スポンサーリンク

トップページその他SS > 井之頭五郎「東京都 新宿区の炒飯」

1: 名無しさん@おーぷん 2014/11/16(日)22:59:11 ID:ByczdfnmS

[新宿区 高田馬場]


……。
この辺は住宅が多い。

以前来た時よりも増えている気がする。

「…」



『…ええ。ではその日に届けに参りますので…お名前を伺ってもよろしいでしょうか?』
『私のか?…ふむ。そうだねぇ…闇絵と呼ばれているよ』
『え?…あ、はぁ…』


……世の中には、変わった人もいるものだ。


……俺も、か?


時間や社会に囚われず、幸福に空腹を満たすとき、つかの間、彼は自分勝手になり、自由になる。
誰にも邪魔されず、気を遣わずものを食べるという孤高の行為。
この行為こそが、現代人に平等に与えられた最高の癒し、と言えるのである。


『東京都 新宿区の炒飯』



3: 名無しさん@おーぷん 2014/11/16(日)23:06:52 ID:ByczdfnmS

「…ん?」

…高そうな、黒塗りの車。…特注車だな。

こういうのに乗る人って、会社の社長とか、それ以上の人とかが多い。

…何だってこんな学校の近くに停まってるんだろう。

よっぽど過保護な親、とかかな。


5: 名無しさん@おーぷん 2014/11/16(日)23:10:41 ID:ByczdfnmS

「…五月雨荘……」

……ここか。

…随分年季が入ってらっしゃる。

「…うわっ!」

…黒猫。

ちょいと怖い。


6: 名無しさん@おーぷん 2014/11/16(日)23:13:14 ID:ByczdfnmS

「…お」

……木の近くに灰皿がある。

ここは、煙草を吸ってもいいのだろうか。

「……」

そう思ったら急に吸いたくなってきた。

待ち合わせにはまだ時間もあるし、一本だけ吸わせてもらおう。


「…~…」




「…良い匂いだ」
「!」


7: 名無しさん@おーぷん 2014/11/16(日)23:19:16 ID:ByczdfnmS

……びっくりした。

「…君が、井之頭という男で間違いないみたいだな?」

…木の上に、人と、猫。
…何だかシュール。


「…あ、あのー…闇絵さん、でしょうか?」

「そうだね。…しかし、冬だな」

「え、ええ」

「冬は特に、煙草が美味いな」

「え?」

「煙草が、美味い」






「…よろしければ、一本どうぞ…」

「おやすまないね。詮索してしまったみたいで」

…絶対嘘だ。

「…?」

「…ああ、その猫、ダビデに渡してくれ」

「…あ、はい…」

……クロネコの宅急便。



スポンサーリンク


8: 名無しさん@おーぷん 2014/11/16(日)23:25:13 ID:ByczdfnmS

「それで、その様子だと持ってきてくれたようだね」

「あ、はい。…こちらになります」

「…」シュタッ

「!」

「…そんな身構えなくても、取って食ったりはしないよ。…ふむ。間違いない。私の注文した通りの物だな」

…この人、代金払えるのかな。

「……私が貧乏であるかのような顔だな」

「!!…い、いえそんな事は…」

「無理もないさ。このアパートに住んでいるという時点である程度はそう思う」

……この人、侮れん。


9: 名無しさん@おーぷん 2014/11/16(日)23:28:27 ID:ByczdfnmS

「…ん?」


「真九郎!家まで競争だ!」

「あ、こら!紫、危ないから走っちゃダメだ!」

「へへー!私を捕まえてみせろー!」

「もう、また環さんだな!変な事を吹き込んで!」

「真九郎、私を捕まえてみ……」



……。

「……ぷはっ」

「むらさ…!!!」

「……」


………どうしよう。


10: 名無しさん@おーぷん 2014/11/16(日)23:34:20 ID:ByczdfnmS

「…本当にすいませんでした」

「ああいや、私の方こそ…」

「ほら紫、ちゃんと謝って…」
「…すまない」


……小さな子供と、高校生。

兄と妹だろうか。

歳の離れた妹を健気に育てる、兄。

「…あ、あのー…」

「!…いや、本当に気にしないで下さい。…お嬢ちゃん、お兄ちゃんに迷惑かけちゃダメだよ?」

「?お兄ちゃん?…何を言っておるのだ!真九郎は私の夫だぞ!!」

「えっ……?」

「い、いえ違うんです!!こいつったらまた変な事吹き込まれたみたいで……きちんと後で叱っておきますので!」

……ちょっぴり聞き捨てならないセリフがあった。

…何だか、想像するのが怖い。


13: 名無しさん@おーぷん 2014/11/17(月)07:01:12 ID:iHASuJ6dZ

「しかしこの男からは何だか真九郎に似たものを感じるぞ!とっても優しい雰囲気だ!」

「こら!失礼な事を言うんじゃない!」

「…はは」

……少年よ、あまり間違った方向に育ててはいけない。

「…あの、本当に誤解しないで下さい…」


15: 名無しさん@おーぷん 2014/11/17(月)07:08:23 ID:iHASuJ6dZ

「それでは、これで…」

「今日はゴローも食べていけ!真九郎の料理は美味しいのだぞ!」

