スポンサーリンク

トップページモバマス > 高峯のあ「みくは前川みくだにゃ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 23:16:07.11 ID:gCiHMQAQO

アイドルマスターシンデレラガールズのSSです
ヤマもオチもありません




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 23:19:46.06 ID:gCiHMQAQO

のあ「みくはお魚が大好きにゃ」


モバP「……………………」


のあ「Pチャンにはお仕事よりお魚を穫ってきてほしいにゃ」


モバP「みくが…………みくが壊れたぁぁぁぁ!!」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 23:23:32.42 ID:gCiHMQAQO

のあ「どうしたにゃ、みくはいつも通りのお魚大好きネコチャンアイドルにゃ」


モバP「みく、すまない……日頃から魚でいじりまくったせいで心に傷を負って……」


のあ「Pチャン、泣かないでほしいにゃ。鳴くのはみくだけで十分にゃ」


モバP「みく、本当にすまない……」



卯月「あの、、ええと…………」オロオロ



凛「…………何この状況」

スポンサーリンク



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 23:27:07.29 ID:gCiHMQAQO

前川みく『それでね、Pチャンったら……』


卯月『ふふっ、大変だったんですね』


みく『大変なんてもんじゃないにゃ!だいたいPチャンはいっつも……』


卯月『まあまあ、プロデューサーさんもみくちゃんのことが好きだからちょっかいをかけちゃうんですよ』


みく『すっ……そ、それとこれとは話がべつにゃ!』


卯月『そうでしょうか…………あれ、のあさん?』


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 23:30:24.35 ID:gCiHMQAQO

みく『ん? うわっ、いつの間にか後ろに立ってたにゃ!』


のあ『みく、ちょっといいかしら』


みく『え。みくは別に構わないけど』


のあ『そう、それじゃあ…………少し寝ていてくれるかしら』ヒュンッ


みく『? どういうこt…………』バタンッ


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 23:32:20.12 ID:gCiHMQAQO

卯月『…………え?』


のあ『安心して、気絶しているだけよ』


卯月『は、はぁ…………ええっ!?』


のあ『じゃあ、ネコミミは借りていくわね』


卯月『えっと…………え?』


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 23:36:18.61 ID:gCiHMQAQO

のあ『さて…………』


ガチャッ


モバP『卯月、どうかしたのか?変な声が聞こえたけど』


卯月『あっ、プロデューサーさん……えっと、その……』


のあ『Pチャン』


モバP『ん、なんだ?』




のあ『みくは前川みくだにゃ』




モバP『え、知ってるけど』


卯月『!!??』


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 23:37:45.53 ID:gCiHMQAQO

卯月「ということがあって…………」


凛「ごめん、よくわからなかったんだけど」


卯月「私もわからないんですよぉ!」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 23:39:03.76 ID:0jVXlhRDo

モバPは人の顔が分からない


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 23:39:50.41 ID:gCiHMQAQO

凛「なんで休憩室がこんな状況になるのさ…………えっと、プロデューサー?」


モバP「あ、ああ凛……大変なんだ!」


凛「……どうしたの?」


モバP「みくが、みくがおかしなことを口走り始めたんだ!」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 23:42:23.38 ID:gCiHMQAQO

凛「……みくが?」


モバP「ああ、それに心なしか表情が冷たいし……」


凛「のあさんが、じゃなくて?」


モバP「のあさん?どうして急にのあさんが出てくるんだ?」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 23:45:02.46 ID:gCiHMQAQO

凛「どうしてもみく?」


モバP「みく以外の何だって言うんだ!」


のあ「プッ…………」プルプル


モバP「ど、どうしたみく!また何かあったのか!」


凛「笑ってるし……どこからおかしいのかがわからないよ……」


卯月「ど、どうしましょう……救急車を呼んだ方がいいでしょうか!?」


凛「卯月も落ち着いて!」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 23:47:50.00 ID:gCiHMQAQO



