が少なく、そして脆い。
自分の中に混在する現実と非現実とが入り混じり、ぶつかり合い、そしてその体を蝕んだ。


____その果てにあったのは、器の瓦解だった。



885: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 23:51:44.88 ID:ztf/P3ZF0


ルカ「……こんなの、ありかよ」


もはや小宮果穂の目は虚ろで、何も見ていなかった。
両腕を力なくだらりと下げ、背筋は折れ曲がり、口はだらしなく開けたまま。
もはや、そこに彼女はいなかった。


夏葉「……果穂、よく頑張ったわね……果穂……果穂……」


その抜け殻を小金持ちは抱きしめて、すすり泣く。
涙が頬を伝って小学生の顔に落ちたが、それでもなお反応の一切を示さない。


こんな幕引きがあっていいだろうか。
私たちは、自分たちが生き残るために犠牲となる人間を選ぶ学級裁判に臨んだ。
どんな結論が出ようとも、私たちはそこから逃げ出さず向き合うその覚悟を決めた。
決めていた、はずだった。
蓋を開けてみると、そこにあったのは最もいとおしく、最も希望の象徴に近しい存在の裏切り。そしてそれで事は終わらず、その希望の象徴はもはや絶望に堕ちるでもなく、自壊してしまった。


私たちはきっと、それでもこの票を崩壊したそれに投じて、生き永らえる。
それは分かっている、そうしなくてはならない。
そうでなければ、裁判に挑んだ意味も、ここまでに二人を犠牲にしてきた意味も失われてしまうから。
頭ではそう理解しているのに、このモヤモヤと、その中に沈む真っ黒な何かが頭から離れず、私たちは硬直してしまった。


果穂?「……あ、あ」


私たちがここまで選んできた道は、本当にあっていたのだろうか。
思わずそんなことが頭によぎってしまった。


886: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 23:52:23.36 ID:ztf/P3ZF0



ルカ「……モノクマ、投票タイムだ」

美琴「ルカ……」

ルカ「……これ以上、続けてたらこっちがおかしくなっちまう」

夏葉「ルカ……あなたね……!」

ルカ「……後でいくらでも殴ってくれたって良い。だけど、この裁判を私たちの手でちゃんと終わらせないと……ここまで紡いできたものが全部パァだ」

ルカ「後悔は、その後にしようぜ」

智代子「……」


モノクマ「え~、なんだかいつにもましてお葬式ムードなので大変恐縮ではございますが、これもお約束なので」


モノクマ「投票ターイム! オマエラはお手元のスイッチでクロだと思う人物に投票してくださーい!」


モノクマ「議論の結果導き出されたクロは正解なのか、不正解なのかー!」


モノクマ「さあ、どっちなんでしょうかね?」



887: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 23:53:31.07 ID:ztf/P3ZF0

-------------------------------------------------


    【VOTE】
〔果穂〕〔果穂〕〔果穂〕

 CONGRATULATIONS!!!!

   パッパラー!!!


-------------------------------------------------


888: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/17(木) 23:54:06.33 ID:ztf/P3ZF0






【学級裁判 閉廷!】






896: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 22:07:51.81 ID:ELRlNcof0

-------------------------------------------------


CHAPTER 03

Hang the IDOL!~弾劾絶叫チュパカブラ~

裁判終了


-------------------------------------------------


897: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 22:10:12.42 ID:ELRlNcof0


モノクマ「なんと、なんと! 3回連続大正解! 和泉さんと三峰さんをぶっ殺した憎むべき連続殺人犯の正体は、みんなに愛されてやまない小宮果穂さんなのでした~!」

果穂?「あ、ああ……」


これまでのいずれとも違う幕引きに、私たちはたじろいでいた。二人の命をエゴイズムを元に奪い去った、許されざる犯人。
その正体もそうだが、ことが判明してからのこいつの豹変ぶり、そしてその果てに待ち受けていた自我の崩壊。
これら多くの事象が一度に私たちを襲ったことで情報としてそのまま飲み込むことができず、
モノクマの高らかな宣言も何も、その耳には届いては来なかった。


夏葉「……ッ!」


全員がその混迷に俯く中、小金持ちは動き出した。自らの乗っていた証言台を降り、迷うことなく私の席へ。
そしてその勢いのままに、胸ぐらを掴み上げてきた。


夏葉「ルカ! あなたはこれで満足なの?! 真実を解き明かしさえすれば……それで、それで満足だというの?!」

ルカ「……」


その言葉を、否定することはできなかった。
小宮果穂という存在をまるで家族のように感じていたこいつからすれば、この幕引きは悲痛以外の何者でもなかろうが、
私からすれば自分自身の生存のため、真実のため、これ以外の終わりかたはなかった。
そこに満足という言葉を使うのであれば、私はそれを甘んじて受け入れるほかないのである。


898: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 22:10:59.40 ID:ELRlNcof0


夏葉「あの子はまだ幼くて……必死に頑張っていたのよ!? それなのに、あなたは自分が生き残るという大義名分を振りかざして追い詰めて……」


こいつが激情に流されて、おかしな言葉を口走っていることを咎めることはできた。
こいつが口にしているのは、殺人犯を庇い立てるような言葉。

だが、その心中は理解できた。
犯人として指摘していたはずの私でも思わずその胸を痛めてしまうほど、
自分よりも幼く、儚い存在が壊れてしまった瞬間というのは、直視に耐え難いものがあった。
その理解が、私に言葉を詰まらせた。


夏葉「あの子を……果穂を返してちょうだい!」


しかし、理解とは別に働くものがある。言葉というのは拡散性だ。
正面に吐き出したはずのものでも、空気に立てた波紋は次第に広がりを見せ、周囲の人間にも届く。
小金持ちが口走った言葉の数々は、その周囲の人間にはよほどのものとして映ったらしい。


