スポンサーリンク

トップページCu > 【デレマス】佐久間まゆ「ヤンデレ…ってなんですかぁ?」

1: ◆Z9rYxRK0vI 2023/04/09(日) 13:52:35.26 ID:uoOxkINb0

※ご注意です※
キャラ崩壊気味です
まゆがぽんこつです



---ある日、事務所にて



まゆ「うーん……」
skmmy43



コンコン、ガチャッ



加蓮「お疲れ様でーす」
hjkrn37

奈緒「お疲れ様です」
kmyno41



まゆ「あら、加蓮ちゃん、奈緒ちゃん。お疲れ様です」

加蓮「お疲れ様、まゆ」

奈緒「おつかれー、いやー今日のレッスンもつっかれたー…」

まゆ「あら? 凛ちゃんは一緒じゃなかったんですか?」

加蓮「一緒だよ。飲み物切らしちゃったから買ってから来るって。もうすぐ来ると思うよ」

まゆ「そうですか。レッスン、お疲れ様です」




2: ◆Z9rYxRK0vI 2023/04/09(日) 13:55:53.52 ID:uoOxkINb0

加蓮「ありがと。まゆはどうだったの? 今日、雑誌の撮影だったんでしょ」

まゆ「はい。お仕事は問題なく終わりましたよぉ。ただ……」

加蓮「ただ?」

まゆ「あっ、いえ、何でも……」

奈緒「そういえば、あたしらが入ってくるとき、何か悩んでるみたいだったけど、何かあったのか?」

まゆ「ああ、いえ! 悩みってほどではないんです。すみません、ご心配かけて」

加蓮「…よくわからないけど、悩みがあるなら相談乗るよ?」

まゆ「いえ、ほんとに、大した話じゃないですから。ありがとうございます」

奈緒「なら良いけど……」

まゆ「……」

加蓮(……? その割には、表情が暗いような……)



ガチャッ



凛「お疲れ様です。ただいま戻りました」
sbyrn49

加蓮「おつかれー。さっきも言った気がするけど」

奈緒「そりゃ、途中まで一緒に帰って来てたからな」



まゆ「お疲れ様です。凛ちゃん」

凛「お疲れ様、まゆ。わっ、どうしたの。除草剤撒かれたうえきちゃんみたいな顔して」

まゆ「してないですけど???」



スポンサーリンク



3: ◆Z9rYxRK0vI 2023/04/09(日) 13:58:02.79 ID:uoOxkINb0

まゆ「帰ってくるなり暴言吐くのやめてほしいですよぉ」

凛「ごめんごめん、でもどうしたの、浮かない顔して」

まゆ「あ、いや、その…大した事じゃないので、気にしないでください」

凛「なるほどね。いびきがうるさいって乃々に言われちゃったんだ…それはショックだね…」

まゆ「違いますけど!?」

凛「じゃあ輝子に? メタル慣れしてる輝子を唸らすとは…やるね、まゆ」

まゆ「ちーがーいーまーす! まゆのいびきでアンダーザ大迷惑みたいな風評被害はやめてください!」

凛「いびきじゃないとしたら、他に何があるっていうの」

加蓮(いくらでもあるでしょ)

奈緒(帰ってくるなりじゃれ合ってる……)


4: ◆Z9rYxRK0vI 2023/04/09(日) 13:58:36.95 ID:uoOxkINb0

まゆ「えっと、実は……分からないことがあって」

加蓮「どんなの?」

まゆ「えっとですね、その」






まゆ「ヤンデレ…ってなんですかぁ?」






加蓮「えぇ……」

奈緒「おぉう……」

凛「そう来たか」


5: ◆Z9rYxRK0vI 2023/04/09(日) 13:59:33.27 ID:uoOxkINb0

加蓮「…急にどうしたの?」

まゆ「今日、ファンの人が話していて…。そこでヤンデレ、って聞いたんですけど、意味がわからなくて…」

凛「ファンにヤンデレだ、って言われたってこと?」

まゆ「ああいえ、違うんです。実は…」



ホワンホワンホワン


6: ◆Z9rYxRK0vI 2023/04/09(日) 14:00:39.75 ID:uoOxkINb0

---同日、少し前



まゆ(ふぅ…電車に間に合った)

まゆ(まゆがファッション雑誌の表紙だなんて…撮影、緊張したけど上手くいって良かったな)

まゆ(プロデューサーさん、可愛い、綺麗って褒めてくれたらいいなぁ…)



乗客A「なぁなぁ、この前のまゆちゃんの配信、見た?」

乗客B「見た見た、ツインテールのまゆちゃん、めちゃめちゃ可愛かったな」



まゆ(……あら?)

