スポンサーリンク

トップページその他SS > ぼっち「す、好きですっ、おねえさんっ」 廣井きくり「んあ?」

1: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2023/06/07(水) 00:35:11.706 ID:yTsosxwo0.net

ある日
STARRY

廣井「お、おつかれー」

星歌「何がおつかれだよ、しね」

廣井「いや相変わらずひどいなー先輩は。はは」

虹夏「今日は一体何の用ですかー?」

廣井「あーお姉さんに似て冷たいなー?あ、えーっと、別に用があるってほどじゃないんだけど」

廣井「今日ってぼっちちゃんって、いる?」

星歌「はあ?あー、今日確かバイト入ってたはずだからそのうち来るんじゃない?」

廣井「ふーん、そっ、そっかー」

星歌「なんだおまえ?なんか今日様子おかしくないか?ひょっとしてぼっちちゃんと何かあった?」

廣井「え!?い、いや別にそんなことない…んだけど、あはは」



2: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2023/06/07(水) 00:35:26.615 ID:yTsosxwo0.net

……

昨日

廣井「え?好きって…私の事?、…あーうん!わたしもぼっちちゃんのこと好きだよーあはは」

ぼっち「……」

ぼっち「あ、あの…そういうんじゃ、ないんですけど」

廣井「…え?」

ぼっち「そ、そ、その…そういうんじゃなくて…、おねえさんには先輩バンドマンとして…いろいろ助けてもらって…その…
ライブとかすごくお、お姉さん…カッコいいから…その…」

ぼっち「す、すきになったんです…、おねーさんのこと」

廣井「…え、ええっと…」


3: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2023/06/07(水) 00:35:40.701 ID:yTsosxwo0.net

廣井「え、あの、ぼっちちゃん。じょ、冗談、だよね?その」

ぼっち「……、違います、けど」

廣井「へ、へえ…そう」

廣井「け、けどあ、あの…わたしその、30手前で酒飲みでこんなだし、ぼっちちゃんはまだ10代でまだ前途ある若者であって
あのもう一度よく考えてもらって…ええとその」

ぼっち「ぐす…」

廣井「え…」

ぼっち「あ、ご、ごめんなさい…、は、はは…そ、そですよね。わ、わたしなんかが、おねえさんに相手にされるわけ…ないですよね」

ぼっち「わ、わたしなんかが…、告白…す、するなんて…おこがましかったですよね、ご、ごごめんなさいっ」

廣井「あ、い、いやぼっちちゃん。わたしそういうつもりでいったわけじゃあ…」

ぼっち「ご、ごめんなさい、わ、わたし、そ、その…、し、失礼しますっ」

廣井「あ、あの、ぼ、ぼっちちゃん!?」



スポンサーリンク


4: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2023/06/07(水) 00:35:53.883 ID:yTsosxwo0.net

回想終わり

廣井「……」

星歌「やっぱりお前おかしいだろ、ウチに来てなんでそんな静かに座ってんだよ」

廣井「あ、い、いやまあ…なんというか、そういう日あるといいますか…その…あ、あの…」

PA「廣井さん、確かに今日は様子がおかしいですね」

虹夏「なんか大人くしてもにょもにょして…なんか静かにしてると、ちょっとだけ、ぼっちちゃんに似てるかも」

廣井「!??は、はああ!?そ、そんなことないしっ!いや全然いつものわたしっしょ!?」

星歌「いや急に大声出すなようっせーな」


5: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2023/06/07(水) 00:36:24.569 ID:yTsosxwo0.net

喜多「こんにちはー」

星歌「おう、おつかれ?あれ、ぼっちちゃんは?一緒じゃなかったの?」

喜多「ああ…今日学校休んでるみたいで、心配してロインで連絡したら具合悪いみたいで。
今日のバイトも休みたいって」

虹夏「ええ、そうなんだ、心配だな」

星歌「まじか、大丈夫かよ…って何お前、顔青くなってんだ」

PA「ホントですね、いつもはお酒で真っ赤なのに。めずらしいですね」

廣井「そ、そ、そうかなー、あはははははは」


6: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2023/06/07(水) 00:36:39.965 ID:yTsosxwo0.net

廣井「ね、ねえ喜多ちゃん。ちょっと教えてほしいことがあるんだけど」

喜多「はい?」


………

琵琶島神社

ぼっち「……」

ぼっち「(…はじめて学校をさぼってしまった…それにバイトもずる休みしてしまった…ああ、しにたい)」

ぼっち「(みんなに申し訳ない…けど、今はもう何もやる気出ない…それに…)」

ぼっち「(おねえさんにあったら気まずいし…、ああ私のバカ、なんで勢いにまかせて…あんなこと…)」

廣井「あーいたぼっちちゃん」

ぼっち「!!?」


7: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2023/06/07(水) 00:36:53.747 ID:yTsosxwo0.net