冬優子「……ざけんじゃないわよ」


小金持ちの肩に、冬優子の右手が乗っていた。
それに気づいて小金持ちが顔を向けた瞬間。



パシンッ



その場に乾いた音が響いた。


899: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 22:11:54.11 ID:ELRlNcof0


夏葉「……え?」

冬優子「幼さが免罪符になるとでも思ってるの? あんたにとって可愛くてしょうがないガキかもしれないけど……そのガキが、ふゆにとってのかけがえのない存在を奪い去ったことを棚にあげてんじゃないわよ」

夏葉「……ふゆ、こ……」

冬優子「一番困ってんのはふゆなのよ……あれだけ犯人を処刑台に上げてやるって啖呵を切ったのに……終わってみれば小学生のガキで、しかもその自我が崩壊してしまった……?」

冬優子「こんなの、愛依と結華にどう伝えろっていうのよ……!」


ビンタした方も、された方もその額に涙が伝っていた。
ヒリヒリと赤く腫れる頬よりも、反動でじんわりと響く掌よりも、その胸の痛みが涙腺に届いていたようである。

失ったもの、これから失うもの。
到底秤にかけられるものでもなく、並べて評価するようなものでもない。
黒く冷たく澱んだものが競り上がるのを抑止する術もない。

強いて許される発散が、その一滴の雫なのである。


900: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 22:13:19.69 ID:ELRlNcof0


智代子「……本当に、果穂がやったんだよね」

モノクマ「はい! 公平なジャッジの元に、オマエラは今回の学級裁判も無事正答にたどりつきました!」

モノクマ「お二人の命を奪ったのは小宮果穂さんで間違いないですよ〜!」

美琴「……やるせないね」

モノクマ「う~ん、なんだかみんなテンション低いなぁ。せっかく生を勝ち取ったのに、せっかくならもっと喜ぼうよ!」

恋鐘「とても喜べる状況なんかじゃなかよ、果穂があげんこつなってもうて……」

モノクマ「月岡さんなんか、お友達の仇を討てるってなってテンションも上がるかと思ったら、紫モードですか、思い出ゲージも溜まりませんか」

果穂?「あ、あ……」

モノクマ「そっか、オマエラはクロだった小宮さんがあんな風に壊れちゃったからお通夜ムードなんだよね」

モノクマ「わかるなぁ、おもちゃが壊れちゃった時とかって1日引きずるよね」

夏葉「あ、あなた今……果穂のことを玩具呼ばわりしたの!?」

智代子「お、抑えて夏葉ちゃん……だ、だめだよ……今歯向かったら……!」


羽交い絞めにして無理やりに激高する小金持ちを抑え込んだ。
愛すべき存在を軽んじられ、踏みにじられていることに相当頭に来ているらしい。
まるで獣かのように荒々しい鼻息がここまで聞こえてくる。

そんな様子を見ていたモノクマは、まるで妙案が思いついたかのように口にした。


901: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 22:14:18.23 ID:ELRlNcof0




モノクマ「わっかりました! それでは小宮さんを元に戻してみせましょう!」



ルカ「……は?」


それは、事件が起きた時のことを彷彿とさせた。
あれほどまでに全員を苦しめた凶悪な感染症である絶望病を、ほんの数分足らずのうちに完全に回復させてしまった時の事。
モノクマの持つ、超常的な力が想起された。


パチンッ


そして、私たちの予測は相違なかったらしい。モノクマが指をその場で鳴らした瞬間。


バターン!


小学生はその場に糸の切れたマリオネットのように膝から砕け落ちた。


902: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 22:15:34.81 ID:ELRlNcof0


夏葉「か、果穂……!? 果穂、大丈夫!? 返事を、返事をしてちょうだい!」


慌てて抱きかかえる小金持ち、その腕の中で小宮果穂は……瞼を開けた。



果穂「……なつ、は……さん……? あれ……ここ……は……」



夏葉「か、果穂……あなた、正気に戻ったの……!?」

美琴「こ、これって……」

ルカ「どこまでもモノクマの思うがままってか……!?」


その薄く赤らんだ瞳には、かつての姿と同様に光の粒がきらめいていた。
絶望病に感染して、自分自身を悪の怪人だと思い込んでいた時に失われたハイライトが蘇った……在りし日の小宮果穂の姿が、そこにあった。


903: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 22:16:04.13 ID:ELRlNcof0


夏葉「果穂、果穂……!」


思わず両手でぎゅっと抱きしめた。
年の割に成熟した身体はその両腕には収まらなかったが、お返しの抱擁を試みる腕は、確かに幼さを携えた細さだ。
この未成熟な器に、あの澱みのすべてが流し込まれていたのだと思うと、決壊が起きたことも当然のように思える。
譫言のように、許しを請う言葉を繰り返した。


夏葉「ごめんなさい……ごめんなさい……ごめんなさい……」

果穂「……夏葉さん」


小宮果穂はそっと頭を撫でるようにして、微笑んだ。
そのことが余計にトリガーとなったのか、胸元で有栖川夏葉は嗚咽を漏らし始めた。


904: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 22:18:21.06 ID:ELRlNcof0


果穂「……みなさん、聞いてください」


だが、一方の小宮果穂は涙を流してはいなかった。
突然に取り戻した自我、そして直面する現実。
そんな状況に身を置いてなお、怯むようなそぶりを見せなかった。
真剣なまなざしで私たちのことを見つめ、口元は固く結んでいる。


果穂「わかってます、あたし……これからしんじゃうんですよね」

ルカ「……!」

果穂「だから、しぬ前に、あたしの言葉でしゃべらせてください!」


裁判場内に響き渡るほどの声量と共に、深く頭を下げた。
私たちはそれに、言葉を返さなかった。
彼女の小さな身体で起こした決意には、言葉ではなく態度で返すべきだろうと思ったから。
全員、ただ静かにその頭頂部が上がって、改めてその顔を見せるのを待った。
礼を終えて再び面を上げる、その表情はさっきと変わっていない。力強い決意に満ちている。