まゆ(この前の配信のお仕事を見てくれたファンの方かしら?)



乗客A「配信中ずっとにこにこしてて、最高だったわ」

乗客B「な。俺も腱鞘炎になるまでハート押したわ」

乗客A「まゆすき」

乗客B「まゆすき」


7: ◆Z9rYxRK0vI 2023/04/09(日) 14:01:46.62 ID:uoOxkINb0

まゆ(うふふ、皆さん、楽しんでくれたみたい)

まゆ(私も楽しかったな、配信のお仕事)



乗客A「でもさ、まゆちゃんって最近、雰囲気変わったよな」

乗客B「確かに」



まゆ(……? そ、そうなんでしょうか?)



乗客A「昔から可愛いんだけど、最近はこう、可愛らしさに溢れてるっていうか…」

乗客B「わかる。アイドルとしてデビューした頃から追っかけてるけど、なんつーか柔らかくなったよな」



まゆ(自分では分からないけど……良い方向に変わっているのなら良い……のかな?)



乗客A「個人的には、昔のヤンデレっぽいまゆちゃんも好きだったけどな」

乗客B「あー、確かにな」

乗客A「まあ、今のまゆちゃんも昔のまゆちゃんも最高だけどな」

乗客B「Exactly(そのとおりでございます)」

乗客A「まゆすき」

乗客B「まゆすき」



まゆ(…………)

まゆ(ヤン…デレ…?)



ホワンホワンホワン


8: ◆Z9rYxRK0vI 2023/04/09(日) 14:03:47.78 ID:uoOxkINb0

まゆ「……ということがありまして」

加蓮「なるほどね…」

奈緒「知らなかったとはいえ、本人の前でどえらい会話してるなあ…」



まゆ「まゆは元々ヤンデレっぽかった、ということでしょうか」

奈緒「それはその……非常にコメントが難しいというか…」

加蓮「人によって意見が分かれるというか……」

まゆ「そもそも、ヤンデレ、ってどういう意味の言葉なんでしょう?」

加蓮「それもまた、非常にコメントが難しいというか…」

奈緒「我々は答えを持っていないというか……」



凛「……」

凛「ふっ」

凛「まゆって、意外と世間知らずなんだね。ヤンデレも知らないなんて」

まゆ「!?」

奈緒「!?」

加蓮「!?」


9: ◆Z9rYxRK0vI 2023/04/09(日) 14:05:01.99 ID:uoOxkINb0

まゆ「凛ちゃん、ヤンデレが何か知ってるんですか?」

凛「当たり前でしょ。私は優しいから教えてあげるよ」

凛「ヤンデレっていうのはね、病んじゃうくらいデレデレ、の略だよ」

まゆ「病んじゃうくらい……でれでれ……?」

凛「そう。例えばまゆ、ツンデレって何かわかる?」

まゆ「ツンデレは……」チラッ

奈緒「ん?」



まゆ「はい。分かりますよぉ」

奈緒「なんであたしを見たんだよ」

加蓮「模範的ツンデレだからでしょ」

奈緒「はっきり言いやがったのはこの口か?」ムニー

加蓮「いひゃいいひゃいいひゃい」ムニニニニ


10: ◆Z9rYxRK0vI 2023/04/09(日) 14:06:42.48 ID:uoOxkINb0

凛「ヤンデレもツンデレと同様、可愛い要素の一つなわけ」

まゆ「確かに…奈緒ちゃんはとっても可愛いです…!」

奈緒「あたしの話はもういいから!」

加蓮「はいはーい、私も奈緒めっちゃ可愛いと思いまーす」

奈緒「まだ伸ばし足りなかったみたいだな」ムニー

加蓮「いたたたた! ストップ! もう戻らなくなるから!」ムニニニニ



まゆ「でも、病んじゃうくらい、ってどういう意味ですか?」

凛「この場合の病んでる、っていうのは、病気がちとかそういう意味じゃない」

凛「それぐらい愛が深いっていう褒め言葉なんだよ」

まゆ「はぁ…」

凛「それが、最近のまゆはヤンデレっぽくない。つまり…」

まゆ「つ、つまり……?」



凛「まゆは『昔ほどプロデューサーへの愛が感じられない』って言われてるってことだよ!!」

まゆ「がーん!!」



加蓮+奈緒(そうはならんやろ……)