凛「事態を整理しよう」


卯月「は、はい!」


凛「まずは、卯月とみくが休憩室で話していた」


卯月「はい、そこにいつの間にかのあさんがいて、みくちゃんを手刀で気絶させて猫耳を取っていったんです」


凛「この時点でいろいろおかしい」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 23:51:55.41 ID:gCiHMQAQO

卯月「そこにプロデューサーさんが現れて、のあさんが猫耳を着けてプロデューサーさんに、自分はみくちゃんだって言って話しかけたんです」


凛「……うん、ということはプロデューサーはあの猫耳でのあさんをみくだって認識してるんだよね」


卯月「そういうことになるんでしょうか……」


凛「とりあえず、あの猫耳をのあさんから奪ってみようか」


卯月「そうですね、今はそれしか思いつきませんし……」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 23:54:13.44 ID:gCiHMQAQO

凛「なんかもう、あのプロデューサーも見てられないし」




モバP「みく、すまない……本当にすまない……」


のあ「泣かないでほしいにゃ、鳴くのはみくだけで十分にゃ」


モバP「みく…………」




凛「……早速やってみようか」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 23:57:20.42 ID:gCiHMQAQO



凛「あの、のあさん」


のあ「みくはみくだにゃ、のあにゃんじゃないにゃ」


モバP「ど、どうしたんだ凛!お前までおかしくなったのか!?」


凛「ああもう黙ってて! 猫耳、取らせてもらいますね」


のあ「だめだにゃ、これはみくのアイデンティティにゃ」


モバP「これは夢だ……悪い夢であってくれ……」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 00:03:12.72 ID:a9Acny9mO

凛「失礼します」バッ


のあ「だめだって言ってるにゃ」ヒョイッ


凛「くっ……避けないでください……」


のあ「みくは自分のアイデンティティを守るよ」


凛「くっ……このっ……」バッ


のあ「これがネコのフットワークにゃ」ヒョイッ


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 00:05:53.49 ID:a9Acny9mO

卯月「のあさんが凛ちゃんに集中してる間に…………今です、えいっ!」バッ


のあ「ふふん、みくに死角なんてないにゃ」ヒョイッ


凛「え、ちょっと卯月!?」


卯月「うわわわわ、ごめんなさい凛ちゃん~
!」


 ゴンッ


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 00:08:34.36 ID:a9Acny9mO



卯月「いたたたぁ……」


凛「もう、飛び込んでくるなら言っといてよ……」


卯月「ご、ごめんなさい……でもすごいです、のあさん、あんなに動いたのに汗一つかいてないです」


凛「おかしいでしょ……」


のあ「凛、卯月」


卯月「な、なんでしょう…………え?」


凛「普通に喋った……?」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 00:12:10.36 ID:a9Acny9mO

のあ「なかなか楽しかったわ、このネコミミは返すわね」


卯月「…………」


凛「…………」


モバP「あれ、のあさんいつの間に…………み、みくが消えた!?」


のあ「みくならそこのソファで寝ているわ」


モバP「ほ、本当だ!おい、大丈夫かみく!」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 00:14:18.97 ID:a9Acny9mO

のあ「起こさないであげて、みくも疲れているのよ」


モバP「そ、そうか……最近忙しかったからな」


のあ「もちろん貴方もね……少しは休みなさい」


モバP「は、はい……」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 00:17:21.61 ID:a9Acny9mO

のあ「凛、卯月、あなたたちも働き過ぎで体調を崩さないように……まだ若いのだから」


卯月「は、はい……」


凛「…………」


のあ「それじゃあ、私はこれで失礼するわね。さようなら」


卯月「さ、さようなら……」


凛「…………」




凛「…………え、どういうこと?」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 00:18:45.79 ID:a9Acny9mO

おわりです

ふざけた話を書こうとしたらいつの間にかこんなものが出来ていました

それでは、お目汚し失礼いたしました


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 00:19:17.30 ID:01BWg7yIO


どういうことなの…


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 01:28:04.50 ID:9vitYOS8o

つまり、そういうこと





転載元:高峯のあ「みくは前川みくだにゃ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1455200167/



スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。