905: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 22:19:12.18 ID:ELRlNcof0


果穂「絶望病にかかっちゃって、自分でも自分が何だかわかんなくなっちゃって……あたしの頭の中で、ずっと他の人をころせってだれかがうるさくて……」

果穂「それがいやでいやで、きがついたら愛依さんと結華さんをころしちゃってて……そのことは、なんとなくおぼえてます」

果穂「……いま、こうしてるってことは多分……あたしをクロだってわかってもらえたんですよね」

果穂「ほんとうに、ごめんなさい。それと、ありがとうございます。あたしをクロだってちゃんと投ひょうしてくれて……」

智代子「……ごめんね、果穂。守ってあげられなかったよ」

果穂「ちがいます! ちょこ先輩がまもらないといけないのは、あたしじゃなくて……みなさんです! あたしは、みなさんをうら切ったんです……」

(……裏切り、か)

ルカ「なあ、今の口ぶりからして……事件の記憶がすべてあるってわけじゃないんだよな」

果穂「えっと……二人をころしたのは、おぼえて……いや、わすれられるはずもなくて……でも、どうやってころしたとかは……あんまり……」


どこかたどたどしい口調は、言葉を探り探りで話している印象だ。
自分が二人を殺した犯人だということを自覚しているがゆえ、事を荒立てないために神経を使っている。


906: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 22:20:06.16 ID:ELRlNcof0


果穂「でも……おぼえてなくても、あたしがやったことには変わりないんです。きのうの夜のあたしが……ぜんぶぜんぶ、悪いんです……!」


強いな、と率直に思った。
無自覚な自分が犯した罪を認め、それに類する罰を受けることも拒まない。
並大抵の精神力では出来ることじゃない。

そうだ、こいつはずっとそうだった。
この島に来てからも、来る前からも。
年齢も出自もバラバラのグループを、最年少ながらにひとまとめにしていただけのリーダーの器がある。
私たちの中で、一番強い存在だったと言っても間違いではなかったかもしれない。
年相応の無邪気さを持ちながら、現実や責任から逃げずに立ち向かえるだけの素養が確かにあったのだ。

そんなこいつを、絶望病という病気がすべて変えてしまった。
器に過ぎた罪を注ぐだけでは飽き足らず、
ヒーローという心のよりどころ、アイデンティティまで捻じ曲げられ、器そのものを破壊されてしまっていたのである。
こいつはきっと、それを朦朧とする中で実感していたが故、一度は自我が崩壊してしまったのだ。


907: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 22:20:48.63 ID:ELRlNcof0


果穂「……ごめんなさい! あたし、あたし……どれだけあやまっても足りない、罪をおかしてしまいました」

果穂「ゆるしてもらえなくていい……それでも、ごめんなさいだけは言わせてください!」

果穂「ほんとうに、ごめんなさい……!!」


小宮果穂は何度も何度も頭を下げた。
『ごめんなさい』という言葉、これまでの人生でも何度も何度も聞いてきた。
学生時代の友人のいざこざ、家族にテストの点数を見せた時の誠意、仕事で予定をぽしゃった時のマネージャーの弁解……どれもこれも、そのニュアンスは違った。


そして、今この場で聞いている『ごめんなさい』はそのいずれよりも幼くて、混じりっ気が無くて、





_______何よりも重たい、『ごめんなさい』だ。





908: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 22:21:52.45 ID:ELRlNcof0


自分の中のすべてをぶちまけて謝罪に徹する小宮果穂に、静かに冬優子は歩み寄った。
裁判が始まる前、犯人を自ら処刑台に送ると息巻いていた彼女は今、感情を露わにはしていない。
ただゆっくりと近づいて、手を触れることもなく眼前に立つ。


冬優子「……果穂ちゃん、ごめんね。どれだけ謝られてもふゆは許してあげられそうにない」

果穂「……ふゆさん」


その言葉は極めて冷淡なものだった。
小宮果穂の覚悟と感情を詰め込んだありったけの『ごめんなさい』を冬優子は飲み込みはしなかったのである。


冬優子「愛依と過ごした時間、結華にかけた言葉……全部全部、ふゆにとっての宝物だったから。どんな理由があっても、それを奪った果穂ちゃんは許せない、許しちゃいけないって思うの」

果穂「はい……」


そしてそれを、小宮果穂は驚きもしなかった。
拒絶されることも覚悟したうえでの『ごめんなさい』、それに返される反応としては当然の物だったんだろう。


冬優子「……でもね」

果穂「え……」


909: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 22:22:40.03 ID:ELRlNcof0






冬優子「ふゆ、果穂ちゃんと一緒に過ごした時間も……宝物だと思ってるんだ」





910: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 22:24:10.14 ID:ELRlNcof0


大切な存在を奪った相手を許すことなんて、通常あるはずもなく、綺麗ごとを語るのは彼女の性にも合わない。
罪にはそれ相応の罰を下す必要があるし、遺されし者の感情を、奪った人間は知るべきだ。
さっきまでの言葉は、和泉愛依と三峰結華の理解者であった『黛冬優子』から出た、そうあるべき『結論』なのである。

しかし、『結論』はいつだって一つとは限らない。
人一人にだって、立場や思いが複数あって、そのそれぞれに至るべき『結論』が存在している。
今冬優子が口にしようとしているのは、事務所の仲間の『黛冬優子』としての『結論』だ。
事務所で同じ時間を過ごしてきた人間として、小宮果穂をかわいがり世話を焼いてきた人間として、彼女の覚悟には相応の救済があるべきだと彼女は至った。


