スポンサーリンク

トップページモバマス > 【デレマス】武内P「無理をしたら、お身体にさわりますので」卯月「はい……ゲホゲホ」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/31(土) 22:13:26.496 ID:Kag1j0YB0.net

卯月「それじゃあ、お先に失礼します」

武内P「ええ、お気をつけて」

みりあ「……」


未央「体に触る!?」

凛「本当にプロデューサーがそう言ってたの……?」

みりあ「うん! 卯月ちゃんの具合が悪そうだったから、お家で休んだ方がいいよーって話してたんだけど」

みりあ「卯月ちゃんは『大丈夫です』って、レッスンに行こうとしたの!」

みりあ「そしたらプロデューサーがね、『無理したら体に触る』って言ったんだよー」

凛「ねえ、それって」

未央「いやはや、流石だねぇ。頑張り屋さんのしまむーを休ませるためとはいえ、そんな過激発言を」

未央「『自分を大切にできない悪い子ちゃんには悪戯しちゃうぞ』ときましたか」

みりあ「うん。プロデューサー、よっぽど卯月ちゃんが心配だったんだよ」



6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/31(土) 22:18:59.469 ID:Kag1j0YB0.net

李衣菜「どうしたの?」

みく「なんの話ー?」

未央「プロデューサーがしまむーの体を欲しがったって話ー」

みく「にゃ!? Pちゃんが!?」

李衣菜「それ、ホント?」

凛「あのさ。それって」

未央「だって聞いたんだよね?」

みりあ「うん! ぜったい言ってたよ! 『体に触る』って!」

みく「うーん……にわかには信じがたいにゃ」

李衣菜「でも、むっつりスケベって言葉があるし……寡黙な裏ではドスケベなのかも」


11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/31(土) 22:25:33.911 ID:Kag1j0YB0.net

美波「みんな、どうしたの?」

未央「あ、みなみん」

李衣菜「プロデューサーに体を触られそうになったんだって」

美波「へぇー……え!?」

李衣菜「だよね?」

みりあ「うん、そうだよー。『触りますので……』って」

美波「う、嘘……! みりあちゃん、本当なの……!?」

みりあ「ホントだよ!」

未央「あのプロデューサーがねー。ほんと、びっくりだよー」

美波「…………っ!」

ダッ

未央「ちょ! みなみん!? どうしたんだろう、深刻そうな顔して出てっちゃったけど」

李衣菜「さあ……トイレじゃない?」

みく「李衣菜ちゃん、デリカシーないにゃ」



スポンサーリンク


12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/31(土) 22:31:19.686 ID:Kag1j0YB0.net

美波「私……どうしたら……」

アーニャ「ミナミ? なにか、悩みごとですか? 相談のります」

美波「アーニャちゃん……実は……プロデューサーさんがみりあちゃんに乱暴を……!」

アーニャ「ничего себе!」

美波「プロジェクトの年長者として、放っておけないわ……! でも、どうしたらいいのか……!」

美波「警察に通報……ううん、事務所の事を考えると早計かしら……やっぱり、上の人に……」

アーニャ「ロシアでは、口◯コンは、シベリアに全裸で、放置したりします。罰です」

美波「シベリアまでの旅費なら……」

アーニャ「ミナミ、落ち着きましょう。まずは、チヒロさんに相談です」

アーニャ「シベリア送りは、その後でも遅くないです」

美波「そ、そうね……!」


15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/31(土) 22:38:10.795 ID:Kag1j0YB0.net

美波「ちひろさん!」

ちひろ「はい?」

美波「あの、お話したいことが……こ、これから時間ありますか?」

ちひろ「ごめんなさい。これから風邪で早退した卯月ちゃんのお見舞いに行くんです」

美波「あ、そうですか……」

ちひろ「大事なお話ですか?」

美波「は、はぁ……えっと、はい。大事、ですけど……」

アーニャ「ミナミ。わたしたちも一緒にウヅキのお見舞にいきましょう」

美波「え?」

ちひろ「たしか、ふたりはこの後お仕事入ってませんでしたよね」

ちひろ「ふたりが一緒なら、卯月ちゃん喜ぶと思いますよ」

美波「あ、はい……そうですね」


18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/31(土) 22:44:37.731 ID:Kag1j0YB0.net