11: ◆Z9rYxRK0vI 2023/04/09(日) 14:07:18.24 ID:uoOxkINb0

まゆ「そ、そんなことないもん!」

凛「本当にそう言える?」

まゆ「えっ?」

凛「ちゃんと最近病んでるの?」

まゆ「えっ、えっ、そんなこと考えたこともないですよぉ」

凛「じゃあファンの人の言う通りだね」

まゆ「そんなぁ…」



加蓮(凛、完全にまゆのことおちょくってるね…)

奈緒(ファンの人がプロデューサーへの愛を感じる訳ないんだけどな…)


12: ◆Z9rYxRK0vI 2023/04/09(日) 14:08:19.71 ID:uoOxkINb0

まゆ「そんな…このままだと、まゆ、プロデューサーさんに嫌われちゃう…?」

加蓮「それだけは絶対に無いと思うけど……」

まゆ「どうしよう…プロデューサーさんにまゆを見て貰えない…そんなの絶対嫌…嫌…もっと…もっと病まなきゃ…病まなきゃ…病まなきゃ…」ブツブツ

奈緒「今のまゆがまさにヤンデレっぽくなってきてるけどな」



凛「ふふっ。まゆ、ヤンデレになりたい?」

まゆ「!? 知ってるんですか凛ちゃん、ヤンデレのなり方!」

凛「知ってるよ」

まゆ「教えてください…! プロデューサーさんへの愛を証明する為にも! まゆは昔のまゆのようにヤンデレに戻らないといけないんです……!」

奈緒(そんな事ないと思うけどな)



凛「まあ落ち着きなって。そもそもまゆは、『デレ』の部分はできてるじゃない」

凛「つまり、後は病みさえオーケー、って訳」

まゆ「簡単に病めれば苦労しません! その病み方が分からないから苦労してるんですよぉ!」

加蓮(まゆも正常な判断ができなくなってる…)