冬優子「果穂ちゃんと一緒に遊んだり、笑ったり……そんな時間があったこと、ふゆは絶対に忘れない。果穂ちゃんだって、ふゆにとってかけがえのない存在の一つだったから」

果穂「ふゆさん……」

冬優子「……ふゆも、守ってあげられなくて悪かったわ。わざわざモーテルで面倒をみる役目も買って出たって言うのに……とんでもない罪を背負わせるようなことになっちゃって」

果穂「そんなことないです……ふゆさん……あたし、今すっごくうれしいんです……」

果穂「ふゆさんがゆるさないでくれたこと……そして、あたしのことを思ってくれてたって知れたこと……すっごくすっごく……しあわせです!」

冬優子「……バカな子ね」


冬優子の目元の何かが、照明の明かりを僅かに反射したように見えた。
照れくささとはまた違った何かを感じた彼女は思わず背を向けた。
一人の人間としての黛冬優子の『結論』は厳しくも優しい、小宮果穂のための『結論』だった。


911: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 22:25:21.22 ID:ELRlNcof0


そんな彼女の結論を間近で見て、もう一人の理解者が一歩歩み出た。


恋鐘「ねえ、果穂。うちも最後に聞きたいことがあるけん、答えてくれんね?」

果穂「恋鐘さん……はい、なんですか?」


月岡恋鐘も事件発生直後はあれほど錯乱していたというのに、この局面においてその表情は不思議なほどに穏やかだった。
同じく大事な存在を奪われた黛冬優子の到達した『結論』、同胞としてその別れにかけるべき言葉の『結論』は、自分にも当てはまると感じた。

この胸に湧き上がる憎悪と憤怒、それとは別に小宮果穂をこれから失ってしまうであろうことを嘆く気持ち。
今ここにおいて口にすべきなのは、一つの質問だと思った。




恋鐘「モーテルで過ごした二、三日。結華は……何回笑っとった?」




果穂「……!」


912: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 22:26:51.74 ID:ELRlNcof0


月岡恋鐘に、ここ何日かの記憶はほとんどない。
三峰結華が一度塞ぎ込んでからまともに会話をすることもなく病気に倒れ、目が覚めた時には全てが終わってしまっていた。
だからせめて、最後にその失われた時間の補填を求めようとした。
小宮果穂と三峰結華、二人の過ごした時間の一端だけでも知りたいと思った。


果穂「結華さんは……ずっと、あたしには笑顔を見せてくれました。おはようを言う時も、ご飯を食べる時も、おやすみなさいをする時も……ずっとずっと、笑顔でした……!」

恋鐘「……そいが聞けてよかったばい」

恋鐘「果穂、結華はきっと恨んどらんばい。果穂も必死やったけんね、でも……天国で、ちゃんと自分の口で『ごめんなさい』は伝えなきゃいかんよ」

果穂「……はい! もちろんです!」


三峰結華という人間はよく知っている。
他人のことを慮って、その場のために動くことのできる人間だ。

きっと小宮果穂に笑顔を見せ続けていたなら、そういうことなのだろう。
彼女自身が、小宮果穂に見せるべきものはそれだと結論づけた。不安や恐怖を自分が取り除かねばならないと自らに義務を課したのだ。

それなら、彼女の死後もその義務は引き継がらなければならないはずだ。
たとえ許すことはできなくとも、救済はまた別に設けてやりたいと思った。


913: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 22:28:00.55 ID:ELRlNcof0


冬優子「あさひ……あんたもこっちに来なさい」

あさひ「……!」


小宮果穂がクロだと確定して以来、沈み切っていたのは放クラの二人だけではない。
芹沢あさひと小宮果穂。私は事務所は違うのでその詳しい関係性までは知らないが、この島での暮らしを見ているだけでもよくわかる部分があった。


冬優子「果穂ちゃんと話ができるのも今の内よ。いつまでもしょぼくれてるんじゃないの、後で悔やんだって取り返しが効かないんだから。思ってること、感じてること……この際全部ぶちまけなさい」

あさひ「……冬優子ちゃん」

果穂「あさひさん! おねがいです、あたしとお話してください……!」

あさひ「果穂、ちゃん……」


年も近しく、好奇心が旺盛なのもよく似ていた。
お互い活発な性格もあって、ズイズイとお互いを引っ張っては一緒に出かけ、それぞれの『楽しい』を共有しあった仲だった。
友達を超えて、親友の仲となり、そして姉妹にも近しい信頼関係がその間にはできていた。
握りしめた絆のもう一端、それを握る相手は今から死にゆく運命。


覆せない別離を前に、言葉は勝手に口から出た。



914: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 22:29:04.86 ID:ELRlNcof0




あさひ「果穂ちゃん、わたし……つらい、悲しいよ」



果穂「あさひさん……?」


あさひ「さみしいよ、嫌だよ……果穂ちゃんとお別れなんかしたくない」


一切のフィルターのかかっていない、言い換えも何もないストレートな感情。
もはやそれは言葉というよりも叫びに近しいものだった。

ただでさえ小さな体を、胸を押さえて折り曲げて、臓物を絞るようにして言葉を吐き出している。
冬優子の言葉を受けて、中学生はその胸の内の全てを今ここで曝け出すと決めた。
自分の本能のままに生きているように見えてその実、自分自身の感情においても見えていない部分の多い人間。
こいつが自分自身の感情を吐き出すのに、他に術を知らなかったのである。


915: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 22:30:25.10 ID:ELRlNcof0