ちひろ「卯月ちゃんの風邪、長引かないといいんですけどね」

美波「はい……そうですね」

アーニャ「ミナミ」

ツンツン

美波「?」

アーニャ「話しましょう、口◯コンのこと。今がチャンスです」

美波「う、うん……だけど……なかなか踏ん切りが……」

アーニャ「ウヅキの家につく前に話さないと、タイミングが、難しいです」

美波「そうね……あの!」

ちひろ「はい」


19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/31(土) 22:52:22.173 ID:Kag1j0YB0.net

美波「実は……プロデューサーさんが……!」

ちひろ「プロデューサーさんがどうかしたんですか?」

美波「あの、えっと……ろ! ろり……!」

ちひろ「……? 口◯……口◯地方ですか?」

美波「いえ、そうじゃなくて……プロデューサーさんが……口◯」

ちひろ「ああ、口◯・パウロ・サンドリですか。うーん、たしかに……眉間の皺は似てますね」

ちひろ「でも、それ以外は全然似てないと思うんですけど……」

美波「そ、そうですね……アハハ」


21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/31(土) 23:00:56.154 ID:Kag1j0YB0.net

ピンポーン

卯月『はーい』

アーニャ「ウヅキの家につきましたよ。ミナミ」

美波「うう……」

ガチャ

卯月「あれ!? 皆さん、どうされたんですか!?」

ちひろ「風邪をひいてしまったと聞いたので、お見舞いです」

卯月「わっ、わざわざありがとうございます! 嬉しいですっ」

卯月「どうぞ、あがってください。えっと、その……散らかってますけど、えへへ」

アーニャ「おじゃまします」

美波「おじゃまします……」


23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/31(土) 23:07:03.768 ID:Kag1j0YB0.net

ちひろ「具合はどうですか?」

卯月「はいっ。お薬を飲んで少し寝たらだいぶ良くなりましたっ」

ちひろ「そう。皆さん、心配してましたよ」

卯月「あうぅ、すいません……最近、ちょっと疲れ気味だったので……」

アーニャ「ウヅキは、頑張り屋さんです」

美波「お大事にね」

卯月「はい!」


24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/31(土) 23:12:43.034 ID:Kag1j0YB0.net

ちひろ「これ、美味しいって評判のお店で買ったプリンです。みんなで食べましょう」

卯月「わーっ、ありがとうございますっ」

美波(どうしよう……こうしている間にもみりあちゃんは苦しんで……)

卯月「おいし~です~」

アーニャ「ダー。とっても甘いです」

美波(みりあちゃん……きっと、勇気を振り絞ってみんなに相談したのよね……私が、私がしっかりしないと……!)

卯月「あれ? 美波ちゃん、食べないんですか?」


ガタン!!!


卯月「うぇ? あの~」

アーニャ「ミナミ?」


美波「プロデューサーさんは!!!!! 口◯コンなんです!!!!!!!」


ちひろ「……え」


25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/31(土) 23:18:12.685 ID:Kag1j0YB0.net

卯月「えーっと、ろ、ろりこんっていうのは……」

ちひろ「美波ちゃん、急に何を」

美波「プロデューサーさんが、みりあちゃんに乱暴しようとしたって……! 聞いたんです……!」

卯月「えぇ~!?」

ちひろ「だ、誰からそんな話を……!」

美波「みりあちゃん本人から……」

ちひろ「そんな……!」

美波「私……どうしたらいいか……!」

ちひろ「美波ちゃん。大丈夫です。ひとりで抱え込まないで、一緒に解決しましょう?」

美波「ちひろさん……!」

ちひろ「まずはふたりに話を聞いてみます。それでもし、暴行が事実だったら……」

アーニャ「シベリア送り、ですか?」

ちひろ「ええ」


29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/31(土) 23:29:05.040 ID:Kag1j0YB0.net