ぼっち「お、おおおねえさん、な、なんでここにっ」

廣井「うん?ぼっちちゃんのこと気になって、みんなにぼっちちゃんの住んでるトコ教えてもらって行くとこだったんだ。
けどこんなところでズル休みしてたなんて、ぼっちちゃんもロックしてるねー」

ぼっち「し、しし失礼します」

廣井「あ、ほら逃げない逃げない」


8: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2023/06/07(水) 00:37:09.643 ID:yTsosxwo0.net

ぼっち「……、こないだは…困らせるようなこと言ってしまって…ほんとすみません」

廣井「えー、困ったりしてないよ、むしろそんなふうに思われてうれしいし、けどまあ、なんていうか」

廣井「私もぼっちちゃんの年頃のころは、年上の人にそういう感情抱いたこともあったといえば
あったし…まあ、気持ちはわからなくはないんだけど…」

ぼっち「……」

ぼっち「……だれですか」

廣井「え?」

ぼっち「その、おねーさんが好きだった人って」

廣井「え、いやそれは…」


9: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2023/06/07(水) 00:37:40.839 ID:yTsosxwo0.net

10年前

楽器店

星歌『さっきベース買ったばっかりで返品って…、いったいなんでまた?』

廣井『あ、あのその…、つ、つい勢いで買ってしまったけど…、けど、私なんかががんばって練習したって
どうせうまくならないだろうし…』

星歌『はあ…、わたし、下北のほうでバンドしててさ』、

廣井『え?』

星歌『担当はギターだけど、まあベースも教えられなくはないけど?』


10: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2023/06/07(水) 00:37:56.333 ID:yTsosxwo0.net

ライブハウス練習場

星歌『ばーか、へたくそ、そこなんでそんな弦の押さえ方になんだよ』

廣井『先輩、わたしにはやっぱ無理ですよ、やっぱ返品しますからっ』

星歌『だから簡単に諦めんなあほっ』

……

廣井『や、やった。先輩っ、ココのパート通しで弾けるようになりましたよっ』

星歌『ああ、お前才能あるよ、諦めなくてよかっただろっ』

廣井『先輩…』


11: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2023/06/07(水) 00:38:07.404 ID:yTsosxwo0.net

ライブハウス

星歌『今日は聴きにきてくれてありがとうございますっ、それじゃ最初の曲を…』

『…っ♪…♪』

廣井『(……)』

廣井『(ギター弾いてる先輩…いつみても輝いててかっこいいな…)』

廣井『(私ももっとベースがんばって、それから自分のバンド作ってがんばってみよう)』

廣井『(それで…もっと先輩に認めてもらうんだ…そしたら…)』

廣井『(……そのときは…)』


12: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2023/06/07(水) 00:38:37.954 ID:yTsosxwo0.net

廣井「おえええええええっ!!」

ぼっち「お、おねえさん、急にどうしたんですかっ」

廣井「い、いやそのっ…、わ、若気の至りが…!く、黒歴史があ!!…き、気持ちわるっ…脳みそ取り出して丸洗いしたいっ!」

廣井「ま、まあ誰とかはおいといて、まあ、確かに…その人にあこがれて頑張った時期もあったかなっ」

廣井「けど、憧れと好きと違うっていうかその…、まあ、ぼっちちゃんの私に対する気持ちも
そういうことじゃないのかなって…まあ、演奏うまい先輩、すげー、的なそういう」

ぼっち「……」


15: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2023/06/07(水) 00:38:54.464 ID:yTsosxwo0.net

ぼっち「それで…おねえさんが好きだった人は今どこに」

廣井「んー?あー気が付いたらその人はバンドやめちゃってて…いまは…さ、さあ…どこ行ったかねー?
…って好きっていうんじゃなくて、あくまで憧れだったってだけで」

ぼっち「おねえさんはやめませんよね、バンド」

廣井「え?」

ぼっち「おねえさんはその人に振り向いてほしくてベースの演奏やバンド活動がんばったんですよね。
わたしも…今よりもっと頑張って、おねえさんくらい演奏もうまくなって、結束バンドもSICKHUCKくらい有名になったら…そのときは」

ぼっち「わたしのこと…ちゃんとみてくれますか?」


18: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2023/06/07(水) 00:42:06.668 ID:yTsosxwo0.net

廣井「え?い、いやそりゃぼっちちゃんがギターうまくなって結束バンドが有名になったら私もうれしいし、
そうなったらもっと、バンドとしても交流の機会も増えるだろうから…、えっと、その」

ぼっち「わたしのこと、みてくれますか?」

廣井「え、あ、は、はいっ…」

ぼっち「そうですか、あの、それじゃわたし、失礼しますね。おねえさん、今日はその、ありがとうございました」

ぼっち「心配してみにきてくれて…その、うれしかったです、それじゃっ」

廣井「え、あ、あのぼっちちゃん!?…行っちゃった…」


20: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2023/06/07(水) 00:42:42.006 ID:yTsosxwo0.net

数週間後 スターリー

ぼっち「っ…、っ…」

ギュインギュインギュイイイイイン ジャアアアアアン!!!