あさひ「嫌だ! 嫌だ嫌だ嫌だ……嫌だ! 果穂ちゃんが死んじゃうなんてそんなの嫌だよ……!」


悶えながら吐き出していく感情の激流。
それはやがて言葉を受ける、小宮果穂をも飲み込んでいく。


果穂「あさひさん……」


芹沢あさひの言葉に中てられたように、いつしか小宮果穂もギュッと自分の胸元を掴んでいた。
服には皺がより、下唇を強く噛み締めている。


夏葉「……果穂、いいの。私たちのことは今だけは忘れてちょうだい」

果穂「夏葉さん……?」

夏葉「あなたも、自分の想いに素直になっていいの。私たちの前だからとか気にせずに……言いたいことを言うべきよ」


彼女の感情の堰を切ったのは、有栖川夏葉。
同じユニットの仲間として、誰よりも近くでその成長を見届け支えてきた大人として、最後にポンと背中を押してやった。


果穂「……はいっ!」


小宮果穂はずっと胸の奥に押し込めたものを引き摺り出した。
二人を殺したという罪悪感が蓋をしていたものが一気に噴き上がる。


916: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 22:31:59.16 ID:ELRlNcof0


果穂「あたしもです……あさひさん、あたしも……あさひさんとお別れなんか、したくありません!」

あさひ「もっといっしょに虫取りに行きたかったし、おばけ探しもしたかったんだよ……」

果穂「あたしも、もっといっしょに冒けんしたり、もっといっしょに遊んだりしたかったです……!」

あさひ「いやだよ……いやだよ! 行かないで、果穂ちゃん!」


勿論今までの謝罪も全て心より生まれたものだ。
でも、それ以上に、今ここでぶちまけた感情は大きな意味と質量とを持つ。それは年相応、等身大の少女として、エゴのままに口にした感情だったから。


あさひ「果穂ちゃん、果穂ちゃん! なんで、なんで死んじゃうの……!?」

果穂「あさひさん、ごめんなさい……! あさひさん、あたしもお別れしたくないです……!」


それは、この場において誰よりも幼い二人だからこそできたこと。
自分の中の感情を咀嚼する工程も踏まずに舌の先に乗せ、考えるより先に相手にぶつける。
どれだけ幼稚な言葉でもいい、いっそ言葉になっていなくたっていい。
その想いを、その言葉を、その熱を、誰よりも素直に表現できるのが『幼さ』と言う彼女たちの特権なのだ。


美琴「……」


その美しくも悲痛な光景に、デジャブを覚えなくはなかった。
私の隣に立つ美琴も、組んだ腕に力がこもる。


917: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 22:32:53.81 ID:ELRlNcof0



……だが、時というのは無情だ。
別れは私たちの思いを感知せず、ただ訪れる。




モノクマ「あ~~~! 湿っぽい、湿っぽい! ジメジメが過ぎますぞ!」





918: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 22:33:40.60 ID:ELRlNcof0


モノクマ「ちょっと盛り上がるかなと思って人格を戻してやったら、長尺で御涙頂戴の茶番を繰り広げちゃってさあ!」

モノクマ「部屋の湿度が5%は上がったよね、ふかふかだったボクの毛皮もすっかり湿っちゃったよ」

モノクマ「そういうわけで……そろそろ乾燥させちゃいましょうか! 最高にホットでバイブスあがっちゃう、おしおきタイムの時間だよ~!」


私たちの会話に痺れを切らしたモノクマがついにその宣言を口にしたのである。


智代子「そ、それって……果穂の処刑……?!」

果穂「……!」

夏葉「ま、待ってちょうだい! あなたも裁判は全て見ていたのよね?! 果穂は絶望病にかかっていて意識も朦朧としていたのよ!? 無自覚な殺人で裁くなんて許されざる暴挙だわ!」


思わずその足元に縋り付く有栖川夏葉。
だが、そんな訴えなどモノクマが耳を貸すはずもない。


919: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 22:34:35.93 ID:ELRlNcof0


モノクマ「往生際が悪いなあ。あのね、自覚してなかったら罪がなくなるなんてそんなわけないでしょ? あるのは小宮さんが二人を殺害したと言う純然たる事実」

モノクマ「法の番人であるボクからすれば、感情論なんて問題外なんだよね」

夏葉「そ、そんな……」


感情論で救われるなら、七草にちかと田中摩美々の犠牲もなかった。
それは痛いほどにわかっているはずなのに、押し寄せる絶望の波に思わず足が震えた。
いよいよ小宮果穂の処刑が目前に迫り、遺される者たちは阿鼻叫喚の様相だ。
そんな中、彼女は前に進み出た。


果穂「モノクマさん、ありがとうございました!」

モノクマ「はぬ?」

果穂「最後に、あたし自身の言葉であたしの気持ちを伝えられてよかったです。『ごめんなさい』をいう時間をもらえて、うれしかったです!」

夏葉「果穂……あなた」

果穂「えへへ……しんじゃうのは、ちょっとこわいですけど……それ以上に、何も言えずにしんじゃう方がつらいです。みなさんとお話しできて、あたしのきょうふもちょっと収まりました!」


わざわざ敵に頭を下げてまで、小宮果穂はその絶望を取り除こうとした。
本当に、どこまで行っても強いガキだ。
私たち以上に大人びた配慮に、思わずこちらも呆気に取られた。


920: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 22:42:15.26 ID:ELRlNcof0


モノクマ「ま、そういうわけでそろそろ始めちゃいますか!」



果穂「ずっと変わらないものがあり続けるから、あたしたちは変わっていけるんです」

果穂「つよくなって、おおきくなって……それでどんどん大人になる」



モノクマ「今回も、超小学生級の道徳の時間である小宮果穂さんのためにとっておきのおしおきをご用意いたしましたゾ!」



果穂「あたしは……もう大人にはなれないですけど、みなさんならすっごくかっこいい大人のひとになれると思います!」

果穂「だから、大人になっても……あたしを、その『変わらないもの』の中の一つとして、覚えておいてくれるとうれしいです」

果穂「あたしにとっての『変わらないもの』は……みなさんと過ごした時間と、思い出だったから!」



モノクマ「それでは張り切っていきましょう! おしおきターイム!」



果穂「えへへ……最後は、泣くよりも、笑っておわかれしたいです! ヒーローは、だれにもなみだを見せないんです!」







921: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 22:43:00.13 ID:ELRlNcof0