ちひろ「ごめんなさい、卯月ちゃん。私たち、ちょっと大切な用事ができてしまったから……」

卯月「わ、私も!」

美波「え?」

卯月「私も……一緒に行きます! プロデューサーさんとお話ししたいです!」

ちひろ「だけど……卯月ちゃん」

卯月「風邪なら大丈夫です! だいぶ元気になりましたし……! それに……」

卯月「大切な仲間のことを……苦しんでるのに、放っておけないです……!」

美波「卯月ちゃん。待っているのは残酷な真実かもしれないわ。それでも……」

卯月「はい。私……私、頑張ります。プロデューサーさんが口◯コンさんだったとしても……挫けません!」

ちひろ「わかったわ。行きましょう」

アーニャ「Это начало войны!」


31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/31(土) 23:35:24.173 ID:Kag1j0YB0.net

ちひろ「……」

武内P「あの……大切な話とは、なんでしょう」

美波「……」

アーニャ「……」

武内P「おふたりがいるということは、ラブライカの件でしょうか」

ちひろ「ラブライカなんてどうでもいいんです!!!」

武内P「え……」

ちひろ「私たちが用があるのは、プロデューサーさんのコカンノイカです!」

武内P「……すいません。意味が……わからないのですが」

ちひろ「みりあちゃんの中に、出そうとしたんですよね……股間のイカ臭いあれを……!」

美波「あの、ちひろさん。私が聞いた話だと、触ろうとしただけで……」

ちひろ「触ろうとしたってことはもう、犯そうとしたってことじゃないですか!」

アーニャ「プロデューサーは、ミリアを、犯しましたか?」

武内P「……犯してません」


32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/31(土) 23:41:34.135 ID:Kag1j0YB0.net

ちひろ「本当ですか!? 彼女の目を見ても、そう言えるんですか!?」

美波「ふたりとも、入ってきて」

ガチャ

みりあ「なーに? 卯月ちゃん、この部屋に何かあるのー?」

卯月「……」ドキドキ

武内P「…………! どうして、ここに……?」

美波(プロデューサーさん、動揺してる……!?)

ちひろ「その反応……やっぱり」

武内P「……どうして、ここにいるんですか?」

スクッ

スタスタスタ

みりあ「え? プロデューサー?」

卯月「あの、え、えっと、えっと」

アーニャ「犯す気です」

美波「みりあちゃん!」


33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/31(土) 23:46:08.561 ID:Kag1j0YB0.net

ガシッ

卯月「みりあちゃん逃げ……! って、……あれ? わ、私ですか?」

武内P「……」

美波「みりあちゃんがターゲットじゃないの……!?」

卯月「あの、プロデューサーさん?」

武内P「言ったはずですよね……『無理をしたら触る』と……」

卯月「あ、あの、風邪のことでしたら、もう……」

武内P「安静にしているべきです。それなのに、島村さん。あなたは……」

卯月「えっと……」

武内P「お約束ですので、失礼します」

ナデナデ

卯月「ぅひゃあ!」

ちひろ「ど、どういうことですか?」

武内P「無理をしたら体に触ると……約束していたので……」

卯月「んぁぁっ……///」


39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/31(土) 23:51:27.079 ID:Kag1j0YB0.net

未央「なになにーどうしたのー? あれ!? しまむー!? それにプロデューサー!?」

みりあ「卯月ちゃんがねー。プロデューサーの言いつけをやぶってまた事務所に来ちゃったの」

未央「それでお仕置きの愛撫攻撃ですかー。燃えますなー」

凛「ほ、ほんとに『触る』って意味だったんだ……」

卯月「や、やめっ……! プロデューサーさん……みんなが見てます恥ずかしいですっ……んひゃあっ///」

美波「……みりあちゃんが犯されたわけじゃなかったんだ……全部私の早とちり……。はぁ、良かったぁ」

ちひろ「プロデューサーさんは、やっぱり優しい真摯なプロデューサーさんでしたね」

未央「え? みなみん、どうかしたの?」

美波「実は……プロデューサーさんがみりあちゃんを犯そうとした口◯コンだって勘違いしちゃって……恥ずかしい」

未央「なにそれ。そんなわけないじゃん。アハハハ! みなみんったら、もー」

アーニャ「ミナミ、おっちょこちょいです」

みりあ「あははは!」

卯月「んんっ……! はぁ……はぁ、あっ! そこは、ぅあっ///」

武内P「ダブルピースするまで……続けます……」

END


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。