「…ありがとう。でもおじさんこれからお仕事しなきゃいけないんだ。ごめんね」

「色々とすいませんでした…」

「いえ、大丈夫です。それでは…」




……何だか疲れた。

しかしあの少年が皆の飯を作っているとは。

…少し気になるが。

これから事務所に帰って書類の山を片付けなきゃならんし。

……。

いかん。

気にしだしたら。

急に。

腹が。

減った…。


16: 名無しさん@おーぷん 2014/11/17(月)07:09:49 ID:iHASuJ6dZ

しかしこの辺にはあまり店が無い。

最悪、コンビニで買う事にもなりかねん。

ここは慎重に探さねば。


17: 名無しさん@おーぷん 2014/11/17(月)07:11:28 ID:iHASuJ6dZ

「……」

どこでもいい。

何処かに飯屋は無いのだろうか。

「…お」

細い路地に、赤のれん発見。

ここにしよう。
もう腹がペコちゃんなんだ。


18: 名無しさん@おーぷん 2014/11/17(月)07:16:05 ID:iHASuJ6dZ

「……」

楓味亭。
ラーメン屋か。

……正直、この間も食べたから、ラーメン以外が良い。

この際中華がダブるのは良しとしよう。

「いらっしゃいませ」

「いらっしゃい!」

女子高生と、おじさん。

親子でやってるんだなあ。

「お好きな席へどうぞー」

……さて、何にしようか。

今日はあまり時間も無い。

早急に決める必要がある。


19: 名無しさん@おーぷん 2014/11/17(月)07:21:26 ID:iHASuJ6dZ

「………」

いかん。
腹が減って思考能力が低下しているのか。

どれも美味そうだからか、中々これといった物が選べない。

「…」

…!
そうだ。
ラーメンと考えるからダメなんだ。

麺類として考えればいいんだ。

なら、ご飯ものだよな。

「…すいません」

「はーい」

「餃子一人前、それと炒飯を大盛りで…」

「はい。かしこまりました」

……妥協策ではあったが、吉と出るか凶と出るか。




20: 名無しさん@おーぷん 2014/11/17(月)07:28:29 ID:iHASuJ6dZ

「お待たせしました。餃子一人前です」

「……」

……。

「…いただきま……」

「こちら、炒飯大盛りですねー」


……間髪入れずに来た。

この店は、飯が来るのが早いんだな。


「…いただきます」

……まずは、餃子を。

「…」

皮はパリッと、中から肉汁が溢れ出している。

良い。こういうの、大好き。


21: 名無しさん@おーぷん 2014/11/17(月)07:30:59 ID:iHASuJ6dZ

お次は、炒飯か。

「……」

……あ、さほど長い時間炒めてないんだ。

あんまり焦げ目が無い。

はふはふ。はふはふ。

これも、良い良い。

…どうやら、俺の選択は吉と出たようだ。


23: 名無しさん@おーぷん 2014/11/17(月)07:35:15 ID:iHASuJ6dZ

「ご馳走様でした」

「ありがとうございました。またお越し下さい」

……あの女の子、結局、最後まで笑顔見せてくれなかったなあ。

親御さんの方は、ずっとにこやかだったのに。

まあ、いいか。

しかし、ちょっぴり食い過ぎた。

こりゃたまらんぞ…。



ゴロ~

ゴロ~

ゴロ~

イッノッガシッラ

ゴロ~

ゴロ~

ゴロ~

イッノッガシッラ


25: 名無しさん@おーぷん 2014/11/17(月)08:02:31 ID:iHASuJ6dZ

「…はい!やって参りましたね!」

今回久住さんが来た店は…

「こちら、楓味亭でございます!」
「あれ?何かデジャヴ…(笑)」


26: 名無しさん@おーぷん 2014/11/17(月)08:04:16 ID:iHASuJ6dZ

店に入ると、店主から…

「おっ!早速…麦スカッシュですね(笑)………一番搾り!(笑)」


27: 名無しさん@おーぷん 2014/11/17(月)08:05:52 ID:iHASuJ6dZ

「おまたせしました。もやしラーメンです」

「いただきます~………あ、もうね、シャッキシャキ(笑)もやしが」
「これ、最高だよねぇ(笑)」


28: 名無しさん@おーぷん 2014/11/17(月)08:10:15 ID:iHASuJ6dZ

久住さん、お店の方に話を聞いてみました…

「じゃあ、元々は違うお仕事されてたんですね~」

「そうなんですよ。…というか、なるべくしてなった?かな…嫁さんの実家だったし!(笑)」

「(笑)」

「そんであいつ銀子ってんだけど、誰に似たのか無愛想で、…けど一人の男にだけは愛を振りまくんだ」

「おっ!いいじゃないですか!ボーイフレンドが出来たんですね(笑)」

「(笑)」





今回久住さんが来た楓味亭。

高田馬場から大久保の真ん中にありますよ!


29: 名無しさん@おーぷん 2014/11/17(月)08:10:27 ID:iHASuJ6dZ



スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
米や※または#の後に数字を入力するとコメント欄へのアンカーが表示できるかも。