果穂「みなさん……今まで、ありがとうございました!」






922: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 22:44:21.46 ID:ELRlNcof0

-----------------------------------------------



GAME OVER

コミヤさんがクロにきまりました。

おしおきをかいしします。



-----------------------------------------------


923: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 22:46:59.13 ID:ELRlNcof0


我々人間の命は、吹けば消えゆく儚い存在……
その命は、死神たちが蝋燭に灯した火と繋がっており、彼らの管理のもとにあるのです。


この薄暗い空間には、全部で16の蝋燭が立っています。
太く、長く聳え立つ蝋燭は人間八十余年の生涯を蓄えている。
でも、その先端の炎がいつまでも燃え盛るかと言われればそれはノー。

『かざのひおり』『ななくさにちか』『くわやまちゆき』『たなかまみみ』『いずみめい』『みつみねゆいか』

これらは全てその先端の炎が消えてしまった蝋燭。
まだ土台部分はたくさん残っているにもかかわらず、炎の消えた蝋燭は乱雑にそこに投げ出されています。


さて、そろそろ次のお時間ですね。
死神モノクマがその送風機を向けた先は、『こみやかほ』の蝋燭。
彼女の命の灯火も、ここで消え去ってしまうのでしょうか?


-----------------------------------------------


   死神
〜many screams〜

超小学生級の道徳の時間 小宮果穂処刑執行


-----------------------------------------------


924: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 22:48:10.30 ID:ELRlNcof0


送風機の強風に靡く炎、あれが消えてしまってはまずいと小宮さんは手当たり次第に燃えそうなものをどんどんと投げていきます。
なんだかカッコいい感じの木の棒、学校のプリント、満点のテスト、図工の作品……
それらを媒介にして火の勢いは徐々に回復……

でも、死神モノクマも手を緩めません。
送風機のみならず自分の手で団扇も仰ぎます。

火が風で立ち消えてしまわないように、小宮さんはもっともっとたくさんのものを放り込みます。
真っ赤なランドセル、思い出のリコーダー、修学旅行で食べるすき焼きのなんか青いやつ、あの頃すっごく流行っていたから買いに走ったスニーカー……

しかし、死神モノクマの方が上手のようです。
いよいよ空調も本格的に作動させ、蝋燭の火は風に靡きに靡いています。

このままじゃダメ! 火が消えてしまう!
そう思って手に取ったのは……ジャスティスファイブの変身ベルト。
小宮さんは躊躇って躊躇って……




……投げることができませんでした。
ジャスティスファイブは彼女の思い出、そして心の拠り所。それを擲つことなど、たとえ命がかかっていようともできないのです。


925: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 22:51:17.58 ID:ELRlNcof0




……でも、ウッカリさんですね。
小宮さんったら、ヒーローはピンチの時に必ずやってくるって知っていたはずでしょう?



小宮さんの視界を明るくする、その光源の元には仁王立ちするジャスティスレッドの姿が!
助けを求める小宮さんの元に、一番のヒーローがやってきてくれたのです!

さあ喰らえ、悪の怪人・死神モノクマ!
悪焦がす正義の焔! ジャスティン・フレイムだァ~~~~ッッッ!!!!

流石はジャスティスレッドです。
死神モノクマを退けるだけではなく、蝋燭の火も更に激しく燃え盛らせてくれました。

火柱のように燃え盛る炎は蝋燭をどんどん溶かしていき、溶けた蝋はジェル状になって小宮さんの元へ降り注ぐ。
摂取何百度はあろうかという灼熱の蝋が小宮さんに纏わり付いて、その肌を、その肉を、徐々に徐々に焼いていきます。

ジュウジュウという音に混ざって小宮さんも思わず声を上げます。


926: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 22:52:23.21 ID:ELRlNcof0


その苦悶の声に抑えきれず、もう一人のヒーローが走り出しました!
それはモノクマの仕込みの偽物ジャスティスファイブなんかではなく、彼女に取っていつもそばにいた、大好きで最高なヒーローの一人。


____【有栖川夏葉】さんでした。


有栖川さんは自分の身が灼かれることも厭わず、素手で小宮さんの体にまとわりつく蝋をその手で剥がしていきます。

でも、垂れてくる蝋の方が量も勢いも圧倒的。
有栖川さんの目の前で小宮さんはどんどん蝋人形へと変わっていきます。

そして、有栖川さんの腕も焼け爛れ、見るも無惨な姿に。
それでも彼女は必死に救おうとしました。


剥がして、剥がして、剥がして、剥がして、剥がして、
剥がして、剥がして、剥がして、剥がして、剥がして、
剥がして、剥がして、剥がして、剥がして、剥がして、
剥がして、剥がして、剥がして、剥がして、剥がして……





最後には、全身の火傷の苦痛で有栖川さんは意識を失い横たわってしまいました。
その隣には綺麗な綺麗な小宮さんの蝋人形が横たえられていましたとさ。



927: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 22:53:51.95 ID:ELRlNcof0

-----------------------------------------------

ルカ「……は?」

智代子「な、夏葉……ちゃん……?」


小宮果穂の凄絶な死、それに慟哭する暇もなく私たちの前でそれは起きた。
今回の事件の犯人でもない、シロである有栖川夏葉がおしおきの最中に割って入り、そして彼女はその巻き添えとなってしまった。
私たちはすぐさま彼女の元へと走り出す。