凛「ふふ、まだ気付かない?」

まゆ「……?」






凛「いるじゃん。ウチの事務所には一人、やむエキスパートが」


13: ◆Z9rYxRK0vI 2023/04/09(日) 14:10:32.99 ID:uoOxkINb0

---------

------

---


14: ◆Z9rYxRK0vI 2023/04/09(日) 14:11:43.18 ID:uoOxkINb0

---後日、事務所



デレP(以下P)「ふう、忙しい忙しい」カタカタ

輝子「フヒ…プロデューサー、今日も忙しそうだな…」
hsshok40

乃々「この前、他の事務所との合同ライブをやったばかりなのに、今度はうちの事務所の単独ライブがありますし…お忙しいんでしょう…」
mrkbnn41

凛「ふふ、私達もレッスン頑張らないとね」

乃々「むーりぃ…」

輝子「久しぶりに聞いた気がするな……デフォルトのむーりぃ……」

凛「最近、変化球多かったからね」

乃々「いや、べつに変化球を投げてるつもりはまったく無いんですけど…」

凛「ノリが良い乃々も好きだよ」

乃々「そういって、無茶振りされるのはほんとにむーりぃ…」

輝子「ボノノさん、七海ちゃんの趣味は?」

乃々「つーりぃ…」

凛「ごめんを英語で?」

乃々「そーりぃ…」

輝子「イタリアの首都は?」

乃々「ローマ」

輝子「フヒ…そこはフランスと間違えて『ぱーりぃ…』って言ってほしかった…」

乃々「もりくぼ、バカにされてます?」

P「お前ら机の下でうるさいぞ」


15: ◆Z9rYxRK0vI 2023/04/09(日) 14:12:52.81 ID:uoOxkINb0

コンコン、ガチャッ



まゆ「おはようございます」

P「おー、おはよう。まゆ」

まゆ「おはようございます。プロデューサーさん。はいこれ、今日のお弁当です」

P「おお、いつもありがとな。これが楽しみなんだ」

まゆ「うふ、味の感想、聞かせてくださいね?」

P「もちろん! ありがとな」

まゆ「喜んで貰えて良かったです♪ では、レッスンに行ってきますね」

P「ああ。本当なら見に行ってやりたいんだが…今日はちょっと忙しくてな。行けないけど、許してな」

まゆ「えっ? そうなんですか……」



まゆ「それは、めっちゃやみますよぉ」



P「えっ」

乃々「えっ」

輝子「えっ」

凛「」ブッ


16: ◆Z9rYxRK0vI 2023/04/09(日) 14:15:26.21 ID:uoOxkINb0

P「えーっと、ま、まゆ…?」

まゆ「プロデューサーさんもお忙しいですから、仕方ないですよね」

P「あ、ああ…」



まゆ「ちなみに、明日のレッスンはどうでしょうか…?」

P「明日は…ああ、明日はライブの打合せで終日出ずっぱりだな…すまん」

まゆ「そうですかぁ……それはめっちゃ、めーっちゃやみます…」

P「ご、ごめんな……」



まゆ「では、めっちゃやんでるまゆ、レッスンに行ってきますよぉ…」

P「お、おう……」



ガチャッ バタン



乃々「行っちゃいましたけど……」

輝子「な、なんか、今日のまゆさん…様子がおかしかったな…」

乃々「おかしいというか、何というか……」

P「まゆがザコメンタルになってしまった…」



凛「~~~~ッ!!」バンバン



乃々(りんさんが息を殺して床を叩きながら爆笑してるんですけど…)

輝子(よくわからないけど、諸悪の根源っぽいな……)