虹夏「ぼっちちゃん最近気合はいってるねー」

喜多「ほんとですね、以前にもまして練習熱心になってるっていうか…」

リョウ「うん、それに…」


……

練習を覗き見る廣井

廣井「(………ええ…)」

廣井「(…なんか、めっちゃうまくなっていない…?、ひとりちゃん)」


21: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2023/06/07(水) 00:45:18.679 ID:yTsosxwo0.net

廣井「(え?まさかこないだの話でやる気になって…、本気で私に追いつこうとしてる?
やる気になってくれるのはいいんだけど…え?うそ、ぼっちちゃん、本気で私のこと…?うそでしょ?)」

廣井「(いやこの調子で成長されたらマジで追いつかれそうなんですけど、てか追いつかれたら
どうなっちゃうんだ…?だって私とぼっちちゃんは一回りくらい違うし、いや…その)」

廣井「(いやいや…んなわけない…きっとそのうちぼっちちゃん気持ちも落ち着いてくる…よね…、
かつての私がそうだったように…いや、それでもぼっちちゃんに将来思い返したときに恥ずかしくなるような黒歴史
を作る原因となるのは…、私ってことになるのが、なんというか)」


22: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2023/06/07(水) 00:45:30.687 ID:yTsosxwo0.net

廣井「(いや、てか、わ、わたしそんな好かれるようなことしたっけ…?年上として…正直ぼっちちゃんに好かれるような
ことした覚えはひとつもないんだけど…、いったいなんで…?)」

廣井「(てか、自分のときは…、どうだったっけ…?)」

星歌「さっきからなにブツブツ言ってんだお前は?」

廣井「ひゃあっ!」


23: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2023/06/07(水) 00:46:22.093 ID:yTsosxwo0.net

星歌「いい歳してなに変な声あげてんだ、気持ち悪いなっ」

廣井「な、なななんだ先輩か…急に後ろから声かけて、驚かさないでくださいよ」

星歌「お前が影でこそこそぼっちちゃん達の練習覗きながらブツブツ言ってるからだろ、何してんだお前、普段なら普通に話かけるのに…」

廣井「い、いや別に…」

星歌「なんかお前、こないだからおかしくないか?まあ今日は、この間みたく顔青くしてないだけましか。顔赤いし」

廣井「え!?は、はああああ!?あ、赤くないし、べ、別にそんな顔赤くなってないしっ!」

星歌「いや普通に赤いだろ、どーせまた昼間から酒飲んできてんだろが」

廣井「え!?あ、あ、ああそうそう、酒、ね。そーだった、さ、酒飲んできたんだった、だから顔赤いんだ、あ、はははは」


24: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2023/06/07(水) 00:47:05.398 ID:yTsosxwo0.net

星歌「ったく、酒もほどほどにしとけよ。バンドはじめる前はそんなに酒飲んでなかっただろ?」

廣井「あー、そうだったかなー、もう忘れましたよそんな昔の話はね」

星歌「ああそうかよ、ほんとめんどくさい奴になっちまって、あーあ」

星歌「………、昔はもっと素直で可愛かったのにな」ボソ

廣井「(…)」


25: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2023/06/07(水) 00:48:14.320 ID:yTsosxwo0.net

廣井「…えい」ゲシ

星歌「いったっ!は、はああ!?」

廣井「それそれっ!そーいうとこ、そういうとこだよ、先輩っ!たぶん覚えなんかなくたって、そういう
年上のそーいう何気ない一言の積み重ねが、わた、若者の黒歴史を生み出すきっかけになるんだよっ!気を付けないとっ、って痛あっ!!」

星歌「なーに急に人のお尻蹴り飛ばしといて何意味不明なことこと言ってんだお前は!」ギリギリギリ

廣井「いたたた!そ、そんな強く蹴ってないしっ、ほんの冗談でっ、い、痛い痛いっ!!ちょ、ほ、ほんとギブギブっ!」

星歌「ふ、ざ、け、ん、なっ!今日という今日は徹底的に締め上げてやるっ!!」

廣井「ああ、いだだだだっ!!ほらっ、ぼっちちゃんっ、若気の至りだって!こんな感じで若い頃の憧れや淡い思い出なんて、すぐ黒歴史になって
将来はガチのコブラツイストに変っちゃうんだよっ!だ、だから!早く正気にもどってええ!これ以上、私のせいで黒歴史をつくらないでえっ!」

星歌「さっきからわけわかんないことほざいてんじゃねえっ!!」

廣井「いだあー!!」

おわり






スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。