ルカ「お、おい……!? 何やってんだ、お前……!!」


溶岩のような蠟が全身を包んだことでその皮膚は激しく焼け爛れ、その内側の筋組織や脂肪分を焦がす。
火葬場の煙突から吐き出された煙のような独特の臭気が、近づいただけで鼻を刺した。


智代子「夏葉ちゃん、夏葉ちゃん!! なんで、ダメだよ……死なないで!」

恋鐘「智代子、いかんよ! 不用意に触ったら智代子まで火傷してしまうばい!」

智代子「でも、でも……! 早く蠟を剥がしてあげないと、夏葉ちゃんまで死んじゃうよ……!」


928: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 22:55:05.57 ID:ELRlNcof0


モノミ「やい、モノクマ! お前、大変なことをやってしまいまちたね! 有栖川さんは二人を殺した犯人でもないのに、おしおきをやるなんて重大なルール違反でちゅ!」

モノクマ「ぐ、ぐぬぬ……勝手に飛び入りをしてきたのは有栖川さんの方だろ! これはそう、事故なんだよ!」

モノミ「事故なら事故で、ヒヤリハット案件でちゅ! 有栖川さんの死は予防もできたはずでちゅ、アンタの怠慢さが招いた……」

智代子「……ま、待って!」

モノミ「え、ええ?」

智代子「夏葉ちゃん、夏葉ちゃん……聞こえてる?」


突如声を上げて場を制した甘党女。
彼女の握る有栖川夏葉の手のひらは、私たちの目の前でゆっくりと登っていく。




夏葉「……私は、まだ……生きているわ……」




929: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 22:56:17.94 ID:ELRlNcof0


皮膚がめくれあがった悲惨な状態ではあるものの、高々と掲げたその手には、確かに生の主張が息づいていた。
私たちは即座にモノクマの方へと詰め寄った。


ルカ「おい! さっさと治療……病院に運べ!」

透「コロシアイの続行が困難な怪我は治療する……そう言ってたよね」

冬優子「このまま有栖川夏葉が命を落としたら一番困るのはあんたなんじゃないの? さっさと搬送しなさい!」

モノクマ「やれやれ、ゴキブリ並みのしぶとさだね……わかった、わかりましたよ! ボクとしてもこんな形で頭数が減るのは不本意だからね!」

モノクマ「エマージェンシー! エマージェンシー! 救急救命センター24時、出動!」


モノクマが手を掲げた直後、鳴り響く地鳴り。遠くから聞こえてくるサイレン。
両者は徐々に近づいてきて、そしてものの数秒と経たないうちに。


ズガドーン!!


壁をぶち破って救急車が姿を現した。


930: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 22:57:07.69 ID:ELRlNcof0


モノクマ「後は医療界のバーストと呼ばれているボクにお任せあれ! きっちりかっちり有栖川さんを治療してあげちゃうからね!」

美琴「……バーストだと、数字が大きすぎるんじゃないかな」

冬優子「……ああ、そういうこと。21超えちゃってんじゃないの」

あさひ「……? どういう意味っすか?」

ルカ「死ぬほど有名な医療漫画があるだろ……その、ツギハギの!」

モノミ「こら~! しょうもない茶番で版権に絡みそうな話題はやめてくだちゃい!」

恋鐘「ていうかそもそも救急車、どがんしてここまでやってきたと~~~!?」

智代子「こ、ここって地下だったよね!?」

モノクマ「細かいことは気にすんな! 座標をちょっとばかしいじくっただけのことだからさ!」

ルカ「まあもうこいつが現実離れしてんのは今更な話なんだけどな……」


モノクマはてきぱきと担架やら呼吸器やらを使い、無駄に手際よく満身創痍の小金持ちを救急車へとのせ、走り去ってしまった。
コロシアイの進行は何よりも優先する奴だ、どんな手段を使おうとも死なせはしないはずだ。


931: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 22:57:44.75 ID:ELRlNcof0


透「大丈夫、無事だよ。絶対」

智代子「うん……夏葉ちゃん……お願い……」

雛菜「それにしても、どこに行ったんですかね~」

ルカ「ここは地下だから、どこに行くも何もねーはずだが……」

モノミ「病院に行ったはずでちゅ! この島の医療設備なんて、あそこぐらいのものでちゅから!」

(……そんな自信満々に言うことか?)

美琴「だとしたら、私たちも急いで病院に向かった方がいいね」

智代子「うん……夏葉ちゃんがちゃんと助かったのか、見届けないと!」

あさひ「……はいっす!」


私たちは、考える暇もなくすぐにその後を追った。
小宮果穂の死によってぽっかりと開いた心の穴を、有栖川夏葉の生還という吉報で補填しようとしていたのか。
それとも、辛い現実を直視しなくていいように、目の前の喫緊の課題に逃避をしていたのか。
どちらともわからないが走り出した足を誰も止めようとはしなかった。


932: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 22:59:15.10 ID:ELRlNcof0

-----------------------------------------------
【第3の島:病院 ロビー】

病院に辿り着いた私たちを待っていたのは『手術中』と点灯するランプ。
私たちが入れたのはロビーまでで、廊下へと続く扉はカギがかけられ閉ざされていた。
手術中の様子を見せることはおろか、音も聞かせたくないということだろうか。
ロビーの椅子に全員ずらりと座り、その時を待った。


「…………………………」


両手を合わせて神に祈るようにしたり、頭を押さえてためいきをしたり、貧乏ゆすりをしながら時計を何度も見返したり。
思い思いに過ごして、何時間が経っただろうか。



ギィィィィ…



扉は、突然に開いた。


933: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 23:00:31.01 ID:ELRlNcof0