17: ◆Z9rYxRK0vI 2023/04/09(日) 14:17:41.18 ID:uoOxkINb0

---りあむ宅



プルルルル プルルルル

りあむ「電話だ…やな予感するよお…」」
ymmram3

りあむ「うわやっぱりPサマじゃん…。はい、もしもs」

P『りあむ、まゆに何吹き込んだ?』

りあむ「特定が早い! よ!」

P『お前以外にいるかぁ! お前が自分のザコメンタルエキスをまゆの静脈に注射したんだろ!?』

りあむ「は、発想が狂ってる! ぼくはただ、まゆちゃんがりあむちゃんみたいになりたいって言うから! 『ほんならめっちゃやむと良いよ』って言っただけで!」

P『言うはずがないだろうそんなことを! 俺のアイドルが!』

りあむ「ガチだって! 言われたんだって! ぼくは無実だよお!」

P『俺のアイドルを侮辱するな!!』

りあむ「今まさに自分のアイドルを侮辱してますけど!?」


18: ◆Z9rYxRK0vI 2023/04/09(日) 14:18:25.86 ID:uoOxkINb0

---少し後



ガチャッ



P「来たぞ」

りあむ「うわほんと来た、まゆちゃんの事になると過保護だよねPサマ」

P「で、どういういきさつなんだ」

りあむ「だから、ぼくも急に言われただけで、なんで急にそんな事言い出したのかとかは知らないんだよお」

P「うーん、となると、昨日誰かに何か言われたとかかな…」

りあむ「直接まゆちゃんに聞けば良いんじゃない? そろそろレッスンも終わった頃でしょ」

P「それもそうだな」

りあむ「そうと決まったら帰った帰った! ぼくは今日オフなんだ! 一日何もせずに惰眠を貪ってやるんだから」

P「いや、今聞く」プルルルル

りあむ「えっ」



P「もしもし? まゆ?」

まゆ『はい、お疲れ様ですプロデューサーさん』

りあむ「なんでウチで……早く帰ってくれよぉ……」


19: ◆Z9rYxRK0vI 2023/04/09(日) 14:19:03.02 ID:uoOxkINb0

まゆ『お電話してくれるなんて珍しいですね♪ 何かご用ですか?』

P「あー、まゆ、昨日りあむと話したか?」

まゆ『えっ!? そ、それは、そのー…』

P「ほら、今朝急にやむやむ言ってたじゃないか。変なののマネなんかするもんじゃないぞ」

りあむ「Pサマ今ぼくのこと変なのっつった? お? 戦争か?」

P「何か悩みでもあるなら、相談してほしくてさ」

まゆ『プロデューサーさん……』



まゆ『実は……』


20: ◆Z9rYxRK0vI 2023/04/09(日) 14:20:32.47 ID:uoOxkINb0

P「なるほど、ファンの人からかくかくしかじかで」

まゆ『さくさくまゆまゆだと…』

P「まあ一つだけ確かな事は、りあむはザコメンタルだけどヤンデレではないから、りあむをマネしてもヤンデレにはなれないな」

まゆ『ええっ!? そうなんですか…』

P「俺は昔のまゆがヤンデレっぽかったとは思わないけど…どうして昔の自分みたいになりたかったんだ?」

まゆ『だって、昔のまゆを見てプロデューサーさんはまゆをスカウトしてくれたから…』

まゆ『プロデューサーさんも、今のまゆより昔のまゆの方が好きですか…?』

P「いや? 今のまゆの方が好きだ」

まゆ『ふぇっ!?』



P「まず結論から言うが、まゆは変わったんじゃない」

P「より素晴らしいアイドルに成長していっているだけだ」

P「だから、昔の自分になる必要も、ヤンデレになる必要も、ザコメンタルのマネをする必要も一切無い」

まゆ『そ、そうなんでしょうか…』

りあむ(さっきからPサマ、ぼくの事ザコメン呼ばわりしてない? やむぞ?)



P「ただ、本当に悩み事があったり、やむ! って言いたくなったときは、すぐに相談してくれよな

P「他の何よりも優先して、まゆの悩みを解決するから」

まゆ『プロデューサーさん……ありがとうございます』


21: ◆Z9rYxRK0vI 2023/04/09(日) 14:21:16.52 ID:uoOxkINb0

りあむ(なんかよく分からんけど、Pサマがいい感じにまとめてたしこれで解決だな!)

P「じゃあ、俺はこれから事務所に戻るから。まゆも気をつけて帰ってきてな」

まゆ『はい♪ ……って、あら? 今、事務所でお仕事中ではないんですかぁ?』

P「え? 今?」

りあむ「あ、待って、Pサマ待って。やなよかんする」






P「今、りあむんちいるけど」






まゆ『………………はい?』

P「あやべ」

りあむ「言うなってば!! バカ!!」


22: ◆Z9rYxRK0vI 2023/04/09(日) 14:22:47.48 ID:uoOxkINb0

まゆ『プロデューサーさん、今日は一日忙しくて、まゆのレッスンについていけないって…』

P「あ、いや、それはそうなんだけど……」

まゆ『それなのに、りあむちゃんのおうちにはすぐに行くんですねぇ……? ふーーーーーん……』

P「それはその、まゆの事が心配で……」

まゆ『まゆの事が心配なのに、まずりあむちゃんちに行くんですねぇ……? ふーーーーーん……』

りあむ「絶対よくない誤解されてんじゃん!!」

P「てへぺろ」

りあむ「てへぺろじゃない! よ!」



まゆ『りあむちゃん? そこにいるんですかぁ?』

りあむ「ひい!」

P「あ、今スピーカーにするな」ピッ

りあむ「何してんの!? しなくていい! よ!」

まゆ『りあむちゃん? 聞こえますかぁ? こんにちは♪』

りあむ「こ、こんにちは……」

まゆ『昨日はアドバイスありがとうございました♪ おかげでいーっぱいおしゃべりできたみたいです』



まゆ『りあむちゃんが……』

りあむ「ひいいいいい!! 誤解! 誤解なんです!!」


23: ◆Z9rYxRK0vI 2023/04/09(日) 14:23:45.97 ID:uoOxkINb0

まゆ『あとでたっっっっぷりお話聞かせてもらいますからねぇ…』

りあむ「やむ!! めっちゃやむ!!」

P「お、本家w」

りあむ「なにわろてんねん!!」

P「てへぺろ」

まゆ『プロデューサーさんもですからね?』

P「やむ!!」


24: ◆Z9rYxRK0vI 2023/04/09(日) 14:25:39.49 ID:uoOxkINb0

輝子「その後」



輝子「なんやかんや誤解は解けて、親友はまゆさんとりあむさんに埋め合わせして」

輝子「諸悪の根源であるりんさんは、まゆさんに美味しいものをご馳走させられたそうだ…」

輝子「めでたし…めでたし…」



乃々「めでたくはないと思うんですけど……」






おわり。


25: ◆Z9rYxRK0vI 2023/04/09(日) 14:26:30.89 ID:uoOxkINb0

以上になります。



ここまで読んで頂きありがとうございます。
公式にヤンデレ系アイドルって言われてたみたいですが、まゆはヤンデレなのか否かって政治以上にセンシティブな話題だと思います。
「ヤンデレってこういうのじゃねーから!」みたいなご指摘があればごめんなさい。



お目汚し失礼致しました。
後ほどHTML依頼を出してきます。




転載元:佐久間まゆ「ヤンデレ…ってなんですかぁ?」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1681015954/



スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。