スポンサーリンク

トップページCo > モバP「ちきゅうって大事だよな」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/08(水) 12:54:30.19 ID:CXFCVBXo0

P「そう思わないか、藍子」




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/08(水) 13:01:56.14 ID:CXFCVBXo0

藍子「そうですね、私もいつも(散歩していると)気になっちゃって」

モバP「えっ、藍子の…そんなに凄いのか?」

藍子「つい、(散歩中に周りを)見るとショックを受けてしまうんです」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/08(水) 13:19:44.44 ID:CXFCVBXo0

モバP「そ、そうなのか。」

藍子「はい、前まであった(風景)のが無くなってるのをみると、胸が痛むときもあります」

モバP「(もしかして、何かの病気なのか?)」

モバP「(ストレスが貯まっているのか?確かにここ最近の藍子のスケジュールはキツキツだが…)」

モバP「(それが原因だとしたら、俺の責任だ。確かに藍子はしっかり者で気も良く回って、

    年少組の面倒も率先して見てくれたりするが、まだ16歳の女の子なんだ)」

モバP「(本当はもっとやりたい事やがあったり、学校の友達と遊んだりしたいのかもしれない)」




スポンサーリンク



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/08(水) 13:44:29.57 ID:CXFCVBXo0

モバP「藍子、何か不満があったり疲れていたら迷わず俺に言っていいんだぞ」

モバP「そりゃ、まだ頼りないかもしれないけど俺は藍子のことを誰よりも思っているつもりだ」

モバP「仕事の1本や2本、穴を空けても俺が何とかするし、藍子ならすぐに取り返せる」

藍子「?」

モバP「だから藍子、無理せず病院に行こう」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/08(水) 13:54:54.70 ID:CXFCVBXo0

藍子「あの、プロデューサーさん」

モバP「ええと、何だこういうのは。皮膚科か?産婦人科か!?」ピポパ

藍子「もしかして…」

モバP「すいません、至急予約をお願いしたいんですが…」

藍子「とんでもない勘違いをしてるんじゃ…」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/08(水) 14:04:27.74 ID:CXFCVBXo0

モバP「え?一杯!?そんな…藍子が大変なんですよ!そこをなんとか…」

モバP「将来お嫁にいけるかの危機なんですよ!遊びで言ってんじゃないんだよ!藍子の毛が…」

藍子「わ、わーわーわー!!」ケイタイダッシュ

藍子「ご、ご迷惑をお掛けしてすいませんでしたー!!」プツッ

藍子「…はー、はー、はー」

モバP「お、おい藍子大丈夫か?そんなに息を切らして…それに電話途中でk


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/08(水) 14:11:57.47 ID:CXFCVBXo0

藍子「プロデューサーさん!」

モバP「ど、どうした」

藍子「私が考えていたちきゅうはEarthの方の地球で、恥ずかしい方の恥丘じゃありません!」

モバP「」

藍子「あんな電話で名前まで言ってしまって、噂でも広まったらどうするんですか!」

モバP「す、すまない」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/08(水) 14:18:29.91 ID:CXFCVBXo0

藍子「まったく、もう…」

モバP「本当にすまなかった。藍子を心配していたつもりなのに逆に傷つけてしまったな…」

藍子「もう少し、プロデューサーさんは冷静さを常に持って行動してください」

藍子「後、エッチなところも自重してください」

藍子「元はと言えばプロデューサーさんがあんな紛らわしいことを言うからですよ」

モバP「返す言葉もない…」ウツムキー


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/08(水) 14:21:29.31 ID:CXFCVBXo0

藍子「ただ…」

モバP「ただ?」

藍子「あんなに真剣に心配してくれたのは、その…嬉しかったです」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/08(水) 14:29:33.36 ID:CXFCVBXo0

藍子「後、電話でお嫁さんって言ってましたけど…」チラッ

モバP「?」

藍子「プロデューサーさんが私のことを思ってくれているように、

   私もプロデューサーさんのことを想っているんです」

藍子「だ、だからその…いざとなったr

モバP「あ、藍子オオオオオオ!!」

モバP「当然だ!いつでもウェルカムだ!!俺でよかったら!!」

藍子「フフッ、まずはトップアイドルを目指して全てを出し切ってからですけど…」

藍子「これからもよろしくお願いしますね、プロデューサーさん♪」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/08(水) 14:36:05.37 ID:CXFCVBXo0

以上で終わりです。読んでいただいた方、ありがとうございました。

初の完結SSだからね、雑なのは仕方ないね。

Pがクズい気がするけど、藍子ちゃん天使だからこれも仕方ないね。









転載元:モバP「ちきゅうって大事だよな」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1436327660/



スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメント一覧

    • 1 名無し春香さん
    • 2022年09月27日 14:39
    • よし、俺は七海のちきゅうが問題ないか確認してくる
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。