モノクマ「手術は成功しました……一命はとりとめましたよ」


ブカブカな手術着に身を包んだモノクマは額を拭うようにしながら、そう言った。


智代子「成功……? 夏葉ちゃんは、無事なの……?」

モノクマ「ええ、ぴんぴんしてますわ」

智代子「本当に、本当に……?」

モノクマ「ええ、元気な女の子ですよ」

智代子「……! よかった……よかった……」


その場に泣き崩れる園田智代子。
私たちは彼女の元に駆け寄り、その肩に手を当てた。
嗚咽を漏らし、泣きじゃくる彼女には支えが必要だったのだ。


934: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 23:01:39.63 ID:ELRlNcof0


透「あんなに全身の火傷酷かったのに、すごいね」

モノクマ「そりゃまあボクですから! サバンナの中央で自ら開腹手術を行っただけの技術はありますよ!」

雛菜「もう本当に命を落とす心配はないんですか~?」

モノクマ「はいよ! さっきも言った通り今はもうピンピンしてます」

恋鐘「ピンピンって……流石にまだ意識は戻っとらんとやろ?」

モノクマ「え? いや、だから言ってんじゃん。超がつくほど元気だから……今にも走り出しそうなぐらいになってるけど」

ルカ「はぁ……?! あ、あいつは死ぬ一歩手前だったんだぞ……!? そんなものの数時間でそんなに回復するわけねーじゃねえか!?」

モノクマ「はぁ……やれやれ、ボクの手腕がそんなに信用なりませんか。これだから前時代の人間は困るな、オマエラあれでしょ。カメラの写真撮影は魂が抜かれるからやりたくないとか言ってた口!」

美琴「それはつまり、面会謝絶とかでもないってこと……?」

モノクマ「うん、全然OKだよ! 絶望病の治療の時に使ってた病室にそのままぶち込んでおいたから、行ってみたら?」

智代子「夏葉ちゃん……夏葉ちゃん!」


その言葉を聞くなり私たちはすぐにモノクマの隣をすり抜けて廊下へと走り出した。
目指す先は有栖川夏葉の病室。全身の火傷で一時命を落としかけた仲間が待っているというその病室に向かって一目散だった。
彼女が一時陥っていた生命の危機を目の前で確認した私たちからすれば、モノクマの話は半信半疑ではあったがそれ以上に期待が強かった。
失われかけたその命が戻ってきたのだというのならこれ以上の吉報はない。
思考よりも先に行動が先んじたのだった。


935: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 23:03:05.58 ID:ELRlNcof0






モノクマ「……まぁ、元通りに直ったとは一言も言ってないけどね」





936: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 23:04:24.65 ID:ELRlNcof0

-----------------------------------------------
【夏葉の病室】

ガララララ!

「夏葉ちゃん!」


甘党女は躊躇することもなく、勢いよくその扉を開けた。
誰よりも回復を願い、その再開を待ちわびていた彼女。

手術成功の知らせを聞いて、歓喜の涙を浮かべていたその表情は……



____扉を開けると同時に【困惑】へと変わった。


「あら、智代子……それにみんなも。心配をかけてしまったわね。もう大丈夫よ」


そして、その困惑は私たち全員に共有される。


937: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 23:05:44.38 ID:ELRlNcof0


「……え?」
「どうしたのよ、みんな。そんなに口をぽっかりと開けてしまって。せっかくの再会なのだからもっと喜びあいましょうよ」


目の前の彼女は、これまでと同じように私たちに接している。
共に長い時間を過ごしてきた、この島で生き残りを目指して協力してきた仲間として、喋っている。
だが、私たちはその前の前にある非現実を中々咀嚼できず……再会を喜び合う前に、その疑問をつい口にしてしまっていた。


「お、お前……それ、どうしちまったんだよ」


私の震える指での指摘を聞いて、有栖川夏葉はその右手を改めて眺め、解答を持ち出した。


「……ああ、これね。人生万事塞翁が馬、何が起きるかわからないでしょ?」
「そ、それにしても無理があるでしょうが……」
「夏葉さん……それ、どうやって動いてるっすか?! 見せて、見せてほしいっす!」


その右手は照明の光を反射して輝く。
指を一本開いても閉じても、部屋には駆動音が響く。


938: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 23:06:50.56 ID:ELRlNcof0


超大学生級の令嬢、有栖川夏葉。



「私、有栖川夏葉は生まれ変わったの……」





「【超大学生級のアンドロイド】・有栖川夏葉としてね!」



_____その体は、完全に機械へと変わっていた。



939: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 23:07:43.77 ID:ELRlNcof0

-------------------------------------------------



CHAPTER 03

Hang the IDOL!!~弾劾絶叫チュパカブラ~

END

残り生存者数
9人

To be continued…



-------------------------------------------------


940: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 23:09:03.68 ID:ELRlNcof0



【CHAPTER03をクリアしました!】


【クリア報酬としてモノクマメダル25枚を獲得しました!】


【アイテム:割れたメダリオンを手に入れました!】
〔ジャスティスファイブの変身グッズのメダリオン。専用のベルトに差し込むとヒーローのボイスが流れる特別仕様だが、割れてしまってもうベルトにうまくハマらない〕



941: ◆vqFdMa6h2. 2022/03/22(火) 23:18:29.99 ID:ELRlNcof0


という訳で、これにて三章は完結となります。
なんだかんだ二章と大差ない文量になってしまった……

三章の展開は実は前シリーズを書いているときから考えていた物でした。
三章でクロになる、夏葉が巻き添えを食らうなどの展開も当時から考えており、おしおきも当時考えていたものをそのまま使っています。
続編シリーズを書くなら絶対に外したくないとの思いで今回形にしました。

さて、四章更新までまたしばらくお時間をいただきます。
四月は忙しくなると思うので、更新が滞るかもしれませんがどうかご容赦ください。

それでは三章もお付き合いいただきありがとうございました、またよろしくお願いします。





転載元:【シャニマス×ダンロン】にちか「それは違くないですかー!?」【安価進行】 Part.2
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1642918605/



スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。